批評。渡辺雅典の渡辺式「富の分配プロジェクト」株式会社SRシステム

複数回に渡る動画プロモーションから7月31日公開開始とされているアフィリエイト系ツールについて取り上げておきたいと思います。

こちらですね。

渡辺雅典の渡辺式「富の分配プロジェクト」株式会社SRシステム

http://www.richmsproject.jp/ipsd/

(特定商法表記)
・株式会社SRシステム
・渡辺雅典、比嘉要塀
・東京都港区高輪2-15-15-108

渡辺雅典の渡辺式「富の分配プロジェクト」株式会社SRシステム。レビュー


販売元は株式会社SRシステムさん。

わりと最近では、羽田和広さんの「パトリオットアフィリエイター養成学校」や伊藤虎太郎さんの「『3.6市場』がら空きビジネス塾」などを扱っている情報販売業者さんです。

今回もまた98000円という価格の高額教材なので、セールスレターの方を読んで、私なりの見解を書いていきたいと思います。

今回はノウハウ系を全面に押し出したものではなく、実益を上げたことがない初心者が第一歩を踏み出すための自動ツールによる「富の分配プロジェクト」であることをウリにしているものですね。

ちなみにSRシステムさんのツール系といえば、過去に「タイガーウイング」というものがありましたが、あれはネット上でも散々な評判でした。(本題と逸れるので言及を控えますが。)

この「富の分配プロジェクト」は、ツール商材と謳うものの、募集形態は先行販売の高額塾形式でツール利用開始とサポート受講権利は9月1日から1年間となっています。

何度も触れていますが、私的にこういう売り方は好きではありません。

今回の提供サービス内容に関しても、ツール提供とオンラインサポートですから、あえてヨーイドン形式にする必要性はどう考えても無いんです。

セールスレターにあるように、すでにサポート体制を整えて、ツールも完成しているのであれば、販売と同時に順次提供していくことが本来であれば可能なはずです。

そして本当に自信をもって販売している教材やツールであるならば、順次コンテンツ提供していっても正当にそれが評価され、口コミなどの後押しも得て、多くの支持のもと、より売れるというサイクルが期待できるものです。

そういったメリットを自ら放棄し、募集先行型でコンテンツ提供を約1ヶ月後まで引き延ばすことには、何らかの特別な理由があると考えるべきです。

私からすれば、その理由が「悪評」を避けているようにしか思えないんですね。

過去の前例からいっても、事実こういった販売形式の高額塾系商材ほど多くの被害者を生み出しているという傾向があります。

例によって、不可解なコンテンツ事後提供の先行販売。

まず、どうしても私はこの点を支持できないですね。

そして今回の「富の分配プロジェクト」のセールスレターでは、多くの矛盾点も見受けられます。

キャッシュポイントは楽天アフィリエイトという点を明かされていましたが、その手法というものがスマホ1日3タップのみ、あとはツール任せの全自動ほったらかしとのこと。

まず学ぶという過程を否定して、とにかく少額でも収益を得てみる経験を踏ませることが大切だとされています。

「初心者や出来ない人は、学ぶことより成功体験。」
「富の分配、1日3タップでだれでも簡単収益が得られる。」
「考えなくていい、知らなくていい、学ばなくていい。」


いや、そこおかしいでしょ。

毎日毎日、仕掛けの内容も訳も分からず3タップしてラッキーパンチでお金が得られる経験が将来的に意味のある成功体験と言えるのかという話しです。

どうも嘘と本当の緩急が激しいようですが、ネットビジネスで収益が上げられない初心者層にキッカケを与える必要があることはまだ解ります。

ただ、キッカケとなるものは単にお小遣いをあげることじゃないですよね。

キッカケというのは誰かの支えありきだとしても、稼がせる体験を、しっかりとしたビジネスモデルの上で達成させることが前提だと思います。

普通に考えれば、訳もわからず収益を上げても、訳わからず稼げなくなるのを待つだけです。

この点は彼の信念とするものと提供する内容に、矛盾を感じます。

「まずは1万円でも2万円でも稼いだ経験を積んで、」
「インターネットなら自分でも稼げるということを実感して欲しい。」


それらしく聞こえますが、これも微妙におかしなことを言っています。

商品価格10万円ですから、仮に首尾よく訳も分からないまま1万2万回収できたところで、学ぶ必要がないツールでの実践結果なら実際には何の身にもつかないですし、結果的にもそれで終わりなら商品代金分すら回収できていませんから、得られる収穫は8万円ほどの失敗体験です。

1万でも2万でもって、だれもそれでは納得しないですよね。

初心者にとって、取っ掛かりが難しいのは解りますが、それはあくまでも出発点に個人差があるからです。

渡辺雅典さん自身が、自信の経歴をダシにする理由と一緒。

スタートラインが平等であることは、まずあり得ないからこその話しです。

「10万円を100万円にするのは簡単。」

一理あると思いますけど、これもあくまで明確なビジネスモデルがあってこそのものです。

考えなくていい、知らなくていい、などと知識を一切付ける必要がないと強調するこの企画は、やはりその点が矛盾していますね。

100%ツール任せのアフィリエイトでは、まず現実的にまとまった金額を稼いでいくことは100%不可能ですが、まかり間違って首尾よくいくらか小銭稼ぎが実現できても知識を一切付けないで稼いでしまうのは、結局は落ちてる小銭を拾うのと同じことです。

その過程でしっかりと身に付けられる知識やスキルがないなら、そこからの応用や発展もあり得ないので、飛躍も何もないんです。

それで終わりです。

最高の結果を得られたとしても、この内容では1回こっきりのラッキーパンチだと理解する必要があります。

いずれにせよ、セールスレターは支離滅裂で、すでに矛盾だらけです。

1千万円の開発費をかけたとするツール本体についても、セールスレターのテキスト部分では、以下のように書かれていました。

1、サイト作成ツール
2、アフィリエイトタグ自動取得ツール
3、サイト自動更新ツール
4、ページ増殖ツール
5、キーワード選定ツール
6、記事自動生成ツール
7、全自動SEOツール


それが画像でまとめるとこうなるようです。



残念ながら3~6番までの内容が一致していませんね。

これが特典や付録ならともかくメインコンテンツですから、熱意の程が伺い知れます。

突っ込みどころ満載ですが、そもそもこれら「7つのツール」などと、分けてカウントする必要があるのでしょうか。

要は、SEO対策済みサイト作成と自動更新ツールですよね。

そして、どれだけ開発費をぼったくられたら1000万円以上もかかるんですか。

システム要件から考えれば、それほど複雑な機能を備えている訳ではありませんし、ツールを構成する基礎動作が渡辺雅典さん自身の経験から来たものなら、どれだけ高く見積もっても精々開発費は100万程度がいいところです。(いずれにせよ価値があるかは別問題ですけど。)

初月から稼がせるという謳い文句にしても、どういう訳か【プロジェクトに関するご質問と回答】にてあっさり覆ります。



もともとプロモーション動画の流れから再現性100%、テスト生40名全員が初月から1~2万円稼がせたなどと豪語していましたが、現在のセールスレターでは、上記のように「サイトアフィリエイトの性質上1~2ヶ月は準備期間で報酬発生は3ヶ月目から徐々に」と言い換えられています。

この「徐々に」がどれくらいのものなのかは明記されていません。

極めつけは「安心保証」ですね。

「1円も報酬が上がらなかったら次の”渡辺式インターネットビジネススクール”へ無料入学権利を発行します。」

いやいや、これだけ謳って1円も稼がせられない時点で、次のあなたの塾の入学権利なんて、そこに価値を見出せる人がいるんですかという話しです。

この業界にも本当に自信をもって教材販売を行い無条件の全額返金保証など付けている販売者もいるんですが、この人はその辺をどう考えているんですかね。

まだ、細かい突っ込みどころもあります。

「小学校5年生の子供でもできた。」

といって、掲載している手紙がこちら。



ずいぶんとアホな小5ですね~。

つか、アホ過ぎでしょ(爆笑)

小学校5年生は、さすがに高学年ですから、もう少し漢字くらい書けると思いますが。

ちなみに参考までにこちら。



あまりこういったことを言いたくはありませんが、エキストラさんかな、ずいぶんと良い働きしていると思います。

ただ10万円の商材としては、非常に作りが乱雑です。

それ以前の問題が多かったために、多少肯定的にお話しを進めてきましたが、そもそも根本的に自動化ツール任せのサイトアフィリエイトで今更まともな安定収益など期待できるものではありません。

具体的な手法を殆ど明かされてはいませんので、実際にどのような行為であるかは不明ですが、動画プロモーションの中では、特定サイトの規約違反に該当する方法を実行していくという言及もありました。

法律に反している訳ではないので、悪いことをやっている訳ではないと真顔で発言していたのが印象的です。

規約違反は特定サイト上でのルールですので、確かに法律違反とは違います。

しかし、規約違反を設定するサイト(企業)側からすれば、システム保守のための利用規約もありますからね。

個人レベルで自己責任を前提にそれをやるならばともかく、意図的にまして集団でそれをやってしまうと、深刻な迷惑行為となって業務妨害などの刑事事件に発展するケースもあります。

動画などが証拠として残ってしまうと悪意の所在も明らかになりますしね。

万が一にもそういった事態に発展すれば、何も考えず関与させられていた塾生にも事情聴取される可能性はあると思います。

もちろん極めて稀な例ですが、初心者を巻き込み規約違反は法律違反ではないから「ルールを破れ」というのは、ちょっとどうかと思ってしまいますね。

稼いでいる人は皆やっているなどという常識は実在しませんし、いずれにせよ、胸を張って言うことではありません。

そもそも過去7000人を指導してきたとする渡辺雅典さんの実績としても、蓋を空ければ被害者が続出したインターネットビジネススクールなどですからね。

ロクでもない経歴の人が、また初心者を相手にロクでもない商品を売り付けているようにしか見えないのが現状です。

私自身、初心者向けに道筋を案内する記事を書いていますので、一度参考にしてみてください。

>初心者がネットビジネスで手っ取り早く稼ぐ為の方法。まずやるべき事、学ぶべき事。

この方の理屈と比べるまでもなく、はるかにまともなことを書いているつもりです。

まあ、どっちを信用してこの業界を生きていくかはあなた次第ですけどね。

ただ「現実を現実的に見ろ」とだけは言っておきたいです。

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像