批評。【不労所得の神】伊藤虎太郎の『3.6市場』がら空きビジネス塾(株式会社SRシステム)

インフォトップでアフィリエイト系の高額塾がランキングに出ていましたので取り上げておこうと思います。

こちらですね。

【不労所得の神】伊藤虎太郎の『3.6市場』がら空きビジネス塾(株式会社SRシステム)

http://www.36marketing.jp/biz/ip/

(特定商法表記)
・株式会社SRシステム
・伊藤虎太郎、比嘉要塀
・東京都港区高輪2-15-15-108

【不労所得の神】伊藤虎太郎の『3.6市場』がら空きビジネス塾(株式会社SRシステム)レビュー


今回の『3.6市場』がら空きビジネス塾がどうかという前に、販売者の伊藤虎太郎さんのことから少しお話しをしていきます。

伊藤虎太郎さんといえば、ゼウス、タイガーアカデミー、タイガーウイング、伊藤塾などといった、いずれもSEOを軸としたアフィリエイト系商材(高額塾)の販売者さんです。

率直な話し、過去のものに関して言えば、どれも決して評判の良いと言えるものではありません。

内容云々はともかく、定期的に高額塾やツール系商材などをリリースして、どれも一定水準を超えて売れているということ。

それを考えれば、少なくともマーケティング、まあ特に動画を交えた売り込み方などは上手いものがあると思いますね。

一応、ゼウスやタイガーウイングに関しては内容をチェックしたことがありますので、どのようなSEOノウハウと考え方をもっている人かはおおよそ理解しています。

まず伊藤虎太郎さん自身が実際に提唱していたノウハウの方向性、IP分散サテライトの量産などから考えれば、元々情報ビジネス業界に参入する前からSEO業者として活動されていた人だということは明確に伝わってきます。

ただ、最近は精力的に情報販売に力を入れていることもあってか、殆どSEOの研究や検証は行っていないのではないかと思っています。

初期のころの商材のセールスレターでは「このキーワードで1位を取った」などというSEO屋さんとしての純粋な実績を具体的に複数件掲載していました。

その点、最近の商材はというと「総額5億稼がせた実績がある」など客観的に精査確認のしようがない部分ばかりを強調するようになっています。

正直なところ、SEO技術の高さすら疑わしいものがあります。

検索エンジンは日々成長を続ける殆ど生き物ですからね。

コピーライティングやコンテンツ充実などに重点をおいた手法ならともかく、伊藤虎太郎さんのようにサテライトなど外部要素に依存する生粋のSEO業者体質の場合は大きな煽りを受けてしまいやすい立場にあるはずです。

研究検証を満足に継続していないとすれば、現在も通用するようなSEO技術など殆ど失われてしまっていたとしてもおかしくはありません。

いずれも自称ですが、伊藤虎太郎さんが「SEOの神」から「不労所得の神」となったのも、もしかしたらそういった背景が関係しているのかも知れませんね。

さて、その上で、今回の『3.6市場』がら空きビジネス塾はどうかという本題ですが。

セールスレターはかなり初心者層を取り込みたい意図が目に見えています。

「初心者でも簡単に稼げる」
「能力差や経験差問わず、誰でも平等に成果を得られる」
「最低でも毎月20万円の権利収入」
「3ヶ月後に誰でも不労所得が手に入る」


これでよくインフォトップの審査が通ったものだと思います。

インフォトップが公表している誇大表現にピッタリ該当しているものも明らかにあるような気がするんですけど。

インフォトップ自体、ASPとして厳正審査による安心感を売りにしている部分はあるので、あまりに問題が表面化してしまうようだとASPとしての責任問題にも発展してしまいそうなものです。

そこは、上手く伊藤虎太郎さんが収集をつけてくれれば問題ないということでしょうか。

いずれにせよ、これほど解りやすいフレーズを散々並べて最終的に「私を信じてください」と来てしまえば、冷静に考えることなく、すがるような気持ちで飛びついてしまう初心者もいるかも知れません。

でも、すがるような気持ちというのは、厳しい言い方をすれば他力本願というものだったりしますからね。

ビジネスとして取り組んでいく以上、そういった一時的感情に煽られてもあまり良い事がありません。

大前提として必要なアクション「学ぶ」「実践する」などといったことは、病院で点滴を打ってもらうようなもんじゃないですからね。

『3.6市場』がら空きビジネス塾で取り組むとする内容は「キーワード作成力」「文章作成」「商品選定」の3つのスキルを身につけること。

その上で検索エンジンつまりは過去教材と同様SEOを軸に、無料ブログのアフィリエイトで稼いでいくビジネス塾だとしています。

正直なところこれ以上のことはほぼ言及されていないので、実際に参加してみないことには内容がどういったものなのかは解りません。

ただ現実的な判断要素として、伊藤虎太郎さんのSEO屋としての現在の実力に疑問が残ることは、このビジネス塾の可能性においても致命的な問題だと思っています。

そんな状況で30万円という金額を支払ってまで、参加する価値があるかどうか。

少なくとも、私自身は30万円を払ってまで態々その内容を確認しようとは思えません。

一応、元々SEO業者なので、本当に基礎根幹的なことであれば解りやすく教えてくれることもあるかも知れません。

ただ古くなったSEOとかは使えないどころか、マイナスになることもありますからね。

そういったところも踏まえれば、以前のタイガーアカデミー同様、挫折者、稼げない人が続出するのは目に見えているかな・・・と思うところがあります。


伊藤虎太郎氏の実績にモノ申す?


あと、アフィリエイターの井上太一さんが相変わらずの着眼点で面白いところに目を付けてを突っ込んでました。

こちらの記事ですね。

>井上太一さん伊藤虎太郎『3.6市場』がら空きビジネス塾への批評記事

伊藤虎太郎さんがこれまで抱えてきたとされるクライアントが10年越しで1500人くらいいて、セールスレターには総額「5億」は稼がせてきたと書かれています。

更にその中の一人は2億くらい稼いでいるという事が書かれていて、販売者側の意図としてこれを輝かしい実績として紹介しているっぽいのですが、そこに井上太一さんが冷静な分析を施してます。

1500人に対して5億という事は一人当たり約30万円ほど。

そのうちの一人が2億を稼いでいるなると、5億-2億で残り3億を1500人がかりで稼がせたという計算になります。

そうなるともう、一人当たり稼がせた金額は20万円ですね。

それも10年越しで・・・(笑)

年間2万円でしょうか。。。

SEO対策のコンサルタントとして10年かけてクライアントにもたらした平均利益単価が20万円という事ですから、伊藤虎太郎さんは一体幾らのコンサルフィーをもらってSEO対策のコンサルをしていたのでしょうか?

クライアントに対して年間平均2万円しか利益をもたらしていないわけですからね。

1カ月に平均すると2000円以下です。

月額2000円以下のSEO対策コンサルタント??

そんな人いるんでしょうかね(笑)

というかそんなSEO対策コンサルタントは必要ありませんね。

伊藤虎太郎さんが以前開催していたタイガーアカデミーの入塾料30万円にしても1500人に対して平均20万円では、誰一人として入塾料さえ回収出来ていない計算になってしまいます。

一体何の人が参加したんでしょうね?

「10年で1500人に5億を稼がせた!」

と、一見凄そうな数字に見えますが、SEO対策コンサルタントでこの数字はかなりヤバいです(悪い意味で)

まあ、これが真実で現実だというなら、どう考えても「『3.6市場』がら空きビジネス塾」に30万円の価値はありません。

だって過去10年の実績がそれを明確に表していますから。

でも、これって冷静に計算しないとわからないところですよね。

さすが井上さん・・・数字にお強い。

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像