配布型アフィリエイト戦略ツール「D-TOOL」株式会社オタケン、大田賢二 レビュー

インフォトップでアフィリエイトツール系の教材「配布型アフィリエイト戦略ツールD-TOOL」というものが1位にランキングされています。

販売者は、過去にもアフィリエイトのツール系教材をインフォトップで販売していた経緯のある株式会社オタケンの大田賢二さん。

こちらのツールですね。

配布型アフィリエイト戦略ツール「D-TOOL」株式会社オタケン、大田賢二


(特定商法表記)
・URL:http://d-tool.biz
・大田賢二、株式会社オタケン
・東京都千代田区神田多町2-8-10 神田グレースビル3F

配布型アフィリエイト戦略ツール「D-TOOL」のレビュー


今回の「D?TOOL」がどうなのかという話しにも関連してきますので、大田氏が過去に販売していたツール系教材2点についても簡単にレビューしておきます。

まず、アフィリエイター必須アイテムであり無料ツールは危険だから絶対に使うなと過剰に危機感を煽って販売していた、短縮URL作成ツール「タイニードカーン・プロ」。

次に、ボタン1つで勝手に売り上げが上がると謳って販売していた「ツイブロドカーン・ネオ」。

これらは、いずれも3980円と比較的安価で販売されていました。

それぞれのツール教材に共通していえることが、未だ右も左もわからないような、これからアフィリエイトを初めていこうとする初心者層を向けた販売手法であることです。

実際のところ「短縮URL作成ツール」など、私自身一切使っていません。

そもそも「アフィリエイトリンクであることを隠さなければならない」ということ自体、半ばスパム的な売り込みを前提と考えているような節もありますし、若干時代遅れの発想だと思うからです。

顧客を欺いて、こっそりとアフィリエイトするような手法は一時的に通用することがあっても必ず廃れます。

ある程度アフィリエイターへお金が流れることに納得してしまう理由、つまりはそこにしっかりとした付加価値があれば、アフィリエイトリンクが表示されていても全く問題無いんです。

仮に、どうしてもURL短縮が必要な場面があったとしても、短縮URLの仕組み自体は非常に単純です。


<meta http-equiv=”refresh” CONTENT=”0;URL=【転送先URL】”>


以上、これだけのソースコードが書かれたファイルに名前をつけてサーバーにアップロードするだけで短縮URLは作成することができます。

タイニードカーンのセールスレターでは、無料ツールの危険性を過剰に指摘していましたが、短縮URL作成に無料ツールが出回っているのには、これだけ単純な仕組みで作れるからという明確な理由があるからなんですね。

ツールの内容的には、その他細かい機能があるといっても3980円を払ってまで手に入れる価値があるかどうかは疑問が残る「タイニードカーン」はそんなツールでした。

「ツイブロドカーン・ネオ」も同様です。

まず、無条件にボタン1つで勝手に売り上げが上がるものではありません。

かなり誤解を招きかねないです。

何より、ほぼ「アウト」な販売手法で、内容は詐欺的とまではいかないものの使えるかどうかを考えた時「うーん。。」というようなツールとなっていました。

前置きが長くなってしまいましたが、その上で本題の「配布型アフィリエイト戦略ツールD-TOOL」はどうなのかというお話しです。

これも過去の大田氏のツールと全く同じような傾向が出ています。

ある程度、アフィリエイトのイロハを理解しているような人であれば上手く活用できる人もいるようなツールではあります。

しかしながら、セールスレターで謳っているように「配布するだけで稼げる」とか「初心者でも簡単」などのニュアンスから感じ取れるほど、安易に誰にでも利益をもたらしてくれるようなツールではありません。

そもそも、今回のD-TOOLなるものがどういったツールなのかというと・・・

・再版権利付きのツール4点
・ステップメール3点
・ランディングページ4点
・マニュアルPDF146ページ


D?TOOL自体がツールと言えるのかという率直な疑問もありますが、ひとまずこういったセット内容になっています。

マニュアルでどのように案内しているかは知りませんが、リライトを前提とするならランディングページにしてもステップメールにしてもテンプレートを活用するのは、まあアリといえばアリだと思います。

ただ、再版権利付きのツールに関しては、ほぼ過去のツール教材で特典として配布していたツールの使い回しです。

過去のツール教材も本数的にはかなり多く売れていたようなので、多くのアフィリエイターが特典として使っていてもなんら不思議ではありません。

いまさらこれを無料配布するからといって、特別な付加価値が与えられるかと言われればかなり疑問が残ります。

他にも「配布するだけ」という謳い文句を実現させるために、最も重要な部分「集客=配布方法」に関する言及が殆どなかったことが、とても気になります。

セールスレターではアフィリエイト初心者の一番の壁として「リストが集められないこと」とその為の「ランディングページが作れないこと」を取り上げています。

この点については、セールスレター的に過去の「タイニードカーン」の煽り文句同様、意図的に論点をすり替えているなと感じました。

確かにリストを集められないから稼げないという理屈は一理あると思いますし、間違ってはいません。

でも「何故リストを集められないのか」という疑問の答えは、「ランディングページ」を作れないからではありません。

それ以前に、まずそこへの集客(アクセス集め)が出来ないからです。

そういった事実があるにも関わらず、集客(=ツールの配布方法)に関する記載はセールスレターのたった2カ所しかありません。

冒頭の3ステップ紹介のステップ2「マニュアルに従えば簡単に配れてしまいます!」という記載と、あとは最下部のFAQに小さく下記のように書かれてあるだけです。

Q:D-TOOLの配布法を教えてもらえますか?

A:はい、テクニカルマニュアルにて詳細をお伝えします。
D-TOOLを使って稼ぐ最短距離は「大量に配ること」です。そのため、テクニカルマニュアルにも力を注ぎました。どうすればこれらのツールを効率的かつ大量に配布できるか。私がこれまで積み重ねてきた8年のアフィリエイト経験を全て凝縮してご提供しますので、是非その内容にはご期待下さい。

「ただツールを配布するだけ」「リスト集めが重要」「ランディングページが必要」「ステップメールが大事」などを大々的にとりあげながら、まず大前提となるはずの集客に関する記載が小さく2カ所で「マニュアルに従えば簡単です」としてしまうのは、正直どうかと思ってしまいます。

実際に再現性のある有用なツールなのであれば、具体的な配布方法までしっかりと説明するべきだと思うんですけどね。

一番肝心な部分を意図的に触れない、こういったものに限って、いざフタをあけるとゲンナリしてしまうようなレベルのものということは本当に良くあります。

本来であれば、そこは一切隠す必要がないことですからね。

「配布型アフィリエイト戦略ツールD-TOOL」は現在特別価格として12800円で販売されてますが、いずれにせよ薄利多売の傾向がある大田賢二氏ですから、今後どれだけ強気な値上げをしてくるのかは気になる所です。

初心者に向けたセールスレターではありますが、初心者こそ買っても持て余してしまう、ようなツール、及び教材だと思います。

当然ですが私はおすすめしません・・・。

初心者が本当に有効に使える「ツール」で、同時にしっかりとした「ノウハウ」も学べるという観点なら、普通にこちらのツールの方が断然、効果的で有効だと思います・

>Twitter Brain(ツイッターブレイン)

ツイッター系のツールなので、だいぶ毛色は違いますが、この「Twitter Brain(ツイッターブレイン)」なら“集客”にも“リスト集め”にも絶大な効果を発揮しますので、この「配布型アフィリエイト戦略ツールD-TOOL」よりは遥かに費用対効果は高いです。

ツイッターはこういうツールでわりと簡単に集客できますかね。

集客やリスト集めに効果的なツールを求めるなら、その根本的な集客フィールドから考えて有効なツールを取り入れるべきだと思います。

そういう観点で、今は断然この「Twitter Brain(ツイッターブレイン)」が集客系ツールとしては本当にお勧めですよ。

是非、検討してみてください。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像