動画検証。大航海時代プロジェクト(数多くの先行者利益獲得ノウハウ&一生涯困らぬ富を築く?)近藤洋司

先日に続いたまたまた転売系の高額塾がインフォトップでラインキングトップに躍り出てきています。

今度は輸入系ですね。

セールスレターも動画てんこ盛りでやる気まんまん(売る気満々?)の高額塾ですが、ちょっとおかしなところも見つかってますので、取り上げておきます。

大航海時代プロジェクト(近藤洋司)

・URL:http://daikoukai.biz/
・近藤洋司
・千葉県柏市豊四季333-21
・090-3085-1295

大航海時代プロジェクト(近藤洋司)動画検証


とにかくセールスレターが長い・・・。

ただ長いわりに肝心なノウハウの内容については、あまり明確なところは触れられていません。

むしろノウハウとは全く関係の無い「セールスレターを読んでいる人の危機感を煽る」意図ためだけのが見え見えの空虚な話が淡々と綴られています。

こういう話をセールスレターに入れたら売れるとか、誰かに教わったんでしょうかね。

まあ、一理はあるかもしれませんが、ちょっとこれはしつこいくらいそういう話が淡々と続きます。

で、最後の最後まで読んでいってもノウハウやカリキュラムについて触れられている部分はほんの少しで、肝心なところは何もわからないという、この手の高額塾にはよくありがちなパターンのセールスレターです。

こういう中身が不透明な高額塾ほど、いざ蓋を開けてみると基本的な事をダラダラと教えてくるだけのスカスカなものと言うケースが多いんですよね。

基本、この手の高額塾は「コンサル」とか「サポート」とか、そういうところでお金を取るわけですから、そこまでノウハウの内容をシークレットにする必要はないはずなんです。

にも関わらず、何故ノウハウを明かさないのか・・・。

まあ「シークレットな部分」があるほど、購入を検討する人はそこに都合の良い妄想を膨らませるので、この大航海時代プロジェクトもそうやって購買意欲を高めている部分もあると思います。

でも消費者側の立場からしてみれば30万円近いお金を払うんですから、「どういうノウハウを教えて貰える塾なのか」くらいは、きちんと明かしてくれた方がいいに決まってます。

そういうところはせどりエイターれお☆さんの「せどりインサイダー」などを見習ってほしいですね。

こういうアコギな売り方をするからクレームで出るんですよ。

まあ、そういうクレームが出る事を見越して、この大航海時代プロジェクトも「先行募集→コンテンツは後日提供」という、この手の高額塾お決まりの手口で売られています。

要するにクレームが出ても売上に響かないわけです。

先に売れるだけ売ってしまうから。

そういうところも含めて、こういうコンテンツを後日提供する高額塾は注意が必要なんですが、この大航海時代プロジェクトはちょっと私的に「ダメかな?」と思うところがセールスレターを読んだ段階で何点か見受けられました。

例えばセールスレターに貼り付けられているこの動画。




24分35秒くらいのところでこういう商品が紹介されてます。



この商品を指して

「ebayで99ドルの商品が日本のアマゾンで50000円で売れてる」

みたいな事を言っているのですが、実際にその商品を「日本のアマゾン」で調べたところ・・・。



普通に4000円くらいで売ってるんですど・・・(汗)

商品画像も商品タイトルも一致しているので、確実に同じ商品ですが「日本のアマゾンで50000円」って、何を適当な事を言っているんでしょう・・・。

いつ撮影した動画なのかよくわかりませんが、これはいくら何でもおかしいと思います。

そもそもこの商品はLEGO「スターウォーズ」のPC用のゲームソフトです。

にも関わらず、動画では「レゴのブロックだと送料が・・・」みたいな事を言っていて、動画に出ている近藤洋司さんもノウハウの提供者とされるMさんという人も、意味不明な会話をドヤ顔で続けています。

「仮にこの商品に1万円の送料がかかっても利益が出ますよ。レゴが何十キロなんてありえないんで。」

・・・というか、そもそもこの商品はブロックじゃないですよ(笑)

「送料が推定3000~5000円かかって、アマゾンに15%の手数料を引かれても5万円で売れれば・・・。」

・・・というか、日本のアマゾンで5万ってどこから出てきた数字ですか?という感じですね。

「このノウハウだけでも、凄いヤバイですよね。」

と、近藤洋司さん。

確かにこの動画だけでもこの塾のクオリティというか、彼等の仕事の適当さが伝わってきました。

何かそれらしい事を言って「それらしく稼げそうな演出」がしたかったのだと思いますが、完全に墓穴を掘ってしまった感じですね。

実際にレゴの仕入れをやって稼いでいるような人が、こんなおかしな解説なんて絶対にしませんし、一緒にその画面を見て「凄い」を連呼している近藤洋司さんも、その辺りに気付かないのはこれが「台本」で作られた会話だからだと思います。

まともにこういう話をしていたら、価格にせよ、ブロックをゲームと言っているところにせよ、何かしら「おかしな点」に気付くはずですから。

少なくとも私は「君たち二人とも、こういう商品の転売とか、経験無いんでしょ?」と思ってしまいました。

それ以外にもこのセールスレターに貼られている動画は見れば見る程突っ込みどころが満載だったのですが、これが最も決定的だったので、それ以外のものはあえて取り上げません。

普通に面倒なので。

これを見てもこのお二人が開催する大航海時代プロジェクトに参加されたいという人はどうぞ、という感じです。

ホント、この手の転売系、せどり系の高額塾はこういうキナ臭いものばかりという印象ですね。

転売やせどりなんて、結局は「仕入れて売るだけ」のシンプルなビジネスモデルなんですから、あえてこんな高い入塾料を払って「手取り足取り」みたいなものに入る意味があるんですかね?

もっとピンポイントな情報だけをきちんと教えてくれて、十分なサポートもしてくれる、手頃な価格で参加できるせどり系の情報が普通にあります。

それこそレオ☆さんの「せどりインサイダー」なんて、それこそ本当に稼げるノウハウをセールスレターで全て公開してますから。

自分が本当に稼いでいるノウハウを全て公開した上で「この方法で一緒に稼ぎたい人は私のコンサルを受けてください」という、非常に誠実な姿勢でノウハウを提供しています。

それこそ肝心なところを隠したりなんて一切していません。

まずは騙されたと思ってこのセールスレターでも読んでみてください。。

>せどりエイターレオ☆せどりインサイダー

本当に再現性のある情報って、基本的にこうやって「自信のある売り方」をしているものですよ。

ただ人は心理的に「不透明なもの」に過度な期待をしてしまいますから、「不透明で且つ価格が高い高額塾」なんてものに、どうしても過度な期待を抱いてお金を払ってしまうんですね。

そんな人間心理がこの情報業界の痛い現状を作っているような気がします。

それを分かっていて、中身が不透明な情報を煽っているアフィリエイター側にも責任はあると思いますけどね。

そういう価格が高いだけで中身が不透明な情報商材のセールスレターに過度な期待を持たないようにご注意ください。

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年4月21日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像