初心者がネットビジネスで手っ取り早く稼ぐ為の方法。まずやるべき事、学ぶべき事。

今日は初心者が最速、最短で稼ぐやるべき事。

初心者がまず最初に学んでいくべきスキル、まず手を付けていくべき事は何かというテーマでお届けします。

これは「初心者」という段階にある人がまず最初に手に取っておくべき情報商材はどういうものか。

という話にも繋がっていきますので、

「何かの情報商材を手に取ってネットビジネス業界に参入しよう。」
「いつまでたってもノウハウコレクターから抜け出せない。」
「ひとまず特定の商材を基に実践しているが結果が出ない。」


こういう境遇にある人には是非、読んでもらいたいです。

それでは早速行ってみましょう。

初心者が最速、最短で稼ぐやるべき事、学ぶべき事。

これは私なりの判断基準なのですが、この情報商材業界で「初心者向け」を謳っている情報商材は、大きく2つの傾向に分かれていると思っています。

1つはやれツイッターだ、やれフェイスブックだ、やれソーシャルメディアだ、やれユーチューブだと、使えるものは何でも使えと言わんばかりの情報商材。

ここ最近の高額塾などはこの傾向のものが非常に多いです。

この傾向にあるネットビジネス教材やアフィリエイト教材は、その動画やマニュアルを目にしていった際は「色々な事が学べたボリュームたっぷりの教材」という印象を覚えます。

ただ当然、初心者にそれら全てを消化するのは難しく、また、どれを重点的にやるべきかも分からなくなってしまい、いざ実践する際も「あれもこれも状態」になってしまう傾向にあります。

簡潔に言えばどんなに1つ1つのノウハウを深く解説してくれていても、初心者がそれらを実践する際は「広く浅く」になってしまうわけです。

ただ、こういった初心者向けの情報商材を推奨する、この業界のアフィリエイターや当の初心者さん自身の感覚では、

「どうせなら色々なノウハウを学べるものの方がいい。」

と考える人が非常に多い傾向にある為、この情報業界で「初心者向け」と評価されている情報商材は、大半がこの「あれもこれも系」のものになっている傾向にあります。

しかしその蓋を開けてみると、そういう情報商材を手にして「あれもこれも」と、多種多様なノウハウを学んで実践していったような人は、ほぼ例外なく結果を出せずに挫折しています。

「稼げない。」という人が圧倒的に多い要因の1つはまさにこれだと思うわけです。

これが私の考える「初心者向けの情報商材」の1つ目の傾向。

これに対してもう1つの「初心者向けの情報商材」の傾向は「これ」と言った必要なノウハウに焦点を絞って、その為に必要なスキルのみを徹底して解説している情報商材です。
そのビジネスモデルにおいて、本質的に重要なスキルのみを集中して高め、最低限必要な事のみを学び、実践していくというものですね。

トレンドアフィリエイトの教材にしても、情報商材を扱うアフィリエイトの教材にしても、それぞれのスキルで最低限必要なスキルというのはそう多くありません。

そこを深く掘り下げていく事を目的にしている教材ですね。

私的には後者の方が圧倒的に「初心者向き」だと思っています。

ただ、この業界のアフィリエイターや当の初心者の方々はどうしても前者の「あれもこれも」系の情報商材に目をやってしまいます。

そもそも情報商材を購入する側の初心者層の方々自身がそういう情報商材に目を向けてしまいがちな傾向にあります。

その為、彼等に情報商材を紹介するアフィリエイター側も、ハナからそういう「あれもこれも」系の一見したボリューム感のある情報商材を薦めてしまいます。


ただ本当に初心者が最速、最短でお金を稼ぎ、そして稼ぎ続けるという事を最終的な目的にするなら、本当に「初心者向け」なのは、確実に私の考える最低限必要なスキルに「特化」する方向性の情報商材だと思います。

その理由は2つ。

1つは先ほどもお伝えした通り、「あれもこれも」系の教材を手にしている人の大半は
成果を上げる事が出来ずに挫折しているという事。

そしてもう1つはスポーツでも何でもそうですが、やはり初心者の段階で重点的に鍛錬しなければならないのは細かい「テクニック」では無く「基礎」の方だと思います。

やや稚拙な例え話になってしまいますが、スラムダンクというバスケット漫画をご存知でしょうか。

その主人公である桜木花道は初心者であるにも関わらず、練習を始めた当初から豪快で派手な技やテクニックを求めました。

ただキャプテンや監督はひたすら「基礎練習」を彼に課していくという話です。

結果的に彼はその練習方針でめきめきと成長し、「初心者」でありながらその“基礎能力のみ”で、全国の強豪達と闘っていく事になります。

多くの少年スポーツ漫画が派手な技やテクニックで読者を惹きつける中、スラムダンクという漫画はそういう要素を一切排除して、まさにに「リアリティ」を追及しました。

もはやこの「スラムダンク」はバスケット漫画のみならず、スポーツ漫画全般の金字塔的存在です。

これはまさにその「リアリティ」に多くの人が共感し、「スポーツ」というもの「努力」というものの、本当の「あるべき姿」を映した漫画になっていた為ではないでしょうか。

少なくとも私はそう思っています。

勿論、これはあくまでも漫画の話です。

ただ実状として世の中の物事は大半がこういうものだと私は思います。

ネットビジネスの世界でも初心者の人ほど、すぐにお金に繋がるテクニック等を求めがちです。

ただ最初からそういうものに頼ってしまい、あれこれと手を出していく人は大抵稼げずに挫折してしまいます。

逆に本質を見極めて「基礎」となるスキルを積み上げ、ひたむきに「努力」していった人達だけが、しっかりと結果を出していくわけです。

このネットビジネス業界で大半の人が稼げていないのは、そんな「基礎」となる本質的なスキルを避け、小手先だけのテクニックばかりを求めているからではないでしょうか。

そしてそういった「情報」の発信元であるインフォプレーや彼等の情報を伝達する立場にあるアフィリエイター等も

「このノウハウがあればあなたもすぐに稼げます!」

と、まさにテクニック重視の情報ばかりを発信していきます。

そんな情報に右往左往させられ、初心者の人はただ高い情報料だけを取られ、挫折していくのです。

それがこの情報業界の今の現状ではないかと思います。

ネットビジネスでまず学ぶべき事、やるべき事。

ではネットビジネスの業界で言うところの「基礎」とは何なのか。

それは人によって若干意見が分かれるところかもしれませんが、私的には下記の2つがその「基礎的なスキル」に該当すると思っています。

・文章で人を行動させる「コピーライティング」のスキル
・検索エンジンからの「集客」のスキル


基本としてこの「売る力」と「集客する力」があれば、ネットビジネスでお金を稼ぐ事は「容易」です。

ネットで商品やサービスを売り込むのはやはり「文章」であり、そこにコピーライティングというスキルは必要不可欠です。

ただ多くの初心者さんは文章が苦手という人が多く、どうしても「文章力不要」的な情報にお金を出してしまいます。

そこがそもそもの「挫折の入口」なんですけどね。

結局のところネットビジネスは何をするにでも文章です。

だからこそ文章という部分を避けて通る時点で、それはかなりの遠回りをさせられる羽目になります。

文章力を抜きに稼ぐ事の方が遥かに難易度が高いからです。

初心者の方々はそこに気付かないんですね。

文章力を付けずに稼ぐスキルやテクニックを身に付けるより、そこそこの文章力をそれなりに付けて取り組んでいく方が遥かに楽に稼いでいく事が出来るという事です。

ただ「ネットビジネス」である以上は文章を書けるようになるだけでは稼ぐ事は出来ません。

やはり「それなりの集客スキル」も必要になります。

ここで文章力を抜きに考えると、途方も無いレベルの集客スキルが必要になるわけで「そこそこの文章力を付けてそこそこの集客をする」のと「文章力ゼロでも稼げるレベルの圧倒的な集客力を付ける」のとでは、どう考えも前者の方が遥かに「楽」です。

だからこそ、私はまず学ぶべきスキル、取り組むべき事は“コピーライティングと集客のスキルを学ぶ事”だと思うわけです。

その「集客」という観点で最も「基礎的」となるのは、やはり「検索エンジンからの集客」です。

今でこそ、色々なノウハウや集客の方法が出てきていますが、今も多くのネットユーザーの利用用途の中心は検索エンジンです。

その根本的なところは変わっていません。

ツイッターやらフェイスブックやらソーシャルメディアなどの利用は、そこにプラスアルファで使っていけばいいものだと思います。

現に私などは検索エンジンからの集客だけでも普通に稼げていますから。

つまり初心者が最速、最短で収入を得ていく上で必要な事は

・文章で人を行動させる「コピーライティング」のスキル
・検索エンジンからの「集客」のスキル


この2つのスキルを学び実践していく事。

これが実際のところではないかと私は思います。

その2つのスキルを徹底的に学べる「初心者向け」教材。

ではその2つのスキルを徹底的に学べるという観点での、私の考える本当の意味での「初心者向け」の情報商材としては、やはり以前から推奨しているこちらの商材が群を抜いていると思います。

>Copyrighting Affiliate Program

まさにこの「Copyrighting Affiliate Program」は「あれもこれも」系の情報商材とは対照的に

・コピーライティングのスキル
・検索エンジンからの集客スキル


この2つのスキルのみを徹底的に叩き込んでくれている、まさに「本格路線」のアフィリエイト教材です。

検索エンジンからの集客ノウハウも小難しい技術的なSEO対策等を推進するものでは無く、まさに「今後の検索エンジン傾向」の本質を突いた合理的な「キーワード戦略」を学んでいく事が出来ます。

そしてその有効性は今後も更に高くなっていくと思います。

私からすると初心者がアフィリエイトで稼ぐ為の最速、最短ルートはまさにこの「Copyrighting Affiliate Program」にあると思います。

むしろこれは「稼ぐ為の最短ルート」では無く、「成功する為の最短ルート」であり、「トップアフィリエイターになる為の最短ルート」でもあります。

そして何より「価格」が安い。

教材一式のみであれば9800円という価格から、1カ月間の徹底したサポート体制付きで参加頂けます。

いずれにしても世間的に推奨されている「あれもこれも」系の商材はむしろ初心者が最初に手を付けるようなものではありません。

ある程度の基礎的なスキルを培った「脱・初心者」層の人が幅広いスキルを手にする上で手にするべきものです。

まあ、ある程度の基礎的スキルを高めた状態であれば、そんな細かいノウハウは不要というのも実情なんですけどね。

それでも、そういう段階で細かいテクニックを駆使していくと言うのも方向性の1つとしてはアリだと思います。

あとはあなたが望む「初心者向け」の教材がどういうものかという観点次第です。

少なくとも私がアフィリエイト教材として推奨している下記、3つのアフィリエイト教材は、いずれも必要最低限の重要なスキルに的を絞り、そこを徹底して学び、実践していくというものになっています。

推奨トレンドアフィリエイト教材「One day Article Affiliate」

推奨アダルトアフィリエイト教材「Continuation Affiliate 」

推奨総合アフィリエイト教材「Copyrighting Affiliate Program」

それぞれ戦略的なジャンルや市場は異なりますが、その「必要なスキルを特化していく実践スタイル」という点は、いずれのアフィリエイト教材も共通しています。

ただあえてジャンルと特化せず、本質的にネットビジネスで最短、最速でより高い収入を手にしていける基礎的なスキルを高めたいのであれば、「Copyrighting Affiliate Program」がお勧めですね。

ただ今回の私の意見を聞いた上でも、あなたが

「自分はとにかく広い範囲で様々なノウハウを学べるものがいい!」

と思われるのであれば、そういった「詰め込み系」の教材に手を出していってもいいと思います。

ただ実状としてそういう選択肢を辿っていった初心者さんは、ほぼ例外なく挫折する結果に終わっています。

それだけは忠告しておきますね。

後はあなたの自己判断です。

それでは、また次回。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年3月25日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:初心者用コンテンツ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像