これが売れる!●●●●転売ビジネス公開マニュアル(川島和彦)レビュー

インフォトップ、アドモールで面白そうな転売系の情報が販売されていたので、早速仕入れて「実践」してみました。

ガチな実践報告も兼ねた「実践レビュー」の方、記事にさせて頂きましたので目新しい転売ビジネスに興味のある方はお読み頂ければと思います。

●●●●転売ビジネス公開マニュアル(川島和彦)

http://resale-business.net/

(特定商法表記)
・横塚弘之、川島和彦
・東京都杉並区和泉2丁目40番地29号コーポ和泉201号室
・080-3459-5421

●●●●転売ビジネス公開マニュアル(川島和彦)レビュー

セールスレターを見ればわかりますが情報商材としての概要は、セールスレター上にもうほとんど明かされています。

唯一明かされていないポイントは扱っていく商品が「何か」というところ。

その一点のみが「●●●●」として、カタカナ4文字の「何か」であるとだけ書かれてます。

その商品が「フリーマーケット」や「バザー」などでは1点300~400円くらいで仕入れる事が出来るという事で、基本的にはその商品のみを転売の対象として稼いでいく方法がマニュアルに書かれています。

で、転売の方法は仕入れたその商品をそのまま「ヤフーオークション」に出品していくというだけのシンプルなもの。

そこにはとくに小細工的なものはほとんど必要ありません。

まさにただ「リアル」で仕入れて「ネット」で売っていくという、本当にシンプルな転売ノウハウです。

一応その商品の特徴として挙げられているポイントとしては

・複数の商品を片手で持ち運べるレベルの大きさと重さ
・フリーマーケットでは山積みにされて売られているのが普通
・ネットオークションでは数千円で取引されている
・まとめ買いも当たり前の消耗品
・カタカナ4文字の名称が一般的


といった具合にその商品の扱いやすさは上記を見ても一目瞭然ではないかと思いますが、あえて私の記事を読んでくれているあなたにはもう1つヒントを付け加えておきます。

この商品・・・いわゆる「ファッション系」の商品です。

ただブランドものとかそういうくくりのフャッション系ではありません。

どちらかと言うとピンポイントな「パーツ?」的な位置づけにあるものです。

カタカナ4文字はわりとオシャレ系な人じゃないと名前は出て来ないかもしれません。

少なくとも私は「え?それってそんな呼び名だっけ?」と思ってしまいました(笑)

モノはしっていてもその呼び名は意外に曖昧・・・そんな商品です。

で、その商品対象はその「パーツ」に含まれるもの全てが対象になる為、かなり広い範囲で色々な種類のものが出ています。

そしてこのノウハウはその「種類を問わず」ほぼ全てのその商品が“数千円からモノによっては1万円以上で売れていく”わけです。

仕入れはフリーマーケットの相場で安い物なら300~400円、高くても1000円前後というものなのですが、それがどんなに安くとも1000円以上の「利益」を生み出します。

場合によっては1つの商品で1万円近い利益を生んでしまうわけです。

利益率で言えば2倍から10倍というものですから、書籍等の普通のせどり等をやっている人からすれば、考えられないほど「おいしい商品」だと思います。

ここまでお伝えしてきた事が全て「事実」なら、ですけどね。

で、やるべき事は近所のフリーマーケットでその商品があれば仕入れてきて、それをそのままヤフーで転売すればいいというビジネスモデルだったので、モノは試しにやってみようと思ったわけです。

話半分でも十分においしい情報ですし、どう転んでも転売情報のレビューとしては良いネタになると思ったので。

早速マニュアルを購入してその●●●●の名称を知り、そのオークション相場の方をそのカタカナ4文字をそのまま入力して調べてみました。

下記がその相場検索の結果です。



これは2月中旬くらいからの30日間の相場検索ですが確かに全ての商品が1000円以上で取引され、1万円近い金額になっているものもありました。

平均相場はご覧の通りの「4055円」というもの。



取引件数に至っては20644件とかなりの数の取引が行われていますがこれだけの数をこなしてこの平均金額というのは普通に「そういう相場で取引されている商品」と見ていいと思います。

この相場履歴についてはオークファンでただそのカタカナ4文字を入力して検索しただけですので、このネタ(カタカナ4文字)がわかった人は、そのまま同じように検索して頂ければ、すぐにでもこの相場は確認出来ます。

この時点でセールスレターに書いてあったネットオークションでの「転売相場」については嘘は無いです、

紛れも無く1000円以上、高ければ1万円以上でバンバン取引されていますね。

ちなみにオークファンで調べられる過去3年の平均相場と取引件数は下記の通りです。



平均取引相場は5298円、取引件数は57万件以上。

この商品がいかに「日常的に取引され続けているもの」で、いかに「消耗品の特性」をもっているものかはこの数字だけを見ても一目瞭然ではないかと思います。

何度も言うようにこの相場はあなたもネタ(カタカナ4文字)さえわかれば、私と同じようにすぐに過去の相場は勿論、今の相場も調べられます。

この相場が本物である事はオークファンの方でカタカナ4文字を入力してそのまま検索を行って頂くだけで、すぐにでもご確認頂けるという事です。

いずれにせよ、この相場を見た段階で私はかなりこの情報に信憑性と期待を感じました。

あとはこの商品は実際にフリーマーケットで、この相場以下、強いては数百円単位でバンバン仕入れられれば、この転売ビジネスの情報は「本物」であり、普通に稼げるノウハウと言えるわけです。

私は早速フリーマーケットに出向いて「その商品が本当に安く仕入れられるのかどうか」を確かめてみる事にしました。

●●●●転売ビジネス公開マニュアル(川島和彦)実践レビュー

まずこの「商品」の形状などについても、その特徴はセールスレターに書かれていたポイントと全く相違はありませんでした。

これなら手ぶらでも普通に仕入れに行けると思い、早速土日に開催しているフリーマーケットを調べ、近くで開催されている会場に行ってみる事にしたわけです。

ちなみに私はあまりフリーマーケットなどを利用する経験の無い方だったのですが、ネットで調べると都内では冬場でもバンバンやっているようでした。

ネットオークションが普及して不用品の処分等にも困らなくなった今のご時世でも意外にフリーマーケットは売る方にも買う方にも「その場の空間を純粋に楽しめる」という点で需要があるようなのです。

ちなみにですが私はこちらのサイトを参照して近所の開催情報を調べました。

>フリマ開催情報カレンダー

尚、販売者の川島和彦さんに聞いたところ、夏場はもっと開催場所も多くてその商品の出品割合も多くなり、更に「入れ食い状態」になるそうです。

それはさておき、早速調べた会場に土曜の午前中、プラッとタクシーを走らせて会場に行ってみた私。

・・・思ったより人がいて普通に驚きました(汗)

早速会場の中に入り、商品を物色・・・。

思ったより会場が広く、他の商品に目う移りしながらもチラホラその「●●●●」が目に入ってきました。

色々な商品の中に幾つか紛れて出品しているものがあったり、比較的それを中心に扱っているという出展者もいたという感じで、値段は確かに1000円前後。

1000円を超えるようなものはほとんど「新品」のような扱いの商品くらいで、中古品として出ているものは確かに500円~1000円くらいが相場という感じでした。

セールスレターに書いてあるような300~400円というものは見つけられませんでしたが、500円代のものはかなりあったので、これは十分許容範囲だと思います。

ひとまず3000円ほどを予算に500円代の中古品のものを4つと、ほぼ新品に近い1000円のものを1つ。

計5つの商品を仕入れて帰宅し、早速スマホのカメラで商品を撮影してそのまま出品してみました。

下記がその結果です。








※価格、入札件数等を明かすと私のヤフーアカウントが割り出す事が可能になってしまい、今後の他のオークション関連の教材の実践に支障を来す恐れがある事から数字にモザイクをかけさせて頂きました。

3100円代で売れたものが1000円で仕入れた商品で、それ以外は500円で仕入れた商品です。

500円で仕入れた商品が1つだけ入札が入らず終わってしまいました。

ちょっと状態が悪かったので、そこを下手に説明し過ぎたのが悪かったのかもしれません。

その売れなかった商品を抜きにして売れたもののみの転売時の「利益」は9500円ほど。

実質2500円分の商品が12000円以上になったわけです。

尚、売れ残ったものも今度は余計な状態説明は入れずに「画像を見て判断してください。」という形にして再出品したところ、下記のような金額で売れました。




一応、仕入れ資金に対しては2倍以上のリターンにはなっていますね。

5000円以上や1万円近い相場にはならなかったものの「手堅く稼げる転売ノウハウ」という点では十分に再現性のある転売情報と見ていいのではないかと思います。

サッとフリーマーケットの会場に足を運んで手荷物レベルで持ち帰れるくらいの仕入れを行って数万円ほどの収入を手にする事はわりと容易です。

実際、都内であればフリーマーケットはかなり頻繁に開催されているようですし、下記のサイトを見れば分かる通り土日はかなり多くの会場で開催されています。

>フリマ開催情報カレンダー

東京都以外の開催状況はわかりませんが都内であれば実践や仕入れに困るという事はまず無さそうなので、東京都近郊、関東圏内に住んでいる人であればフリーマーケットとネットオークション間で出来る手軽な転売手法として、知っておいて損は無いと思いました。

またこの商品であればヤフーオークションに固執しなくてもモバオクなどでも十分に売れる商品ではないかと思います。

むしろ世代や需要的にはモバオクの方が向いているかもしれません。

まあ、こうしてヤフーでも普通に利益を出せる状態ですので、あえてモバオクでという必要は無いかもしれませんが、携帯端末で手軽にやりたいという人はモバオクの方でも十分に利益を出していく事は可能ではないかと思います。

ただ実際にやってみて感じた懸念点としては、本気で大量の仕入れを行うとすれば若干回りの目が気になってしまうかも・・・というところですね。

何というかフリーマーケットは転売目的で商品を「仕入れ」ているような人は何となく少ないような雰囲気で開催されていますので、そこにさっそうと現れてその商品のみを片っ端から買い占めていく行為はちょっと目立ってしまうかもしれません。

勿論、それに対して何が悪いという事はありませんし、その事で何か注意を受けるような事はとくに無いと思います。

そんな事、気にしなければ何て事は無い。という人は1つの会場で数万円分の仕入れを一気に行って10万単位の利益を数日で上げるような事も出来ると思います。

ただそこまでの量を仕入れるとさすがに「手持ち」で持ち帰るのは厳しいと思いますので持ち運びに車は必要になるかもしれませんね。

そのような買い占めに近い仕入れを複数のフリーマーケット会場を回って徹底していけば月収ベースで30万、40万、50万円というのも不可能では無いと思います。

アルバイトを雇ったり仲間内で複数の会場に散らばって買い占めまくるというのもアリかもしれませんね。

そのような形で本格的にやればかなりの利益を出す事も可能だと思います。

要は仕入れて売った分だけ利益になるというビジネスですし、商品そのものは会場にいけば本当にかなりの数のものが、ほぼ確実に利益を出せるような価格設定で普通に売られています。

ネットオークションとフリーマーケットという畑違いの場だからこそ、こうして生まれている「相場格差」ですね。

私もフリーマーケットというところには実質的にほぼ初めて足を運びましたが、色々探していけばまだまだこういう商品は見つかりそうです。

ただこの「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」で扱っている商品は確かに仕入れ値は格安なわりにネットオークションでは安定した相場で年間何十万件という取引を行われている「消耗品的特性のある商品」ですので需要が尽きる事はまず無いと思います。

こういった転売ビジネスで扱っていくには最適の商品と言えますね。

それをそのまま明かしているだけの情報ですが価格に見合う以上の価値は十分にある転売情報だと思います。

実践していけば損のしようがありませんので。

●●●●転売ビジネス公開マニュアル保証体制

また一応この情報についている「保証」には、東京都内であればフリーマーケット・バザー等で実際に仕入れるべき商品が見つからない場合、販売者の川島さんに私が住んでいる地域を伝えれば川島和彦さんが商品のリサーチを行って最低1000円以内で商品の仕入れを行える場所を案内してくれるというサービスが付いています。

その上で万が一そういう場所が見つけられない場合は情報代金を返金してもらえるそうなので、都内で住んでいるような人であれば買っておいてまず損はありません。

川島和彦さんとは私もサポートの依頼で何度かメールのやりとりをしていますが、迅速に対応してくれていますので、まともの情報を販売されている方だと思います。

少なくとも私はそういう信用出来る販売者さんの情報しか推奨しません。

その辺りも含めてこの情報は都内近郊、関東圏内に住んでいる人で土日などはある程度自由にフリーマーケット等に足を運べる人には普通にお勧めです。

元手もそこまでかかりませんしね。

ただ一日の仕入れで数万円と稼ぎたい場合は仕入れの際にちょっと目立ってしまうかも・・・という懸念点があるくらいです。

まあ、そんなものは慣れてしまえば何て事無い部分だと思いますし、やろうと思えば自然な範囲でやっていく事も出来ます。

いずれにしてもそういった条件を踏まえておけば、この転売情報は文句なく推奨出来る商材です。

価格も手頃なので。

>●●●●転売ビジネス公開マニュアル

特典を追加しました。

フリーマーケットとネットオークションの間でこの商品のような「相場格差」のある他の商品がありそうという事で、あれから昔のお客さんなどと何気なくフリーマーケットに何度か足を運んでいたのですが、かなり面白い分野の商品を私なりに見つけ出しました。

同じくフリーマーケットとネットオークションの間で大きな「相場格差」がある商品で、この「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の商品同様に、持ち運びも手軽で「消耗品的需要」もあってしっかりと利益も見込める商品。

ヒントはカタカナ3文字で●●●(笑)。

仕入れについては「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の商品よりも若干高めで2000~3000円から5000円ほどの相場になってしまうのですが、転売時の利益がその分だけ大きく、1万円以上はザラで高いものだと普通に2~3万円代で売れます。

つまり最低ラインでも5000円以上の利益は出せてしまうわけです。

若干仕入れにお金がかかるので、最初の段階で私が見つけた商品を中心に扱っていくのはちょっと大変かもしれませんが、「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の商品の方で利益を積み上げた後に同時進行で私の見つけた商品を扱っていくか、途中でシフトしていくような方法を取れば、より大きな利益を見込んでいく事も出来ると思います。

というか探していけばフリーマーケットとネットオークション間の「相場格差」のある商品はまだまだ出てきそうですね。

この転売情報を実践していく中でも、注意深く色々なジャンルの商品に目を付けていけばそういう商品がどんどん見つかっていきそうな気がします。

ひとまず現時点ではこの「●●●」の仕入れと転売におけるマニュアルをこの「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の特典マニュアルとさせて頂きますが、また他にこういった商品が見つかっていけば、追って特典の方も追加していきたいと思います。

というわけでこの「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の特典は、ひとまずは下記のようなラインナップとしておきます

銀次オリジナル特典(1)
フリーマーケットで仕入れられるもう1つの転売商品●●●とは。
2000~3000円から5000円ほどの仕入れ相場で1万円以上、高いものだと普通に2~3万円代で売れる商品になります。

持ち運びも本編「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の商品同様に片手、もしくは両手で複数の商品を一気に持ち運べるもので、重さも片手でヒョイと持てるものです。

たぶん本編の商品よりこっちの商品の方が名前も現物も多くの人に馴染みのあるものではないでしょうか。

取引されている回数や消耗品的な需要は本編の商品と同じくらいのレベルであるものです。

仕入れの際にその商品をチェックするポイントや転売時のポイントなども簡単にマニュアルにまとめていますので、いざ取り扱う際はそちらを参考にして頂ければと思います。

銀次オリジナル特典(2)
“フリマ×ヤフオクに相場格差のある商品”追加情報
おそらくフリーマーケットとネットオークションとで価格相場に差があるような商品は、まだまだたくさんあると思います。

今後もそういう商品が見つかりましたら、随時情報発信もしくはマニュアル化したものを追加提供していきます。

購入者様からの情報提供や情報交換も大歓迎ですので、そういう商品が見つかりましたら是非情報を共有していきましょう!

販売の際などに競合してしまうような商品であれば話は別ですが、この「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の商品や私が見つけた商品のように、年間数十万件と取引されているような商品であれば、基本的にそんな心配は要りません。

フリーマーケットは都内でも多数の会場で開催されているわけですし、どうせその商品を持て余すくらいなら有益な情報はみんなで共有していきましょう!

少なくとも私はそういう考えですので、そういう対象になるような商品が見つかれば随時情報提供をしていきます!

銀次オリジナル特典(3)
銀次の個別メールサポート+Q&Aレポートのシェア
こちらは「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の本編はもとより、上記、私のオリジナル特典の内容も含めた私、銀次によるサポート特典になります。

また、多く頂くような質問等があれば、こちらの特典を手にした方へ向けてのQ&Aレポート等も補足的に配布していきますのでこちらも併せてご利用ください。

アフィリエイト系のネットビジネスは無理でもこういう転売ビジネスなら普通に稼いでいける!という人はわりと多くいるのではないかと思います。

あなたがどんな「転売ビジネス派」もしくは稼げるなら転売ビジネスもやっていこうとお考えであれば、是非この転売情報も収入源の1つとして取り入れてみてください。

私の特典内容も併せて都内近郊、関東圏内にお住まいの方ならまず知っておいて損は無い情報だと思います。


お勧めコンテンツ

>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧

1億円のビジネス講座

何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年2月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像