富豪ファミリープロジェクトは詐欺商材か。相場師朗、紫垣英昭氏の黒幕。

ここ最近では珍しくインフォトップの売上ランキング1位に投資関連の情報商材が食い込んでます。

こちらですね。

富豪ファミリープロジェクト

・URL:http://wc-car.com/t/index.html
・相場師朗、紫垣英昭、株式会社カーロット
・大阪府大阪市中央区南船場2-10-28下村ビル501
・06-6244-1202

富豪ファミリープロジェクト レビュー


「投資関連の情報商材はまず詐欺と思え。」

これはある情報商材レビュアーが言っていた事ですが、あながち間違った物言いでは無いところがあります。

何故ならこの手の情報はそれを公開するようなメリットが販売者側に実質全く無いからです。

株にせよ、為替にせよ、「相場」というものは結局のところ需要と供給のバランスによって推移します。

仮にそのバランスを先読みしていくノウハウがあり、それが誰にでも簡単に出来るものであったなら、そんなノウハウを他人に公開していくメリットなんて1つもありません。

メリットが無いどころか公開していくだけ損をすると言ってもいいくらいです。

だからこそ「誰でも」「簡単に」という甘い謳い文句で公開されている投資関連の情報商材はほぼ全て詐欺に近いものと考えるのが妥当と言えるわけです。

実際にこの「富豪ファミリープロジェクト」の販売責任者となっている「株式会社カーロット」という業者は以前にも「神リッチプロジェクト」なる投資関連の情報を神王リョウ(本名、山本亮)なる人物を筆頭に販売していた形跡があります。

まだ公開されて間もない「富豪ファミリープロジェクト」については現時点で明確な批判的の声は上がっていません。

ただ「神リッチプロジェクト」についてはいざ入会すると軍事金が100万円以上必要とか、到底無理なレベルで常に相場をチェックしなければならないとか、多くの批判的な声が上がり返金トラブルにも発展していた模様です。

それ以前に発行していたと見られる株式会社カーロット関連の情報商材もあまり評判は良くありません。

だからと言って今回の情報や相場師朗、紫垣英昭両名が全くもって信用ならないというのはちょっと酷な話ですが、大元の販売業者の過去の情報商材に批判の声が多く上がっているというのはやはり見逃せない事実です。

正直、私は情報商材をアテにして大切な資金を投資に充てるのはお勧めできません。

そんな生半可な気持ちでやるべきビジネスでは無いと思うからです。

「うまい話には裏がある。」

投資関連の情報商材にはまさにこの一言が当てはまる気がします。

ご注意ください。

以上、富豪ファミリープロジェクトの銀次分析でした。


富豪ファミリープロジェクト 追記事項


もともと掲げていた12月18日という申し込み期日を経過しましたが今も普通に申し込みが出来るようです。

こういった申込期日や値上げ期日を守らない情報商材はほぼ要注意です。

むしろこの時点で詐欺的なものと判断した方がいいかもしれません。

この時点で締め切る気の無い期日を設けて購入を煽り、先立って申し込んだ消費者を欺いているからです。

20万円を超える高額情報でこのような行為を行う販売業者は根本的に信用できないと判断した方が賢明です。

申し込んでしまった人は早急に返金の請求等をASP等に訴えていく事をお勧めします。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像