情報商材ASP、インフォポイントが閉鎖(倒産?)した件について。

先日、ASPと情報商材の関係やそれを踏まえた情報商材の良し悪しを捉える視点などを解説したのですが、わりと有名どころの1つだった情報商材系のASPの1つが閉鎖されている事をつい先日、知りました。

その閉鎖されたASPというのは「インフォポイント」というASPで、私が知る限りではインフォカート、インフォトップに次いで長く運営されていたASPだったんじゃないかと思います。

閉鎖されたのは今年、2017年の1~2月頃のようで、私は個人的には一切利用していないASPだったので、その存在は知ってましたが閉鎖された事は全く知りませんでした。

ただ、こうした「ASPの閉鎖」には、これまでも幾度と多くのアフィリエイターに苦渋を飲ませてきた経緯があるんです。

ですので、今日はそんな「ASPの閉鎖に伴うアフィリエイターのリスク」を言及してみたいと思います。

ASPの閉鎖に伴うアフィリエイターのリスク


どんな会社にも「倒産」の可能性がある以上、どんなサイトにも「閉鎖」の可能性があります。

そして、これは「ASP」にも同じ事が言えますので、ASPの閉鎖やその運営会社の倒産は、アフィリエイターにとっては、その活動における「リスク」である事に変わりはありません。

もちろん、ASPの閉鎖やその運営会社の倒産が、必ずしもアフィリエイターに損害や損失を与えるというわけではありませんが、これは五分五分くらいの確率で損害や損失を与える事になっているのが実状です。

例えば、ASPが閉鎖となった場合、自身のブログやメルマガに張り巡らせているアフィリエイトリンクは全て、無効(リンク切れ)になりますので、それらを修正していく手間は避けられない事になります。

この時点でも、多少なりと「手間」という被害を被る事になるわけですが、それ以上に恐ろしいが「そのASPを介して稼いだアフィリエイト報酬が支払われない」というリスクです。

というのも、基本的にASPからのアフィリエイト報酬の支払いは、月末締めの翌月払いや翌々月払いというのが一般的ですので、多くのアフィリエイターは常にASPに一定の売上報酬をストックしている状況にあるんです。

そして、いざ、そのASPが閉鎖され、その運営会社が倒産という事になると、その報酬がそのまま「支払われない」という可能性も少なからず生まれてきます。

サイトの閉鎖、運営会社の倒産には、やはり相応の理由があるはずですし、それが「経済的な理由」なら、そもそも物理的に「支払う余力が無い可能性」もあるからです。

要するに、その運営会社が、アフィリエイターが売り上げた成果報酬のストックをサイトの運営や会社経営の経費に充ててしまい、自転車操業のような状態になっていた顛末として閉鎖、倒産に至っているようなケースですね。

または「計画的」に経営破綻を装ってサイトの閉鎖や会社の倒産をでっち上げ、アフィリエイターの成果報酬をASP側が持ち逃げしてしまうという事も出来てしまいます。

決して疑惑の域は超えないものの、不自然な閉鎖、倒産をしてアフィリエイターを路頭に迷わせたASPの計画倒産のようなものも過去に無かったわけではありません。

ただ、経営難が事実であれ、虚偽であれ、運営期間が短い新興ASPは「運営の実績が無い」というだけに、その両方を疑わざるを得ないのが実状です。

対して2年、3年と運営を継続しているASPはそれだけの「運営の実績」がありますので、そこから計画的な倒産を行う可能性や、経営難に陥る可能性は低いと見る事が出来ます。

そこがASPというサイト事業において、有望な新興ASPが出て来にくい理由でもあるんですけどね。


ASP閉鎖の2大リスク:リンクの無効化と報酬の未払い


実際、今年の1~2月にインフォポイントが閉鎖した時点においても、その利用者と見られるアフィリエイターの方が掲示板サイトなどで、報酬の未払いを懸念する声を書き込んでいました。

自分が使っているASPが急に閉鎖され、サイトすら見れなくなってしまったなら、そういう不安を抱いてしまうのは当然だと思います。

その後、インンフォポイントからアフィリエイト報酬が支払われたのかは分かりませんが、ASPの閉鎖には、そういった報酬未払いのリスクなどがある事は事実として、間違いありません。

何より、インフォポイントは、情報商材が今以上に「無法地帯」に近い状況にあった頃、今はほぼ死語に近い「即金系(即、稼げる)」と呼ばれる情報商材を扱うASPの一角を担っていたASPですからね。

そういうASPが閉鎖に追い込まれてアフィリエイターやインフォプレナーへの報酬が未払いになったケースも一度や二度ではないんです。

それこそ、即金系の情報商材を主としていたASPとしては「インフォスタイル」などが筆頭で有名でしたが、それ以外にも、

・インフォレストラン
・副業.com
・インフォジャパン
・インフォキャッチ


といったような多くのASPが立ち並んでいましたが、上記の大半が次第に閉鎖されていく中で、遂に「インフォポイント」も閉鎖するに至ったというわけです。

ちなみに、上記に挙げたASPで今も残っているのは「インフォジャパン」のみになっていますので、インフォジャパンを見ると、その「即金系」の名残りがある情報商材は今だに残ってますね。

あと、インフォポイントの閉鎖に併せて、インフォポイントの運営会社である「株式会社YS」が運営していた各種情報ビジネス関係のサイトも全て、閉鎖されたみたいです。

それこそ株式会社YSが運営していた「激増」などは、無料レポートスタンドとしては、わりと有名どころの1つだったのではないでしょうか。

何にせよ、わりと運営期間も長く、運営の実績もあったようなASPが今年の初めにいつの間にか閉鎖していたという事で、これも時代の流れかな・・・と思った次第です。

ASPの閉鎖やその運営会社の倒産は、アフィリエイターにとっても決して楽観できないものなので、ASPを選ぶ際はそういうリスクも踏まえた上で、それなりの運営実績があるサイトを選ぶようにしてください。

以上、ASPの閉鎖に伴うアフィリエイターのリスクについてでした。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年8月22日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材ASP

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像