文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”(浅川義人)レビュー。

ネットビジネスというくくりの中に入るビジネスの大半においては「文章のスキル」は避けては通れないものだと思います。

とくに私がやっているようなブログやメルマガを主体とする「アフィリエイト」などにおいては、「文章のスキル」は極めて重要度の高いスキルと言っても過言ではありません。

ただ、この「文章のスキル」を、世間的に言われる「コピーライティング」のスキルと混同している人も多いようで、

文章のスキル = コピーライティング

という捉え方をしている人もいるようですが、実質的にこれらは決して「イコール」ではなく、ある意味では全くの別モノと言えます。

文章によって読み手を『反応』させたり『行動』させる事を突きつめたスキルがコピーライティング。

対して、ここで言う「文章のスキル」というのは『分かり易く、読み易い文章を書く為のスキル』であり、言わばこれはコピーライティングに先立つ「文章の基礎を押さえるスキル」なわけです。

ただ、私のブログも含めて多くのネットビジネス関連の情報を扱うサイトや情報商材などでは、コピーライティングのスキルは言及されていても、それに先立つ「文章そのもののスキル」はあまり言及されていません。

ですが、本当にコピーライティングのスキルを学び、身につける上では、まずはこの「文章そのもののスキル」を学び、その基礎を先立って固めるべきなんです。

そんな「コピーライティング以前の段階」にあたる文章そのものの基礎を重点的に言及している教材が、今回取り上げる「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”」という教材です。

文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”

・URL:http://saizero-writing.com/admall

(特定商法表記)
・浅川義人
・神奈川県川崎市宮前区平4-11-7グレイス宮前205

文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”(浅川義人)レビュー


そんな「コピーライティング以前の文章そのものの基礎」にあたるものを、あえて勉強する必要があるのか。

それだけを重点的に学ぶ事でそこまでビジネスに役立つのか。

この「コピーライティング以前のスキル」をそのように捉える人もいるかもしれません。

ですが、ネットビジネスやアフィリエイトで思うように稼ぐ事が出来ていない人が学ぶべきは、むしろコピーライティングより、それ以前の段階にあたる、このスキルなんじゃないかと思います。

現にそういう人は、ほぼ例外なく「分かり易く、読み易い文章」というものが根本的に「書けていないから」です。

むしろ、WEB(インターネット)に適した形でその然るべきポイントを押さえ「分かり易く、読み易い文章」を書けていないからこそ、実際に「稼ぐ事」が出来ていないわけです。

それこそ多くの初心者層が挑んでいるようなトレンドアフィリエイトや、私が推奨しているアダルトアフィリエイトなどの分野であれば、

「WEBに適した形でその然るべきポイントを押さえた分かり易く、読み易い文章」

をそれなりに書けていれば、それなりの収入は普通に稼げるものなのが現実です。

もちろん、その戦略にもよりますが、大抵の「トレンドアフィリエイト」「アダルトアフィリエイト」のプロセスにおいては、そこまでコピーライティングのスキルは必要無いからです。

それこそ、私がこのブログでやっているような情報商材のアフィリエイトなどであれば、その売り込み段階などで「クロージング」や「説得」などが必要になる為、

「コピーライティングのスキルが必要」

と言える余地は、その分だけ大きくなると思います。

ですが、さほどその必要性がない商品を扱うようなアフィリエイトには、そこまでコピーライティングのスキルが要求される事もないわけです。

少なくとも、私が推奨しているような「トレンドアフィリエイト」や「アダルトアフィリエイト」の教材に関しては言えば、

・既にアダルト関連の商品やサービスに興味がある人を誘導して成果を上げるノウハウ
・トレンドキーワードを介して物販やアドセンスを主体として成果を上げるノウハウ

などを提唱しているものになっていますので、いざその商品の「アフィリエイト(売り込み)」においても、そこまでコピーライティングのスキルが要求される事はありません。

つまり、そのようなコピーライティングのスキルをそこまで要求されないようなアフィリエイトであれば、今回取り上げる、

「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”」

で学ぶ事が出来る「文章の基礎」を押さえて、分かり易く読み易い文章を書き上げていくだけでも十分に稼いでいく事が出来てしまうんです。

要するに、大半の「初心者層」の人が取り組んでいるような、物販やアドセンスを主体とするトレンドアフィリエイトや私が推奨するアダルトアフィリエイトなどであれば、

「文章そのものの基礎を押さえていく為のスキル」

を学び、その然るべきポイントを押さえた文章をしっかりと書き上げていく事が出来るようになるだけで、普通に稼いでいく事が出来てしまいます。

下手に「コピーライティング」を学んで敷居の高い文章のスキルを身につけずとも、それ以前の基礎的なポイントを押さえていくだけでも「アフィリエイトで稼いでいく事」は普通に出来てしまうわけです。

そういった視点で言うと、この「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”」は、ネットで稼ぐ為に必要な「文章のスキル」を学ぶ上で、

「必要最低限な基礎的なポイントだけを的確に押さえられる教材」

と捉えていいものであり、このような「ウェブに特化した文章の基礎」を学べる教材としては、これ以上無いほど分かり易く、充実した内容の教材になっていると思いました。

まず学ぶべき「ネットで稼ぐ文章術の全て」が詰め込まれた教材。


それこそ「コピーライティングの教材」としては、私はこちらの「The Million Writing」という教材をこのブログを立ち上げた当初より推奨しています。

>The Million Writing(ミリオンライティング)

この教材が「コピーライティングの教材」として推奨できるものである事は今も変わりません。

ですが、やはりその内容は、読み手を「反応」させ「行動」させる為の原則を言及しているものになっているため「文章そのものの基礎」という部分に関しては、そこまで「深く」は言及されていません

そんな「The Million Writing」では、そこまで深く言及されていなかった「コピーライティング以前の段階」にあたる、ウェブに特化した文章の基礎を重点的に押さえているのが、今回取り上げている、

「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”」

という教材だという事です。

現にこの『才ゼロ』に関しては「The Million Writing」の筆者である、宇崎恵吾さんも、このような言葉を添えて、その内容を賞賛しています。

私が「コピーライティングの教材」としてのクオリティに拘るあまり、
ある意味「疎か」にしてしまったのかもしれないゼロからの視点。
コピーライティングを1から学ぶ、これから学ぶという人達にとって
本当に必要だったものは、もしかすると“これ”だったのかもしれません。

そもそも「The Million Writing」は読み手を「反応」させ「行動」させる為のスキルとして「コピーライティング」を言及した教材である事に対して、この「才ゼロ」は

「分かり易く、読み易い文章を書く為のスキルを言及している教材」

ですので「どちらが良い」という視点で比較するには、ややその「土俵」そのものが異なるものだと思います。

ですが「ネットで稼ぐ為の文章の書き方を学ぶ為の教材」という土俵に2つの教材を上げる場合、その人の段階や状況、そのスキルなどによっては、宇崎さん自身が仰っているように、

「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”」

こそが、その人に見合った教材(適した教材)である可能性も大いにあるという事です。

その上で「The Million Writing」の筆者である宇崎さんは、この「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”」の購入者を対象に「The Million Writing」以来となる、

「新たなライティング講座」

をコンテンツ化し、こちらのような「案内資料」を無料公開しています。

>宇崎恵吾による才ゼロ補足講座『コピーライティングに足りない要素』

私もこの「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”」は、宇崎さんのこの案内資料を介して購入しましたので、

・文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”
・宇崎恵吾さんによる「才ゼロ」補足講座


この2つを併せて手にしたのですが、この「才ゼロ」に関しては、絶対的に「宇崎恵吾さんのライティング講座」と併せて入手しておく事をお勧めします

「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”」のみでも、その内容は宇崎さんが賞賛しただけあって「ネットで稼ぐ為の文章」を1から学ぶ上で、非常に分かり易く、充実した内容になっていますが、

『宇崎恵吾さんによる「才ゼロ」補足講座』

がそこに加わるかどうかで、その「実用性」や「理解度」は普通に大きく変わってくると思います。

あくまでも「才ゼロ」ありきの補足講座ですので、

「宇崎さんのライティング講座の方が普通に価値があります!」

というような安易な事を言うつもりはありませんが、いざ2つの講座を併せて目にした際は、ほぼそれに近い印象を抱いたというのも事実、間違いありません。

それだけその「補足講座」が強力で手厚い内容になっているという事です。

もし、宇崎さんの「The Million Writing」が少し難しく感じた人や、そのコピーライティングのスキルを思うように実用できていないように感じるような人には、とくにお勧めです。

もちろん、これから「コピーライティング」を学ぼうという人や「ネットで稼ぐ為の文章」を学びたいという人は、下手にコピーライティングの教材を購入するより、

私が「コピーライティングの教材」としてのクオリティに拘るあまり、
ある意味「疎か」にしてしまったのかもしれないゼロからの視点。
コピーライティングを1から学ぶ、これから学ぶという人達にとって
本当に必要だったものは、もしかすると“これ”だったのかもしれません。

という宇崎さんの言葉の通り、まずはこの「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ”」を『宇崎恵吾さんによる「才ゼロ」補足講座付き』で手にしておく事をお勧めします。

是非一度、こちらの資料だけでも目を通してみてください。

>宇崎恵吾による才ゼロ補足講座『コピーライティングに足りない要素』

トレンド系のアフィリエイター、アダルト系のアフィリエイターなどにもお勧めの文章教材です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年10月21日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像