フィードマティック(田島文忠)レビュー

インンフォトップのランキング上位に「フィードマティック」というツール付きのアフィリエイト教材が出ていました。

その販売元は、あの有名ツイッターツール「フォローマティック」の販売者、株式会社Manifold Knowledgの北川雅嗣さん。

表向きのノウハウ、ツールの提供者は田島文忠さんという事になっていますが、実質的にこの「フィードマティック」が売れているのは、「フォローマティック」の知名度による恩恵が大きいと思います。

事実、フォローマティックを推奨しているようなアフィリエイターの大半は、そのままこの「フィードマティック」も推奨している傾向にあるところが伺えます。

では、この「フィードマティック」で提供されるツール、及びそのアフィリエイトノウハウはどういうもので、再現性はどうなのか。

フォローマティック云々は抜き、この「フィードマティック」を純粋に批評、レビューしてみたいと思います。

フィードマティック(田島文忠)

・URL:http://フィードマティック.com/

(特定商法表記)
・株式会社Manifold Knowledg
・田島文忠、北川雅嗣
・北海道札幌市北区北19条西6丁目1-15キングパレス305号

フィードマティック(田島文忠)レビュー


まず、この「フィードマティック」のザックリとした全体像は、

1:ツール「フィードマティック」でコンテンツ(サイト)を自動生成
2:ツイッターでフォロワーを集めて生成サイトへ誘導
3:サイトに貼り付けたクリック課金広告で稼ぐ


これが実質的に「全て」であり、基本的にはこの為のツールと、その手順が書かれたマニュアルが提供されるという教材です。

やはりメインは「1」におけるコンテンツ生成の為のツール「フィードマティック」にあるわけですが、このツールのロジックはハッキリ言って、そこまで大したものではありません。

というのも「フィードマティック」の販売ページには、

『あくまでツイッターからアクセスを引っ張ってくるのみ』
『検索エンジンからの集客は最初から度外視している』


というような事が明確に記載されていますので、この一文からも、この「フィードマティック」で生成出来るコンテンツが「検索エンジンに評価されないレベルのものでしかない事」は、容易に想定出来るはずです。

それもそのはず、この「フィードマティック」というツールは、指定した条件に沿った情報をネット上から集めて「まとめるだけ」のツールでしかなく、言わば「まとめ系コンテンツを作るだけのツール」でしかないからです。

正直、そのロジックもかなり簡易的なものなので、本当にこれは『指定した条件の情報をネット上からただ集めて並べるだけのツールでしか無い』という感じでした。

これでは検索エンジンからのアクセス、評価を期待出来ないというのも当然だと思います。

そこをこの「フィードマティック」では「ツイッターからの集客だけで稼げるから大丈夫」というような事を謳っていますが、そもそも検索エンジンに評価されないようなコンテンツで稼ぐ事などそうそう出来る事ではありません。

検索エンジンに評価されないコンテンツという事は、それはもはや「人の目から見てもろくに価値を感じない手薄なコンテンツ」でしかないものだからです。

幾らそのキャッシュポイントとなるものがクリック課金型の広告であるとしても、やはりそんな「手薄なコンテンツ」では、コンテンツを訪問者に「読ませる事」も出来ない為、仮にツイッターからアクセス誘導が出来ても、

「訪問者がそんな手薄なコンテンツ内のクリック課金型の広告をクリックする可能性は極めて低い」

と言わざるを得ないと思います。

そこに輪をかけて、このようなクリック課金広告が主なサイトへの集客を「ツイッターのみで行う」という事自体、私は「どうなのか」と思ってしまいますね。


フィードマティックにおけるツイッター集客の疑惑


一応、この「2」のツイッターのフォロワーを集める手順は、その為のツールも付いてくるのですが、そのツールが何故か「以前」に販売されていた旧バージョンの

「初代フォローマティック」

であり、フォロワーの収集は、この「初代フォローマティック」を使って行う流れになっています。

ただ、この「初代フォローマティック」は、今はもう販売されていない旧バージョンのツールであり、今はこれをバージョンアップしたものが販売されているのが実情です。

つまり、この「初代フォローマティック」は、今のツイッターにおいてはやや至らない部分も多くなったツールであり、そうであるからこそ、今はバージョンアップされているわけです

まあ、これはハッキリ言って、この「フィードマティック」の販売者側に、

『この「フィードマティック」で稼ぎたいなら、最新版のフォローマティックを買え』

という意図があり、そうであるからこそ、この「フィードマティック」には、あえて以前の旧バージョンである「初代フォローマティック」を付けているんだと思います。

仮にこの「フィードマティック」の販売者側が、本当にこの「フィードマティック」という教材のクオリティ、再現性を高めようと思うなら、普通に最新版のツイッターツールを付けるはずだからです。

少なくともこの「フィードマティック」のノウハウは、ツイッターからの集客が「全て」となっている為、この「ツイッターツールの有効性」がそのまま、教材のクオリティや再現性を左右すると言っても過言ではないわけです。

そんな重要なポイントとなる「ツイッターのツール」に、あえて旧バージョンのツールを付けているわけですから、これには明らかに「最新バージョンのフォローマティックを売りたい意図」が見え見えだと思いました。

まあ、これを最新バージョンのフォローマティックに変えたところで、その受け皿になるサイト(コンテンツ)が、検索エンジンに全く評価されないレベルの

「ネット上の情報をただ集めてまとめただけの手薄なコンテンツ」

という時点で、根本的に「稼げる可能性は低い」と言わざるを得ないのですが、、、。


フィードマティックのレビュー、まとめ


以上が今回の「フィードマティック」における提供ツール、ノウハウ全体像に対しての率直な私の感想です。

基本的なプロセスとしては、

1:ツール「フィードマティック」でコンテンツ(サイト)を自動生成
2:ツイッターでフォロワーを集めて生成サイトへ誘導
3:サイトに貼り付けたクリック課金広告で稼ぐ


というものなので「1」におけるコンテンツが「検索エンジンに全く評価されないようなコンテンツである事」を前提として、

「ツイッターからの集客のみに依存してクリック課金型の広告で稼ぐノウハウ」

という時点で、見る人が見れば、このツールもノウハウもまず期待できないものである事は容易に想定出来ると思います。

私からすると、その辺りが判断出来ない初心者にまずこの「フィードマティック」を売り込んで、そこから最新版のフォローマティックを買わせる為の教材というようにしか見えませんでした。

根本として検索エンジンに評価されないようなコンテンツしか作れないようなコンテンツの生成ツールなんて、私からすれば何の価値も無いものとしか思えません。

この「フィードマティック」を購入するなら、そのまま最新版のフォローマティックのみを購入するくらいでいいと思います。

ですが「ツイッターのツール」や「ツイッターで稼ぐノウハウ」という視点で言うなら、この「フィードマティック」「フォローマティック」以上のツール、教材は普通にありますので、興味があればこちらの記事を読んでみてください。

>ツイッターツールの徹底比較レビュー

以上、今回は「フィードマティック」の批評、レビューでした。

是非、参考にして頂ければ幸いです。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像