メルマジックスアカデミーは稼げない?(寺田正信)

スマホ専用のフリマアプリ「メルカリ」をを利用したメルカリ専用ツール付きの高額塾?らしきものが、ここ1カ月くらい、インフォトップの売上ランキングにちょいちょい出て来ている模様です。

こちらの「メルマジックスアカデミー」というツール付きの高額教材ですね。

寺田正信のメルマジックスアカデミー

・URL: http://gksnr175.com/mermagics/

(特定商法表記)
・平河大、寺田正信
・滋賀県草津市野路東3-4-35-515

寺田正信のメルマジックスアカデミーは稼げない?


まず、この「メルマジックスアカデミー」のザックリとした概要としては、スマホ専用のフリマアプリである「メルカリ」を利用した転売で稼ぐノウハウ、ツールを提供するという教材で、その料金設定は、

・初月入会費用:24800円
・継続利用料:14800円/月


と、かなり高額な金額設定になっています。

正直、アフィリエイト系のツールでもここまで高額な利用料を取っているようなツールはほぼありません。

ハッキリ言って、転売系のツールとしては『異常』というくらい高額な金額設定ですね。

一応、年間契約というのもあるようですが、それでも「162800円」という各設定になっていますので、どちらにしても月に13000円以上は徴収するというのが前提の価格設定のようです。

ただ、この料金は実質的に「ツールの利用料」という名目になるのですが、そのツールの詳細を見る限り、

「は?マジで!?」

としか思えないようなツールでしかなく、これはかなり「悪い意味で」私的には到底、金額に対して割に合わないツールを提案している教材としか思えませんでした。

ただ、実際にこの「メルマジックスアカデミー」がインフォトップのランキングに入っているという事は、実際にこの条件の価格設定で『申し込んでいる人がいる』という事になります。

私的には、このセールスレターを読んで、このツールの詳細を認識した上で、このツールの利用料に毎月14800円を支払おうと思う人は全く持って理解不毛という感じです、、、。

まあ、1つだけ言える事は、この「メルマジックスアカデミー」のセールスレターを読んで、実際に申し込んでいるような人は、根本的に「せどり」や「転売ビジネス」の経験が無い人か、ほぼ初心者に近い人なんだろうといところでしょうか。

少なからず、せどりや転売ビジネスの経験があるような人なら、この「メルマジックスアカデミー」のセールスレターを読んだ時点で、ここで提供されているレベルのツールに月に14800円の価値が無い事は一目瞭然で分かるはずだからです。


メルマジックスアカデミーのツールが金額に見合わない理由。


まず前提として、この「メルマジックスアカデミー」で提供されているツールは、実際にメルカリを利用して商品を販売している他の利用者が、

「どういう商品を幾らで、どれくらい売っているか」

を監視し、データ収集していく事が出来るというツールがメインで、それ以外のツールは、実質的にメルカリの利用をほんの少し効率化してくれる「商品出品作業の簡略化ツール」及び「取引コメントの簡略化ツール」なので、この2つは、あってもなくてもさほど変わりません。

無くても全く困らないものですし、あったからといって、稼ぎや利益に直結するようなツールでもないわけです。

よって、実質的にその「価値」を見出せる余地があるのは、最初に説明した『メルカリの既存の利用者の商品の売買状況をデータ収集して監視できるツール』のみという事になります。

ですが、もはやこの手の「ライバル監視ツール」的なものは、アマゾンやらバイマやらでも過去に幾つも出回ってきているようなシロモノで、この「メルマジックスアカデミー」で提供しているツールは、その「メルカリ版」というだけのツールでしかありません。

そして、これまで、アマゾン、バイマでこういったツールが幾つも出回ってきましたが、こういうツールを利用して実際に「稼げている人」「稼ぎ続けている人」は、ほぼ『皆無』に近いと言うのが現実なんです。

勿論、この手のツールの利用者の中でも、実際にアマゾン、バイマなどで稼いでいる人も一部はいると思いますが、少なくとも、そういう人はそこまでこのようなツールに「依存」はしていません。

あくまでも、このようなツールを自分の転売戦略に役立てる「自分なりの使い方」を確立しているというのが現実です。

言い方を変えると、そういった「自分なりの使い方」を確立しない限り、この手の「ライバル監視ツール」のようなものに依存して、転売ビジネスで稼ぐ事は『出来ない』わけです。

少なくとも、この「メルマジックスアカデミー」では、完全にこのツールに依存して稼ぐ事を前提に、その転売ノウハウが提唱されていますので、その時点で、この「メルマジックスアカデミー」の手法では、まず『稼ぎ続ける事が出来ない』と思います。

というか、もうその結果が目に見えているといっていいですね。

理由は簡単です。

こういうツールでデータ収集出来るのは、せいぜい『メルカリで実際に稼いでいそうな人がどういう商品を幾らで売っているのか』という表面的な情報のみで、実際にその人がその商品をどこで、どれくらいの金額で仕入れているかは全く分からないからです。

そんな表面的な情報を幾ら収集しても、結局、その人と同じ商品を「仕入れられる」とも限りませんし、仕入れられるとしても「幾らで仕入れられるか」も全く分かりません。

そもそもその人は「商品をたくさん売っている」というだけで、実はほとんど「稼げていない可能性」もあるわけです。

または、その人だけが特別な仕入れルートを持っていて、その商品を大量に安く仕入れている可能性もゼロではありません。

つまり、そういうところは「わからない」というのが現実であり、また、「マネの仕様がない」わけですね。

だから、このような「ライバルの売買状況をチェックしていくツール」だけでは、まず転売ビジネスでは稼いでいく事は出来ないんです。

それでなくとも、この「メルマジックスアカデミー」では「タオパオ」「アリババ」などの中国サイトで仕入れをする事が前提になっています。

仮に100歩譲って、その「稼いでいそうな人」がよく売っている商品を、それらの中国系のサイトで見つける事が出来て、実際に利益も見込めそうな状況だったとしましょう。

でも、それはこの「メルマジックスアカデミー」に参加して、同じツールを利用している人は、ほぼ全員がその利用者に目星を付け、その商品に行き着く可能性があるという事です。

この時点で「どうなるか」は、もう分かりますよね?

「メルマジックスアカデミー」の、このツールの利用者同士で「仕入れ」の段階、「転売」の段階、ダブルで競合が起きて、すぐに稼げなくなるという寸法です。

要するに、このようなツールに依存して、特定のサイトで仕入れをするという事を「前提」にしている事前で、もはや転売ビジネスとして「稼ぎ続ける」ということは、到底『不可能』なわけです。

以上が私がこの「メルマジックスアカデミー」のツールに『価値が無い』と思う理由です。

ツールそのものも、ノウハウも、まずこの内容では、再現性を維持出来ない事は明らかですから、どう考えてもこの「メルマジックスアカデミー」という教材自体が「売る為」に作られたものなのは明らかなような気がしますね。

要するに販売者の寺田正信さんという方自身、このノウハウ、ツールではたぶん「稼いでない」という事です。

私がこの記事でお話しした理屈を理解出来るなら、どう逆立ちしても、このツールとノウハウで月収300万円以上なんて、100%無理だという事は分かりますよね?

まあ、そういう事です(笑)

メルカリ自体は決して「稼げない」とは言いませんが、こういう「他の利用者(ライバル)の転売状況をデータ収集して丸裸に・・・」的なツールに依存する形では、転売ビジネスで稼いでいくのはまず「不可能」だと考えた方がいいと思います。

勿論、こういうツールもその「使い方」によっては、有益なものに出来る余地はあると思いますが、それでも月額14800円という価格設定は「無し」ですね。

そこまでの価値は到底無いツールです。

あくまでも私の個人的な意見ですが、その理由はこの記事でお伝えしてきた通りです。

是非、参考にしてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像