グーグルアドセンスの審査をクリアする基準と方法。

先日、こちらのYouTube系のツールをご紹介したところ、かなりの数の申し込みが入っている状況で『今だに動画(YouTube)で稼ぎたいという人は、多いんだな』という事を改めて実感しました。

YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-

このツールへの申し込みと同時に、数多く頂いているのが、このツールを利用していく上での「質問」や「相談」なのですが、その中には意外と、

“え?そんなところに不安を感じているですか?”

という内容の問い合わせも多く、その中の1つに挙げられるのが、この記事のタイトルにも掲げた「グーグルアドセンスの審査」についての問い合わせです。

グーグルアドセンスの審査をクリアする基準と方法。


YouTubeで稼ぐ事を前提とする教材やツールは、その大半が「グーグルアドセンス」を主なキャッシュポイントにするものなので、必然的にそういう稼ぎ方をするには、アドセンスのアカウントを取得する必要があります。

アドセンス広告で稼いでいく為には、まずグーグルアドセンスのアカウントを取得する必要があるんですね。

グーグルアドセンスは、一般的にはブログなどに貼り付けて稼ぐ形が主流だったと思いますが、今は自分が投稿したYouTube動画に広告を表示していく形でも稼ぐ事が出来るようになっているんです。

ただ、ブログでアドセンスをやる場合でも、YouTube動画に広告を表示させる場合でも、その「グーグルアドセンスのアカウント自体」はそのまま「同じもの」を利用していく形になります。

要するに、過去、ブログなどでアドセンスをやっていた事がある人は、YouTubeでも同じアカウントを使い回せるという事です。

まあ、それはそれでいいのですが、その「グーグルアドセンスのアカウント」を取得するには、ちょっとした「審査」があり、基本的にはその審査をパスしないとグーグルアドセンスで稼いでいく事は出来ません。

これはブログ、YouTubeを問わず、グーグルアドセンスで稼ぐには「審査をパスしたアカウント」が必要になるわけです。

その上で、その「グーグルアドセンスにおける審査」についても、ネット上には色々な情報が出回っている為、それが「ちょっと難しい」というようなニュアンスで書かれている事があります。

まあ、何を「難しい」と思うかは、人それぞれなので、その人がアドセンスの審査をパスする事が「難しい」と感じたというのであれば、その事自体は一向に問題はありません。

ですが、そういう情報だけを鵜呑みにしてしまい、「グーグルアドセンスの審査をパスするのは難しいんだ!」と思い込んでしまっている人が、初心者の人には少なからずいるようなのです。

ただ、先程も言ったように「何を難しいと思うか」は、本当に人それぞれの感覚なので、それが難しいなら、難しいでもいいのですが、

「アドセンスの審査をパスする事自体は、誰でもまず、やって出来ない事ではない」

という事だけは、ほぼ断定していいと思います。

その時点で、一般的には「難しい」とは言わない気がするのですが、一応、その手順、流れだけを書いておくと、

1:とりあえず何かサイトかブログを作る(無料ブログでOK)
2:無難なテーマで記事を書く(他愛のない日記が無難)
3:そういう記事を10記事くらい日を遡って投稿する
4:そのサイト(ブログ)の情報を申請する


実際の流れとしては、本当にただこれだけです。

『それくらいでいいなら、(簡単に)出来そうだ。』

と思う人の方が圧倒的に多い気がするのですが、どうでしょう。

ですが、何故、これだけの工程で「難しい」と言っている人がいるのか。

それは、この工程の中にもちょっとしたポイントが幾つかあり、おそらくそのポイントを押さえられなかった人が審査をパス出来ず「難しい!」と感じてしまったというのが現実だと思います。


アドセンスの審査をクリアする為のポイント。


ただ、この「ポイント」というのも、予め分かっていれば、全くもって難しいものでも何でもありません。

ザックリと、そのポイントのみを箇条書きにしていくと・・・

・きちんと10記事を投稿日を分けて投稿する
(そこそこ更新されているように見せる)

・どこかのサイトやブログの文章をコピペしない。
(きちんと自分で文章を書いて投稿してください。)

・1記事あたり500~1000文字くらいは書く
(出来れば1000文字くらいは書く)

・余計な広告を入れない。
(無料ブログなどで初めから出てくる広告は削除する)

・アダルトや反社会的な内容の記事は書かない
(あくまでも無難な日記程度の記事が無難)

ポイントというポイントはこんなところなので、本当に気を付ければ、誰でもクリア出来るようなポイントばかりだと思います。

これを5記事くらいしか書かなかったり、手を抜いて極端に短い記事ばかりを投稿したり、他人のサイトやブログから文章をコピーしてきたり・・・そういう事をすると、審査で落とされてしまうわけですね。

まあ、一度、審査を蹴られても、上記のポイントを押さえてブログを改善したなら、せめて1日くらいを置いて再度申請すれば、まず間違いなく審査はパス出来ます。

それでもパス出来ないという場合は、おそらく「記事の内容」で、気付かぬうちに「相応しくない事」を書いてしまっているというケースです。

宗教の話とか、暴力的な話とか、、、ですね。

これは気付かぬ書いてしまっている場合があるので、上記のポイントを押さえているはずなので、審査をパス出来ないという場合は、そういう目線で記事を読み返してみてください。

おそらく、どこかに「それらしい要因」になっている記事があるはずです。

尚、審査通過の連絡は、アドセンスの申請をした「Gmail」の方に届きますので、申請後、1~3日くらいはそちらをチェックしてください。

一応、そこで「審査通過」の通知が来ると、実際に広告を貼る事が出来るようになります。

世間的にはここまでを「1次審査」と言っている傾向にありますね。

そして実際に取得出来るようになった広告コードをブログに貼ると、そこから「2次審査」というのが自動的に行われます。

広告を貼った状態で問題がないかをグーグル側がチェックするという審査ですね。

まあ、これについては1次審査をパス出来ていれば、ほぼ間違いなくそのままクリアになっています。

一応、この2次審査までをパスして、初めてグーグルアドセンスで稼げるアカウントの取得が完了という形になり、ブログでも、YouTubeでも、実際に広告を表示させて稼げるようになるというわけです。

グーグルアドセンスの審査をパスする事自体は、本当にただこれだけの流れなので、「アドセンスの審査が心配で・・・」というような理由で、二の足を踏んでいるくらいなら、まずはさっさとブログを作って、この記事に書いた事をやってみてください。

「え?これだけで良かったの?」

という結果がすぐに出ると思います(笑)

実際に稼いでいく為に重要なのは、むしろ「そこから」ですからね。

グーグルアドセンスの審査なんて、ササッと終わらせて、さっさと先に進んでいきましょう。

今、YouTubeアドセンスは本当に稼ぎ易いので、初心者層の人は狙い目ですよ!


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年3月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:グーグルアドセンス

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像