「鳳凰」次世代型YouTube動画作成アップツール(阪井亮介)レビュー

私のブログからよく売れている情報商材は、アフィリエイト系、転売系、YouTube系と、この3つがその大半を占めています。

中でも安定して売れ続けているのが「YouTube系」のノウハウで、これまでアフィリエイトや転売系のビジネスで稼げなかった人が

「動画を使ったビジネスなら・・・」

という思いで、YouTube系のビジネスを選んでいっているのかもしれません。

今日はそんなYouTube系のビジネスに活用出来るとして販売されている、こちらの「動画作成ツール」を取り上げておきます。

「鳳凰」次世代型YouTube動画作成アップツール」

・URL:http://youtube-houoh.com/

(特定商法表記)
・阪井亮介
・大阪府堺市堺区向隆東町1丁目6番3号

次世代型YouTube動画作成アップツール「鳳凰」レビュー


インフォトップの売上ランキングでも時折上位に入っているようで、やはりこの手のYouTube系のツールには、相応の需要がある模様です。

ただ・・・おそらくこういう「動画作成ツール」のようなものにお金を払ってしまうのは、YouTubeでろくに稼ぐ事が出来ていない人「のみ」で、ある程度、YouTubeを利用したビジネスの実績や経験を積んでいるような人は、まずこのようなツールには手を出さないんじゃないでしょうか。

少なくとも今回取り上げる『次世代型YouTube動画作成アップツール「鳳凰」』には、手を出していないと思いますね。

理由は「こういうツールで自動作成したYouTube動画では、集客にも収入にも繋がらないから」です。

この『次世代型YouTube動画作成アップツール「鳳凰」』のセールスレターには、あたかも「動画さえ作ればその動画が検索エンジンに上位表示される」というような事が書いているような印象を受けます。

ですが、そんな事は全くありません・・・。

実際に様々なキーワードでキーワード検索をしてみて頂ければお分かり頂けると思いますが、検索結果にYouTube動画がヒットするようなケースは、本当に一部のキーワードに限った話です。

それこそ、その検索ワードが「その動画を求めているような人が入力するキーワード」と見られるような場合に限ったケースと言っても過言ではありません。

それでもYouTube動画が実際にヒットするのは、せいぜい上位1ページの内、1つかと思いますし、多くて2つとか、そんな程度です。

要するに上位1ページ目に表示される10サイトのうち8~9サイトは「テキスト」主体のサイトがヒットしている状況なわけです。

客観的に見て、インターネット検索における「動画(YouTube動画)」のヒット率は「そんなレベル」なのですが、この手のYouTube系のツールやノウハウを扱うセールスレターなどでは、あたかも

「YouTube動画を使えば検索エンジンからの集客も容易に行えます!」

みたいな事を大々的に謳っている傾向にあります。

現にこの『次世代型YouTube動画作成アップツール「鳳凰」』のセールスレターにもそのような事が書かれていますが、実際にはそんな事は全くありません。

むしろ、YouTube動画で検索エンジンの上位にページを表示させる事は、テキストベースのサイトで上位表示をさせるより遥かに難しいと思います。

何せ1ページ目に表示されるのは多くて2サイトくらいなんですから。

その僅かな席を巡って、今後はYouTube動画を投稿していく人が更に増えていくと考えられますので、よりその競争率は激しくなってきます。

そしてそんな競争率の激しい中で、実際に検索結果の上位にくるようなYouTube動画は、、「よりユーザーに評価される動画」である事も明らかかと思います。

検索エンジンのグーグルが追及している検索エンジンの在り方はそういうものだからです。

少なくとも、この『次世代型YouTube動画作成アップツール「鳳凰」』のようなツールで自動生成されたレベルの動画では、まずそのような「ユーザーからの評価」は得られません。

となれば、当然ながら検索エンジンの上位にその投稿動画を表示させるような事は、まず「出来ない」という事です。

セールスレターにはあたかも「動画が検索エンジンに優遇される」というような事が書かれていますが、今の時点でも全くそのような事はありませんし、今後もこの傾向はそこまで大きくは変動しないと思います。

それでなくともグーグルには「動画検索」という動画を検索する為の検索機能が既に備わっていますからね。

通常のテキスト検索のメインは、やはりテキストベースのサイトである状況が今後もそのまま続くものと考えられます。

まあ、動画検索そのものの需要が今後増えていく可能性はあると思いますが、「ユーザーに評価される動画が上位に表示される」というところは、どちらにしても変わりはありません。

結局のところ、この『次世代型YouTube動画作成アップツール「鳳凰」』のようなツールで自動生成したお手軽動画では、検索エンジンの上位を取っていく事はまず出来ないだろうという事です。

テキストベースのブログの記事などですら、この手の自動生成ツールでの上位表示は難しい状況にあるのが実状ですので、「動画」となれば、その難易度が更に高いものになる事は言うまでもありません。

要するにこの『次世代型YouTube動画作成アップツール「鳳凰」』のような動画作成ツールでは、YouTubeはおろか検索エンジンの攻略は到底「無理だろう」という事です。

YouTube動画で稼いでいきたいのであれば、きちんとユーザーに面白いと思って貰えるような動画を作って投稿していく事が必要不可欠という事ですね。

ただ、ユーザーに「面白い」と思ってもらえる動画を作っていく事は、実はそこまで途方も無く難しい事でも何もありません。

何故なら、それ相応の「素材」が今のインターネット上にはたくさん転がっているからです。

そんなインターネット上に転がっている「素材」で『面白いと思って貰える動画』を作っていくノウハウなどに興味があれば、こちらの教材のレビューなどをご覧になってみてください。

Evil Youtuber Subject


以上、『次世代型YouTube動画作成アップツール「鳳凰」』の批評でした。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像