3D即売れせどりスクールは詐欺?(倉科まゆ、有吉健二、中村誠)

現在「3D即売れせどりスクール」という、せどり系の高額塾が塾生を募集している模様です。

この手のせどり系の高額塾はかなり久しぶりな気もしますが、その手口は「相変わらず」という感じなので、その「相変わらず」なところも含めて、一応、取り上げておきたいと思います。

3D即売れせどりスクール(倉科まゆ、有吉健二、中村誠)

・URL:http://new3sedori.com/3dorder/

(特定商法表記)
・株式会社RushFeed
・有吉健二、中村誠、倉科まゆ
・東京都江東区東雲1-9-41-1712

3D即売れせどりスクールは詐欺?


入塾料は198000円で、コンテンツ提供は11月1日からだそうです。

という事は、今この3D即売れせどりスクールに参加しても、そのメインコンテンツは一切提供されないという事なのですが、基本、こういう売り方をしている高額塾は、ほぼ詐欺に近いものだと思った方が身の為です。

少なくとも、私の知っている限りでは、こういった「コンテンツ後出し系」の高額塾で、価格に見合ったコンテンツをしっかりと提供し、塾生をしっかり稼がせたという塾は1つも存在しません。

そもそも既に提供するべきコンテンツが出来上がっているにも関わらず、その提供時期を先延ばしにして「塾生」という名目で、先に代金の支払い(決済)だけをさせている理由を考えてみてください。

この3D即売れせどりスクールのコンテンツが本当に価値があるもので、情報を手にした人全てが「大満足」するような教材なら、今すぐにでもコンテンツを提供した方が、その「評判」も高まり、販促面でも有利に働くはずなんです。

それこそこの3D即売れせどりスクールのセールスレターでは、散々と「すぐに稼げる」「1日で利益を出せる」というような事を大々的に謳っているんですから、そういう「実践結果」など購入者にどんどん報告してもらった方が、その評判はもっと高まっていくはずです。

勿論、本当にすぐに稼げるなら・・・ですが(笑)

そのコンテンツ(教材)が本当に有益なもので、価値があるものなら、その「評判」によって販促に拍車をかけていこうとするのが普通であり、それが本当に「優良な情報商材」の有るべき売り方だと思います。

ですが、内容が低俗な情報商材ほど、「塾」を謳って『○月○日開校』などと意味不明な謳い文句で、そのコンテンツ提供を先延ばしにしようとします。

まず先に代金のみを支払わせて、その「塾生」だけを必死に集めようとするわけです。

そして散々と「締切」を煽り、その情報商材を売れるだけ売り切り、その「塾生募集」を終了させてから、後出しで「コンテンツ(教材)」を提供していくわけですね。

そこでようやく、大金を支払わされた塾生達は「してやられた事」に気が付くという図式です。

今は大分、少なくなりましたが、以前はこういう手口で多くの「塾」と称する、高額な情報商材がこの業界を席巻していました。

「○月○日までの塾生募集!開校(コンテンツ提供)は○月○日から!」

という謳い文句で、まずはその入塾希望者達から代金のみを決済させ、コンテンツの方は、その販売期間が終了した後に、提供していくわけです。

そこで多くの塾生が「やられた!」「全然、思っていたノウハウと違う!」「全く稼げない!」という事になっても、完全に後の祭りです。

もう既に販売者は売れるだけ商品を売り切っていますので、その状況から、どんなに悪評が流れても、全く売上には影響しないわけです。

ただ、そういうコンテンツを高額なお金を支払った塾生に先に提供してしまうと、すぐに悪評が広まってしまい、その情報商材が売れなくなってしまいます。

だからこそ、ただ価格が高いだけで内容が薄く、詐欺的な情報商材ほど、「塾」を謳って、商品の方を後々、提供していく体制を取るわけです。

勿論、この3D即売れせどりスクールが詐欺商材かどうか、使えない情報商材かどうかは分かりませんが、私は基本的に「こういう売り方をする情報商材」は、詐欺的な情報商材と見るようにしています。

過去、こういう売り方をしていた情報商材がほぼ例外なくそうだったという点と、どう考えても、コンテンツを後々提供していく体制にしている理由は「内容に自信が無いから」としか思えないからです。

本当に内容に自信があり、この3D即売れせどりスクールのセールスレターに書かれているように、1日ですぐに稼げるようなノウハウなら、それこそすぐにでもコンテンツを提供していけば、アッという間に評判になるはずです。

にも関わらずそれをしないのは、「その再現性が低いからでしょ?」しか思えません。

少なくとも、私はそうとしか思えないですね。

それ以外に、販売者が「あえて」コンテンツを塾生募集終了後に後出し提供していく理由が見つからないからです。


その他、3D即売れせどりスクールの怪しいポイント


何にせよ、この3D即売れせどりスクールは、コンテンツ提供が塾生募集終了後の後出し提供になっている以上、内容のレビューというものが出来ません。

まあ、アフィリエイターに内容を批評(レビュー)させないようにしている点も、まさに「詐欺的な情報商材」を販売するインフォプレナーの汚い手口にしか思えないのですが、内容が分からない以上、その詳細はセールスレターから「推測」するしかありません。

ただ、基本的にセールスレターには「都合の悪い推測をされないような事」しか書かれていませんので、その推測をすればするほど「情弱」と呼ばれる部類の人は深見にハマってしまいます。

例えばこの3D即売れせどりスクールは「あるところから仕入れをする」というような言い方で、「どこから仕入れをするか」を意図的に伏せています。

セールスレターの謳い文句では、

・完全在宅で仕入れが出来る
・国内で無在庫転売が可能になる
・アマゾンのランキング上位の商品が複数仕入れられる
・競合がほとんどない

と、もはやその「仕入れ場所」を知る事が出来るだけで、簡単に稼げるかのような事が普通に書いてあります。

でも、普通に考えて、そんな「都合の良い場所」があるはずがありませんし、あったとしても、この3D即売れせどりスクールの塾生が殺到した時点で普通に競合します。

「アマゾンでランキング上位の商品を安く仕入れられる」

という時点で、それが事実なら、100万円でも200万円でも突っ込んで、稼げる商品を大量に仕入れていく人が後を絶たなくなるのは目に見えています。

要するにそういう場所が実際にあろうと無かろうと、このような情報商材でそれが公開された時点で、もはやそれは「穴場」でも何でも無くなるという事です。

まあ、私は根本的にそんな場所は無くて、何かとそれらしい事を言って、誰もが知っているようなサイトを普通に紹介するだけなんだと思いますが(笑)

ただ、そういう「しょうもない内容」をそれらしく伏せる事で、読み手側が勝手に想像力を膨らませてくれる事を狙っているのも、この手の「コンテンツ後出し提供系」の高額塾の特徴です。

この手口も本当に相変わらずという感じですが、、こういう「よくわからないポイント」に対して、都合の良い想像を膨らませるのは辞めた方がいいと思います。

基本、セールスレターには、ひたすら都合の良い事だけが並べられていますので、そこに想像力を膨らませても、販売者の思うツボになるだけです。

あと、この返金保証もどうかと思いますね。

もし半年間の180日間実践して、稼いだ額から仕入れ代金を引いてあなたの手元に残った利益の金額がスクール費用の198,000円に満たない場合は、月10万円の利益をあなたが自分の力で稼げるようになるまで私がマンツーマンで無期限にあなたを個別サポートします。

もともとこの3D即売れせどりスクールには180日間の「メールサポート」が付いている事になっていますが、この保証内で言われている「マンツーマンの個別サポート」と、その「メールサポート」の違いが何も書かれていません。

「私が個別でメールサポートします!」って事なんですかね?

それで稼げるようになるなら、苦労は無いと思いますし、仮にそれで稼がせられるというなら、初めからその「個別のメールサポート」で対応してくれていれば済む話なのでは?と思ってしまうのですが、、、。

まあ、この手の「コンテンツ後出し提供系」の高額塾は、こういう節々に「おかしいところ」がありますので、どうしても気になって仕方がないという人は、一度、注意深く、セールスレターを隅から隅まで読んでみてください。

これ以外にも結構な度合いで「突っ込み」どころが満載ですから。

何にせよ、この手の「コンテンツ後出し提供系」の高額塾は、その内容がわからない以上、お勧めのしようもありません。

この時点でお勧めしているアフィリエイターがいたなら、それは、ほぼ間違いなく「販売者側の人間」だと思いますのでそこも含めて注意してください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像