電脳せどりファイナルメソッドは稼げない?(諸見啓)レビュー

インフォトップの売上ランキングに、せどり・転売系の情報商材がランキング上位に入っていました。

こちらの「電脳せどりファイナルメソッド」という、「新品家電」と「中古ゲーム機」のせどり、転売に特化した、やや異色な組み合わせの教材です。

電脳せどりファイナルメソッド(諸見啓)

・URL:http://dennousedori-final.com/

(特定商法表記)
・株式会社モスト
・諸見啓
・東京都豊島区上池袋1-37-5レジディアタワー上池袋408

電脳せどりファイナルメソッド(諸見啓)レビュー


販売者は諸見啓さん、武石佳大さんという2名の「せどりビジネスを主とする個人コンサルタント」さんです。

諸見啓さん、武石佳大さん、それぞれのブログなどはザッと拝見しましたが、確かにせどりのコンサルタントとして活動されているようです。

要するに彼等は「せどりというビジネスで稼がせる事」を生業にしている人達という事ですね。

こういう「コンサルタント」を生業にしているような人は、自身のノウハウを公開していく事に執着が無い為、そのノウハウも本当に有効なものである傾向にあります。

自分自身がその手法で生計を立てているわけでは無い為、ある意味、そのせどり手法での稼ぎをアテにする必要がないわけですね。

例えば販売者の一人、武石佳大さんという方は以下のような条件で個人コンサルティングの塾生を募集しています。



今回の「電脳せどりファイナルメソッド」の方でノウハウを公開している「ゲーム機せどり」の個人コンサル、6カ月で100万円というコンサル条件です。

1カ月16~17万円のコンサルティング契約という事ですね。

ただ、今回の電脳せどりファイナルメソッドで提唱している「中古ゲーム機のせどり」の個人コンサルで現に100万円という料金を取っているという事の「意味」を考えてみてください。


本来、個人コンサルをすれば100万円を取るノウハウを、今回は諸見啓さんという同業者の方と共同で「教材」として販売しているという事です。

この「電脳せどりファイナルメソッド」の販売価格は17800円。

この中の幾らが諸見啓さん、武石佳大さん、両名の懐に入るんでしょうね。

ちなみに電脳せどりファイナルメソッドには8900円のアフィリエイト報酬が付いていますので、そこから更に10%の決済手数料を差し引くと、インフォプレナーとしての利益は7120円。

この7120円を諸見啓さん、武石佳大さんの両名で山分けすると、1本の商材の販売あたり、それぞれの懐に入るのは3500円ちょっとという計算になります。

まあ、だからどうという話ではありませんが、おそらくブログの方を介して個人コンサルの申込みがあった場合は100万円のコンサル料がそのまま全て懐に入るはずです。

本来、個人コンサルという形であれば100万円を取れるノウハウを、単価3500円にしかならない教材の販売で、どこまで明かしてくれると思います?という話ですね。

この電脳せどりファイナルメソッドという教材を購入するのであれば、せどりビジネスのコンサルタントとして活動している、諸見啓さん、武石佳大さん等にとって、「どういう位置づけにある教材なのか」を、このような現実を踏まえて検討するべきだという事です。

普通に考えて、個人コンサルで100万円を取っているようなノウハウの全てをこの教材1つでしっかりと実践出来るように公開するはずがありませんよね?

そんな事をしてしまっては、まさに「商売あがったり」になってしまうからです。

建設的に考えるなら『そういった個人コンサルを申し込ませる為の「案内書」的な位置づけにある教材だと思った方がいい』という事です。

現にこの「電脳せどりファイナルメソッド」には、「保証」的なものや「サポート」的なものは一切付いていません。

コンテンツも諸見啓さんが提唱する「新品家電せどり」のパート、武石佳大さんの「中古ゲームせどり」のパート、両方を併せて2時間弱の「動画のみ」という構成ですからね。

1時間弱の動画講義のみで、それぞれのせどりノウハウの「全て」を、教材購入者がしkっかりと実践し、稼げるレベルの内容で提供できるかと言えば、まず無理だと思います。

この教材ボリュームを見る限りでもこの「電脳せどりファイナルメソッド」が、その手法を表面的に解説して『諸見啓さん、武石佳大さん等の個人コンサルを「受けたい」と思わせる為の教材』である事はほぼ明らかかと思います。

「こんな感じでやれば家電せどり(中古ゲームせどり)は稼げるんですよ」

という期待値をぼんやりと高めさせて、「具体的に実践して稼いでいく」という点では、ポイントをぼかして「個人コンサルを受けて本格的にやってみたい」と『思わせる』。

せどりビジネスを中心としたコンサル業を生業としている諸見啓さん、武石佳大さん等にとっての、この「電脳せどりファイナルメソッド」という教材はそういう位置づけにあるものだと見た方がいいと思います。

どんなにシンプルなせどり手法であっても、それを1時間弱の動画1つで「実践して稼げるレベル」までは教えきれるはずがありませんから。

普通に考えてみてください。

1時間、その「話」をただ聞くだけで全く知識の無い分野の商品を扱って、その市場のせどり、転売で実際に稼げるようになると思いますか?

たった1時間の話でそれが出来る、出来ないという話は、手法、話の内容、その人のセンス以前の問題だと思います。

まあ、私にはまず無理だと思うという話ですね。

実際、先程お見せした武石佳大さん100万円の個人コンサルには、ライン、スカイプでの回数無制限の相談や直接対面のコンサルまでを付いています。

実際はそれくらい「手取り足取り」教えない事には、しっかりとは稼げないノウハウであるという事ではないでしょうか。

それを1時間の動画教材にまとめて実際に購入者が稼げてしまうなら、逆にこの100万円の個人コンサルは完全に無意味なものという事になりますからね。

今回の記事は「レビュー」というより、販売者等が他で行っているサービスを比較対象として考慮した上での「分析」が主になりましたが「教材の販売者が他でどういうサービスを提供しているか」は実は、非常に重要なポイントだったりします。

今後、購入判断に迷われた際は、こういう視点で情報を分析する事も行ってみる事をお勧めします。

以上、「電脳せどりファイナルメソッド」の私なりの『内容分析』でした。

是非、参考にしてください。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像