キーワードディスカバリープレミアムは使えない?(山岡建太)

新しい「キーワードリサーチツール」がインフォトップの売上ランキングの上位に出ている模様です。

一応、トレンドアフィリエイト系の情報商材や、そこに活用出来そうなツールは一通りレビューしてきていますので、こちらも早速ですが取り上げておきたいと思います。

キーワードディスカバリープレミアム(山岡建太)

・URL:http://keyword-discovery.net/lp/premium/

(特定商法表記)
・山岡建太
・大阪府吹田市津雲台2-2-C31-210

キーワードディスカバリープレミアムは使えない?(山岡建太)


このキーワードディスカバリープレミアムというツールですが、セールスレターに記載されている機能一覧を見る限り、今現在、この業界に出ている同種のツールに備えている機能は一通り押さえているようです。

まあ、この手のキーワードリサーチツールは、常に新しくリリースされるツールが「後出しジャンケン」状態で、最新のツールに少し手を加えた形で出てきます。

今回の「キーワードディスカバリープレミアム」も、まさにその範囲のものと言っていいと思います。

実際にこの手のキーワードリサーチツールとしては、確かにこれまでのツールに無い機能がほんの少し備わっているようですね。

一応、キーワードディスカバリープレミアムのセールスレターを見る限りで言えば「狙い目キーワードを判別するライバルチェック機能」などが、一応それにあたると思います。

特定のキーワードで検索した検索結果における上位表示サイトに幾つ「無料ブログ」が含まれているかを一目で判断出来るという機能ですね。

無料ブログが上位に多数ヒットしているようなキーワードは、上位表示を狙い易い傾向にある為、それを一目で分かるようにしているという機能です。

確かにこの機能はこれまで出回っていたキーワードリサーチツールには無かった機能かと思います。

事実、あれば便利な機能と言っていいですね。

よってこのキーワードディスカバリープレミアムは、今現時点の段階では『業界最新のキーワーリサーチツール』と言っていいかもしれません。

そういう意味でキーワードリサーチツールとして「ツールそのもの」は普通に『良いツール』だと思います。

ただ、これが一番のウイークポイントですが「価格が高い」です。

セールスレターをご覧頂ければ分かりますが、販売価格は「14800円」。

ハッキリ言って、この手のキーワードリサーチツールとしては、かなり「高い」です。

というのも、このキーワードディスカバリープレミアム以前に同系統のキーワードリサーチツールで主流になっていたのが、私が現時点でこのブログで推奨しているこちらの「キーワードスカウターS」というツールです。

キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」

この「キーワードスカウターS」は、税抜価格で4980円という価格で販売されています。

実質的に今回のキーワードディスカバリープレミアムとは1万円くらいの価格差があるわけです。

確かに今回のキーワードディスカバリープレミアムには、キーワードスカウターSを含めてこれまでのツールには無い機能が備わっています。

そのような機能性のみで判断するのであれば、キーワードディスカバリープレミアムはツール単体での機能性は確かに上だと思います。

ですが、その機能1つの違いで「1万円の価格差分の違いがあるか」と言えば、正直、そこまで物凄い差があるとは言えません。

先程もお伝えしたように、強いてキーワードスカウターSには無かった機能は「狙い目キーワードを判別するライバルチェック機能」くらいですからね。

確かにこれは便利な機能ですし、無いよりはあった方がありがたい機能かもしれません。

ですが、実際に上位表示されているサイトが無料ブログかどうかをチェックしていく事自体はちょっとした手間をかければ簡単に出来る事です。

まあ、もともとこの手のキーワードリサーチツールは、手動でも出来る作業を効率化してくれるツールでしかありません。

ですので、どの機能も基本的にはその「効率化」を積み重ねる為のものでしか無いんです。

よって、その「部分的な効率化機能」の1つで1万円もの価格差分の差が出るかと言えば、『そこまでの差は無い』というのが実状かと思います。

それこそ、このキーワードディスカバリープレミアムで行える「上位表示サイトが無料ブログかどうかをチェックしていく事」は、大半のサイトは普通に「タイトル」を見るだけで判断がつくところです。

その中で判断出来ないサイトのみ、実際にサイトを見ていけば分かる事ですので、本当にそこまで大きな労力を効率化してくるような大それた機能でも何でもありません。

この機能の有無1つで1万円もの価格差というのは、私的は「無し」です。

その程度の機能がプラスα備わった程度のツールに14800円を出すのであれば、私は断然、キーワードスカウターSを4980円で購入した方が、支払う金額に対してのパフォーマンスは遥かに高いと思います。

よって、既にキーワードスカウターS、もしくはキーワードスカウターSとほぼ同等のツールとして一度ご紹介している「ももんが」というツール。

キーワードリサーチツール「ももんが」

このいずれかを既に所有している人なら、あえてこのキーワードディスカバリープレミアムを追加購入する意味は全く無いと思います。

機能全体としては、さほど大差はありませんし、このキーワードディスカバリープレミアムにのみ付属されている機能も、そこまで利便性や良く、効率性が高まるような機能ではありません。

要するに普通に「キーワードリサーチツール」として、本来あるべき「キーワードリサーチの効率化」を図っていくのであれば、4000~5000円代で購入できるキーワードスカウターS、ももんがで十分だという事です。

少なくともあえて14800円を支払ってキーワードディスカバリープレミアムを購入するメリットは、ほぼ「無い」と思いますね。

一応「キーワードスカウターS」については、私のブログの方で「トレンドアフィリエイトに活用していくオリジナルマニュアル」を特典で付けています。

キーワードリサーチツールを購入されるのであれば、4980円のこちらのツールで十分だと思いますので、是非、私の特典内容も含めて、一度こちらの記事もご覧になってみてください。

キーワードスカウターS+銀次オリジナル特典

私の特典の方を含めても、断然、キーワードスカウターSの方を購入頂く方がメリットが大きいと思います。

以上、参考までに。

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像