浅井輝智朗の浅井式せどり塾について(株式会社カーロット)

久々にせどり、転売系の高額塾がインフォトップの売上ランキングの上位に入ってきています。

浅井輝智朗さんという方が主催する「浅井式せどり塾」というせどり塾の2期生募集のようですね。

浅井輝智朗の浅井式せどり塾

・URL:http://asai-ten.com/t_2ki/index.html

(特定商法表記)
・株式会社カーロット 
・浅井 輝智朗
・大阪府大阪市中央区南船場2-10-28下村ビル501

浅井輝智朗の浅井式せどり塾について(株式会社カーロット)


特定商法表記を見て気が付きましたが、販売元は「株式会社カーロット」という業者で、投資系の高額塾等の販売元になっている業者さんです。

神王リョウさんの神リッチプロジェクトなどが有名どころでしょうか。

投資系とは全く畑違いのせどり系でもこうした高額塾の販売元になっているところを見ると、こうした情報商材の販売やプロモーション等を主としている業者さんのようです。

こういう「情報販売業者」さんが提供する情報商材や高額塾は、かなり当たり外れが激しいので、その他の商材の評判はチェックしておいた方がいいかもしれません。

こういう「業者」さんは、きちんと本物の情報を扱っている正当な業者さんと「売る為」に中身を伴わない情報を次々と販売している業者さんに分けられます。

そこは著名な人物などを全面に出していても一概に信用出来るとは限りません。(逆にそういう業者の教材ほど、中身が薄かったりします。)

少なくとも神王リョウさんの神リッチプロジェクトも含めて、株式会社カーロットさん関連の投資系の高額塾は、あまり評判が良い状況ではない模様です。

まあ、販売会社にあたる「株式会社カーロット」さんの評判等については、検索をすれば誰でも簡単に調べられますので、もう少し中身の方に突っ込んだ批評をしていきます

勿論、ここまで高額な教材ですと、私も「批評の為」に中身を確認しようとは思いませんので、セールスレターを読む限りの批評になりますが、この浅井式せどり塾についてはちょっと不自然過ぎるところが多い印象です。

その不自然な点は以下の3つです。

・せどり歴26年
・このノウハウは飽和しませんという理屈。
・転売実績として示している商品のキャプチャ画像
・6カ月で売上30万円以上という保証条件


1つ1つ不自然な点を指摘していきますが、まずセールスレターの冒頭でも謳われている以下のフレーズ。

「せどり歴26年の集大成を網羅した私のノウハウでは素人さんでもたやすく稼げてしまいました!」

塾長の浅井輝智朗さんはせどりを「26年」やっている事を大々的にアピールして、この浅井式せどり塾はその「26年間稼ぎ続けているノウハウ」の集大成としています。

実際、セールスレターの中にはこの「26年分の知識、経験がなんちゃら」という話が12回も出てきますから。

でも、このセールスレターで提唱されているノウハウは「アマゾン」「ヤフーオークション」を利用した転売ノウハウである事が明らかで、仕入れ、転売、両方にこれらのサイトを使っていく事が明記されています。

となると「おかしい」んですよね。

ヤフージャパンがヤフーオークションのサービスを開始したのは1999年9月28日ですし、Amazon.co.jp(日本アマゾン)に至っては2000年11月1日です。

今って何年ですか?

・・・2015年ですよね。

今から26年前となると「1989年」なんですよ。

となると、この浅井式せどり塾の浅井輝智朗さんはヤフオク、アマゾンがまだ発足されていない頃からせどりをやっていたという事になります。

それも発足以前から10年以上も(笑)

その経験って、、、この浅井式せどり塾のノウハウにおいて何か意味を成しているんでしょうかね?

まあ、この浅井輝智朗さんがヤフオク、アマゾンが発足される前からせどりをやっていたというなら、それはそれで結構です。

ですが、今回の浅井式せどり塾のカリキュラムはあくまでもヤフオク、アマゾンを利用していくものなんですから、それ以前の10年の知識、経験をやたらと押し込むのはどうなのか?と思ってしまいます。

要するに、ちょっと詭弁が過ぎるんじゃないか、、、と思うわけです。

同じく「詭弁」という部分では「飽和」について言及しているところにも見られます。

こちら、セールスレターの抜粋文ですが。

よくノウハウが広がると稼げなくなるんじゃないかと心配する人がいます。

ですが私のノウハウを実践した生徒さんは皆さん稼げています。

そもそも日本のインターネット通販市場は約13兆円にもなる巨大市場です。
この数字は経済産業省が今年の5月に発表したものです。

私のノウハウで中心として活用するAmazonの市場規模だけでも1兆3000億円になっています。

これほどの規模の市場を飽和させることはやりたくてもできないくらいの大きな市場です。

うーん。

「このノウハウが広まって飽和してしまう可能性」の話に「市場規模が13兆円」という話をぶつけてくるのも、どうなのかと思ってしまいます。

実際「同じノウハウを実行する人達同士で飽和してしまう」という話に対して、市場規模全体がどれだけ大きいかは「さほど関連性の無い話」だからです。

仕入れ方、転売の仕方に類似点が生じれば、その人達同士で競合が起きるのは当然の話ですし、そこに市場規模が何兆円という話は全く関係性がありませんよね?

要するに「あまり関係の無い話で誤魔化している」と言う感じが否めないわけです。


浅井式せどり塾の「不自然」な売上実績。


そしてもう1つ不自然なのがこちらのようなキャプチャ画像の一覧です。




実際のセールスレターでは、こういう画像がズラズレと数十点並んでいるのですが、このキャプチャ画像には「仕入れた金額」と「販売した金額」が書かれていて、その差額を「利益」として掲載しています。

ですが、そのキャプチャ画像を実際に見ると、そこに掲載されているのは、「転売時のアマゾンの明細」のみで、仕入れの金額を証明する画像は一切掲載されていません。

何故、転売時の数字を証明するキャプチャ画像だけを掲載して、仕入れの金額を証明するキャプチャ画像は載せていないのでしょうか。

仕入れを行ったのがヤフオクであれ、アマゾンであれ、その金額を証明するキャプチャ画像を掲載するのは「その仕入れ額が本当であれば」簡単だったはずなんですけど、、、。

要するにこのキャプチャ画像の一覧における「仕入れの金額」は、ただ適当な数字を並べているだけの可能性があるという事です。

実際にその仕入れの金額を証明できるキャプチャ画像は一枚も掲載されていませんから。

これではちょっと「信頼性」「信憑性」に欠けると思います。

何よりこのセールスレターは全般的に「売上」の話はよく出てくるのですが、その売上に要した仕入れの金額の話があまり出てきません。

これは塾生の実績やコメントでも同じ事が言えます。

とにかく示されている実績や掲載されているコメントのほとんどが「売上」についてのものなんです。

でも実際はそこに仕入れの金額があるはずですし、その仕入れの金額を差し引いたものが「利益」です。

本来、重要なのはその「利益」の方ですから、利益の方の言及があまりされていないところにもちょっと「誤魔化し感」があるように思えてしまうのは私だけではないと思います。

そしてその「誤魔化し」が最後の最後に示されている「返金保証」の条件にも及んでいます。

以下がその保証条件です。

私はあなたに、次の事をお約束します。

半年間、私のノウハウを実践したにもかかわらず、
半年の売り上げ合計が30万円にならなければ、塾の費用を全額返金します。

つまりあなたのリスクを極力減らしたので、安心して始める事ができるということです。

経済状態が厳しいから、どうしてもリスクを取りたくないという方のために、
出来る限り金銭的リスクを排除しました。

ただ、あなたに半年間の実践という労力をかけてもらって、
それでも30万円すら稼げないんだとしたら、そのことをお詫びをしなければならない。

圧倒的な自信があるからこそ、ここまでの保証をするのです。


ここでも保証しているのはあくまでも「売上」です。

要するに6カ月間で30万円以上の売上があった場合、その時点で保証の条件からは外れるという事になります。

でも普通にせどりをやっていれば1カ月に5万円くらいの「売上」は上がるものです。

だって10万円分の仕入れをしてそれが半額でしか売れなくても5万円の売上にはなってしまうんですから。

この保証条件でも、仕入れの金額やそれを差し引いた利益の話が出て来ないのは、ちょっとどころではなく「どうなの?」と思ってしまいますね。

実際、特定商法表記のところにだけ、ちゃっかりとこんな条件を付け加えていますから。
半年の売り上げ合計が30万円にならなければ、塾の費用を全額返金します。
●条件は次の2つだけです。
 ・月に5回以上仕入れて出品しながらノウハウを実践。
 ・毎月1回、定型フォーマットに従ってレポートを提出。
____________________________

塾の終了日から一ヶ月間が返金の申請期間です。
確認後30日以内に指定の口座へお振込いたします。
返金要求先アドレス:info※asai-ten.com
(「※」を「@」に変更してください)


月5回の仕入れが条件らしいです。

1万円の商品を5回仕入れれば仕入れ費用は5万円ですからね。

5万円で仕入れたものを5万円で売るくらいはそこまで難しい事ではありません。

この保証条件で「金銭的リスクを排除しました。」などと、よく言えたものです。

ちょっと「誤魔化し」が過ぎるんじゃないでしょうか。

この辺りからも浅井輝智朗さんのノウハウ、教材への「自信の無さ」や「姿勢」「スタンス」が見えてしまいますね。

少なくとも、私は全く信頼性、信憑性を感じられないというところです。

実際、セールスレター内で謳われているカリキュラム内容も至って王道的なせどりノウハウを提唱しているだけという感じです。

今更そのレベルの「普通のせどりノウハウ」を20万円以上もの費用を投じる意味があるかと言えば、私はあまり「無い」と思います。

もっと斬新で今の時代に合ったノウハウが他に幾らでもありますからね。

それこそ無料で公開されているこちらの教材などの方が遥かに「せどりのノウハウ」としては価値のある手法を公開してくれていると思います。

>次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

こちらには「無料版マニュアル」というものがありますので、興味があれば、そちらだけでも目を通してみてください。

その無料マニュアルだけでも、あなたの中のせどりというビジネスの常識がちょっと変わるくらいの内容だと思います。

価格が髙いからと言って「良い情報」とは限りません。

変な先入観を持たず、一度冷静にセールスレターの不自然な点を読み解いていく事をお勧めします。

今回の浅井式せどり塾はまさにその典型的な事例とも言えるかもしれません。

まあ、あくまでも私が感じた個人的な見解ですので、参考程度に。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像