YouTubeとニコニコ動画で稼ぐ方法の比較と違い。GigaTubeかニコチューブか。

現在、このブログでは「推奨教材」として、YouTubeで稼ぐ事を主体とする教材とニコニコ動画で稼ぐ事を主体とする教材、両方をそれぞれ推奨しています。

筆頭に挙げられるのはYouTubeですと、こちらの「GigaTube」というYouTubeアフィリエイトの総合教材。

>GigaTube(ギガチューブ)

ニコニコ動画の教材ですと、こちらの「ニコチューブ」です。

>NICO☆TUBE(ニコチューブ)

実際にこの2つであればどっちがお勧めなのか、どっちが稼ぎ易いのか、どっちが稼げるのか、という質問もわりと多く頂いていますので、その辺りの「比較」をしておきたいと思います。

YouTubeとニコニコ動画で稼ぐ方法の比較と違い。


まず双方のサイトは一般的な知名度の高さや世界的に見た利用者数や動画の再生回数は圧倒的にYouTubeの方が上ですが、日本国内においては、そこまで歴然とした差があるわけではありません。

動画の再生にも会員登録が必須になっている点で、ニコニコ動画の利用者は少々、その層が偏っているところがありますが、サイトの利用者数や全体的な動画の再生回数等はそこまでの大差はない統計が出ています。

要するにそれぞれの動画サイトを「市場」として考える際のポテンシャルとしては、そこまで大きな差はないという事です。

むしろ「ライバルが少ない」という点では、今はニコニコ動画の方が圧倒的に有利な状況にあると言ってもいいかもしれません。

YouTubeは「稼ぐ目的での利用者」というのが、そのノウハウや教材の増加と共に増え続けていると考えられるからです。

その上で「稼ぐ」という事を前提にした、それぞれのサイトの最も大きな違いはYouTubeには「YouTubeアドセンス」という広告収入を得られる仕組みがオフィシャルで備わっている事だと思います。

動画の再生回数に応じて報酬が課金され、支払われる仕組みですね。

稼ぎ易さという点では、投稿した動画がただ再生されれば報酬に繋がるわけですから、仕組み的には最も稼ぎ易いものと言っていいと思います。

ニコニコ動画にはこのような仕組みはありませんので。

また、それぞれのサイトを「アフィリエイト」や「集客」等のマーケティングに利用していく上での違いとしてもYouTubeは直に外部サイトへのリンクを貼れる特徴があります。

対してニコニコ動画はそういった外部サイトへのリンクは基本的に貼る事が出来ません。

つまり単純に集客、マーケティングに利用してアフィリエイトなどに繋げていく上でも、「その特徴だけを見るなら」YouTubeの方が断然、ビジネスへの応用性は高いと言えます。

実際にYouTubeで稼ぐ系の情報商材やノウハウが相当数出ているのに対し、ニコニコ動画を利用していくものがほぼ出回っていない理由はここにあると思います。

となると、一見はどう考えても「YouTubeを利用していくビジネスの方が稼ぎ易い」という理屈になるのですが、実は一概にそうとも言えないポイントが幾つかあります。


YouTubeに対してのニコニコ動画の優位性


例えばニコニコ動画は全く持って「外部サイトへのアクセス誘導が出来ない」というわけでは無く、実際はそれを行う方法があります。

その方法を突き詰めているのが先ほど紹介した「ニコチューブ」という教材なのですが、その方法を実践していけばニコニコ動画を集客やマーケティングに利用していく事は普通に「可能」になります。

その上で、ニコニコ動画の方を集客、マーケティングに利用していくメリットは以下の2つが挙げられると思います。

・YouTubeから動画の転載が出来る事(動画を作らなくて良い事)
・観覧者の属性がYouTubeよりも明確である事(需要のある動画が分かり易い事)


まず、ニコニコ動画は「YouTubeに投稿されている動画を転載する」という行為がわりと普通に行われている事から、これがほぼ許容されているような傾向にあります。

実際に「ニコチューブ」のノウハウもYouTube動画の転載を前提にしたノウハウになっていますので、この「動画の転載」を行っていけば自分で動画を1から作る必要がありません。

これはYouTubeで稼いでいく事を前提にするノウハウには無い、ニコニコ動画で稼ぐノウハウ特有のメリットだと思います。

「じゃあ、ニコニコ動画に投稿されている動画をYouTubeに転載するのは駄目なの?」

と思われるかもしれませんが、これはそもそも「あまり意味がない」というのが実状だと思います。

やはり動画の投稿数自体はニコニコ動画よりもYouTubeが圧倒的に多く、且つそのジャンルも多岐に渡っている為、YouTubeの方にはニコニコ動画のユーザーにウケる動画がたくさんある傾向にあります。

ただ、もともとユーザー層にかなりの偏りがあるニコニコ動画の方には、あまりYouTubeで再生回数がグングン伸びるような動画は多くありません。

また、ニコニコ動画特有の「コメント投稿機能」というものがある点でも、根本的にニコニコ動画に投稿されている動画はニコニコ動画特有のものである可能性が高い為、ニコニコ動画からYouTubeの動画の転載はあまり意味がないわけです。

対してYouTubeではあまり再生回数が伸びていない動画でも、そのコメント機能の盛り上がりによって、ニコニコ動画では再生回数が爆発するという事も珍しくはありません。

そういう点では「ニコニコ動画はYouTube動画の転載によってその恩恵を預かれる」というメリットがあり、これがまず大きなメリットと言えます。

あとはその属性が明確であるという点で、ニコニコ動画は「ウケる動画(よく再生されるであろう動画)」が傾向として見極め安く、そこに対して需要のある商品等も見極め安い傾向にあります。

とくに「デジタルコンテンツ」等を好む若い世代がよく利用しているサイトですので、そういった系統の商品やサービスのアフィリエイトが極めて有効であり、成約を取り易いわけです。

これも利用者の属性や需要がハッキリしているニコニコ動画ならではのメリットだと思います。


YouTubeとニコニコ動画、それぞれの優位性とその結論。


それぞれのメリット、優位性を結論的に挙げていくと。

(YouTubeのメリット、優位性)
・YouTubeアドセンスの仕組みがある(動画が再生されるだけで収入を得られる)
・幅広い層の利用者がいる(動画の属性ごとに集客が出来る)
・外部サイトへのリンクを直に貼れる(集客誘導をしやすい)

(ニコニコ動画のメリット、優位性)
・YouTubeから動画の転載が出来る(1から動画を作らなくて良い)
・観覧者の属性がYouTubeよりも明確(需要のある動画が分かり易い事)
・売り込みやすい商品が明確(特定のデジタルコンテンツなど)

という感じになります。

やはり大きな違いは「動画の作成の必要性の有無」と「ターゲットを広げるか絞り込むか」だと思います。

個人的に「どっちが稼ぎ易いか」と言えば、やはり動画の作成も不要で需要のある動画が分かり易く、売り易い商品も明白な「ニコニコ動画」の方が初心者層の稼ぎやすさは上ではないかと思います。

初心者層にとっては、ライバルが少ないというメリットも大きいはずです。

ただ「大きく稼げるのはどちらか」で言うなら、やはりYouTubeでしょうね。

YouTubeであれば、「YouTubeアドセンス」からの広告収入と、そこからの集客、マーケティング誘導によるアフィリエイト収入の両方を稼いでいく事が出来ます。

そして何より客層を広く取れるので、その動画ごとに相応の仕掛けを仕込んでいけば、広いターゲット層から収入を上げていく事も可能になります。

要するに「稼ぎ易さ」を重視するか「稼げる金額の大きさ」を重視するか。

もしくは「動画の作成を前提にした仕組み作り」を重視するか、「動画の転載を前提にした仕組み作り」を重視するか。

この二者択一が実質的なYouTubeで稼ぐノウハウとニコニコ動画で稼ぐノウハウの判断ポイントになるかと思います。

あとは私が推奨しているそれぞれの教材のレビュー記事やセールスレターの方をそれぞれ参考にしてみてください。

>YouTube系お勧め教材「GigaTube」のレビュー

>ニコニコ動画系お勧め教材「NICO☆TUBE」のレビュー

個人的には完全な1からの初心者層には「NICO☆TUBE」。

動画の作成や投稿等の経験者、アフィリエイトの経験者は「GigaTube」という感じでしょうか。

あとはそれぞれの記事やセールスレターを読んで判断してみてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年6月12日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ビジネスノウハウ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像