YouTubeでYouTubeの情報商材をアフィリエイトする人達の話。

今、YouTubeでYouTube系の情報商材を売っている人が増えています。

そしてこれが思いのほか「売れている」ようで『YouTubeでYouTube系の情報商材を売る』という戦略は、情報商材アフィリエイトの手法としては“かなり稼ぎ易い戦略”として認知され始めています。

もともと情報商材のアフィリエイトは単価が高く、高額な商品が多いという点と「根本的に怪しい」という点から、初心者層には敷居が高いとされていました。

ですが、YouTubeという市場に関しては言えば、思いのほかこの「情報商材」が売れ易い傾向にあり、とくに「YouTube系の情報商材」は異常なほど売り易く、売れ易い傾向にあるわけです。

YouTubeでYouTubeの情報商材をアフィリエイトする人達について。


では、そういう人達はどうやってYouTubeで情報商材をアフィリエイトしているのか。

これは実際にYouTubeをよく観覧しているような人であれば、お気付きかもしれませんが、動画本編の前後に自作の「広告」のような動画が挿入されているようなもを目にした事はないでしょうか。

もしくは説明文のところに「YouTubeで月収○○円」というような事が書かれ、URLなどが記載されているような動画などを目にした事はありませんか?

YouTubeで情報商材を売っている人達は、主にそういったところから無料のオプトインオファーなどに誘導し、オプトインリストにステップメールなどを投げて有料の情報商材の売り込みなどに繋いでいます。

その前後に自作の広告動画を差し込み、動画説明文のところに注意を引いて巧みにYouTubeからLP(オプトインページ)などに誘導しているわけです。

今やこういう仕掛けが仕込まれた動画がお笑い系から音楽系まで、幅広いジャンルの動画に見られます。

そして、そういう人達が最終的に売り込んでいる情報商材は8割方、この「ランドオブハンモックYouTuber」という商材ではないかと思います。

ランドオブハンモックYouTuber:http://www.hammockyoutuberland.com/index2.html

現にこの「ランドオブハンモックYouTuber」は50万円という高額な情報商材に関わらず、このような「YouTubeを軸としたマーケティング展開」で継続的に売れ続けています。




上記の画像はこの記事を書いている2015年5月19日現在のランキングですが、この時もインフォトップの売上ランキング2位に入っていました。

ちなみにこの「ランドオブハンモックYouTuber」はインターネット上での評判は、ハッキリ言って全く良くはありません。

むしろかなり「悪い」と思います。

私もこのブログで実際に取り上げていますが、あまり良い評価はしていません。

にも関わらず、実際にインフォトップの売上ランキングで連日「上位」に入っているのは、他でも無くこの商材が「YouTubeで売れているから」です。

そしてこの「ランドオブハンモックYouTuber」をYouTubeで売っている人がやたらと多いのは、この商材の内容そのものが「このランドオブハンモックYouTuberをYoutubeで売る方法を解説しているだけの教材だから」と言うのも1つの理由かと思います

結論としては「それだけの教材」ですので、50万円という価格帯に見合う価値は到底「無い」としか言いようがありません。

まともな「アフィリエイター」なら、まず推奨する事など出来ない教材だと思います。

現にこの「ランドオブハンモックYouTuber」というキーワードでグーグル検索をすると、その検索結果にはこの商材を酷評するブログやサイトなどがたくさん出てくるという状況です。

要するにインターネット上のブログなどでこの「ランドオブハンモックYouTuber」を強いて推奨しているようなアフィリエイターはほとんどいないわけです。

にも関わらず、この「ランドオブハンモックYouTuber」が売れているのはこの「ランドオブハンモックYouTuber」を購入した人が「元を取る為」にこの商材内容を実践しているからに他なりません。

その商材内容を実践して一生懸命この「ランドオブハンモックYouTuber」をYouTubeで売っているわけです。

50万円もの高額教材をYouTubeで売る人達の実体。


ただ、この「ランドオブハンモックYouTuber」を購入してしまった人達からしてみれば「せっかく50万円も払ったんだから元を取るしかない。」と考えてしまうのも無理も無いと思います。

50万円ものお金の元を取るには、この「ランドオブハンモックYouTuber」をYouTubeで売るしかないのですから。

一応この「ランドオブハンモックYouTuber」には50万円という価格に対して何十万円単位の紹介報酬が付いていますので、実際にこの「ランドオブハンモックYouTuber」をYoutubeで数本売っていく事が出来ればその「元」は取れます。

それ以上に売っていく事が出来れば、確かに「儲かる」わけです。

そして現にこの「ランドオブハンモックYouTuber」をYouTubeで売って儲けている人が「いる」というのが実際のところです。

ですので、この「ランドオブハンモックYouTuber」はハッキリ言って全く推奨出来るような「内容」の商材ではありませんが「稼げない情報ではない」という事になります。

まあ、それでも『この商材を売って稼いでください』という内容ですので、「買ってしまった人の気持ち」を思うと、稼げる稼げない以前にどうかと思うところはあります。

ですが「YouTubeでこの商材が売れている」という事だけは“紛れも無い事実”です。

ただこれはこの「ランドオブハンモックYouTuber」で紹介されている「販売手法」が強いて優れているというわけではありません。

まあ、これは人それぞれの観点ですが、私は内容を見て「え?こんなレベルの内容なの?」と思う程度のものでした。

にも関わらずこの「ランドオブハンモックYouTuber」の購入者が50万円もの高額なこの商材をYoutubeで売る事が出来ているのは、

「YoutubeではYoutubeで稼ぐ系の商材が異常なほど売り易い(売れ易い)」

という事を実証していると言っていいと思います。

それこそYouTubeを利用したマーケティング戦略という観点で言えば、私がこちらで推奨している「GigaTube」の方が遥かに実践的で、精巧な戦略、ノウハウを解説してくれていると思います。

>Youtubeマーケティング教材「GigaTube(ギガチューブ)」

まあ、強いて「ランドオブハンモックYouTuber」にあって「GigaTube」に無いものは「動画形式のマニュアル」と「ある有料動画編集ソフトの使い方マニュアル」くらいでしょうか。

それ以外のキモとなるポイントはほぼ全て29800円の「giga tube」で普通に網羅されていると言っていいです。

しかも「ランドオブハンモックYouTuber」より遥かに手厚く、、、ですね。


YouTubeで「情報商材アフィリエイト」という選択肢。


何にせよ、YouTubeでYouTube系の情報商材が「売れ易く、売り易い事」は、あまり良い実例とは言えませんが「ランドオブハンモックYouTuber」という教材が実証してきている状況にあります。

それこそYouTubeには、私もこのブログでビジネスモデルとしても情報商材としても取り上げて来ている「YouTubeアドセンス」という、投稿動画が再生されさえすれば収入が手に入る仕組みも備わっています。

要するにやり方次第では、「YouTubeアドセンス」で稼ぎながら、その観覧者に情報商材を売り込んでいくような一石二鳥の稼ぎ方も出来るわけです。

現にその方法を公開しているのが、私が推奨している「GigaTube」という教材なのですが、この「YouTubeを入口とした情報商材アフィリエイト」という選択肢は

・YouTube系のビジネスをやっている人
・情報商材のアフィリエイトをやっている人
・DRM、リストマーケティングをやっている人


こういう人にとっても新たな収入源、戦略になっていくと思いますし、これらで思うような収入を得られなかった人にとっても「再チャレンジの価値はあるんじゃないか」と思います。

ただその戦略を学び、実践していくのであれば、50万円もの「ランドオブハンモックYouTuber」に手を出す必要は全くありません。

約3万円のこちらで十分です。

>Youtubeマーケティング教材「GigaTube(ギガチューブ)」

興味があれば、こちらのレビュー記事だけでも一読してみてください。

それでは。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年5月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ビジネスノウハウ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像