ニコニコ動画で稼ぐ?そのビジネスモデルの優位性など。

このブログやメールマガジンの読者さんからは、日頃より多くの質問や相談のメールを頂きます。

その中には、当然、購入を検討している情報商材についての質問等も頂くのですが、ここ最近、最も多く頂いている傾向にあるのはこちらの教材についての相談だと思います。

>NICO☆TUBE(ニコチューブ)

最も売れている教材がこれというわけでは無いのですが、質問、相談の件数で言えば、このNICO☆TUBE(ニコチューブ)が断トツで多いです。

その中でとくに多いのが私が別に推奨している教材との比較的な相談と、このNICO☆TUBE(ニコチューブ)の購入プランについての相談です。

今日はそんな「よく頂く相談」の方を少し掘り下げて記事にしておきましたので、NICO☆TUBE(ニコチューブ)に興味や関心があった人や、「ニコニコ動画を利用したビジネスモデル」のメリットなどをチェックしておきたい人は是非、目を通してみてください。

ニコニコ動画で稼ぐ?そのビジネスモデルの優位性など。


このNICO☆TUBE(ニコチューブ)という商材への質問が最も多いのは、やはり「ニコニコ動画を利用して稼ぐビジネスモデル」というのものが多くの人にとって「未知のジャンルだから」だと思います。

それこそYoutubeで稼ぐノウハウや、ツイッター、facebookで稼ぐノウハウなどであれば、ネットで検索していくだけでも、それらしい方法は幾らでも出てきます。

ですがニコニコ動画を使って稼ぐ方法となると、そういった情報の数はグッと少なくなり、実質的にはほとんど出て来ない状況にあると思います。

それだけ「ニコニコ動画をビジネスに活用して稼いでいく方法」というのは、まだまだ実際にやっている人も極度に少ない未開拓な市場と言えるわけです。

その上で私はこのブログで「アダルトアフィリエイト」や「ツイッターを入口したビジネス展開」、更には「Youtubeアドセンス」なども“初心者が稼ぎやすいビジネスモデル”として紹介していました。

そして実際に初心者層の人がそれぞれの記事を読んで「じゃあ、どれが一番お勧めなんですか?」という感じの相談をされている傾向にあるわけです。

ただこれは一概に「どれが一番稼ぎやすい」とか、「どれが一番お勧め」とは言えないもので、少なくとも私はいずれのビジネスモデルにもメリット、デメリットがあると思っています。

「人それぞれの適正に合ったビジネスを選んでいくべき」

これが私の率直な「答え」です。

ではその「適正に合ったビジネス」をどう選択するべきかという点ですが、これは「何を最優先にビジネスを選ぶか」が重要だと思います。

・とにかく早く結果が出るものを優先したいのか
・とにかく長期的に大きな利益を見込めるものを優先したいのか
・とにかく作業がシンプルで時間がかかりないものを優先したいのか

と言ったようなその人それぞれの「優先順位」ですね。

その優先順位によって、それぞれのビジネスの優位性は変わってくるのですが、今回取り上げる「ニコニコ動画を使ったビジネスモデル」が最も優れている点は、

「即効性」

という部分だと思います。

とくにNICO☆TUBE(ニコチューブ)のノウハウはその「仕組み」をきちんと作っていけば、「アフィリエイト」系の広告ビジネスとしては本当に類を見ないほど「すぐに」稼げます。

それもそこそこ「まとまった金額」を稼げるという点で、この即効性はアダルトアフィリエイトにもツイッター系のアフィリエイトにもYoutubeアドセンスにも無い高い優位性だと思います。

「即効性があるビジネス」となると「せどり」などの転売系のビジネスが筆頭に挙げられるものですが、こういった物販、転売系のビジネスを除いて考えると、このNICO☆TUBE(ニコチューブ)の「即効性」はまさに類を見ないものと言っていいと思います。


その一番の優位性は他に類を見ない「即効性」


この即効性という点では、私が「初心者向け」として他に推奨している「アダルトアフィリエイト」「ツイッター」「Youtubeアドセンス」などは、即効性という点ではあまり適していません。

どちらかと言うといずれのビジネスモデルも「じわじわ」と収入を引き上げていくようなスタイルの「長期的な継続性重視」のビジネスです。

その「じわじわ上がっていく収入」というのが、「アダルトアフィリエイト」「ツイッター」「Youtubeアドセンス」などのビジネスにおいては優位性の1つなのですが、どうしても「まとまった収入」を手にするまでは数カ月ほどはかかります。

いざ1から始めて、数日、数週間でポンと大きな収入が上がるような事はまずありえません。

ただ、ニコニコ動画を利用した稼ぎ方を提唱しているNICO☆TUBE(ニコチューブ)の仕組みなら、それが実際に「可能」になってしまうわけです。

逆にそこからの収入はわりと横ばいなので、基本的には新しい仕組みをどんどん増やしていかない限り「黙っていても収入が右肩上がりに増えていく」という事はありません。

まあ一定の「継続性」はあるわけですから、とくにこれはデメリットというわけではありませんが、「じわじわ収入が上がっていく」という感覚を得る事は出来ないと思います。

そこも含めて「自分ならどっちがいいか」「どっちに優位性を感じるか」が1つの視点になるのではないでしょうか。

一応、私なりの意見としては

・ネットビジネスで1円も稼げた事が無い初心者の人
・過去に何かのネットビジネスで挫折してしまった経験がある人


こういう人は、即効性を重視したNICO☆TUBEのようなノウハウが適していると思います。

やはりまずは「ネットでまとまった収入を稼ぐ」という感覚を体感する事が非常に重要だと思いますので、そこを早い段階でクリア出来るのは大きいと思います。

ネットビジネスで挫折する人の大半はその感覚がなかなかつかめず、言わば「途中で諦めてしまう」というパターンが多いからです。

そこをわりと簡単にクリア出来るNICO☆TUBEのノウハウは、まさにそのレベルの初心者さんには適しています。

過去に挫折経験がある人も、まさに「稼ぐ感覚」や「稼げるイメージ」が湧かずに挫折してしまったクチだと思いますので、そういう人にもニコニコ動画を使った稼ぎ方は間違いなくその「殻」を破れる絶好のノウハウだと思うわけです。

やはり「初心者層の人」や「過去に挫折経験がある人」は出来るだけ早く結果を出せて、「稼ぐ」という事を体感できるノウハウを優先して選んだ方が何よりも需要な「継続力」と「モチベーション」に繋がると思います。

そこを重要視するのであれば、NICO☆TUBEのノウハウはまさに打ってつけの即効性を兼ね備えたノウハウだと思いますので、検討の余地は多いにあると思います。


NICO☆TUBEの実践にサポートは必要か。


そしてこのNICO☆TUBEへの質問で「他のビジネスとの比較」と同じくらい多く頂く質問が「有料のサポートプランを選択した方が良いかどうか」です。

ただ、これを率直に回答してしまうとNICO☆TUBEのサポートは、ある程度の経験者(アフィリエイトで稼いだ経験がある人)なら、とくに必要無いと思います。

NICO☆TUBEの本編マニュアル自体が非常に丁寧でわかりやすい内容なので、マニュアルのみでも問題なく進められると思うからです。

あえてサポートが必要な人を挙げるなら、1つ1つの作業をきちんと販売者さんに確認しながら1つ1つしっかりと進めていきたい人。

そうしないとすぐに不安になってしまうような人、、、でしょうか。

ただ、どうせサポート付きのプランにするのであれば誘導文やコンテンツ文の添削と保証が付くという点で「コンサルプラン」がお勧めかと思います。

コンサルプランは作った誘導文やコンテンツの文章を「きちんと稼げる文章にしてくれる」という事ですし、それで稼げなければプログラムの代金をそっくりそのまま返金してもらえるわけですから。

そういう確実なサポートと保証が欲しいならコンサルプラン。

とくにそういうものは不要というなら、実践自体はマニュアルのみでも問題なく出来ると思います。

勿論、後々プラン変更もできますので、まずは自分でやってみるというのも1つの選択肢です。

ですが「コンテンツ添削」は、はじめの段階からコンテンツを「正解」に導いてくれるサポートですので、当初の段階からそれを前提に進められるのと「これでいいのか?」と思いながら進めていくのとでは、やはりスムーズさやモチベーションも変わってきます。

経験者がアレンジを加えながら実践するならマニュアルのみのプラン。

無駄な試行錯誤をしたくないような場合は、コンサルプランがお勧めです。

>NICO☆TUBE(ニコチューブ)

あと、全てのプランに私の強力な特典コンテンツもお付けしています。

興味があればそちらの方も併せて読んでみてください。

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年5月6日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:お勧めコンテンツ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像