近藤武さんのゴーストリライター3で量産できるサテライトサイトのSEO対策効果について。

サテライトサイトを自動生成出来るというツールがインフォトップの売れ筋商材の中に出ていました。

厳密に言うとサテライトサイトの記事を自動生成出来るというツールですね。

ゴーストリライター3(近藤武)

・URL:http://ghost-rewriter.net/

(特定商法表記)
・近藤武
・兵庫県神戸市東灘区御影中町1丁目8-7-305号
・080-3246-5149

ゴーストリライター3(近藤武)レビュー

正直、私はこういう「サテライトサイト記事の自動生成」系のツールはどういう層の人が購入していっているのか、少し謎な部分があります。

まあ、おそらくはあまりネットビジネスの事をわかっていないような初心者層の人だと思うのですが、そもそもそういう人は「サテライトサイト」というものを作る意味やメリットをきちんと理解しているのかさえ疑わしいところです。

もしくはほんの少しSEO対策などを勉強したり、自分なりに勉強した事を行動に移していっているような人が購入しているのかもしれません。

要するに「サテライトサイト」というものを現在進行形で作っていっているような人か、何となくそれが有効なんだと「思ってしまった人」が購入しているんだと思いますね。

ただ、私から言わせると『随分“残念なSEO対策”の知識を身に付けてしまい、無駄な道を歩み始めているな~』としか言いようがありません。

少なくともこのゴーストリライター3のセールスレターを読んで、「このツールには価値がある!」と思ってしまうような人は“そういう残念な知識を身に付けて行動に移してしまった人”だと思います。

実際にこのゴーストリライター3のセールスレターでは、ゴーストリライター3を使って自動生成出来る記事のサンプルがそのまま掲載されています。

そういう意味では「性能をそのままの形で公開」してくれていますので、フェアなツールであり、セールスレターだと思います。

この手のツールのセールスレターだと散々いい事だけを言って、その肝心な性能や自動生成出来る記事のサンプルなどは一切載せていないようなものも多いので。

ただ、その記事のサンプルを見る限りで、私は「今のグーグルにはこのようなツールはもう通用しなくなっている」と思います。

以下、ゴーストリライター3のセールスレターに掲載されている、このツールで生成出来る記事とその記事についてのコメントです。

↓↓↓



文章がちゃんと繋がっていてある程度、自然に見えるのがわかって頂けると思います。

確かに、「ある程度、自然に見える」という点は否定しません。

ですが、今のグーグルの検索エンジンに対しては「ある程度、自然に見える」レベルの記事では“サテライトサイト用の記事としても無意味になってきている”というのが私の考えです。

そして検索エンジンからの集客で圧倒的に結果を出している人ほど、私に近い考えや私よりも更に進んで考えを持っていますね。

要するに今のグーグルは「読み手が本当に価値を感じるようなコンテンツ(記事)」しか、根本的に評価の対象にはしなくなってきているのです。

グーグルにとって、評価の対象にならないという事はその記事は「無い」のと一緒です。

むしろそれは「読み手に価値を与えられないコンテンツ」という事になりますから、そういうコンテンツ(記事)は逆に評価を下げられる傾向にあるくらいです。

つまりこのゴーストリライター3で自動生成出来るようなコンテンツは、もはやサテライトサイト用の記事としてもSEO対策上の「評価」の対象にはならず、むしろマイナス効果しか無い可能性さえあるという事です。

サテライトサイトは、そのサテライトサイトからメインサイト(ブログ)に対してリンクを貼る事で、SEO対策上の被リンク効果を上げていくというものです。

ただ、そんな「読み手に価値を与えられないコンテンツ(記事)」ばかりが投稿されているサイトからの被リンクなど、何の足しにもならないわけです。

「いや、そういうサイトからの被リンクでもSEO対策上の効果はあるんだ!」

と思い込んでいるような人には、このゴーストリライター3のようなツールは「使えるツール」なのかもしれません。

ですが、それはおそらく一昔前のグーグルに通用したものであって、今のグーグルには通用しなくなっていると思います。

仮にこれが「有効」だとすれば、こうしたゴーストリライター3のようなツールを使ってサテライトサイトを量産して被リンクをたくさん貼っていけば、どんなクズサイトでも上位表示が可能になるという事になります。

でも、今のグーグルをそんな強引なやり方で攻略できると思いますか?

まず出来ませんね。

要するに「ある程度、自然な記事を作る」というレベルのツールをどんなに動かして記事を量産していっても、無意味な記事の量産、無意味なサテライトサイトの量産、無意味な被リンクの量産にしかならないという事です。

もう、こういう「自動生成」というやり方でグーグルを攻略していくのは無理だと思った方が賢いと思いますけどね。

どうしてもツールに頼りたいなら、私が推奨しているこちらのようなツールで、「上位表示を狙いやすいキーワード」などを絞り込んで、そこを狙った記事を量産していく方が遥かに賢明だと思います。

>キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」

あくまでもコンテンツは「訪問者に対して価値を与えられる事」を前提に自分で作っていくしか無いという事ですね。

そこを自動化出来るほど甘い世界では無くなっていると思った方がいいと思います。

それが現実ですから。

まあ、本当に価値のあるコンテンツが優遇されるようになっているわけですから、おかしなツールが通用するような状況より、私は遥かに「攻略のし甲斐がある」と思いますけどね。

少なくとも私はこのゴーストリライター3のようなツールは、今のグーグルには「無意味」だという見解です。

参考までに。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像