BOOKOFFハンターNEO(株式会社キュリアスコープ)岩崎秀秋 レビュー

珍しく「せどり系のツール」がインフォトップのランキング上位に来ていましたので、取り上げておきたいと思います。

こちらですね。

BOOKOFFハンターNEO(株式会社キュリアスコープ)岩崎秀秋

・URL:http://matsukage.sakura.ne.jp/bookoffhunter/neo/info/

(特定商法表記)
・株式会社キュリアスコープ
・岩崎秀秋
・北海道札幌市中央区南3西6-7-3-602
・011-252-9200

BOOKOFFハンターNEO(株式会社キュリアスコープ)岩崎秀秋レビュー

その名の通り「ブックオフ」の仕入れを効率化させるツールで、いわゆる「店舗せどり」のツールになります。

こういった「せどり系のツール」は、定期的にインフォトップのランキング上位に出てくるものがありますが、大抵、その売れ行きは長続きしません。

理由は簡単です。

いざ使い始めた人達が、そのぶっちゃけたところを暴露し始めるからです。

要するに大抵、この手のせどりツールは「評判」が伴わないんですね。

だから、すぐに売れなくなるわけです。

この「BOOKOFFハンターNEO」も一時期はランキング上位に入ってましたが、その売れ行きは既に失速しています。

というより、この「BOOKOFFハンターNEO」に関しては、セールスレターを読んだ時点で「微妙」と思う部分が多々見受けられました。

その「微妙なところ」を情報商材のレビューをしているアフィリエイターさん達に突っ込まれ始め、売れ行きが失速していったと思われます。

せどりの現実をあまり認識していない、素人層や初心者層にはサッと売れたのかもしれません。

ですが、それなりに目が肥えた層の人達からすると、その「微妙なところ」をセールスレターから読み取られたというのが現実かと思います。

その「セールスレターから見てとれる微妙なポイント」としては以下の2つが大きいですね。

・利益率の薄さ
・そもそもの効率性

セールスレターでは、この「BOOKOFFハンターNEO」を使って、実際に仕入れと転売を行い、利益を得たとされる商品が幾つか紹介されていますが、とにかくそれが「薄利」です。
せいぜい500~1000円くらいの利益というところ。

まあ、ブックオフなどを利用した店舗系のせどりの利益率なんて、そんなものかもしれませんが、実際は原価割れ(仕入れ値よりも高く売れない商品)も出てきます。

そういうところを考えると、あえてセールスレターに掲載している事例で500~1000円くらいの利益では、ちょっと現実的にあまり旨味のあるツールとは言えないと思います。

そしてその利益率よりももっと「微妙」なのが「効率性」の方で、これはそもそもこのツールを使う意味があるのか?と思うくらい「非効率」だと思います。

というのもこの「BOOKOFFハンターNEO」は「インストアコード」というブックオフ特有の商品コードを利用して、その商品の見込み利益などを算出するのですが、この「インストアコード」は一度、店舗に足を運んでそのコードのみを控えてくる必要があります。

要するに一度、インストアコードのみを確認しに店舗の方へ行って、あらゆる商品のそのインストアコードを控えていかなければならないわけです。

そしてその控えたインストアコードを持ち帰って自宅のPCでこの「BOOKOFFハンターNEO」を起動させ、その控えたインストアコードをひたすら入力していく・・・。

そうして始めて「その時点のネット相場(アマゾン相場)」で利益を取れそうな商品が分かるというものです。

そこからまた、改めて実際に利益を見込めると踏んだ商品を仕入れに行かなければならないんですね。

ただでさえ仕入れが面倒な店舗系のせどりで、インストアコードだけを控えにブックオフに行くなんて、どう考えても非効率過ぎると思います。

実際、インストアコードを控えるだけでも結構な手間がかかりますし、それを1つ1つ「BOOKOFFハンターNEO」に入力して相場を見ていくのも結構な手間です。

そこまでの手間をかけて1つの商品の転売で得られる利益がせいぜい500~1000円ですからね。

可能性として、インストアコードを控えてきた商品が全滅(全く利益を取れない)という事も多いにありますから、結局このツールって何を効率化しているのかよくわからないツールだと思います。

意味ねーじゃん・・・というのが率直なところです。

そもそもブックオフなどの店舗を仕入れ対象にせどりをするという行為自体が、私はもう時代に追いついていない気がしますね。

今はインターネットだけでもっと大きな利益を狙える商品を仕入れられる時代ですから、何が悲しくて数百円の利益を得る為に店舗系のせどりをするのか、私にはちょっと理解出来ません。

それこそ、このせどりノウハウの無料版マニュアルを読んでみてください。

>次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」無料版

たぶん、店舗系のせどりなんてやってられなくなると思いますよ。

それではまた。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年1月30日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像