賢威(SEOに強い戦略的テンプレート)株式会社SEMライダー松尾茂起、レビュー

私はこのブログで主に「検索エンジンからのアクセス」を集めていく事を軸にしたマーケティング(集客)を展開しています。

そして私の行っている「検索エンジンからの集客」は一般的に言われているような「SEO対策」などを施すようなものでは無く、主に以下の2つのポイントを押さえた方法で集客を施しています。

1:検索エンジンに評価されやすいSEO効果が高いテンプレートを使う。
2:集客効果の高いキーワードを狙って記事を更新する。


「2」は、言わばこのブログを更新する作業そのものがそれに当たるわけですが、その日々の「更新作業」の集客効果を慢性的に引き上げているのが「1」の“SEO効果が高いテンプレートを使う事”であり、その「SEO効果が高いテンプレート」というのが、これからご紹介する「賢威」です。

SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」松尾茂起

・URL:http://www.seo-keni.jp/

(特定商法表記)
・株式会社SEMライダー
・松尾茂起
・京都府京都市中京区十文字町437番地SOZO+ビル704号室

SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」松尾茂起、レビュー


「賢威」はワードプレス専用の有料テンプレートで「SEO対策効果が高い」という事で、この情報商材業界に限らず、多くのアフィリエイターやブロガーなどがこのテンプレートを利用しています。

そもそもその「ワーププレス」とは何かというと、率直に言えば無料ブログのようなブログ形式のサイトを構築できる無料の「ブログソフト」で、基本的にはレンタルサーバー等にアップロードする事ですぐに「ブログ」を始める事が出来ます。

そしてこの「賢威」はそのワードプレスに導入出来る「有料テンプレート」です。

ワードプレスはとくにテンプレートを導入しなくても、初めから無料で利用できるテンプレートや、ネット上を探せば無料で利用できるテンプレートなども多数見つかるのですが、「賢威」は有料というだけあって、それらの無料テンプレートよりも遥かに集客効果(SEO対策効果)が高いと言われています。

「そもそも何故、テンプレートで集客効果(SEO対策効果)が変わるのか。」

この「賢威」というテンプレートの価値を認識して頂くには、この根本的なところが分からないと話にならないと思います。

というより、それを理解しているような人で、既にアフィリエイトなどをブログでやっているような人なら、まず「賢威」はもう既に何らかの形で導入しているはずです。

この記事に興味を持たれているという事は「アフィリエイトやブログをやっているか、やってみようと思っている状況」でありながら「賢威を導入していない」という状況なのではないかと思います。

という事は、おそらくですがいまいち「テンプレート」というものと「SEO対策効果」というものの関係性をしっかりと認識されていないのではないでしょうか。

ですので、この「賢威」のレビュー記事では、そもそも「SEO対策効果に強いテンプレートとはどういうものなのか」というところから順を追ってその「価値」を解説していきたいと思います。


ブログテンプレートの良し悪しとSEO対策。


まず「テンプレート」というのは、言わばサイト(ブログ)の「型枠」のようなもので、ワードプレスがサイト(ブログ)を構成する「システム」であるとするなら、テンプレートはそのシステムを目に見えて「形」にしていく型枠のようなものと捉えてください。

「形に変える」というのは、要するにインターネット上で誰もが見られるような「サイト(ブログ)の形にする」という事です。

言わば私のこのブログもワードプレスのシステム上に「賢威」のテンプレートを導入して、このような形のブログをインターネット上に公開しているわけですね。

テンプレートは言わばその「型枠」なわけですから、私はそこにこうしてお読み頂いている「記事」などを投稿していってブログの「コンテンツ」を充実させていってるんです。

ブログやサイトの運営やSEO対策(検索エンジンからの評価)で「重要」と言われているのは、主にその“コンテンツ”の方で「コンテンツを充実させましょう」みたいな事はSEO対策の上でも当たり前のように言われています。

確かにこれは事実で、まずはたくさんの記事を投稿していくなどしてコンテンツを充実させない事にはブログにが検索エンジンの上位に表示されるような事はありません。

要するにコンテンツを充実させてこそ、検索エンジンにも評価され、サイト(ブログ)が上位表示され、ブログにアクセスが集まってくるようになるわけです。

ただその「コンテンツを充実させる事」とほぼ同じくらい重要な事、、、考えようによっては「それ以上に重要」とも言えるのが、そのサイト(ブログ)を構成する「テンプレート」を“最適化”させる事なんです。


検索エンジン対策(SEO対策)に重要な「テンプレートの最適化」とは。


検索エンジン(今で言えば主にグーグル)というのは、クローラーと呼ばれる「自動読み込みロボット」が世界中のウェブサイトの情報を読み込んでそれを「検索結果」に反映させています。

その「サイト情報の読み込み」が今はあらゆる観点でかなりの精度になっている為、その検索結果は機械が自動で情報を読み込み、それを反映させているとは思えないほどの精度で、「検索した人が望んでいる情報が表示されているサイト」が上位に表示されるようになっています。

言わばグーグルの仕事は「検索者が望んでいる有益な情報が書かれたサイトを上位に表示させる事」ですので、その「クローラー」と呼ばれるロボットの精度は日に日に精巧になっているとされているわけです。

だからこそ「質の高い情報」「充実したコンテンツ」を発信しているサイト(ブログ)が検索時の上位に表示されるわけで、「サイト情報の質」こそが検索エンジンの評価にダイレクトに繋がる事は当然の理屈になります。

ただ、先ほどもお伝えしたようにグーグルは「クローラー」と呼ばれるロボットによって「自動的」に世界中のウェブサイトの情報を読み込ませている事から、私達が「目」で見ている情報とは異なる形で1つ1つのサイト情報を読み込ませています。

それがいわゆる「ソース」というものです。

例えば私のブログのトップページで言えば、このようなソースで構成されています。

<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” xml:lang=”ja” lang=”ja”>
<head>
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=UTF-8″ />
<title>元ホストのネット起業家『銀次』のブログ</title>
<meta name=”keywords” content=”キーワード1,キーワード2,キーワード3″ />

グーグルのクローラーはこのような文字列のソース情報を読み込み、そのサイトのコンテンツ内容等を取り込んでいっているわけです。

そしてこのような「ソース」には、グーグルのクローラーに「好かれるソース」と「嫌われるソース」、「読み込みやすいソース」と「読み込みにくいソース」があります。

私達が傍目で見て「綺麗なサイト(ブログ)」だとしても、この「ソース」がグーグルにとって「読み取りにくいもの」だった場合、グーグル的にはあまり評価の高くない「何の情報が書かれているかよくわからないサイト」と判断されてしまうのです。

そのようなサイト(ブログ)は当然、上位に表示される事はありません。

逆に、私達が傍目から見てあまり「見栄えの良いサイト」とは言えなくても、その「ソース」がグーグルにとって適格に読み取り易いものであり、そのコンテンツ内容がしっかりしているサイトであれば、グーグルの評価は高くなります。

そういうサイトはどんどん上位に表示されやすくなるという事です。

ここでSEO業界でよく用いられる表現が「ソースが綺麗」「綺麗じゃない」というものなのですが、要するにこの「ソースが綺麗なサイト」はグーグルが適切に情報を読み取れる為「上位表示されやすい」という事になります。

そしてブログなどにおいて、その「ソース」を大きく左右してしまうのが、その型枠となる「テンプレート」なのです。

綺麗な型枠となるソースを提供してくれるテンプレートを利用すれば、それだけ投稿していった記事(コンテンツ)はグーグルに評価されやすく、逆にそうではないテンプレートを使っていた場合は「評価されにくい」という事になってしまいます。

考えようによっては、記事を投稿していけばしていくほど「どんなテンプレートを使っているか」でSEO対策的な観点では、その「差」が大きく開いていく事になるわけです。
要するにどんなに「価値のある情報」をコンテンツ化して投稿していっても、その型枠となるテンプレートのソースが「グーグルに評価されにくいもの」だった場合、どんなに一生懸命記事を投稿していっても、一向にアクセスは伸びてきません。

だからこそコンテンツと同等、考えようによってはそれ以上にサイト(ブログ)の型枠を構成するテンプレートの「ソース」はSEO対策においても非常に重要なんです。


「賢威」がSEO対策に最適な効果を発揮する理由。


そこで私が利用しているブログテンプレート「賢威」はこの「ソース」が非常に「綺麗」と言われています。

私も専門家ほどの知識はありませんが、賢威のソースが綺麗である事は多少なりと知識があるレベルの私が見ても十分にわかります。

少なくとも「グーグルに評価されやすいソース」という観点で、王道的に言われているようなポイントはどれを踏まえても非常にシンプルな構成で押さえられていると思います。

これだけ「無料」で使えるテンプレートが世に出回っている中、24800円というわりと強気な価格設定でも賢威が「売れ続けている理由」は他でもなく、そのソースの綺麗さにあるのではないでしょうか。

それこそ無料ブログなどは、多数の無料テンプレートを取り揃えてくれていますが、そのテンプレートごとにソースは全く持って異なりますので、素人からすると「どのテンプレートのソースが綺麗か」までは分からないと思います。

だからこそ、知識が無い人ほど下手に無料ブログを開設して下手なテンプレートを導入するより、ワードプレスに「賢威」を導入した方が「確実」なんですね。

実際にブログに記事を投稿し、長く運営していくほど「テンプレート」による集客効果には大きな差が出ていきます。

勿論、賢威の24800円という価格は金額的には安い買い物ではありません。

ですが、その費用対効果は「良いブログ」「稼げるブログ」を作っていくほど大きくなっていきます。

それだけに「本気でブログを作り込んでいく事」を前提とするのであれば、やはり賢威の導入は「しない理由が無い」と言うのが私の考えです。

それこそ私のブログで言えば、おそらく賢威を使っていた事で既に何百万円、可能性としては何千万円単位に相当する「集客効果の違い」が出ていると思うからです。

勿論、これは決して適当に言っているわけではなく、例えば私は似たような趣旨のブログを無料ブログと賢威を導入したブログ双方で運営してその集客効果の違いを検証した事がありました。

結論的に言うと、その集客効果の差は単純な「アクセス数」だけでもわずか3カ月間という運営期間だけで1.5倍近いアクセス数の差が付いたほどです。

どの無料ブログのどのテンプレートを利用したかは、そのブログサービスの営業妨害にもなりかねませんのであえて名前は挙げませんが、それくらい「賢威」は検索エンジンに好まれやすいSEOに強いテンプレートになっています。

何より実際に無料ブログを運営しているような人は、それくらい「不利な状況」でブログの更新、運営をしていっている可能性があるという事です。


SEO対策ブログテンプレート「賢威」お勧め購入特典


このSEO対策ブログテンプレート「賢威」を購入されるのであれば、こちらのアフィリエイターさんの購入特典がお勧めです。

>SEO対策ブログテンプレート「賢威」+井上太一さん限定特典

こちらは井上太一さんというアフィリエイターさんのオリジナル特典ですが、この特典内容だけでもかなり手厚いものになっています。

・Contents.1:賢威テンプレートの構成を踏まえたSEO効果抜群の記事の書き方
・Contents.2:井上式SEO対策不要の“キーワード集客”マニュアル
・Contents.3:井上太一「賢威」設定+カスタマイズサポート


これらの特典のみでも異常なほどのクオリティで「私が作り込みたかったノウハウがほぼそのままマニュアル化されているもの」になっています。

私的にも「もうこれは井上さんの特典を推奨すればそれで十分。」と思える出来栄えの特典マニュアルになっていましたので、このSEO対策ブログテンプレート「賢威」については素直に井上さんの特典付きでの購入を推奨しています。

ちなみにこうして私のブログ経由で井上さんのブログに入り、そのままこのSEO対策ブログテンプレート「賢威」を購入頂ければ私の方にも紹介報酬が入るようになっていますので、その点はお気遣いなく(笑)

井上太一さんのレビューも併せて特典内容の詳細等はこちらからご覧になってみてください。

>SEO対策ブログテンプレート「賢威」+井上太一さん限定特典

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年1月12日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像