tsuの自動化ツール『tsuQUEST / スークエスト』(インフォミラクル)レビュー

早くも「稼げるSNS」と話題になり始めている「tsu(スー)」のツールがインフォトップで売れ筋になっているみたいです。

こちらのインフォミラクルさんの『tsuQUEST / スークエスト』というツールですね。

tsuの自動化ツール『tsuQUEST / スークエスト』


(特定商法表記)
・URL:http://infomiracle.net/tsuQuest/index.html
・インフォミラクル
・田郷勝彦
・海外法人

tsuの自動化ツール『tsuQUEST / スークエスト』(インフォミラクル)


そもそも「tsu(スー)」って何?という人もまだ多いと思いますが、「tsu(スー)」はここ最近、情報商材業界の人達を含めて話題になりつつある新しいSNSです。

というか、世間的にもそこそこ話題になっている?のかもしれません。

SNSとしては「フェイスブック」に近いSNSで「SNSの機能」としてはとくに物凄く目新しいサイトというわけではありません。

ただ「tsu(スー)」が話題になっているのは、「tsu(スー)」というサイト自体がサイトを運営していく事で得られていく広告収入をそのアクセス数などに応じて「利用者」に報酬還元していくという機能が備わっているところにあります。

自分のページにアクセスを集めたり、自分の紹介で「tsu(スー)」を始める人が増え、その人達のページにアクセスが集まってくると「tsu(スー)」の方から報酬が支払われるという仕組みになっているんですね。

そのような仕組みを踏まえて「稼げるSNSが登場」というような謳い文句で、今徐々に話題になりつつあるSNSが「tsu(スー)」です。

情報商材業界だと与沢翼さんや川島和正さんなんかも既に「tsu(スー)」を始めているみたいですね。

ただアフィリエイターの井上太一さんなんかは「tsu(スー)」について、かなり冷静で的確な意見を「自身の見解」として述べています。

>井上太一さんの「tsu(スー)」への見解

私の意見もわりと井上さん寄りで、今のところ「tsu(スー)」はアカウントも作っていませんし、そこまで焦って始める理由も無いと思ってます。

というか私はフェイスブックの方にも手を出していないので、基本的としてこの手の「閉鎖的なSNS」はアフィリエイトには活用していません。

理由はあんまり意味が無いと思うから。

それだけです。

実際のところ一時期は多くの情報起業家さんやアフィリエイターさんがフェイスブック、フェイスブックと言ってフェイスブックを利用し始めていましたが、今はほとんどの人がただの「日記」や「日常生活自慢」に使っているくらいかと思います。

ぶっちゃけ、それ以上の活用が出来ている人はもうほとんどいないと思います。

もともと「入口」には適していないサイトでしたし、今はどんどん規制が厳しくなってマーケティング等には少々利用しにくいサイトになっているのがフェイスブックの実状です。

なのであまり他の起業家さんやアフィリエイターさんとの交流、自分の日常自慢などをするような事はしていない私のようなアフィリエイターには、フェイスブックのような「閉鎖的なSNS」はさほど使うメリットが無いわけです。

なので、そういう観点では「tsu(スー)」も私は一緒だと思っています。

「tsu(スー)」から還元される広告収入については井上太一さんの意見と同様、「今やろうが後からやろうがさほど大差はない」と思っているので、これもとくに「今、tsu(スー)を始めよう!」と思う程の魅力的な仕組みには感じていません。

自分が紹介した人が物凄いアクセスを集めるユーザーになる可能性なんてほとんどありえませんから、結局は自分のページに大量のアクセスを集めない事には大した収入にはなりません。

今はまだ「tsu(スー)」の日本語でのヘルプページや報酬体系の解説ページが無いので、どれくらいのアクセスを集めれば報酬がどれくらいになるかなどもイマイチ明確になっていません。

ただひとまずの目安として、グーグルアドセンスの広告を貼ったブログよりも稼げるようで無ければ話にならないかな、、、と思います。

それさえ、今の段階では何とも言えないわけです。

そんな「tsu(スー)」に特化したツールがいち早くインフォトップで公開されているようで、販売元はこの手のSNSのツールをよくリリースしているインフォミラクルさん。
一昔前は「ミクシィクエスト」というミクシィ系のツールで一世を風靡している時期もあったインフォプレナーさんですが、セールスレターを見て分かる通り、今はちょっと時代遅れな感じが否めません。

ツイッターのツールなどもリリースしているみたいですが、セールスレターもツールの機能や管理画面も、どうも古臭い感じがします。

エンジニアさん、デザイナーさんが年配の方なんでしょうかね。

ただこの時期に「tsu(スー)」のツールをいち早く開発してリリースしているスピード感はなかなかだと思います。

ただ「tsu(スー)」自体、本当にこれからのサイトなので、今後、サイトの仕様や規制などがどうなっていくかは全く読めない状況です。

そもそも今「tsu(スー)」で友達を増やすようなツールを使ったところで、そこまで成果、効果を得られるのかも微妙なところ、、、。

この手のツールに頼ってマーケティングを仕掛けていくのはまだ時期早々な気がします。

もしも「tsu(スー)」がマーケティング活用に優位性のあるサイトになっていったなら、その時にその時の「tsu(スー)」の環境に見合ったハイスペックなツールがまたどんどん出てきます。

今の段階では「tsu(スー)」をあえてやるメリットも薄いと思いますし、今のサイト状況でこういうツールを使ってもまださほど恩恵は受けられないんじゃないかと思います。

まあ、あくまでも私の「見解」の範囲ですが、私は今のところ「tsu(スー)」というサイト自体、そういう見方をしています。

今はまだ「静観」でいいんじゃないかと。

とくに焦って始めるメリットはありませんから。

何にせよ「まだまだこれからのサイト」なので、こういうSNSをビジネスに活用していくのは「もっと流行ってから」でも全く問題ありません。

実際、ツイッターもフェイスブックもタイミングを見て始めている人が実は一番おいしい思いをしてますからね。

今からコツコツやっておく事にさほどメリットは無いって事です。

その労力が後々「無駄だった」となる可能性もありますからね。

ブログ、フェイスブック、ツイッターなどを既にやっているような人は、目新しいものに目移りさせるより、今やっているメディアを育てる事に力を入れるべきだと思います。

「tsu(スー)」のような先々どうなるかもわからないところでメディアを育てるより、既に確立されているところでメディアを育てる方が遥かに「確実」ですよ。

それだけは間違いありません。

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像