せどり黙示録KAIJI(工藤徹也、前岡祐旭)レビュー

インフォトップの方で人気漫画「カイジ」のパロディを思わせる「せどり黙示録KAIJI」という情報商材がランキングの上位に出ていました。

カイジはギャンブル漫画ですが、この「せどり黙示録KAIJI」は、ジャンク品を主に扱う転売ノウハウを提唱する教材のようです。

ただ、この「せどり黙示録KAIJI」の販売元は、この手の転売教材の販売を頻繁に行っている某業者さんなので、その点も含め、今日はこの教材を取り上げておきます。

せどり黙示録KAIJI(工藤徹也、前岡祐旭)

・URL:http://tetsushop.com/kaiji/

(特定商法表記)
・株式会社キュリアスコープ
・岩崎 秀秋、工藤徹也、前岡祐旭
・北海道札幌市中央区南四条西5丁目8-8 AI-BILDⅡ6F

せどり黙示録KAIJI(工藤徹也、前岡祐旭)レビュー


ある意味、販売ページにはそれなりのインパクトがあるので、この教材の「販売業者」を見落としそうになりますが、特定商法表記のページには、しっかりとこの名前が記載されていました。

このブログでも相当数の情報商材を取り上げている「株式会社キュリアスコープ」という、この業界ではわりと有名な情報商材の販売業者です。

この株式会社キュリアスコープは、この手のせどり、転売系の情報商材を頻繁に販売している業者で、正直、その評判は決して良いものではありません。

情報商材の内容に対しての評判も決して良くはないのですが、それ以上に問題視するべきなのが、その「販売の手口」に対しての悪評です。

というか、その「問題視するべき販売の手口」に関しては、このブログでも、以下のような記事で、その悪行の数々を「証拠画像」と併せて取り上げてきています。

>アパレルせどり転売4か月講座の詐欺疑惑

>ヤマダ電機せどりファイナルメソット転売実績の捏造疑惑

一応、記事の方では「疑惑」という言い方をしていますが、それぞれの記事を見て頂ければ、その行為が疑惑の域を超えたものである事は容易にお分かり頂けるはずです。

要するに、この「株式会社キュリアスコープ」は、あからさまに近いレベルの詐欺行為、捏造行為などを行って、この手の転売系の情報商材の販売している業者であるという事です。

また、このような、あからさまな問題行為が見て取れる情報商材以外も、この業者が販売してきている情報商材は、いずれも粗悪なものばかりでした。

てんばい!ザ・ワールド(玉谷王介)のレビュー

せどりバーストストリーム(株式会社キュリアスコープ)のレビュー

NEWホームセンターせどり(大藤伸栄)のレビュー

アルティメットせどり(株式会社キュリアスコープ)のレビュー

BOOKOFFハンターNEO(株式会社キュリアスコープ)のレビュー

RTL第4期せどりアフィリ塾(株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋)レビュー

これは、この業者が販売してきた情報商材の一部でしかありませんが、少なくとも、私が内容を確認した情報商材はいずれも、到底、その価格には見合わないものばかりでした。

こうして幾つかの情報商材の内容が実際に粗悪であった事と、かなり「あからさま」な詐称を伴う販売行為が見受けられた事から、私はこの業者が販売する情報商材は、まず信用しない事にしています。

これまでの経緯から「信用できる余地が無い」というのが私の判断です。

それでなくとも、この株式会社キュリアスコープという業者は、毎月のように手を変え、品を変え、新たな転売関連の情報商材やツールを新たに販売している経緯がありますからね。

まさに「情報商材として売るため」にそれらしいノウハウをでっち上げて売っているとしか思えないわけです。

それが本当に有効なノウハウで再現性があるものなら、それは「売る為に作られた情報商材」であっても、とくに文句はありません。

ですが、この業者が販売する情報商材は、いつも具体性に欠ける、抽象的で、稼げる云々以前の内容なんです。

それこそ、私が見てきたこの業者の情報商材は、ただ売り場の写真を撮影して掲載しているだけのページが多数あったりと、かなり手抜き感のある手薄なマニュアルがほとんとでした。

ですので、私としては、今回、カイジのパロディを装った販売ページで注目を集めている、この「せどり黙示録KAIJI」も、その域を超えないものだと思っています。

これまでの前歴的にも、そうとしか考えられないからです。


せどり黙示録KAIJIにおける「ジャンク品せどり」の考察


ちなみに、この「せどり黙示録KAIJI」で提唱されているジャンク品の転売ノウハウというのは、一見はおいしいノウハウに見えるところもあるかもしれませんが、その現実はそう甘くはありません。

文字通り「ジャンク品」というのは、何らかの難のある商品が安く販売されているものですので、そこには必ず何かしらの「欠陥」があります。

そして、その「欠陥」によって、その商品(ジャンク品)の「商品価値」は、全く持って異なるものになってしまうんです。

つまり、ジャンク品というものは、その「欠陥」の見極め、目利き、判断ができない事には、その転売で稼ぐ事は難しいということです。

その見極め、目利き、判断が出来なければ、根本的に売れない商品を仕入れてしまう可能性があり、最悪の場合は、お客さんとのトラブルも招きかねません。

そういった見極め、目利き、判断を的確に出来ない状況でジャンク品を転売していく行為は、それこそ「ギャンブル」にも近い行為だと思います。

それこそ、まさに「カイジ」の領域ですね(苦笑)

暗にそこを匂わせるために、カイジをパロディしたような販売ページにしたんでしょうか、、、。

その真意は全く分かりませんが、どちらにしてもジャンク品の転売だけで安定して稼ぎ続けるというのは、どちらにしても「難しい」と思います。

ジャンク品=欠陥商品

という事ですので、そういった商品を扱う事には相応のリスクがあるのが現実だからです。

そこに輪をかけてこの教材の販売元が「株隙会社キュリアスコープ」ですからね。

ジャンク品を扱う転売ノウハウというだけでリスキーなのに、その教材の販売業者が全く信用ならないとなれば、もはやこの教材を推奨できる余地は何もありません。

ジャンク品の転売で稼ぐ事自体は、やりようによっては可能だと思いますが、その有益なノウハウのようなものは、おそらくこの「せどり黙示録KAIJI」では得られないと思います。

この業者が販売している教材の内容が有益だった試しは、私の知る限りでは一度も無いからです。

そこに関しては、先ほど提示した、この業者が過去に販売してきた情報商材の批評記事も参考にしてみてください。

以上、インフォトップでランキング上位に出ていた「せどり黙示録KAIJI」についてでした。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年11月27日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

インフォトップ、アドモールは詐欺?情報商材ASPの評判について。

時折、検索エンジンを介して「インフォトップ 詐欺」「アドモール 詐欺」といったキーワードで検索をして私のブログにアクセスしてくる方がいます。

私自身、こういうキーワードを狙って記事を書いたつもりは一切ないのですが、何故か、この手のキーワードで記事がヒットしているみたいで、こういったキーワードによるアクセスが少なからずあるんです。

また、実際にそういったキーワード検索の需要を狙っているのかは分かりませんが、特定のASPを指して詐欺だなんだという記事を書いているブログもあったりします。

何にせよ「インフォトップ 詐欺」「アドモール 詐欺」などのキーワードで検索をしている人は、おそらくですが、

「インフォトップ(またはアドモール)で情報商材を買おうと思っているけど、このサイトってどうなんだろう。」

と、いう感じで、そのASP(インフォトップ、アドモール)の事を調べているのではないでしょうか。

ただ、そもそもな話、ASPに詐欺も糞も無い・・・というのが実状なので、今日は情報商材とASPの関係について記事を書いておこうと思います。

インフォトップ、アドモールなどの情報商材ASPについて。


これは、人によっては「普通に分かり切っている事」でしかあい話なのですが、そもそもASPは「情報商材を売っているサイト」というわけではありません。

ですので、仮に「詐欺」に近いような情報商材がそのASPで売られていたとしても、基本的にASPと情報商材は「無関係」なわけです。

とは言え、実際に多くの情報商材がインフォトップやアドモールなどのASPを介して販売されている事は否定しません。

ただ、これは情報商材の販売における「決済」や「アフィリエイト」のシステムを利用するためにASPが「利用されている」というのが正しいんです。

ですので、情報商材を実際に「販売」しているのは、ASPではなく、そのASPを利用している「利用者」なわけです。

それが俗に言われる「インフォプレナー」という人達なんですね。

そして、そのインフォプレナーという人達がASPに登録している情報商材をASPを介してアフィリエイトしているのが、私達のようなアフィリエイターにあたります。

一応、これが情報商材、ASP、インフォプレナー、アフィリエイターの関係であり、関係性としては、これ以上でもこれ以下でもありません。

その上で、今、最大手のASPが「インフォトップ」というASPで、次いで「インフォカート」という老舗のASPが大きく、私はそこに「アドモール」というASPも併せて利用しています。

一昔前はこれ以外も情報商材のASPが乱立していた時期もあったのですが、大半のASPは、既にサイト自体が閉鎖されて運営されていません。

インフォトップ、インフォカートを筆頭に、3つか4つほどのASPが残り、その中ではアドモールが頭1つ分、抜けているかな・・・というのが情報商材ASPの勢力図なわけです。

ただ、既にお伝えしたように、ASPは基本的に利用者が登録してきた商品に決済やアフィリエイトの仕組みを提供しているだけなので、ASP自体が商品を販売しているわけではありません。

一応、アドモールは「特定商法表記の代理表示サービス」というのをやっていますので、表面上はアドモールが販売している情報商材があるように見えますが、これも基本的には利用者が登録した情報商材を販売しているだけなんです。

ですので、基本的に

「○○というASPが売っている情報商材は詐欺」
「○○というASPが売っている情報商材は優良」


という事はとくに無く、それが優良な情報商材であれ、詐欺的な情報商材であれ、その販売者がどこのASPを利用して情報商材を販売しているかの違いでしかないんです。

ASPの評判は、販売者がどこのASPを使うか次第。


仮に「A」という優良な情報商材があったとして、その情報商材をどこのASPを利用して売るかは、基本的には販売者の自由ですから、それをインフォトップで売る人もいれば、アドモールや他のASPで売る人もいます。

同じように「B」という詐欺的な情報商材があったとして、それがインフォトップで販売される可能性もあれば、アドモールや他のASPで販売される可能性もあるわけです。

もちろん、ASP側は自社の決済システムを利用させる以上、それなりの「審査」も行ってはいますが、当然、ASP側もそこまで「深い」審査はしてません。

セールスレターの内容(表現)、マニュアルの内容(質)を最低限はチェックするでしょうが、それを実践して再現性があるかどうかまでは、当然、精査されていないという事です。

また、インフォトップの審査は身内のインフォプレナーや大きな売上を上げるインフォプレナーに甘いという噂もあり、確かに「これは酷い」という情報商材が普通に審査をパスしているケースがよくあるのも事実です。

ASPも結局のところ「商売」ですから、明らかなに詐欺的な情報商材は別として、多少、それがキワどいものであっても、売上(利益)に繋がりそうなら、審査を通す傾向にある点は否めません。

それはおそらく、インフォカート、アドモール、その他のASPでも普通にある事なんじゃないかと思います(インフォトップは最大手なだけに、そういう情報が、とくに多く目につきますが・・・)

要するに、情報商材ASPは情報商材の「審査」をしているとは言え、それはあくまでも表面的なレベルのものであり、商売上、際どい情報商材でも審査を通す事も普通にありえるという事です。

ですので、消費者側としては「どこのASPだから安心」「どこのASPだから詐欺」という見方をするのは、逆に危険なんです。

それこそ、情報商材の良し悪しはネット上の「客観的な評判」や「評価」で判断するべきなんですね。

もちろん、そういう評価や評判の全てが信用できるとは言いませんが、多くのサイトを見て回って情報を収集していけば、ある程度の総合的な評価は見えてくるはずです。

少なくとも、特定の情報商材の購入を検討する上で、その情報商材が決済に利用しているASPの事を検索するよりは、その情報商材の評判を検索していく方が、遥かに合理的なのは間違いありません。

それこそ、特定のASPが優良だ、詐欺だ、と言っているような人は、ここでお伝えしたような、情報商材、インフォプレナー、ASPの関係を分かっていないレベルの人か、特定のASPの回し者(笑)です。

インフォトップの関係者やインフォトップを贔屓にしているアフィリエイターは、インフォトップ以外のASPを批判して、インフォトップだけが安心なASPだと思わせる風潮を作る事が利益に繋がります。

逆にアドモールなどの関係者やアドモールを贔屓にしているアフィリエイターは、インフォトップのような最大手のASPを批判して、アドモールの利用者を増やそうとするかもしれません。

でも、実状としては、情報商材の良し悪しとASPはほぼ無関係であり、優良な情報商材も詐欺的な情報商材も、その販売にどのASPの決済やアフィリエイトの仕組みを利用するかの違いでしかないわけです。

ですので、特定の情報商材の良し悪しの判断において「決済に利用されているだけのASPの評判を調べる」というのは、あまり「合理的」とはいえない行動だと思います。

あくまでも情報商材の良し悪しは、その情報商材の名前や販売者名で検索をして、直にその評判や評価を調べていくようにした方が良いという事ですね。

まあ、インフォプレナー、アフィリエイターの立場で言えば、ASPに対して売上の多くを一度、預ける事になるので、そういう点でASPの「信頼性」は重要なポイントになると思います。

ですが、消費者の立場では、あまりASPの信頼性は関係ありませんので、情報商材の購入においては、ASPで良し悪しを判断するのではなく、情報商材そのものの評価、評判で判断するようにしてください。

それが最も「確実」で「合理的」だと思いますので。

ASPの評判で右往左往していたような人は、是非、参考にして頂ければ幸いです。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年11月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材ASP

このページの先頭へ

イメージ画像