クリスマス・スナイパーHyperのレビュー(久保田哲)

インフォトップの方で「クリスマス・スナイパーHyper」というせどり、転売系の教材が売れているようなので、早速、取り上げてみたいと思います。

クリスマス・スナイパーHyper

・URL:http://www.sedori-paradise.com/csh/

(特定商法表記)
・株式会社PARADIGM SHIFT
・久保田 哲
・神奈川県藤沢市湘南台7-50-24

クリスマス・スナイパーHyper(久保田哲)レビュー


クリスマス・スナイパーという教材名の通り、内容としては「クリスマス時期」に特化したせどりのノウハウを提唱している教材です。

まさに今時期がその「仕入れの時」であり、また、これからの時期が「稼ぎ時」にあたるため、ここぞという今の時期にリリースされたみたいですね。

そんな「リアルタイム性」もあってか、インフォトップのランキングを見る限りでも、それなりの売れ行きとなっているみたいです。

このような「特定の時期」に特化しているようなせどりのノウハウは、あまり類似したものもないため、ある意味、そこが「信憑性」に結び付いているのかもしれません。

実際、このようなクリスマス前の時期に「需要」が急増して、価格が高騰するような商品がある事は想像に難しくないと思いますし、そういう商品を時期を見計らって仕入れれば、確かに稼げそうな気がします。

この「クリスマス・スナイパー」という教材は、そんな「稼げそうなイメージ」が比較的、見えやすいので、そういうところも売れている要因になっているんだと思いますね。

ですが重要なのは、そのようなクリスマス時期を狙ったせどりノウハウという「コンセプト」や「稼げそうなイメージ」に見合うだけのものが実際に提供されているかどうかです。

その上で、この「クリスマス・スナイパーHyper」という教材は、実は去年も「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」という名称で販売されていたもので、一応はそのバージョンアップ版のようです。

ですが、今回の「クリスマス・スナイパーHyper」にしても前作の「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」にしても、この教材には共通して大きなウィークポイントがあります。

一言で言うなら、肝心なポイントにおいて「具体性」や「実用性」に乏しいというところでしょうか。

というのも、この「クリスマス・スナイパーHyper」の教材内容はその大半が、

「去年のクリスマスでは、こんな商品がよく売れました。」

「この商品は、以前のクリスマス時期には、ここまで相場が高騰しました。」


というような「過去の相場事例」をモノレートのキャプチャ画像と共に多数に渡り、並べているだけで、言ってみれば、

「それを参考に今年のクリスマスに売れそうなものを狙ってください。」

というスタンスの教材内容になっているんです。

要するに、せどり、転売系の教材で最も重要なポイントと言える「稼げる商品の探し方」や「仕入れ方」の部分で、ノウハウらしいノウハウが何も教示されていないわけですね。

あくまでも「過去のクリスマスでよく売れた商品」「需要と価格が高騰した商品」の相場情報が幾つも羅列されているだけで、

「そういう商品を実際にどうやって見つけ出していくのか」

といった事は、ほとんど何も書かれていないんです。

要するにこれは、結果論として、

「以前のクリスマスではこの商品の相場が高騰してました」

という情報を羅列しているだけなので、実際に今年のクリスマスに目がけて実際に商品を仕入れていく上では、ほぼ何の役にも立たない内容でしかありません。

仮にこれが「株」などの情報なのであれば、

「以前にこのような時期には、このような銘柄の相場が高騰しました」

という情報が、今後の株の売買において、役立つ余地もありますし、また同じような時期に同じような銘柄の相場が高騰する可能性もあると思います。

ですが、このマニュアルに羅列されているものは、あくまでも「以前のクリスマス時期に価格が高騰した商品の情報」でしかありません。

基本、クリスマス時期に価格が高騰するような商品は、そのクリスマス時期に売り出された新商品や限定商品などがほとんどなので、そのような商品の価格が翌年以降のクリスマスで高騰する事はほぼ無いわけです。

実際、この「クリスマス・スナイパーHyper」の教材内で取り上げられている商品は、そういった以前のクリスマス時期に売り出された新商品、限定商品ばかりですからね。

要するに、このマニュアル内で羅列されている、

「去年のクリスマスでは、こんな商品がよく売れました。」

「この商品は、以前のクリスマス時期には、ここまで相場が高騰しました。」


というような情報は、今年以降のクリスマスにおいては、まず何のアテにもならない情報でしかないわけです。

せめて、そのような過去のクリスマス時期に売れた商品と併せて、そのような商品をリアルタイムに絞り込んでいく方法や、そういう商品を1から探し出せる方法が教示されているなら、よかったんですけどね。

そういったポイントや方法論がほぼ何も示されていない時点で、せどり、転売系の教材として、この「クリスマス・スナイパーHyper」は、私的には、あまり意味のない教材としか思えませんでした。

そういった部分で実質的に書かれている事は、それこそ、

「クリスマス時期に販売される新商品や限定商品を狙いましょう」

という事くらいで、それだけの目星の付け方以上の方法論が何も示されていないような教材に1万円以上のお金を出すのは、私は正直、バカらしいと思ってしまいます。

要するに、私の感覚で言えば、普通に「無料レポート」や「無料オファー」という形で無料で公開されていていいようなレベルの情報内容だったという感じです。

結局のところ、この「クリスマス・スナイパーHyper」で提唱されている事は、

「クリスマス前にクリスマス直前にフィーバーしそうな商品を買いこんでおきましょう」

という事に終始しているだけで、その具体的な『方法』に関しては、その肝心な部分が「過去の情報」をただ羅列しているだけで、いまいち「具体性に欠ける」という事です。

どんなに「事例」が具体的でも「過去のクリスマスでよく売れた商品」の情報が具体的に羅列されていても、その情報は今年以降のクリスマスにはとくに役に立つものではありません。

何より「過去のクリスマス時期に値段が高騰して良く売れた商品」は、とくにこの「クリスマス・スナイパーHyper」を買わなくても、モノレートやオークファンなので簡単に調べられますからね。

結局のところ、自分で調べようと思えば調べられる情報がただ並べられているだけという部分がマニュアルの大半を占めてしまっているわけです。

結論としては、

「クリスマス前にクリスマス直前にフィーバーしそうな商品を買いこんでおきましょう」

というノウハウで、その肝心な「商品の仕入れ」は、そのような「アテにならない過去の情報」を参考に自分なりに行っていくしかありませんから、付き詰めて言えば、

「今年、高く売れそうな商品を今から自分なりに予想して仕入れる」

という事をやっていくしかありません。

大きく稼ぐには、それなりの仕入れ(=リスク)を抱える必要がありますし、それが実際にクリスマス時期に高く売れるとも限りません。

最悪の場合、原価割れしてしまう事も不良在庫が残ってしまう事も考えられます。

そういったリスクを回避する為のノウハウやポイントなどが、ほぼ示されていないような教材内容なので、私的には、強いて1万円以上ものお金を出して購入する価値はない教材だと思いました。

正直、このレベルのマニュアルなら、自分なりにクリスマス時期に向けて「価格が高騰しそうなおもちゃ」に目星を付けて仕入れていっても、変わらないと思うからです。

まあ、あくまでも個人的な意見ですが、参考にして頂ければと思います。

以上、今日は「クリスマス・スナイパーHyper」についての批評でした。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年11月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

小玉歩情報発信完全伝承プロジェクトについて。

この業界ではわりと有名な「小玉歩」というアフィリエイターさんが、

「死ぬまで年収1億円を稼ぎ続ける本質的なスキルを伝承する」

という謳い文句で販売している「小玉歩情報発信完全伝承プロジェクト」という教材があるのですが、その販売ページを見て色々と思うところがあったので、今日はこちらを取り上げていきたいと思います。

小玉歩情報発信完全伝承プロジェクト

・URL:http://saizero-writing.com/admall

(特定商法表記)
・Frontline Marketing Japan 株式会社
・小玉歩
・東京都渋谷区恵比寿3丁目48-1バルビゾン31 1F、2F

小玉歩情報発信完全伝承プロジェクト(小玉歩)レビュー

セールスレターの冒頭では

「累計14億3000万円以上を生み出し、今でも現在進行形で毎月3000万円以上を稼ぎ続ける情報発信の神髄をあなたにお伝えする」

と、かなり具体的に、この「小玉歩さん」の実績と思われる数字が掲げられていて、セールスレターの中では、

「集客とセールスに注力し続け、年間3億円以上の利益が確定」

と、この「小玉歩さん」が、現在月に3000万円、年間3億円ほどを「稼いでいる」という事が大々的に謳われています。

一応、その実績を裏付けるものとしては「インフォトップのアフィリエイターとしての報酬実績」が公開されていて、そちらを見る限りで年間2億円くらいの報酬をアフィリエイターとして得ている事は間違いないようです。

セールスレターの方にも、

「明確に証明できる形であれば年間2億円程度が限界ですが、実際、前期は3億円を超える利益を生み出すことに成功しています。」

と「明確に証明できるのは2億円程度が限界」という事が書かれていますが、それでも前期で「3億円の利益を得ている」という事は変わらず明記されています。

ただ、そもそもの話として「明確に証明できる収入が2億まで」というのも少々、不可解な話で、自分の所得(収入)を証明したければ「確定申告書」や「納税証明書」などを示せば済む話です。

そこを、何故かこの「小玉歩さん」は、アフィリエイターとしての報酬が確認できるキャプチャ画像を公開するのみで、そういった「所得申告の記録」や「納税の記録」にあたるものを公開していません。

過去にも、そういったものを公開して自身の所得を証明した事は、おそらく一度も無いと思います。

いつも、インフォトップのアフィリエイター報酬が確認できるキャプチャ画像のみを公開して「私は○円稼ぎました!」と豪語しているわけです。

では、何故、アフィリエイターとしての報酬を確認できるキャプチャ画像は公開できて、「確定申告書」や「納税証明書」などの「所得申告の記録」や「納税の記録」を公開できないのか。

そこに考えられる可能性としては、以下2つです。

・所得の申告や納税をまともに行っていない
・実際はそこまでの「利益」や「稼ぎ」はない


前者は言わば「脱税をしている」という事であり、まともに所得を申告していないので、「確定申告書」「納税証明書」などでは、年収1億、2億という数字を証明できないという可能性。

対して後者はアフィリエイターとしての報酬は1億、2億という数字になっているものの、その報酬を得る為に費やしている「経費」が大きく、その経費を差し引くと、実際の「利益」は1億、2億には届かないという可能性です。

現実的な可能性としては後者の方が高いと思いますので、おそらくこの「小玉歩さん」は、アフィリエイターとしての報酬は年間1億、2億を超えているものの、実際の所得(利益)はもっと低いんじゃないかと思います。

原則として、税務署に「所得」を申告する際は、その「報酬(売上)」を得るのに費やして「経費」を差し引いて申告しますので、この「小玉歩さん」はこの経費を相当使っているんじゃないかという見立てです。

それこそ、私が認識している限りでも、この「小玉歩さん」は、

・フェイスブック広告
・YouTube広告
・各種ブログのバナー広告
・各種海外動画サイトの動画広告


などに継続的に広告を出し続けています。

つまり「広告宣伝」に相当なお金を使っているわけです。

もちろん、継続的に広告を出しているという事は、それによって「利益」が上がっているという事は間違いないと思いますが、それでも売上に対して相当な割合の広告費用は使っているはずです。

要するに「実績」として公開しているアフィリエイターとしての報酬は、あくまでもそれだけの広告費用を投じた上で得られているものなので、

アフィリエイターとしての報酬 = 小玉歩さんの利益(稼ぎ)

というわけではありません。

まして、小玉歩さんは社員を雇い、オフィスを構えてネットビジネスをやっているような人なので、その人件費や賃料なども結構な金額の経費になっているはずです。

本来、そういった経費全てをもろもろ差し引いて残った金額を「利益」というわけですが、小玉歩さんはその辺りを確実に誤魔化してます。

「今でも現在進行形で毎月3000万円以上を稼ぎ続ける」
「集客とセールスに注力し続け、年間3億円以上の利益が確定」


などのセールスレターに掲げられている「稼ぎ」やら「利益」やらの表記は、明らかにアフィリエイターやインフォプレナーとして上げている「売上(報酬額)」に過ぎません。

実際は、そこから相当な広告費や諸経費を捻出しているはずであり、実質的な「稼ぎ」や「利益」は、その何割かであるという事です。

ただ「毎月3000万円以上を稼いでいる」だの「年間3億の利益」だのと言ってしまっている手前、実際に「所得」として申告している金額や「納税」の証明などは公に出来ないわけですね。

それを公開してしまうと、実際はそこまでの「利益」も「稼ぎ」も無いという事がバレてしまうからです。

その売上(報酬)に対しての何割くらいの経費であり、何割くらいが「利益」として手元に残っているのかは全くわかりませんが、意外に結構な割合で経費を捻出している可能性は大いに考えられると思います。

現に小玉歩さんはそれくらい大々的な広告プロモーションを継続的に行い続けてますからね。

それこそ、私が海外の動画サイトを見ていてたまたま目にした小玉歩さん自作のプロモーション動画については、その「イタイタしさ」をこの記事で普通に突っ込ませてもらったくらいですから。

>小玉歩氏のプロモーション動画を見て思った事。

それこそ、この小玉歩という人の人間性や、その「黒い部分」なども、この記事でかなり突っ込んで書いてます。

もし、この「小玉歩情報発信完全伝承プロジェクト」に参加を検討しているようであれば、是非、一度読んでおいてください。

少なくとも、私はこの小玉歩さんのプロモーション動画を見て、普通に「イタ過ぎる」と思ったので、例えお金を貰ってもらえる形でも、この人にビジネスを教わろうとは到底、思えません、、、。

もし、この動画プロモーションでやっているような事を「同じようにやれ」という話なら、死んだ方がマシというくらい「嫌」なので。

ただ、少なくとも小玉歩さんは相当な「広告費」などをつぎ込んでネットビジネスやアフィリエイトで結果を出している人です。

彼の手法で実際に何億という「売上」を上げるには、そういうやり方をしなければ駄目だという事ですから、相応のリスクがある稼ぎ方を継承されるものだと思った方がいいと思います。

当の小玉歩さん自身がこれだけ大々的な広告を打って、どれくらいの「利益」を手元に残せているのか、全く分かりませんので、そういうところ大きな懸念材料の1つですね。

まあ、あのような広告動画を自ら作り、大々的なプロモーションを仕掛けてそれを世の中に拡散しなければならないという時点で、私的には絶対的に「無し」な稼ぎ方です。

そういうビジネスを強いて「展開したい」という人だけ、購入すればいいと思う教材なので、一度、こちらの記事も併せて読んでみて、自問自答してみてください。

>小玉歩氏のプロモーション動画を見て思った事。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年11月12日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像