アダルトアフィリエイトでサンプル動画は掲載するべきか。

これはアダルトアフィリエイトに限る話ではないのですが、動画などのデジタルコンテンツ系のアフィリエイトには、大抵そういった商品(サービス)にはサンプル動画のようなものが用意されています。

今日はそんな動画コンテンツ系のアフィリエイトにおいて、そういった「サンプル動画」が売上の促進に繋がるのか。

そういったサンプル動画をアフィリエイトを行うサイトやブログにペタペタと貼っていく行為が本当に有効なのか。

また、どういう使い方をすれば、そういった「サンプル動画」を有効に活用できるのか。

そんな「動画系コンテンツのアフィリエイト」におけるサンプル動画についてのアフィリエイト講座をお届けしたいと思います。

アダルトアフィリエイトでサンプル動画は掲載するべきか。


動画コンテンツ系のアフィリエイトと言えば、やはり「アダルトアフィリエイト」をその筆頭に、

・アダルト動画サイト(のアフィリエイト)
・デジタルコミックサイト(のアフィリエイト)
・有料動画観覧サイト(のアフィリエイト)


などなど、今はアダルトアフィリエイト以外でも、こういった動画コンテンツのダウンロード購入や、その動画サイトの利用登録を促す形のアフィリエイトを始める人が増えてきている模様です。

冒頭でもお伝えしたように、そんな動画コンテンツ系のアフィリエイトでは、その動画1つ1つに「サンプル動画」が用意されていて、それを素材に活用できるようになっています。

あくまでも1~2分くらいの「サンプル動画」なのですが、ブログやサイトなどにYouTube動画を貼る要領で、そのサンプル動画を自身のサイトやブログに貼り付けていく事が出来るわけです。

そのブログやサイト上で、訪問者が実際にそのサンプル動画を再生していく事が出来るようになるわけですね。

そのサンプル動画を見て、

「その動画を高画質、フルで見たい・・・」

と思った人は、そのサイトを介してその動画をダウンロードしたり、動画サイトの利用登録を行ってくれる・・・かもしれません。

実際に、そういったサンプル動画と一緒にアフィリエイトリンクを貼っておけば、そこから成約を取れれば報酬を得る事が出来ます。

まあ、これは何のアフィリエイトでも理屈は同じですが、動画系のコンテンツのアフィリエイトでは、そのアフィリエイトリンクと一緒の「サンプル動画」を貼る事が出来るわけです。

ですが、こういった「サンプル動画」をペタペタとブログに貼り付けているブログやサイトが本当に稼げているかと言えば、実際はかなり微妙なところだと思います。

要するに、サンプル動画とアフィリエイトリンクをただ並べていくだけでは、アダルトアフィリエイトはもとより、アダルトではない動画コンテンツ系のアフィリエイトでも、まず稼ぐ事は出来ません。

そもそもの前提として、そういったサンプル動画のタグとアフィリエイトリンクばかりのブログやサイトでは、アクセスそのものがまず集まらないからです。

また、仮にアクセスを集められても、ただサンプル動画のタグとアフィリエイトリンクばかりが並んでいるサイトでは、そのサンプル動画そのものも、ろくに再生さえされないと思います。

アクセスも来なければ、動画も再生されない。

そんなサイトやブログで成果が上がるはずがないわけです。


動画タグとリンクだらけのブログでは稼げない。


ただ、これはサンプル動画のタグをブログに貼っている事自体が悪いという話ではなく、またそういうタグをたくさん貼ってはならないという話でもありません。

サンプル動画を貼る事自体は何の問題もないんです。

ですが、それがアダルトアフィリエイトであれ、それ以外の動画コンテンツ系のアフィリエイトであれ、ブログやサイトを使ってこれらで稼いでいくには、まずアクセスを集めない事には話になりません。

その「アクセス」を集める上では、どんなにサンプル動画のタグやアフィリエイトリンクをペタペタと張り巡らせても、そんなサイトやブログでは、到底、検索エンジンに評価される事はないわけです。

仮に検索エンジン以外の確固たる集客ルートがあるというなら話は別ですが、そうではないという場合はやはり検索エンジンからアクセスを集めていくしかありません。

ただ、その場合、サンプル動画のタグやアフィリエイトリンクなどは、基本的に検索エンジンの評価の対象にはならないのが現実です。

基本的に検索エンジンは「テキスト(文章)」をベースとした情報を読み込んで、そのサイトを評価していくものだからです。

よって、検索エンジンの検索結果に自身のサイトやブログを上位表示させていくには、ある程度の「テキスト(文章)」をベースにした記事(コンテンツ)が必要にあります。

サンプル動画のタグなどは、あくまでもそういった「テキスト」と併せて貼っていく必要があるわけです。

相応の情報量(文章量)を重ねて記事(コンテンツ)を作り込んでいかない事には、検索エンジンにサイトやブログが評価される事もなく、検索結果の上位にも表示されない為、アクセスそのものが入って来ないからですね。

ですので、サンプル動画などのタグをブログやサイトに貼り付けていく場合、それ以上にそのブログやサイトの記事にはテキスト(文章)を書いて、それらと共に動画のサンプルをアップしていく必要があります。

そして、その際のテキスト(文章)では、出来る限り、その動画を再生したくなるような内容の文章を書くようにしてください。

そうする事で、より動画の再生率を高める事が出来るからです。

サイトに訪れた訪問者としても、ただタイトルと動画の再生ボタンだけが並んでいても、まずそれを「再生したい」という気持ちにはなりません。

そのサンプル動画を実際に再生させていく為にも、サイトに貼りつけたサンプル動画に対しては「動画を再生したくなるような誘導文」をそこに併せて掲載していかなければならないという事です。

つまり、動画コンテンツ系のアフィリエイトを行っていく際、サンプル動画をサイトやブログに貼り付けていく際は、

・検索エンジンからの集客を意識して相応のテキスト(文章)を併せて掲載する
・そのサンプル動画を再生したくなる誘導文を併せて掲載していく


この2つのポイントをしっかりと押さえていくようにしてください。

サンプル動画のタグとアフィリエイトリンクばかりを貼り付けただけの、テキスト情報に乏しい記事を幾ら投稿していっても、そういうサイトやブログでは、まず「稼げない」という事です。

以上、動画コンテンツ系のアフィリエイトにおけるサンプル動画についてのアフィリエイト講座でした。

銀次

関連コンテンツ一覧


>アダルトアフィリエイト入門【オススメ】

>銀次プレゼンツ・ツインアダルトアフィリエイト企画


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年9月29日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:アダルトアフィリエイト

RTL第4期せどりアフィリ塾(株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋)レビュー

「せどり」に関連する情報発信から「アフィリエイトで稼ぐ」というビジネスモデルを提唱する「RTL第4期せどりアフィリ塾」という高額塾が話題のようです。

「塾」を銘打つアフィリエイト関係の高額塾というもの自体、業界的にもかなり久々に出てきた印象ですが、この手の「高額塾」とされるものが、大成功、大盛況に終わったという話は、実はほとんどありません。

その大半は、ほぼ被害者の量産か、返金騒動という末路を辿っているのが現実です。

そんな中、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」はどうなのかという話ですが、既に色々と「気になる点」が出てきていますので、その辺りも含めて、今日はこの「RTL第4期せどりアフィリ塾」を取り上げておきます。

RTL第4期せどりアフィリ塾

・URL:http://roadtoliberty.jp/toku/

(特定商法表記)
・株式会社キュリアスコープ
・岩崎秀秋
・北海道札幌市中央区南6条東3丁目1-2 レノンテラーザ6-3 3F

RTL第4期せどりアフィリ塾(岩崎秀秋)レビュー


まず、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」に対して、私が気になっている点は以下の3点です。

・販売業者が株式会社キャリアスコープである事
・4期と言いつつ、1~3期の情報がほぼ皆無である事
・販売ページに掲載されている塾生?の実績が全般的に微妙な事


1つ1つ補足していきますが、まずこの「RTL第4期せどりアフィリ塾」の販売業者である「株式会社キュリアスコープ」は、これまでにも相当な数の「せどり関連の情報商材」を販売してきている業者です。

ですが、その販売教材のいずれも、非常に評判が悪く、私もそのうちの幾つかをレビューしていますし、実際にその教材内容も確認していますが、やはりその質は決して「高い」とは言えません。

以下、この株式会社キュリアスコープが販売してきた情報商材で、私がその情報商材を過去に取り上げている記事の一覧です。


アパレルせどり転売4か月講座(株式会社キュリアスコープ)の詐欺疑惑

せどりバーストストリーム(株式会社キュリアスコープ)のレビュー

NEWホームセンターせどり(大藤伸栄)のレビュー

アルティメットせどり(株式会社キュリアスコープ)のレビュー

BOOKOFFハンターNEO(株式会社キュリアスコープ)のレビュー


私がこのブログで取り上げて来ている情報商材は、あくまでもその「一部」なのですが、ご覧頂いてお分かり頂ける通り、あらゆるジャンルのせどり、転売系の情報商材を販売している事が分かります。

そして、そのいずれも情報商材としては、正直、内容に乏しく、その評判も決して良くはありません。

かなり突っ込んだ事を言ってしまうと「情報商材を売る為」に、こういったあらゆる転売分野で「それらしいノウハウ」をでっち上げているだけの可能性が高く、その教材内容も、実際にそうとしか思えないような内容なわけです。

現にその「でっち上げ」や「架空の転売実績」などが明るみになったケースもあり、完全な「詐称行為」で情報商材を売っていた事も明らかになっています。

>アパレルせどり転売4か月講座、株式会社キュリアスコープの詐称行為について

要するに、この株式会社キャリアスコープという業者は、このような詐称行為を実際に平気で行っている業者だという事です。

そして、その詐称行為の疑惑はこの「RTL第4期せどりアフィリ塾」にも垣間見られ、それが2つ目の気になる点として挙げた、この塾の「1~3期の情報がほぼ皆無」という点です。

実際に検索してもらえれば分かりますが、

株式会社キュリアスコープ RTL 第1期
株式会社キュリアスコープ RTL 第2期
株式会社キュリアスコープ RTL 第3期


などのキーワードで検索を行っても、この塾の情報は何1つ出てきません。

出てくるのは、全て現状の「RTL第4期せどりアフィリ塾」の情報のみという状況です。

要するにこの塾における1~3期などは「存在しない」という可能性が非常に濃厚だという事です。

「第4期」とした方が、信用してもらえる可能性が高いと判断し、ありもしない第1~3期をでっち上げた可能性があるという事ですね。

もちろん、1~3期を自社のメルマガのみの募集というようなクローズドな形でやっていた可能性もありますが、過去3回も塾生を募集し、塾生を抱えた経緯があるなら、少なからず何らかの情報が出て来てはずです。

そういう情報が全く出て来ないというのは、明らかに不自然であり、この株式会社キャリアスコープには、過去にそのような「詐称行為」を行っているわけですから、

「第1期~第3期を詐称している可能性は極めて高い」

と言わざるを得ないと思います。

そして、この「第1期~第3期の詐称疑惑」は販売ページの不自然な点にも及んでいます。

それが3つ目に挙げた「販売ページに掲載されている塾生?の実績が全般的に微妙」という点です。


「RTL第4期せどりアフィリ塾」に高まる更なる詐称疑惑


この「RTL第4期せどりアフィリ塾」の販売ページには、その「過去の塾生?」にあたる人達の実績やコメントがこのような形で掲載されています。










ただ、ここで大々的に「実績」として掲げている数字は全て、その各々の人達が「せどり関係の情報商材をインフォプレナーとして販売して得た実績」でしかなく、いずれも「アフィリエイトで稼いだ実績」ではないんです。

しかも、それぞれの人達が販売してきたとされている情報商材。

・デイリーせどりスタイル
・プロフィットせどり
・ヘルビマニアックス
・せどりバーストストリーム


これら全て、先ほども私が挙げたような、この「株式会社キャリアスコープ」が販売者として、販売してきた情報商材です。

要するに、この「塾生?」という形で実績とコメントが掲載されている人達は、明らかにこの「株式会社キャリアスコープ」の内々の関係者である可能性が高いという事です。

そうでなければ、わざわざ「株式会社キャリアスコープ」がその販売責任を担う形で情報商材を売り出すような事はしません。

そして、これらの情報商材にも同様の「悪評」や「詐称疑惑」などが持ち上がっているわけです。

>デイリーせどりスタイルのデッチ上げ画像疑惑

>プロフィットせどりのセールスレターに明らかな違和感と矛盾点。

つまり、この「塾生?」という形で実績とコメントが掲載されている人達は、実はこの「株式会社キャリアスコープ」の内々の関係者である可能性が極めて高く、第1期、第2期、第3期に渡る運営実績なども存在しない・・・。

その可能性が極めて「濃厚」だという事ですね。

いずれにしても、販売元が「株式会社キャリアスコープ」という時点で、過去の販売情報の内容(質)的に、私は30万円もの高額な代金に見合う情報をこの業者さんが作れるとは思えません。

故に、あえて内容を確認しての批評もしませんが、これだけの過去の詐称行為の実体や、それに付随する疑惑が上がっている時点で、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」もその範囲の塾でしかない事は、ほぼ「明らか」かと思います。

私的には、この辺りの「外堀」にあたる部分でほぼ検証の余地も無いと判断しましたが、その「内容(ノウハウ)」に対しての批評をしてくれているアフィリエイターさんもいますので、

「どうしても、この塾の内容(ノウハウ)が気になる」

というのであれば、こちらを参考にしてみてください。

>RTL第4期せどりアフィリ塾のノウハウについての批評。

以上、RTL第4期せどりアフィリ塾について、でした。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年9月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

Catch the Writing(横山直広)レビュー:キャッチ・ザ・ライティング

インフォトップの売上ランキング上位に珍しく「コピーライティングの教材」が出ていました。

横山直広さんという方が販売している「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)」というライティング教材で、販売価格は4800円。

90日間以内の返金保証付き事で、とくに返金を受ける為の条件も記載されていない事から「無条件の返金保証付」と捉えていいのではないかと思います。

この価格設定、この保証条件で「コピーライティングの教材」となると、どうしても「あの教材」との比較になってしまいますね。

そんな「比較」も含めて、今日はこちらのコピーライティング教材を取り上げておきたいと思います。

Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)

・URL:http://az.ctwpromotion.net/writing/letter/afinfo.html

(特定商法表記)
・Catch the Web Asia Sdn Bhd.
・横山 直広
・Suite 7-03, Level 7, Menara IGB, Mid Valley City, Lingkaran Syed

Catch the Writing(横山直広)レビュー


コピーライティングの教材と言えば、業界内でも有名なものが幾つかあると思います。

その中でも筆頭に挙げられるのが、私もこのブログで推奨している、こちらの「The Million Writing(ミリオンライティング)」ではないかと思います。

>The Million Writing(ミリオンライティング)

こちらの「The Million Writing(ミリオンライティング)」の価格は3980円。

365日間以内の無条件返金保証付で、価格、保証条件、共に今回のCatch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)に近い条件で販売されている優良なコピーライティング教材です。

価格、保証等の条件が近いだけに、その「内容」も比較せざるを得ませんが、正直、その「内容」には歴然としたレベルの差を感じてしまいました。

言うなれば「The Million Writing(ミリオンライティング)」がコピーライティングの基礎から応用までを、その「本質」から学べる教材。

対する「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)」は、コピーライティングの基礎におけるほんの「さわり」程度の本当に表面的な部分を扱っているだけの教材・・・という感じでした。

また「Catch the Writing」は横山直広さんがコピーライティングの「セミナー」を行った際の動画をそのまま教材にしたもののようで、その「作り込み」という点でもかなり甘い部分が見受けられます。

言ってみれば「セミナー動画をそのまま販売しているだけの教材」という事です。

そして、おそらくこのセミナーは、かなりの初心者を対象に行ったものであったと思われます。

更に、その「初心者向けのセミナー」が、さほど掘り下げられないままに「基礎」を表面的になぞっているままに終わってしまっているという印象でした。

そんな「表面的な基礎をなぞるセミナー動画」が約4時間ほどに渡る為、正直なところ、ある程度のコピーライティングの基礎知識を持っているような人が見ると、かなりの部分を「飛ばしたくなる」と思います。

むしろ、そのような「飛ばしたくなる部分」がその大半を占める為、その4時間の動画をくまなく見ていっても、よほどこの手のコピーライティング系の知識が無いに等しい人でなければ、

「こんな表面的な話で終わりなの?」

と思ってしまう可能性が極めて高いです。

それこそ、このレベルの内容のみであれば「The Million Writing」の著者である、宇崎恵吾さんのブログで公開されている無料講座の方が、普通に分かり易く、学べる事が多いんじゃないかと思いますね。

>コピーライティング至上主義者の会

要するに、この「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)」の内容は、宇崎恵吾さんの無料ブログで学べるレベル・・・というより「それ以下の内容」というのが私の率直な感想です。

というより、この「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)」の動画内容と、宇崎恵吾さんのブログ講座の1つ1つを実際に見比べてみれば、誰が見てもその差は「歴然」という感じですね。

まあ、これは宇崎恵吾さんが無料で公開している情報の質があまりに高過ぎるというのが実際のところですが、現在そのレベルの情報が

「無料」

で公開されてしまっている以上、有料で販売されている教材の内容は、少なくともそれを超えるものになっていなければなりません。

ですが、この「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)」の動画内容は、明らかに宇崎恵吾さんのブログの内容ほど「まとまり」も無く、その情報の「質」においても、見劣りするものでしかないという事です。

少なくとも、宇崎恵吾さんの教材やブログを一通り目にした事があるような人がこの「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)」を購入しても、まず、

「宇崎さんのブログの方が詳しくて、分かり易かったな」
「ほぼ同じような事が例文などを添えて、もっと詳しく解説されていたな。」


というような感想以上にはならないんじゃないかと思います。

仮に一切の「前提知識」が無ければ、4800円という「情報商材」としては安値な価格設定で4時間ほどの動画教材ですから、その価格やボリュームから一定の満足に繋がる可能性はあるかもしれません。

ですが、遅かれ早かれ、その後に宇崎恵吾さんの「The Million Writing」や、無料で公開されている宇崎さんのブログを目にしたなら、その「レベルの高さ」がより明確に分かるんじゃないかと思いますね。

まあ、一応この「Catch the Writin」にも、90日間以内の返金保証が付いているようなので、もし、まだコピーライティングの教材等を一切手にした事が無いようであれば、

「The Million Writing(ミリオンライティング)」
「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)」


この2つを同時に購入して、価値を感じられなかった方の代金を返金請求してもいいんじゃないかと思います。

勿論、この「両方」に価値を感じられなければ、両方に返金請求も出来ますから、それはそれでいいんじゃないでしょうか。

何にしても、以前から私が推奨している「The Million Writing(ミリオンライティング)」も、今回取り上げた「Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)」も

「無条件の返金保証」

が付いてますので、実際に中身を確認してから「満足出来なければ返金する」というスタンスで捉えていいんじゃないかと思います。

それこそ、どちらも情報商材としては良心的な価格、良心的な保証条件が付いた情報商材ですので、こういう教材は「まず買ってみる」というのも1つの手だという事です。

>The Million Writing(ミリオンライティング)

>Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)

コピーライティングがネットビジネスにおいて「重要」である事には違いありませんので、是非、この機会にでもコピーライティングというスキルを学んでみてください。

以上、Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)のレビューでした。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年9月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像