バズメーカー【バズマーケ特化型サイト作成システム】レビュー

インフォトップの売上ランキングに「次世代のアフィリエイトシステム」と銘打ったバズメーカーというアフィリエイトツールが出ていました。

レビュー依頼も何件か頂いてますので、今日はそのバズマーケ特化型サイト作成システム「バズメーカー」を取り上げておきたいと思います。

バズメーカー【バズマーケ特化型サイト作成システム】

・URL:http://boom.makertool.net/buzzmaker/

(特定商法表記)
・株式会社インフォブレイク
・衣川泰司
・東京都渋谷区宇多川町36-1-山和ビル6F

バズメーカー【バズマーケ特化型サイト作成システム】レビュー


バズマーケ特化型サイト作成システムという副題が付いている通り、一応、ツールの趣旨としては、

「バズマーケティングに特化したサイトを作成出来るツール(システム)」

というものになっています。

ただ、そもそもその「バズマーケティングって何なのか」というところですが、マーケティング用語の定義としては『消費者の口コミに主としたマーケティング』という意味合いのものだそうです。

一応、このバズメーカーのセールスレターには、あたかもこれが最新のマーケティング手法のように取り上げられていますが、マーケティングの手法、戦略としては、そこまで物珍しいものでも何でもありません。

それこそ今は、SNSなどで一気に口コミが広がりやすいご時世ですからね。

否が応でもこのバズマーケティングに関連する要素は、大きなマーケティングを展開していけば少なからず意識しなければならないものであると言えます。

要するに「消費者間による良い口コミ効果」を意図して狙い、引き起こしていく事。

それこそが商品を提供する側から見た「バズマーケティング」であり、その意味合いで言えば、私達のようなアフィリエイターは、まさにその「パズマーケティング」の末端にいる立場にあたるわけです。

例えば「特定の商品に対して意見や見解」を、いわゆる「レビュー」という形で自身のメディアに公開していくような事をやっているアフィリエイターは、完全にバズマーケティングの一端を担っていると言っていいと思います。

それこそ私がブログやメルマガでやっている事は、まさに「それ」ですよね。

つまり、自分なりに「良い」と思った商品をブログやメルマガなどの自身のメディアで紹介していくようなアフィリエイト活動。

これは、全般的に「バズマーケティングの一端を担うもの」と捉えて問題ないわけです。

そうなると、今回取り上げているバズメーカーが銘打っている「バズマーケィング特化型サイト作成システム」とは何かと言えば、

「口コミ的な情報(コンテンツ)を掲載する事に適したサイトを生成出来るシステム」

という事であり、実際のところ「それだけのシステム」と言えば、本当にそれだけのシステムです、、、。

現に私はこのブログで情報商材に対しての意見(口コミ)を書いて「バズマーケティング」の一端を担うアフィリエイト活動をしていますし、同じような事をしているアフィリエイターはたくさんいると思います。

要するに、特定の商品に対しての意見(口コミ)を書いて「バズマーケティング」の一端を担うようなアフィリエイト活動は、無料ブログ等でもやろうと思えば出来る事なわけです。

その上で、バズマーケティングは、いかにその口コミが「自然」に見えるか(サクラと疑われるようなものになっていないか)が重要なポイントになります。

その為、その有効性を追及する上では、下手に作り込まれた小奇麗なサイトよりも、私がやっているようなワードプレスを利用した個人ブログや無料ブログなどが、普通に「適している」んですね。

実際、このような「自然さ」「若干の素人っぽさ」というところについては、このバズメーカーのセールスレターでも言及されているのですが、ハッキリ言ってそこを追及するのであれば、

「あえてこのようなツールを使ってサイトを作るような必要は無い」

というのが私の率直な感想です。

それこそ私のようなワードプレスを利用したブログや、オーソドックスな無料ブログを利用すれば、十分に「自然さ」「若干の素人っぽさ」を重視した「見やすいバズサイト」は作れてしまうからです。

現にこれまで、多くのアフィリエイターはそうやって、レビュー系のブログを起ち上げてきているわけですからね。

そういうところを踏めても、このバズメーカーというツールは、私からすると、一体何が「ウリ」なのかもよくわからないコンテンツ生成ツールでしかなく、セールスレターに掲載されているサイト事例を見ても、

「これってただ1枚ページ形式のサイトを作れるだけの普通のサイト生成ツールじゃね?」

としか思えませんでした(苦笑)




要するにこのバズメーカーというツールは「こんな感じのサイト(ページ)」をテキスト入力と画像の挿入等で作れるという、よくある「LP作成ツール」であり、実際のところそれ以上でもそれ以下でもないという感じです。

それをあえて「バズマーケィング特化型サイト作成システム」というような謳い文句を付けて、あたかも「新しいシステム」かのように見せかけてますが、実際はさほど目新しさのあるツールでも何でもありません。

本当に普通の「サイト作成ツール」であり、そもそも「バズマーケティングに適しているメディアを作る」という視点なら、それは自然さ、素人っぽさという点で「無料ブログでも十分」なわけです。

ですので、このバズメーカーに関しては、このツール自体の何が悪いという事はありませんが、セールスレターに書かれている事は、あまり真に受けない方がいいと思います。

大半は特段、このバズメーカー自体の性能や特性とは、さほど(というより、ほぼ全く)関係の無い話ですので。

そういう意味では、このバズメーカーのセールスレターはいまいち「サイト作成ツール」としての機能、性能、操作性などの説明に乏しいところがあります。

そして、価格帯も既存の同系統のツールより「やや高め」ですので、こういった「サイト作成ツール」が普通に欲しいというなら、私は以下などのツールで十分だと思います。

>Colorful(カラフル)

>MeVIUS-メビウス-

ちなみにこの手の「サイト作成ツール」で最も知名度が高いのは「SIRIUS-シリウス-」というツールかと思いますが、シリウスは価格が高いわりに、上記のツールと比較しても、さほど大きな利点は無いので、私はお勧めしません。

それぞれの価格帯としては、今回のバズメーカーも含めて、

バズメーカー   : 9800円
Colorful-カラフル-: 8760円
MeVIUS-メビウス- : 7980円
SIRIUS-シリウス- :18800円


という感じなので、最安なのは「MeVIUS-メビウス-」ですね。

どのツールもサイト作成ツール本来としては、さほど大差はありませんので、ハッキリ言って、どれを買っても「出来る事」「やれる事」はほぼ同じです。

ただ、素材や特典等に付属品に若干の違いがあるので、そこを選択の基準にしても良いかもしれません。

個人的にお勧めなのは最安の「MeVIUS-メビウス-」で、LP作成に使える素材が最も豊富に揃ってます。

サイト作成ツールに付属するものとしては、最も使えるものだと思いますので、私のお勧めは「MeVIUS-メビウス-」ですね。

>MeVIUS-メビウス-

何にせよ、今回取り上げた「バズメーカー」は基本的には普通のサイト作成ツールですので、購入の判断等はその前提でされた方が良いかと思います。

セールスレターに記載されているバズマーケティングやらストーリーセリングやらの理屈はあまりツール自体には関係がなく、利用者がそういうものに活用すれば有効という話であって、それ以上のものではありません。

付属品としては「記事のサンプル」や「スワイプファイル」的なものが多数付いてますが、これは私的には「あまり意味の無いもの」だと思いますので、サイト作成ツールとしては、あまり魅力を感じないツールでした。

「記事のサンプル」や「スワイプファイル」付のツールに9800円を払うなら、サイト作成に使える素材が豊富に付いた「MeVIUS-メビウス-」に7980円を払う方が有意義だと思います。

まあ、あくまでも私の個人的な意見ですが参考にしてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年6月22日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

フィードマティック(田島文忠)レビュー

インンフォトップのランキング上位に「フィードマティック」というツール付きのアフィリエイト教材が出ていました。

その販売元は、あの有名ツイッターツール「フォローマティック」の販売者、株式会社Manifold Knowledgの北川雅嗣さん。

表向きのノウハウ、ツールの提供者は田島文忠さんという事になっていますが、実質的にこの「フィードマティック」が売れているのは、「フォローマティック」の知名度による恩恵が大きいと思います。

事実、フォローマティックを推奨しているようなアフィリエイターの大半は、そのままこの「フィードマティック」も推奨している傾向にあるところが伺えます。

では、この「フィードマティック」で提供されるツール、及びそのアフィリエイトノウハウはどういうもので、再現性はどうなのか。

フォローマティック云々は抜き、この「フィードマティック」を純粋に批評、レビューしてみたいと思います。

フィードマティック(田島文忠)

・URL:http://フィードマティック.com/

(特定商法表記)
・株式会社Manifold Knowledg
・田島文忠、北川雅嗣
・北海道札幌市北区北19条西6丁目1-15キングパレス305号

フィードマティック(田島文忠)レビュー


まず、この「フィードマティック」のザックリとした全体像は、

1:ツール「フィードマティック」でコンテンツ(サイト)を自動生成
2:ツイッターでフォロワーを集めて生成サイトへ誘導
3:サイトに貼り付けたクリック課金広告で稼ぐ


これが実質的に「全て」であり、基本的にはこの為のツールと、その手順が書かれたマニュアルが提供されるという教材です。

やはりメインは「1」におけるコンテンツ生成の為のツール「フィードマティック」にあるわけですが、このツールのロジックはハッキリ言って、そこまで大したものではありません。

というのも「フィードマティック」の販売ページには、

『あくまでツイッターからアクセスを引っ張ってくるのみ』
『検索エンジンからの集客は最初から度外視している』


というような事が明確に記載されていますので、この一文からも、この「フィードマティック」で生成出来るコンテンツが「検索エンジンに評価されないレベルのものでしかない事」は、容易に想定出来るはずです。

それもそのはず、この「フィードマティック」というツールは、指定した条件に沿った情報をネット上から集めて「まとめるだけ」のツールでしかなく、言わば「まとめ系コンテンツを作るだけのツール」でしかないからです。

正直、そのロジックもかなり簡易的なものなので、本当にこれは『指定した条件の情報をネット上からただ集めて並べるだけのツールでしか無い』という感じでした。

これでは検索エンジンからのアクセス、評価を期待出来ないというのも当然だと思います。

そこをこの「フィードマティック」では「ツイッターからの集客だけで稼げるから大丈夫」というような事を謳っていますが、そもそも検索エンジンに評価されないようなコンテンツで稼ぐ事などそうそう出来る事ではありません。

検索エンジンに評価されないコンテンツという事は、それはもはや「人の目から見てもろくに価値を感じない手薄なコンテンツ」でしかないものだからです。

幾らそのキャッシュポイントとなるものがクリック課金型の広告であるとしても、やはりそんな「手薄なコンテンツ」では、コンテンツを訪問者に「読ませる事」も出来ない為、仮にツイッターからアクセス誘導が出来ても、

「訪問者がそんな手薄なコンテンツ内のクリック課金型の広告をクリックする可能性は極めて低い」

と言わざるを得ないと思います。

そこに輪をかけて、このようなクリック課金広告が主なサイトへの集客を「ツイッターのみで行う」という事自体、私は「どうなのか」と思ってしまいますね。


フィードマティックにおけるツイッター集客の疑惑


一応、この「2」のツイッターのフォロワーを集める手順は、その為のツールも付いてくるのですが、そのツールが何故か「以前」に販売されていた旧バージョンの

「初代フォローマティック」

であり、フォロワーの収集は、この「初代フォローマティック」を使って行う流れになっています。

ただ、この「初代フォローマティック」は、今はもう販売されていない旧バージョンのツールであり、今はこれをバージョンアップしたものが販売されているのが実情です。

つまり、この「初代フォローマティック」は、今のツイッターにおいてはやや至らない部分も多くなったツールであり、そうであるからこそ、今はバージョンアップされているわけです

まあ、これはハッキリ言って、この「フィードマティック」の販売者側に、

『この「フィードマティック」で稼ぎたいなら、最新版のフォローマティックを買え』

という意図があり、そうであるからこそ、この「フィードマティック」には、あえて以前の旧バージョンである「初代フォローマティック」を付けているんだと思います。

仮にこの「フィードマティック」の販売者側が、本当にこの「フィードマティック」という教材のクオリティ、再現性を高めようと思うなら、普通に最新版のツイッターツールを付けるはずだからです。

少なくともこの「フィードマティック」のノウハウは、ツイッターからの集客が「全て」となっている為、この「ツイッターツールの有効性」がそのまま、教材のクオリティや再現性を左右すると言っても過言ではないわけです。

そんな重要なポイントとなる「ツイッターのツール」に、あえて旧バージョンのツールを付けているわけですから、これには明らかに「最新バージョンのフォローマティックを売りたい意図」が見え見えだと思いました。

まあ、これを最新バージョンのフォローマティックに変えたところで、その受け皿になるサイト(コンテンツ)が、検索エンジンに全く評価されないレベルの

「ネット上の情報をただ集めてまとめただけの手薄なコンテンツ」

という時点で、根本的に「稼げる可能性は低い」と言わざるを得ないのですが、、、。


フィードマティックのレビュー、まとめ


以上が今回の「フィードマティック」における提供ツール、ノウハウ全体像に対しての率直な私の感想です。

基本的なプロセスとしては、

1:ツール「フィードマティック」でコンテンツ(サイト)を自動生成
2:ツイッターでフォロワーを集めて生成サイトへ誘導
3:サイトに貼り付けたクリック課金広告で稼ぐ


というものなので「1」におけるコンテンツが「検索エンジンに全く評価されないようなコンテンツである事」を前提として、

「ツイッターからの集客のみに依存してクリック課金型の広告で稼ぐノウハウ」

という時点で、見る人が見れば、このツールもノウハウもまず期待できないものである事は容易に想定出来ると思います。

私からすると、その辺りが判断出来ない初心者にまずこの「フィードマティック」を売り込んで、そこから最新版のフォローマティックを買わせる為の教材というようにしか見えませんでした。

根本として検索エンジンに評価されないようなコンテンツしか作れないようなコンテンツの生成ツールなんて、私からすれば何の価値も無いものとしか思えません。

この「フィードマティック」を購入するなら、そのまま最新版のフォローマティックのみを購入するくらいでいいと思います。

ですが「ツイッターのツール」や「ツイッターで稼ぐノウハウ」という視点で言うなら、この「フィードマティック」「フォローマティック」以上のツール、教材は普通にありますので、興味があればこちらの記事を読んでみてください。

>ツイッターツールの徹底比較レビュー

以上、今回は「フィードマティック」の批評、レビューでした。

是非、参考にして頂ければ幸いです。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年6月13日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

新・魔法のコピーライティングのレビューとThe Million Writing。

インフォトップの売上ランキングに珍しく「コピーライティングの教材」が出ていました。

こちらの「新・魔法のコピーライティング」という教材なのですが、商材そのものはかなり前から販売されているもので、一時的に販売停止となっていたものが再販売になった模様です。

新・魔法のコピーライティング(岡村元紀)

・URL:http://copywriting.cc/maho/

(特定商法表記)
・株式会社 JapanCopywriting
・岡村元紀
・東京都中央区日本橋3丁目2番14号 新槇町ビル別館第1

新・魔法のコピーライティングのレビューとThe Million Writing。


コピーライティングの教材と言えば、私はブログ発足当初から、こちらの「The Million Writing」という教材を推奨しています。

>The Million Writing(ミリオンライティング)

では、今日取り上げる「新・魔法のコピーライティング」は、その「The Million Writing」と比べてどうなのか。

そんな比較に近い形式で、この「新・魔法のコピーライティング」の方を批評していこう・・・と思ったのですが、正直、これはあまりに差があり過ぎて、

「全く持って比較にならない」

というのが、率直なところだと思いました。

結論的に言えば、私が推奨している「The Million Writing」の方が、圧倒的なレベルでコピーライティングの教材として上をいっていると思います。

一応、この「新・魔法のコピーライティング」は、アフィリエイターでも推奨している人が多いので、私的には、

「こういうところは、こっちの方が良いが、こういうところはこっちの方が詳しい」

というような、本当に「比較的な批評」がもう少し出来ると思ったわけです。

そして実際にそういう比較を前提とする視点で「新・魔法のコピーライティング」のマニュアルを読んでいったのですが、、、

ハッキリ言って、内容が薄すぎて全く持って「比較にならない」と思ってしまいました。

「何でこんなにも差があるんだろう。」

そこを冷静に考えてみたのですが、まず根本的に教材としての情報量(ボリューム)も、「新・魔法のコピーライティング」と「The Million Writing」とでは3倍くらいの違いがありました。

勿論、これは「ページ数」のような曖昧なもので比較した数字ではなく、単純なマニュアル内に敷き詰められている「文字数」で比較した数字です。

・新・魔法のコピーライティングの本編:36000文字ほど
・The Million Writingの本編:11万文字ほど


当然、教材の良し悪しはボリュームだけで決まるものではありません。

ですが「The Million Writing」は本当に無駄のないコピーライティングの教材なので、その「無駄のないマニュアル」でも11万文字というボリュームなんだです。

その「無駄のないマニュアル」で11万文字にもなるコピーライティングという題材で、「新・魔法のコピーライティング」は約その3分の1ほどのボリュームで納まってしまっています。

では、その情報量の差はどこに出てるのかというと、根本的な「押さえているポイントの数」にも差はあると思いますが、それ以上に大きいのは「講義そのものの論理性の高さ」です。

基本「The Million Writing」のマニュアル内で展開されているコピーライティングに付いての講義は、

・何故、そういう考え方をしなければならないのか。
・何故、そういう書き方が有効なのか。
・何故、そのようなポイントを押さえる必要があるのか。


といった部分を「文章を読む人の心理」を前提に、かなり深いところまで論理的に解説されていて、それが本当に分かり易く、腑に落ちる内容になっています。

要するに物凄く「説得力」があるわけです。

まさに、このマニュアル内容そのものに、筆者の宇崎恵吾さんによる「コピーライティングの力」が存分に発揮されているわけですね。

それがそのままマニュアルの論理性の高さや分かり易さ、そして、説得力に現れているんです。

それに対して、「新・魔法のコピーライティング」のマニュアルは、その論理性という部分が非常に「低い」傾向にあり、先程「The Million Writing」に挙げたようなポイントがほとんど解説されていません。

「こういう風に書きましょう」「こういうポイントを押さえましょう」「こういう書き方をしてはいけません」

というようなポイントは明確に書かれているのですが、そのようなポイントがただ端的に示されているだけで、何故、そうした方がいいのかの「理由」や「根拠」が全く書かれていないんです。

ですので、「The Million Writing」を読んでから、この「新・魔法のコピーライティング」のマニュアルを読んでいくと、どこか「腑に落ちない自分」に気が付きます。

要するに、マニュアル内における講座内容に根本的な「説得力」を感じられないんですね。

「何で?」「どうして?」

と思うポイントが、全く言及されず、どんどん話が勝手に進んでいく部分が非常に多く、お世辞にも「コピーライティングを提唱している人が書いているマニュアル」とは思えないわけです。

仮に私がコピーライティングの勉強等をほとんどしていない頃に「The Million Writing」を読まずに、この「新・魔法のコピーライティング」を目にしたなら、それこそ右も左も分かりませんので、

「へ~、そうなんだ。そういうものなんだ。」

という感じで読めたのかもしれませんが、言っても「その域を超えないマニュアル」だと思います。

要するに「なるほど!」と思えるような気付きや発見、確信を得られるような「説得力」がこの「新・魔法のコピーライティング」にはほとんどないわけですね。

理由は先ほどから挙げている通り、そこに「論理的な説明」がほとんど成されていないからです。

そして、実際にその「ポイント」として押さえている内容の大半も、今の私から見ると「こんなレベルの内容で12700円なの?」としか思えないというのが率直なところでした。

それこそ「The Million Writing」の販売価格3980円ですからね。

この価格帯を指標にしてしまうと、「新・魔法のコピーライティング」はどう転んでも「内容に対して割高過ぎる」と思ってしまうのは仕方がないところかもしれません。

ですが、同じコピーライティングというジャンルで内容と価格を比較した際、仮に私が「新・魔法のコピーライティング」の筆者なら、まず12700円という値段は付けないと思います。

それこそ、この「新・魔法のコピーライティング」で学べる内容やポイントは「The Million Writing」の筆者、宇崎恵吾さんのブログやメルマガで無料で受講できる無料講座にも「及んでいない」というのが私の率直な感想です。

12700円でこのレベルの内容なら、本当に宇崎恵吾さんのブログ、メルマガでコピーライティングを勉強した方が遥かに有益だと思ってしまいますね。

有料のマニュアルと無料で読める情報とでは「読む側」の意識が違ってくるところがありますが、冷静に2つを見比べれば、その差は本当に歴然だと思います。

もし、既に「新・魔法のコピーライティング」を購入して、それなりにコピーライティングを「学べたつもり」になっているという方は、是非、頭の中をフラットにして宇崎恵吾さんのブログやメルマガを読んでみてください。

無料とは到底思えないようなクオリティのコピーライティング講座が、普通に展開されている事に気付かれるはずです。

そして、「新・魔法のコピーライティング」の内容がいかに「薄いもの」であったかも・・・。

結局、これも「論理性の高さ」の違いがそこに大きく出ているんじゃないかと思いますね。

基本的に宇崎恵吾さんの講座は全て、そこが徹底されているので、説得力があり、分かり易く、腑に落ちるものになっていると言えますが、「新・魔法のコピーライティング」にはそれがありません。

そこが決定的な違いじゃないかと思います。

・・・という事で、「新・魔法のコピーライティング」と「The Million Writing」は、その内容、価格、全てにおいて、私の結論としては「比較にならなかった」というのが率直なところです。

「2つのコピーライティング教材で、そんなにも違うものなの?」

と思われる人もいるかもしれませんが、ハッキリ言って、この2つは、本当にそれくらいの違いがありますね。

もし、経済的に余裕があるなら、両方を購入して「見比べる」という事をしてみると、ある意味で学べるところはあるかもしれません。

そういう意味で「新・魔法のコピーライティング」のマニュアルは、私的には「説得力のない文章のお手本にはなったかな・・・」という感じです(苦笑)

以上、「新・魔法のコピーライティング」と「The Million Writing」の、比較にならない比較でした。

是非、参考にしてください。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年6月3日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像