下克上∞(MUGEN)~トレンドアフィリエイト教材~のレビュー

以前に一度、レビューしているトレンドアフィリエイトの情報商材ですが、つい最近「大幅リニューアルがあった」という事で、最注目を浴びている模様です。

こちらの「下克上」改め「下克上∞(MUGEN)」というトレンドアフィリエイトの教材ですね。

下克上∞(MUGEN)~トレンドアフィリエイト教材~(バナナデスク)

・URL: http://gekokujo-mugen.info/

(特定商法表記)
・株式会社MOVE
・岡田崇司(バナナデスク)
・大阪府大阪狭山市茱萸木3-1311-1グレース101号

下克上∞(MUGEN)~トレンドアフィリエイト教材~のレビュー


未だにネットビジネス初心者層には根強い人気?がある「トレンドアフィリエイト」の教材で、この分野では、おそらく一番売れている教材なんじゃないかと思います。

既に累計では12000本以上の販売本数になっているみたいですから。

それこそ、私のブログでもこのトレンドアフィリエイトというジャンルの情報商材については、業界の有名どころと言えるトレンドアフィリエイト教材を比較形式でレビューした事もありました。

>トレンドアフィリエイト教材徹底比較

一応、こちらの「比較レビュー」の中にも、以前の「下克上」は、その比較対象としてレビュー済みでした。

一応、その際の私のこの「下克上」への「評価」は、

『トレンドアフィリエイトの教材としては「優良」であると言えるものの、そのセールスレターには明らかな「誇大広告」も多く、それを真に受けて買うできではない』

という感じのものでした。

内容そのものは決して悪くなかったのですが、セールスレターの方では「1日1記事のブログ投稿で月収50万円を稼げる」とか、明らかに不可能に近い数字をブチ上げていたので、そこには注意を促していたわけです。

ですが、今回の「大幅リニューアル」にあたり、この「下克上」は、セールスレターも一新したようで、私が「誇大広告」と注意を促していた、

「1日1記事のブログ投稿で月収50万円を稼げる」

というような明らかな「誇大広告」としか言えないものは、差し控えた模様です。

ただ、この「セールスレターのリニューアル」だけでも、私が注意を促していたポイントは改善されたようですので、基本的には「文句無しのトレンドアフィリエイト教材になった」と言ってもいいかな?と思います。

あとは「マニュアル内容」の方のリニューアルですが、ここは私的には「重要なポイント」と言える部分に大きな変更点は無かったので、私はさほど「リニューアル」でそこまでこの教材の質が向上したとは思えませんでした。

それこそ最も大きな変更点は「PDFマニュアル」が主だった以前のものに対して、その大半が「動画によるコンテンツになった」というところくらいかと思います。

ですが、これは人によってはマイナスな変更点だと思いますので、一概に「動画になって良かった」とは言えない部分です。

事実、動画になった事で、以前より要点や作業工程、ステップの流れ1つ1つは私は分かりにくくなったような気がしますので。

動画の方が学びやすい(実践しやすい)という人にはいいかもしれませんが、「テキスト形式のマニュアルの方がいい」という人には残念なリニューアルになったかもしれませんね。

私的には以前のPDF版のテキストも、併せてそのまま提供してくれればいいのに・・・と思うのですが、今は動画のマニュアルしか入手できないようになっているようです。

ですので、基本的に「動画の教材は避けたい」という人には、お勧め出来ないものになった感じですね。

ただ、そういう人は先ほどの「比較レビュー」の記事を読んでみて頂ければと思います。

>トレンドアフィリエイト教材徹底比較

概ね、この「下克上」のノウハウ、ポイントはほぼ同様に押さえられているトレンドアフィリエイトの教材で、テキストマニュアルが主な教材は他にもあります。

そういう「テキスト派」の人はこの「比較レビュー」の記事を参考にそちらの教材の購入を検討してみてください。

逆に「動画派」の人は、このリニューアルされた「下克上∞(MUGEN)」でいいんじゃないかと思います。

この「テキストが動画になった事」以外は、本当に「トレンドアフィリエイトの教材」としては、細かい補足的な情報が多数加わっただけという感じなので、私的にはそこまでの「大幅リニューアル」には感じませんでした。

テキストを動画に変えたところが「大幅リニューアル」というなら、確かにそこは大きく変わりましたけどね。

ただ、一点だけ苦言?を呈しておくと、以前のレビュー記事にも書いている点ですが、世間的に言われている「下克上」の評判、評価はちょっと「過大評価かな?」と思う部分が大きいと思います。

それこそ多くのアフィリエイターによる、この「下克上」の評判、評価はどちらかというと「販売当初の評判・評価」を前提に書かれた記事や、それに便乗して書かれたものが多いというのが実状だからです。

要するに「そこそこ評判もいいから推奨しておこう」というアフィリエイターが多いという事です。

ただ、販売当初の「下克上」の評価、評判が非常に良かったというのは紛れもない事実で、それこそ販売当初の時期は、この「下克上」のノウハウが非常に「稼ぎ易い傾向」にありました。

そして、実際に稼げた人が多かったのも事実だと思います。

さすがに当初の謳い文句「1日1記事で月収50万円」は大袈裟でしたが、実際に「稼げるノウハウ(稼ぎ易いノウハウ)」だった事は間違いありません。

ですが、今は決して「そこまでの状況ではない」というのも否定できない現実です。

というのも、この「下克上」という教材が販売された当初と今とでは、検索エンジンの精度が大きく変わっている為、それこそ

・パンダアップデート(コンテンツの質を重視する為の継続的なアップデート)
・ペンギンアップデート(無意味な被リンク対策などを大々的に無効化)


などが大々的に行われ始めたのは、当初の「下克上」のマニュアルが販売された後の出来事なんです。

事実、これらの大々的なアップデートがある前は、正直、トレンドアフィリエイトは今よりも遥かに稼ぎ易い傾向にありました。

それこそ、今現在の「トレンドアフィリエイト」で言われている事の幾つかは、この「稼ぎ易かった頃」の情報がそのまま風潮的に根付いているところもあると思います。

そんな「以前は稼ぎ易かったトレンドアフィリエイト」の風潮にいち早く乗っかったのが、この「下克上」という教材なわけです。

勿論「下克上」のマニュアル内容、ノウハウ自体が「今では全く通用しないもの」というわけではないのですが、以前はそのノウハウ以前の問題で、「トレンドアフィリエイト自体が非常に稼ぎ易かった」という事です。

故に「下克上」販売当初の評判や評価、その頃に稼いだ人達の実績などは、どちらかと言うと「下克上」のノウハウが秀逸だったというよりは、

「その頃の検索エンジンに対して、トレンドアフィリエイトという手法自体が非常に有効だった」

と捉えた方が適切なんじゃないかと思います。

ですので、グーグルという検索エンジンが日を追って「進化」していく度、トレンドアフィリエイト自体が「稼ぎにくくなっている」というのは否めない事実です。

ただ、これは「トレンドアフィリエイトという手法が全面的に稼ぎにくくなっている」というわけではなく、

「トレンドになっているキーワードさえ的確に押さえて記事を書いておけば稼げる」

というようなトレンドアフィリエイトならではの安易な風潮は無くなってきているというのが正しい解釈ですね。

尚、この辺りの「今、トレンドアフィリエイトで稼ぐにはどうすればいいのか」というところは「井上太一さん」という方のこちらの記事が非常に参考になりますので、シェアしておきます。

>トレンドアフィリエイトで稼げない理由を紐解く。

今からトレンドアフィリエイトを始めるという人や、トレンドアフィリエイトでいまいち成果を上げられていない人は是非、読んでみてください。

最期は少々、話が「トレンドアフィリエイト」という手法そのものについての動向的な話になりましたが、この「下克上」そのものはトレンドアフィリエイトの教材としては誇大広告も控えられたので、

「以前よりは素直に推奨できるもの」

になったと思います。

ただ既にお伝えした通り、マニュアルの大半は「動画による講義」で解説されていますので、そのような形式で学びたい、実践したいという人向けです。

そういう人であればアリなんじゃないかと思います。

ただ「動画はちょっと・・・」という人は、一度、先程の「比較レビュー」の記事を一通り読んでみてください。

>トレンドアフィリエイト教材徹底比較

以上、リニューアルされた「下克上∞(MUGEN)」について、でした。

参考にして頂ければと思います。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年5月25日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

せどりバーストストリーム(呉亮太)のトレカせどりは稼げるのか。

ここ数日、インフォトップの方で売上ランキングの方で上位に出ているせどり商材がありますので、今日はこちらを取り上げてみたいと思います。

トレンディングカードのせどり、転売を題材にしているこちらの「せどりバーストストリーム」という教材です。

せどりバーストストリーム(呉亮太)

・URL: http://zaitaku-net.xyz/

(特定商法表記)
・株式会社キュリアスコープ
・呉亮太、岩崎秀秋
・北海道札幌市中央区南6条東3丁目1-2 レノンテラーザ6-3 3F

せどりバーストストリームのトレカせどりは稼げるのか


せどり、転売の対象になるジャンルとしては、わりと有名どころの1つにあたる「トレンディングカード」ですが、意外にこれを題材にした情報商材はそこまで多くはありません。

少なくとも、今回取り上げる「せどりバーストストリーム」のように、ASPの売上ランキングで上位に来るような売れ行きを見せるのは珍しいケースだと思います。

それだけこの「トレンディングカードせどり」というジャンルは、とくに「これ」といった教材が出回っていないようなせどり市場だという事です。

その理由としては、やはり初心者や、そのジャングに精通していないような人が、ただの「せどり」「転売」目的で参入していくには、少しハードルの高いジャンルの商品である事が挙げられると思います。

トレンディングカードと言っても、ありとあらゆるジャンルのカードがあり、更にそのカードごとにも「人気のシリーズ」と「そうではないシリーズ」がありますからね。

更にそのシリーズごとに大量のカードが圧倒的な種類で出回っていますので、そのジャンル、種類の多さから「高く売れる商品の見極めが難しい」という事も、トレカせどりが難しい要因の1つとして挙げられます。

要するに、初心者やこの手のトレンディングカードに詳しくない人が参入しても、なかなか「稼ぐ事」は出来ない市場というのがトレカ市場の現実なわけです。

今回取り上げる「せどりバーストストリーム」という教材は、そんなトレンディングカードせどりの教材という事になるのですが、一応、そのセールスレターの冒頭では、

『知識・時間・交通手段全て不問、稼げない要素が見当たらない・・・』

というような謳い文句が並べられています。

ただ、トレンディングカードのせどりは、

・多くのジャンル、種類のカードから需要と相場を見極めていく知識
・カードの需要と相場に関連する市場の動向チェックに要する時間
・トレンディングカードの仕入れが出来る店舗への移動


などの要素が基本原則として必要不可欠なジャンルのせどり市場です。

それだけに、もしも上記のようなポイントを全てクリア出来るトレカせどりの戦略、方法があるというなら、それは確かに有効で価値のあるノウハウだと思いました。

・・・が、正直、この「せどりバーストストリーム」という教材のマニュアル内容や、その内容で提唱されているノウハウは、

『知識・時間・交通手段全て不問、稼げない要素が見当たらない・・・』

という謳い文句に見合う内容、ノウハウにはなっていないように思えたというのが、私の率直な感想です。


せどりバーストストリームの内容・詳細について


まず、私が先ほど挙げた「トレカせどり」において必要不可欠だと思う3つの要素。

・多くのジャンル、種類のカードから需要と相場を見極めていく知識
・カードの需要と相場に関連する市場の動向チェックに要する時間
・トレンディングカードの仕入れが出来る店舗への移動


この3つが、この「せどりバーストストリーム」の内容、及びそこで提唱されているノウハウでは、普通に「必要」とされるものになっていました。

要するに「知識・時間・交通手段全て不問」というフレーズは、ほぼ「虚偽」に近い内容と言っていいと思います。

この教材の内容に沿ってトレンディングカードの仕入れ、転売をしていくのであれば、相当な知識をしっかりと詰め込んでいく必要がありますし、その為の時間も必要不可欠です。

そして、実際の「仕入れ」についても普通に「店舗での仕入れ」が重要になってくる内容になっていますので、これでは、先立つセールスレターの謳い文句には到底見合わない教材内容になっているとしか言いようがありません、、、。

まあ、そのような「虚偽記載」になっている部分を完全に「差し引く」のであれば、トレンディングカードのせどり教材としては、「稼ぐ為に必要な事」はきちんと書かれていると思いました。

ですが、先立つ謳い文句が「知識・時間・交通手段全て不問」というものですので、これを期待して購入すると、完全に「やられた!」という感じになってしまうと思います。

そもそも、この「せどりバーストストリーム」は、ここ最近、流行になっている「トレンディングカードゲーム」の対象になっているカードをせどり、転売していく為の教材であり、このようなカードはその大前提として

“頻繁な公式ルールの変更と共にカードの需要と相場が目まぐるしく変化する”

という「かなり特殊な市場傾向を示すもの」になっています。

このような「トレンディングカードゲーム」の対象になっているカードは、実際にゲームにおいて強いカード、使えるカードに人気や需要が集まる傾向にある為、その「動向」を押さえていけない事には相場を読めないわけです。

故に、公式ルールの変更によって、これまで需要が無かったカートがいきなり使えるカードになり、需要が高騰する事や、その逆もある為、ゲームそのものの動向がカードの需要と相場をそのまま大きく左右していきます。

この「せどりバーストストリーム」は、そういった「ゲーム対象」になるカードを売買していくノウハウなんですね。

実際にセールスレターでもその売買事例が挙がっていますが、この手のトレンディンガードで有名なのは『遊☆戯☆王カード』や『ポケモンカード』などです。

ですが、この手の「ゲーム」を前提とするトレンディングカードは、常にその公式ルールの動向を押さえたり、カードゲームの大会で活躍したカードをチェックする必要があり、その「情報収集」が重要になります。

そして、この情報収集の重要性は、この「せどりバーストストリーム」のマニュアルにも書かれてはいるのですが、これは普通に「特別な知識が必要である事」に他ならないと思います。

その情報を収集し続けていかない事には「稼げない」わけですから。

要するに、この「せどりバーストストリーム」で提唱されているノウハウは「情報=知識」が必須であり、しかもその情報は常に収集し続けていかなければならないわけです。

当然、そんな情報を「収集し続ける」には、相応の時間も要していきますので、少なくとも『知識・時間は必要無い』という謳い文句には、完全に相違があると思います。

そして、その「必要な知識・情報」となるものが、この手のカードゲームの基礎知識や最低限の知識を持っていないような人にとっては、非常に複雑で分かりにくいものなんですね。

少なくとも、この「せどりバーストストリーム」で提唱されているノウハウは、そういった情報を「収集し続ける事」が必須であり、それを「理解」した上で、

「これから需要や相場が上がってきそうなカードをいち早く判断し、売買していく事が大前提」

となっていますので、私はこの手のカードにある程度の興味や知識を持っている人でなければ、稼いでいくのは難しいんじゃないかと思いました。

そもそも、ある程度は「こういうものが好き」という気持ちや「前向きな興味」が無ければ、その情報を収集し続けて、その判断を正確に下していくのは、非常に難しいジャンルの商品だと思います。

実際にそういった継続的な情報収集と、その判断が「出来る」という人であれば、実際に稼げるものだと思いますが、よほどそれを意欲的に出来る人でなければ、私は「厳しい」と思いますね。

私はこの「せどりバーストストリーム」のマニュアルを一通り読んで、逆に「これは自分には無理だな」という気持ちが強くなったというのが率直なところです。

それくらい、具体的に「情報として収集していかなければならない対象」を知れば知るほど、その情報量や複雑さ、そしてその上で相場が上がりそうなカードを判断していく事に「高い難易度」と感じました。

少なくとも、セールスレターで謳われているような『知識も時間も不要』という謳い文句は、真に受けない方がいいと思います。

尚、この「トレンディングカードのせどり」については、具体的にどういう情報、知識を収集し続ける必要があり、その上でどうカードを判断して売買していく必要があるのか。

その詳しいポイントを私が推奨している「せどりインサイダー」の著者である「せどりエイターれお」さんが、その辺りを言及してくれていますので、興味があれば以下を参照してみてください。

>トレーディングカードのせどり、転売は稼げるのか。

こちらを参照した上で現実的に「自分にも出来そう」と思えるような人なら、チャレンジしてみてもいいと思いますが、そうは思えない人は、やはり避けた方がいいせどりジャンルだと思います。

少なくとも、今回取りあげたこの「せどりバーストストリーム」は、その辺りの情報収集や相場判断を「避けられる」ようなポイントは、とくに記載されていません。

むしろ真っ向から、そういう情報の収集と判断を行っていく事が前提となっているようなノウハウを提唱されている教材ですので、私は逆に「無理そう」という思いが強くなるような教材でした。

よって、この「せどりバーストストリーム」の購入判断は、前提として、この手のトレンンディングカードのせどり自体を「出来そう」と思えるかどうかで判断した方がいいと思います。

その指標の1つという視点も含めて、先ほどの「せどりエイターれおさんのブログ記事」の方も併せて参考にしてみてください。

以上、せどりバーストストリームのレビューでした。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年5月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

時給3000円~5000円以上の高額在宅ワークについて。

珍しく、インフォトップでもインフォカートでも、アドモールでも無いASPの情報商材について、レビュー依頼を頂きました。

こちらの「時給3000円~5000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内」という『インフォポイント』というASPで販売されている情報商材です。

時給3000円~5000円以上の高額在宅ワーク

・URL: http://zaitaku-net.xyz/

(特定商法表記)
・三枝伸幸
・群馬県渋川市渋川3-8-7

時給3000円~5000円以上の高額在宅ワークについて。


クリックとコピーと貼り付けのみの簡単作業で時給3000~5000円の高収入を稼ぎ出せる在宅ワークを紹介?してくれる情報商材らしいです(笑)

もう、こんな系統の情報商材は、ほとんど見なくなったと思ったのですが、まだあったんですね。

一昔前はインフォスタイルやインフォレストランなどのASPで販売されていたイメージがありますが、今はインフォポイントというASPで細々と売られているようです。

『こんな系統って、どんな系統?』

と思われる方もいるかもしれませんが、一言で言えば『何のこっちゃわからない情報商材』です(笑)

せどりや転売で稼ぐ為の教材なのか、アフィリエイトで稼ぐ為の教材なのか、その情報商材そのものの「趣旨」が全くそのセールスレターに書かれていないというものですね。

一昔前まで、この「時給3000円~5000円以上の高額在宅ワーク」のような系統の情報商材は「即金系情報商材」などと呼ばれていました。

こういう系統の情報商材の大半は「5分の○○で即日○○万円!」というような、とにかく楽に、すぐにでも稼げるというようなニュアンスで購入を煽っているものが多かったからです。

ですが、この「時給3000円~5000円以上の高額在宅ワーク」のような即金系情報商材と呼ばれるものは、いざその蓋を開けてみるとその内容の大半は、

・自己アフィリエイトで稼ぎましょう
・ポイントサイトでポイントを貯めて稼ぎましょう


といような無料レポートなどで普通に無料公開されているような情報、マニュアルの焼き回しレベルのものであったり、

・せどり
・アフィリエイト


などの、ほぼ何の足しにもならないような簡易的なマニュアルがペラッと提供されておしまいというものが非常に多く、いざ購入してしまった購入者は、マニュアルを開いて3秒で

「やられたっ!!」

と思ってしまうようなものがほとんど(というより、ほぼ全て)というのが現実だったりします。

要するに、売る側も、ほぼ「騙す」つもり満々で、全くそのセールスレターや価格に見合わない「適当な情報」を、とにかく安易な謳い文句を並べて売っているんです。

まあ、もともとこういった系統の情報商材は、立ち上げ当時のインフォトップやインフォカートなどでも普通に売られていたのですが、次第に消費者トラブルが絶えなくなり、締め出されていくようになりました。

この「時給3000円~5000円以上の高額在宅ワーク」のように、セールスレターを読んでも『何のこっちゃわからない情報商材』は、審査で蹴られるようになっていったわけです。

まあ、当然と言えば当然ですね。

そんな「コピーペーストだけで時給○円」「クリックだけで日給○万円」というような謳い文句だけが並んでいる『何のこっちゃわからない情報商材』の内容が、いざ自己アフィリだ、ポイントサイトだというのですから。

中には泣き寝入りする人もいるかもしれませんが、そうではない消費者が消費者センターに足を運んだりという行動を取っていけば、そういった消費者トラブルが積もり積もっていく事は火を見るより明らかです。

ASPとしても、そんな情報商材を扱っている事自体が「信用問題」に関わりますから、そんな情報商材は審査の時点で蹴っていって「当たり前」なわけです。

むしろ、「コピーペーストだけで時給○円」「クリックだけで日給○万円」というような謳い文句が並んでいる時点で、その情報商材の内容がどんな内容であれ、実際にそんな事は現実的に考えて到底「不可能」です。

そんな「到底不可能」な事を誇張して、数千円、数万円という情報商材を言わば「騙し売り」しているのですから、その内容がどうであれば、そういう情報商材が消費者トラブルに発展していく事は必然的だと思います。

要するに、ASPとして、こういったレベルの『何のこっちゃわからない情報商材』を扱っている時点で、もはやそのASPも詐欺の片棒を担いでいるのと何ら変わりません。

少なくとも「消費者」の事を考えて運営されているASPとは言えないと思います。

そういう意味で言えば、この手の『何のこっちゃわからない情報商材』は、ASPの健全性やスタンスを図るリトマス紙のような見方も出来るますね。

そういう意味では、この「時給3000円~5000円以上の高額在宅ワーク」などは、まさに典型的な『何のこっちゃわからない情報商材』ですから、こんなものを未だに扱っている「インフォポイント」は、ASPとして到底、消費者の事を考えているとは言えません。

「インフォポイントで売られている情報商材だから詐欺」

とまで言うつもりはありませんが、インフォポイントというASPのスタンスは、そういうものであるという事は頭に入れておいた方がいいと思います。

まず、基本的な考え方として、この「時給3000円~5000円以上の高額在宅ワーク」のような、何で稼ぐ為の教材なのかも不透明な『何のこっちゃわからない情報商材』は、99%詐欺に近い情報商材と考えて問題ありません。

内容を詳しくアピールしないのは、内容を詳しくアピール出来ないような情報商材だからであり、そのレベルの内容でしかないという事です。

だから『何のこっちゃわからないセールスレター』になるんですね。

ただ、未だに一部の「情報弱者層」と呼ばれる人達は、その『何のこっちゃわからない部分』に、勝手に都合の良い妄想を膨らませて、こういう情報商材を「買い」に走る傾向にあります。

こういう『何のこっちゃわからない情報商材』は、そういう人達を言わば「カモ」にしようとしているわけです。

何だかんだんで、まだ「買う人」がいるから「売る」んですね。

ですが、まずこのような『何のこっちゃわからない情報商材』は、内容がスカスカのくだらないマニュアルを提供されるだけなので、金額を問わず、勝手な妄想を膨らませてしまうのは辞めた方がいいと思います。

そして、こういう『何のこっちゃわからない情報商材』を扱っているASPも、利用していく事自体、お勧めしません。

消費者の事を考えないようなASPというのは、突き詰めれば目先の利益しか追えないようなASPであり、そういう会社、経営者が運営しているASPという事です。

そんなASPを色々な意味で「信用」出来ますか?

少なくとも、私は出来ません。

なので、こういう『何のこっちゃわからない情報商材』を未だに扱っているような情報商材は、その時点でパスです。

ASP、情報商材を見定める1つの指標として、参考にして頂ければと思います。

以上、「時給3000円~5000円以上の高額在宅ワーク」と、この『何のこっちゃわからない情報商材』を扱うASP「インフォポイント」についてでした。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年5月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像