メルマジックスアカデミーは稼げない?(寺田正信)

スマホ専用のフリマアプリ「メルカリ」をを利用したメルカリ専用ツール付きの高額塾?らしきものが、ここ1カ月くらい、インフォトップの売上ランキングにちょいちょい出て来ている模様です。

こちらの「メルマジックスアカデミー」というツール付きの高額教材ですね。

寺田正信のメルマジックスアカデミー

・URL: http://gksnr175.com/mermagics/

(特定商法表記)
・平河大、寺田正信
・滋賀県草津市野路東3-4-35-515

寺田正信のメルマジックスアカデミーは稼げない?


まず、この「メルマジックスアカデミー」のザックリとした概要としては、スマホ専用のフリマアプリである「メルカリ」を利用した転売で稼ぐノウハウ、ツールを提供するという教材で、その料金設定は、

・初月入会費用:24800円
・継続利用料:14800円/月


と、かなり高額な金額設定になっています。

正直、アフィリエイト系のツールでもここまで高額な利用料を取っているようなツールはほぼありません。

ハッキリ言って、転売系のツールとしては『異常』というくらい高額な金額設定ですね。

一応、年間契約というのもあるようですが、それでも「162800円」という各設定になっていますので、どちらにしても月に13000円以上は徴収するというのが前提の価格設定のようです。

ただ、この料金は実質的に「ツールの利用料」という名目になるのですが、そのツールの詳細を見る限り、

「は?マジで!?」

としか思えないようなツールでしかなく、これはかなり「悪い意味で」私的には到底、金額に対して割に合わないツールを提案している教材としか思えませんでした。

ただ、実際にこの「メルマジックスアカデミー」がインフォトップのランキングに入っているという事は、実際にこの条件の価格設定で『申し込んでいる人がいる』という事になります。

私的には、このセールスレターを読んで、このツールの詳細を認識した上で、このツールの利用料に毎月14800円を支払おうと思う人は全く持って理解不毛という感じです、、、。

まあ、1つだけ言える事は、この「メルマジックスアカデミー」のセールスレターを読んで、実際に申し込んでいるような人は、根本的に「せどり」や「転売ビジネス」の経験が無い人か、ほぼ初心者に近い人なんだろうといところでしょうか。

少なからず、せどりや転売ビジネスの経験があるような人なら、この「メルマジックスアカデミー」のセールスレターを読んだ時点で、ここで提供されているレベルのツールに月に14800円の価値が無い事は一目瞭然で分かるはずだからです。


メルマジックスアカデミーのツールが金額に見合わない理由。


まず前提として、この「メルマジックスアカデミー」で提供されているツールは、実際にメルカリを利用して商品を販売している他の利用者が、

「どういう商品を幾らで、どれくらい売っているか」

を監視し、データ収集していく事が出来るというツールがメインで、それ以外のツールは、実質的にメルカリの利用をほんの少し効率化してくれる「商品出品作業の簡略化ツール」及び「取引コメントの簡略化ツール」なので、この2つは、あってもなくてもさほど変わりません。

無くても全く困らないものですし、あったからといって、稼ぎや利益に直結するようなツールでもないわけです。

よって、実質的にその「価値」を見出せる余地があるのは、最初に説明した『メルカリの既存の利用者の商品の売買状況をデータ収集して監視できるツール』のみという事になります。

ですが、もはやこの手の「ライバル監視ツール」的なものは、アマゾンやらバイマやらでも過去に幾つも出回ってきているようなシロモノで、この「メルマジックスアカデミー」で提供しているツールは、その「メルカリ版」というだけのツールでしかありません。

そして、これまで、アマゾン、バイマでこういったツールが幾つも出回ってきましたが、こういうツールを利用して実際に「稼げている人」「稼ぎ続けている人」は、ほぼ『皆無』に近いと言うのが現実なんです。

勿論、この手のツールの利用者の中でも、実際にアマゾン、バイマなどで稼いでいる人も一部はいると思いますが、少なくとも、そういう人はそこまでこのようなツールに「依存」はしていません。

あくまでも、このようなツールを自分の転売戦略に役立てる「自分なりの使い方」を確立しているというのが現実です。

言い方を変えると、そういった「自分なりの使い方」を確立しない限り、この手の「ライバル監視ツール」のようなものに依存して、転売ビジネスで稼ぐ事は『出来ない』わけです。

少なくとも、この「メルマジックスアカデミー」では、完全にこのツールに依存して稼ぐ事を前提に、その転売ノウハウが提唱されていますので、その時点で、この「メルマジックスアカデミー」の手法では、まず『稼ぎ続ける事が出来ない』と思います。

というか、もうその結果が目に見えているといっていいですね。

理由は簡単です。

こういうツールでデータ収集出来るのは、せいぜい『メルカリで実際に稼いでいそうな人がどういう商品を幾らで売っているのか』という表面的な情報のみで、実際にその人がその商品をどこで、どれくらいの金額で仕入れているかは全く分からないからです。

そんな表面的な情報を幾ら収集しても、結局、その人と同じ商品を「仕入れられる」とも限りませんし、仕入れられるとしても「幾らで仕入れられるか」も全く分かりません。

そもそもその人は「商品をたくさん売っている」というだけで、実はほとんど「稼げていない可能性」もあるわけです。

または、その人だけが特別な仕入れルートを持っていて、その商品を大量に安く仕入れている可能性もゼロではありません。

つまり、そういうところは「わからない」というのが現実であり、また、「マネの仕様がない」わけですね。

だから、このような「ライバルの売買状況をチェックしていくツール」だけでは、まず転売ビジネスでは稼いでいく事は出来ないんです。

それでなくとも、この「メルマジックスアカデミー」では「タオパオ」「アリババ」などの中国サイトで仕入れをする事が前提になっています。

仮に100歩譲って、その「稼いでいそうな人」がよく売っている商品を、それらの中国系のサイトで見つける事が出来て、実際に利益も見込めそうな状況だったとしましょう。

でも、それはこの「メルマジックスアカデミー」に参加して、同じツールを利用している人は、ほぼ全員がその利用者に目星を付け、その商品に行き着く可能性があるという事です。

この時点で「どうなるか」は、もう分かりますよね?

「メルマジックスアカデミー」の、このツールの利用者同士で「仕入れ」の段階、「転売」の段階、ダブルで競合が起きて、すぐに稼げなくなるという寸法です。

要するに、このようなツールに依存して、特定のサイトで仕入れをするという事を「前提」にしている事前で、もはや転売ビジネスとして「稼ぎ続ける」ということは、到底『不可能』なわけです。

以上が私がこの「メルマジックスアカデミー」のツールに『価値が無い』と思う理由です。

ツールそのものも、ノウハウも、まずこの内容では、再現性を維持出来ない事は明らかですから、どう考えてもこの「メルマジックスアカデミー」という教材自体が「売る為」に作られたものなのは明らかなような気がしますね。

要するに販売者の寺田正信さんという方自身、このノウハウ、ツールではたぶん「稼いでない」という事です。

私がこの記事でお話しした理屈を理解出来るなら、どう逆立ちしても、このツールとノウハウで月収300万円以上なんて、100%無理だという事は分かりますよね?

まあ、そういう事です(笑)

メルカリ自体は決して「稼げない」とは言いませんが、こういう「他の利用者(ライバル)の転売状況をデータ収集して丸裸に・・・」的なツールに依存する形では、転売ビジネスで稼いでいくのはまず「不可能」だと考えた方がいいと思います。

勿論、こういうツールもその「使い方」によっては、有益なものに出来る余地はあると思いますが、それでも月額14800円という価格設定は「無し」ですね。

そこまでの価値は到底無いツールです。

あくまでも私の個人的な意見ですが、その理由はこの記事でお伝えしてきた通りです。

是非、参考にしてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年4月28日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

畑岡宏光のMASTER MAP all in one packageに騙された?

既に販売は終了しているのですが、先月あたりにインフォトップで売れ筋になっていた「MASTER MAP all in one package」という、畑岡宏光という方の教材について、

「完全に騙されました!悔しいので記事にしてください!!」

というお声を頂いたので、一応、そういう被害者の声的なものがあったという報告も兼ねて取り上げておきます。

畑岡宏光のMASTER MAP all in one package

・URL: http://mmfinal.com/letter/index2.php

(特定商法表記)
・JOUSHOU PTE.LTD
・畑岡宏光
・105 CECIL STREET #06-01 OCTAGON,THE SINGAPORE 069534

畑岡宏光のMASTER MAP all in one packageに騙された?


先月、リアルタイムにこの「MASTER MAP all in one package」が売れていた際は、私のブログにはさほどレビュー依頼、批評依頼のようなものは来ていなかったので、私はあえてこの商材はスルーしていました。

まあ、実際に売れているのでインフォトップのランキング上位に入っていた事は間違いありませんが、私のブログの読者さんは、もうこういうものには興味を示さなくなっているのかな?と感じた為、取り上げる必要は無いと判断していたわけです。

現に、販売期間中にレビュー依頼等が来なかったという点で、私のブログを普段から読んでくれているような人は、さほど反応していなかったものと思います。

ですが、それでも「買ってしまった人」はいたようで、実際にその「買ってしまった人」から、悲痛な声が飛び込んできたというのが、今回、このMASTER MAP all in one packageを取り上げさせて頂いた経緯です。

ただ、ここ最近、情報商材やネットビジネス系の情報を目にするようになったような方からすると、

「その畑岡宏光って何者?有名なの??」

という感じだと思いますし、中には「そのMASTER MAP all in one packageって何?」という人もいるかもしれません。

ですが、先月、インフォトップでこの「MASTER MAP all in one package」を販売を行っていた期間は、一部の「有名」と言われる起業家さん達は、こぞってこの教材の販促に乗り出してました。

それこそ「あの畑岡宏光さんが・・・!」という煽りを入れて、この「MASTER MAP all in one package」を売り煽っていたわけです。

勿論、そのような経緯もあって、この「MASTER MAP all in one package」は結構な売れ行きだったのだと思いますが、この教材の販促に力を入れていた人達の名前をザッと挙げていくと・・・

石田健、泉忠司、池田秀樹、坂本よしたか、長倉顕太、斉藤和也、佐藤ひろひえ、佐藤みきひろ、佐藤文昭、白石達也、蝶乃舞、渡辺雅典(パンダ)、呂田直樹、松宮義仁、望月高清、原田翔太、七星明、土屋ひろし、泉忠司、小野たつなり・・・

といったような方々です。

まあ、本当にこの業界では良くも悪くも有名な人達ばからで、情報商材業界、ネットビジネス業界で情報を収集した事があれば、まず名前や顔が必ず出てくるような人ばかりですね。

ただ、こんな方々にこぞって「あの畑岡宏光さんが・・・!」と言われる畑岡宏光という人物はそもそも何者なのか、というと、私の認識では、

「インフォトップの2世代くらい前の情報商材ASPをやって一発当てた人」

というくらいの認識しかありません。

インフォトップの1世代前はインフォカートが主流だったのですが、そのインフォカートさえ無い頃に「インフォストア」というASPがあり、そのインフォストアを運営していたのが、この畑岡宏光さんです。

そういう意味では「情報商材」という市場にかなり早い段階から目を付け、そのASP事業をやって、ガッポリ儲けていた事があるというのが事実だと思います。

ですが、結局そのASP事業も先駆者としてあぐらをかいて、後に登場する「インフォカート」に市場の大半を取られ、インフォトップが出て来て完全徹底を余儀なくされたというのが実際のところではないでしょうか。

そこからは「インフォストアを起ち上げて情報市場を作り上げた男」的な感じで、インフォプレナー、アフィリエイターとして活動してきたようですが、実際のところ、その分野での活動実績はどこまでが本当か分からないという感じです。

むしろ「畑岡宏光」の名前で検索すると、過去、炎上させた情報商材や評判や悪評の方がかなりたくさん出てくるので、私的には「過去の栄光と名声でズルズルやっている人」という見方しか出来ないです(笑)

ただ、そんな畑岡宏光さんを持ち上げて、上記のような「有名」と呼ばれる人達がこぞってプロモーションに乗り出していたのが、今回取り上げた「MASTER MAP all in one package」という教材です。

それこそ、先程名前を挙げたような人達は、独自の顧客リストを大量に抱え込んでますからね。

そこに一斉にプロモーションをかけられたわけですがが、その販売ページは、まさに「彼等」が抱えてる顧客達が喜びそうな甘い謳い文句、誘い文句のオンパレードになっていました。

「何となく楽に大金が稼げそうな雰囲気」

をプンプン匂わせるだけで、結局何をやって稼ぐノウハウを提供するものなのか、何の教材なのかもよくわからない、私から見ると本当に「残念」な販売ページになっていたわけです。

にも関わらず価格は10万円ほどと超高額(笑)

更に、購入者にはもれなく50万円の合宿?のような案内がいくというお決まりのバックエンド商法付き、まさに典型的なお決まりパターンの高額教材だったわけですね。

まあ、それでも、その10万円の教材に「価値」があり、実際に買った人がその内容に満足すれば、それで良かったわけですが、その内容が本当に「ヒドイものだったらしい」というのが今回の顛末です。

一応、報告された限りのその内容としては・・・

・抽象的なマインド話(これがメインの「マスターマップ」らしいです)
・自己アフィリエイトの方法(10万円の教材で自己アフィリって・・・)
・ブログにアドセンス広告をノウハウ(今更レベルの内容らしいです)
・転売で手軽に稼ぐノウハウ(ネット検索で拾えるレベルらしいです)

ほぼ「以上」に等しい内容だったとの事です。

これで10万円というのは、確かにあまりにも酷過ぎますね・・・。

ただ、これでハッキリした事が1つだけあると思います。

この「MASTER MAP all in one package」を煽っていたような人達は『もう信用しない方がいいんじゃないか』って事ですね。

まあ、こういう結果になる事自体の予想は十分に出来ていましたが「10万円」というお金を取って、まさかここまの低レベルな教材を提供しているとまでは思いませんでした。

あの販売ページ(もう見れませんが)に10万円を払った挙句、先程挙げたような内容の教材が送られてきたなら、誰でも「騙された!」と怒って当然だと思います・・・。

ですが、具体的に「何を教える」「何をする」という事は一切書かれていない販売ページだった事も事実です。

ですので、勉強代としてはちょっと高かったかもしれませんが、これを1つの教訓にしていくのも1つの成長だと思いますね。

他にどれくらい、この「MASTER MAP all in one package」に対して『騙された!』と思っている人がいるかはわかりませんが、甘い謳い文句、誘い文句に乗ってしまった自分にも責任があると自分自身を戒めて1つの経験にするべきだと思います。

まあ、実際の教材内容を私が見たわけではないので「MASTER MAP all in one package」という教材に対して「そういう声が実際に寄せられた」というお話でした。

一応、そういう声を頂けば、このように取り上げる事もありますので、高額な情報商材等を購入し、思った事、感じた事、記事にして欲しいことがあれば、お気軽にご一報ください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年4月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

NEWホームセンターせどり(大藤伸栄)ナツメ球のレビュー

ホームセンターせどりという、やや「変わり種なせどり教材」がインフォトップの売上ランキングの上位に出て来ています。

ナツメ球こと、大藤伸栄さんという方が販売している、こちらの「NEWホームセンターせどり」という教材です。

NEWホームセンターせどり(大藤伸栄)ナツメ球

・URL:http://homecenter-sedori.com/

(特定商法表記)
・株式会社キュリアスコープ
・岩崎秀秋
・北海道札幌市中央区南6条東3丁目1-2レノンテラーザ6-3 3F

NEWホームセンターせどり(大藤伸栄)ナツメ球のレビュー


こちらの「NEWホームセンターせどり」ですが、価格も比較的、手頃だったので、内容の方をチェックしてみました。(まあ、価格が手頃と言っても、情報商材としては・・・ですが)

まず、率直のマニュアル内容の感想としては、「なるほど」と思えた部分も多少なりとはありましたが、全般的には「ページ数稼ぎ」としか思えない部分が非常に多かった印象です。

あと、何よりも「肝心なところを一切説明していない」というところも見受けられ、総合的に「価格に見合う価値があったか」というと、私はかなりの「物足りなさ」を感じました。

価格的には8480円と、情報商材としては低価格と言える価格帯でしたが、正直、この価格帯でも私は普通に「割に合わない情報だった」という印象ですね。

まず、ページ数稼ぎとしか思えなかった内容としては、この手のせどり教材ではわりとありがちなものですが、

・とくに必要の無い無駄に大きいだけの商品画像でページの大半を埋める
・根本的に大きいテキスト文字と広い改行を多用する
・無駄に広い空きスペースを多用する


このオンパレードはもとより、その内容についても、誰でも知っているようなホームセンターの店舗写真や情報をただひたすら並べているだけのページ。

そういうホームセンターで売られている商品をその画像と共に、ひたすら並べているだけのページなどが7割くらいを占めています。

要するに100Pくらいのマニュアルのうち、70Pくらいは、そういう「何の足しにもならないような画像と情報がひたすら並んでいるだけのマニュアル」になっているという事です。

ただ、このNEWホームセンターせどりの販売元である、岩崎秀秋さんが代表を務める株式会社キュリアスコープさんが販売するせどり教材は、全般的に、こういう「ページ数稼ぎがあからさまなマニュアル」が非常に多いです。

このNEWホームセンターせどりのマニュアルは、まさにそんな株式会社キュリアスコープさんが販売するせどり教材の悪い部分が、かなり濃厚に出てしまっていますね。

また、そんな「無駄なページ数稼ぎ」が非常に多いわりに、せどりの教材としては『肝心なポイント』が、ほとんどと言っていいレベルで説明されていません。

細かく言えば、そのポイントも多岐に渡るのですが、大きいポイントとしては、

・仕入れ判断の前提となる相場のリサーチ方法・その判断基準
・実際に仕入れた商品の売り方、価格の付け方


このあたりですね。

「え?そんな肝心な事が書かれてないの??」

と思ってしまうような、せどりというビジネスにおいては、明らかに「肝心且つ重要なポイント」だと思いますが、実際にこの「NEWホームセンターせどり」のマニュアルには、この「肝心な事」が殆ど説明されていません。

まあ、私自身、もう幾つものせどり教材や転売系の教材を見て来ていますから、そういった相場のリサーチ方法や、それを前提にどう仕入れを判断していくべきか。

また、実際に仕入れた商品を販売していく際に押さえた方が良いであろうポイントなどは、自分なりの判断で上手く出来ない事もありません。

ですが、それはそれなりにこの手の情報を多く手に取っている人や、それなりのせどり経験、転売ビジネスの経験があってこその話です。

そういう意味では、この「NEWホームセンターせどり」は、明らかに初心者に対しては不親切過ぎる内容ですし、そういう人達では、そもそも「実践自体が難しい」というのが実際のところですね。

明らかにそういった初心者層を対象にした視点が疎かになっている教材である事は間違いないと思います。

ですので、この「NEWホームセンターせどり」は、

・仕入れ判断の前提となる相場のリサーチ方法・その判断基準
・実際に仕入れた商品の売り方、価格の付け方


こういった情報が一切マニュアルに書かれていない事を前提に購入を検討するようにしてください。

一応、私なりに多少なりと「参考になった」「価値を感じた」と思えた部分としては、

“ホームセンターならではの利益を見込める商品の見つけ方”

で、これについては『なるほど』と思える部分もありました。

ですが、情報として価値を感じたのは、ほぼこの一点のみと言ってもいいくらいなので、この一点の情報だけで8480円という価格は、正直「無し」です。

一応、私は『なるほど』と思えるところもありましたが、内容としてはそこまで「物凄い情報」というわけではありませんからね。

言ってみれば、ホームセンターで「セール」になっているような商品や「在庫処分」になっている商品を、手早く絞り込んでいくというだけのノウハウなので。

また、その方法で見つけた商品のネット(アマゾン)の相場を調べて、仕入れて利益が見込めるかどうかを判断し、それが利益を見込める商品であった場合に限り、初めて仕入れが出来るというのが実際の流れです。

マニュアルの方では、その肝心な部分の説明が一切されていないので、この相場のチェックや判断は、あくまでも自分なりにやっていく必要がありますが、実際はそう簡単に「利益を見込める商品」は見つけられません。

ここは根気強く、目星を付けた商品を調べていくしかないというのが、この手の店舗せどりの現実です。

少なくとも、この「NEWホームセンターせどり」で提唱されているノウハウは、それ以上でもそれ以下でも無いものなので、私的には特段、予想を上回る目新しい情報というのはとくに無かったという印象ですね。

強いてこの「NEWホームセンターせどり」を購入するというのであれば、ここで私がお伝えしたような“ホームセンターならではの利益を見込める商品の見つけ方”の一点に情報としての価値を感じるかどうか、だと思います。

私はこの一点に8480円という価値は到底無いように思えますが、そこに価値を感じられるようなら、購入しても良いかもしれません。

ただ、その方法は「それなりには有効」だと思いますが、その方法で目星を付けていく商品が必ずしも利益を見込める商品というわけではありませんからね。

結局そこからネット(アマゾン)の相場を調べて、仕入れて利益が見込めるかどうかをひたすら判断していくという流れは、通常の「店舗せどり」と何ら変わりません。

セールスレターに書かれているような大きな利益を見込めるような商品がそう次々と見つかるわけでもありませんので、この教材内容を踏まえた上でも、この「ホームセンターせどり」というもの自体に私はあまり魅力を感じられませんでした。

以上が、私の「NEWホームセンターせどり」の批評、レビューになります。

是非、参考にしてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年4月11日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

FINALYOUTUBERの画像に捏造疑惑(大田賢二)ファイナルユーチューバー

先日、久々にYouTube系のツールを推奨した矢先ですが、また新たなYouTube系のツールがインフォトップの売上ランキングの上位に食い込んでいました。

大田賢二さんという方が販売している、こちらのFINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)というツールです。

大田賢二のFINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)

・URL:http://finalyoutuber.com/

(特定商法表記)
・株式会社オタケン
・大田賢二
・東京都千代田区神田多町2-8-10 神田グレースビル3F

FINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)の画像に捏造疑惑


元お笑い芸人のアフィリエイターという肩書で活動されている大田賢二さんという方が販売されているツールです。

一応「アフィリエイター」を名乗って活動されていますが、ここ最近はインフォトップのアフィリエイターランキングなどでも、ほとんど名前を見かけません。

以前はランキングにも名前を公開していたはずなので、今は「非公開」にしているか、ランキング入りするほどの実績を出せていないか、どちらかだと思われます。

ただ、ここ最近は明らかに「インフォプレナー(情報商材の販売者)」としての活動が主なように見えますね。

とにかくこの手の「お手軽系」のツールを頻繁に販売している印象です。

この情報商材業界では、古株な方なので、横のつながりがある分、その関係者の人達にはいつも「大田賢二さんがまた素晴らしいツールを公開しました!」という感じで紹介されています。

ですが、そういう繋がりをとくに持たない一般アフィリエイターの評判は全く真逆で、正直言って、評判の良いツールは「全く無い」というのが現実です。

それこそ、大田賢二さんのツールは「そのツールを実際に使った人が良い評価している」という試しがほとんどありません。

いつも話題先行で繋がりのあるアフィリエイターが売り煽り、そこでヒョコっとランキングに出て来て、すぐに消えていく・・・というパターンをいつも繰り返しています。

要するに「実際に買ってツールを使った人」からはすぐに悪評が立つので売れなくなるわけです。

それこそ今回の「FINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)」も、まさにそういう「売れ方」をしているので、また同じパターンになる気がしますね。

というのも、このFINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)には既に販売ページに掲載されている画像の「捏造疑惑」が上がっている為、早くもその効果に「怪しい」という声が上がっている状況にあります。

その捏造疑惑の対象になっているのがこちらの画像です。




この画像は、このツールを使うだけでYouTubeのチャンネル登録者を5日間で1007件増やした事を証明するYouTubeからの「チャンネル登録者」の登録通知メールをキャプチャしているものになります。

ただ、これは「ジーメール(gmail)」の受信メールの一覧を表示しているキャプチャ画像なのですが、明らかにおかしいところがあるんです。

それは、左側の「受信トレイ」のところが『受信トレイ(3)』となっている事です。

この『受信トレイ(3)』の「3」という数字は「未開封のメールの数」を表すものなのですが、ジーメールは普通、開封されたメールは、こんな感じの表示になるはずなんです。




上記のキャプチャ画像は私が実際に使っているジーメールから取った画像なのですが、受信トレイのところが3000件以上になっているのが分かると思います。

こちらは以前、テスト的に作ったツイッターのアカウントを作るのに利用したアカウントだったので、ツイッターから色々とメールが来ているのですが、それが未開封メールとして貯まっている状況です。

まあ、それはいいのですが、私のジーメールのキャプチャ画像では受信メールの一部がグレーになっていて、文字が細字になっているのがお分かり頂けると思います。

これは「開封したメール」が一目で分かるようになっていて、ジーメールはこのキャプチャ画像の通り、開封したメールはグレーで表示されて細字になるんです。

対して開封されていない未開封メールは背景が白いままで文字が太字で表示されるはずなんですね。

でも、FINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)に掲載されているジーメールのキャプチャ画像は「未開封メール」が3件しか無いはずなのに、そこに表示されている全てのメールが白い背景の太字表示になっています。

要するに「明らかにおかしい」わけで『この画像は捏造されたものなんじゃないか・・・』と思われるわけですね。

つまり、このFINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)のツールで5日で1000件のチャンネル登録者を集めたというのは「真っ赤な嘘」の可能性が高いという事です。


画像捏造疑惑が濃厚なツール「FINALYOUTUBER」


また、大田賢二さんが販売するツールは、とにかくセールスレターで「手軽さ」や「簡単さ」を猛烈にアピールしているものが多く、そのほぼ全てが『これを使えばほったらかしで稼げます!』的なものになっています。

その点はまさにこのFINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)の販売ページでも共通しているのですが、それ以上に全てのツールの販売ページに共通しているのが

『ツールのロジックを全く説明しない』

というところです。

これも完全に今回のFINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)でも当てはまっている部分で、大田賢二さんが販売するツールの販売ページはとにかく、

「こういう事が出来ます!(こういう結果が得られます)」

という結果論ばかりが強調されていて「何故、そのツールを使えばそんな結果を得られるのか」というロジック的な部分が何も示されていない傾向にあるんですね。

実際にこのFINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)も、

「チャンネル登録者をほったらかしで増やせます」

「5日で1000人のチャンネル登録者を集めました」

「5分で10分の動画を作れます。」

「30分作業しただけで215件のリストが集まりました」

「そこから報酬28万円を稼ぎました」


などなど、全てが「漠然とした結果論」だけで、そのFINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)のツールがどういうロジックでこのような結果を出したのかを全く説明していないんです。

仮にそのツールが本当に優れたものなら「こんなロジックを自動化しているから、こんな結果を出せるんです!」というような説明があってもいいものですが、大田賢二さんが販売するツールには一切そういう説明はありません。

言い方を変えると、大田賢二さんは「ロジックを明かせないようなツールしか販売していない」という事です。

それこそ、先日私が推奨したYouTubeツール『流時』の販売ページでは、ほぼその「ロジック」しか説明されていません。

>YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-

そのロジックありきで「こういう結果を得られます」という『ツールによって出来る事』が併せて公開されているわけです。

基本、ツールというものはその「ロジック」こそがウリになるはずなので、それが優良なツールであるほど、その販売ページは、その「ロジックのアピール」が大半になるはずなんですね。

ですが、このFINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)も含めて、大田賢二さんが販売するツールの販売ページでは、まず100%と言っていいレベルで、このようなロジックの説明は一切ありません。

要するに、ロジックをアピールした時点で「なんだ、それだけのツールか。」と思われるようなものしか販売していないわけです。

現に過去のツールはほぼ全て、そういう「肩すかし」を喰らうようなツールばかりでしたからね・・・。

そして、よく使われているのは決まって「このツールには驚くようなある仕掛けが施されているので・・・」というような謳い文句です。

このFINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)にもやっぱりそんな謳い文句が並んでました(笑)

本当にこれだけなんです。
もの凄いシンプルですよね?
これなら誰でも出来ると思いませんか??

ではこれに「ある仕掛け」を施してYoutubeにアップロードしてみます。
(※このある仕掛けが非常に重要なので忘れないようにしてください)

そこまで重要なポイントになるような仕掛けなら、それこそ販売ページの方でしっかりと「それがどういう仕掛けなのかアピールすれば?」と思うんですけどね・・・。

ですが、こういう「ある仕掛け」というような思わせぶりな言い方をしているポイントほど、いざ蓋を開けてみるとくだらない仕掛けでしかないというのが、ほぼお決まりのパターンです。

それが本当に驚くような仕掛けなら、それが本当に驚くような仕掛けであるほど、そのロジックそのものを販売ページでアピールするはずだからです。

でも、それをあえてせずに、こういう思わせぶりな謳い文句を並べて、ただ漠然と「結果」だけをアピールしている時点で、基本、この手のツールは「そのロジックをアピール出来ないレベルのツール」だと思った方がいいと思います。

まして今回はその「結果」をアピールしている画像に『捏造疑惑』まで上がってしまっている状況ですからね、、、。

ロジックを一切明かせず、その結果をアピールしている画像まで怪しいと来たら、もうリスクだけが高過ぎて、到底「買って試してみよう」と言う気にもなれません。

少なくとも、ここ最近の大田賢二さん活動状況やインフォトップのアフィリエイターランキングを見る限り、この大田賢二さん自身が、あまりアフィリエイトで稼げていないのは明らかなような気がしますので・・・。

少なくとも、こういった「ツール」を検討する際は、その販売ページできちんとその「ロジック」をアピールしているかどうかで見極めるようにした方がいいと思います。

“ロジック自体を明かしていないツールは、それを明かせないレベルのものでしかない”

と考えていいと思いますね。

そういうツールが本当に「驚くようなロジックを搭載したツールだった試し」は、過去、一度たりとも“無い”からです。

この手のツールの購入を検討していく際の1つの指標にして頂ければと思います。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年4月2日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像