YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-(鷹場禎)レビュー

YouTubeで「トレンド」を押さえた動画を作るという『 YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-』というツールが話題のようです。

これまでYouTube系の情報商材に対して辛口だったアフィリエイターも推奨傾向にあり、私が以前から推奨している王道系のYouTubeアドセンスの教材。

『Youtube-Ads Capture Sheet CLUB』

の販売者である杉山健一さんもこの『流時(RYUJI)』を販促する為に、わざわざブログを開設しているくらいです。

Youtube-Ads Capture Sheet CLUB販売者、杉山さんのブログ

自らYouTubeの教材を販売しているような人が他の教材を推奨するというのは、普通に考えて、その教材がよほど「良い」ものじゃなければ「推奨」まではしないと思います。

勿論、紹介すれば「アフィリエイト報酬を得られる」というメリットがある事も事実ですが、少なくともこの『流時(RYUJI)』というツールは、杉山さんが販売している教材よりも安い価格帯から購入できるような教材です。

少なくとも杉山さんは自身の教材を購入してくれた人に「だけ」このツールを紹介するのではなく、先程紹介したようなブログを立ち上げて、購入前の人も含めて普通にこの『流時(RYUJI)』を推奨していますからね。

もしこの『流時(RYUJI)』がさほど良い教材出なかったなら、あのブログから『流時(RYUJI)』を買った人は間違いなく杉山さんの教材も買いません。

要するに、自身でYouTube系の教材を販促しているような人が、自分の扱う教材よりも遥かに安く入手できるこのツールを「推奨」しているのは、この『流時(RYUJI)』というツールが「文句なく優良なものだから」と考えられるわけです。

そんな杉山健一さんも本気で推奨しているこの『流時(RYUJI)』というツール。

私からも「推奨ツール」として紹介しておきたいと思います。

YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-(鷹場禎)

・URL:http://ryuji.top/

(特定商法表記)
・株式会社カルマ
・鷹場禎
・北海道札幌市中央区南7条西1丁目2-1-1004

YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-レビュー


何故、これまでYouTube系の教材やツールに対して、ほぼ批判的だったアフィリエイターでも、この『流時(RYUJI)』に関しては推奨傾向にあるのか。

それはこの『流時(RYUJI)』というツールが、これまでのYouTube教材や動画作成ツールなどには見られなかった機能を備えているからであり、その機能というのが、

『YouTubeというサイト内のトレンドとそのトレンドに乗っている動画を「トレンドキーワード」から絞り込む』

という「トレンド動画のリサーチ機能」にあると思います。

一応、この『流時(RYUJI)』は「動画作成ツール」という位置付けで扱われていますが、私が思うに、この『流時(RYUJI)』は「動画作成ツールとして価値があるもの」なのでは無く、

・YouTubeのトレンドをリサーチ出来るツール
・そのトレンドにリアルタイムに乗っている動画をリサーチ出来るツール

として、価値があるツールなんじゃないかと思うわけです。

何故なら、この『流時(RYUJI)』というツールは、根本として「クオリティ(質)の高い動画」を作る為のツールなのでは無く、

『トレンドに乗る事が出来る動画を作る為のツール』

という位置付けのものだからであり、実際の「活用マニュアル」の方も、そのような「トレンド動画をいかに作成して投稿していくか」というところに焦点を絞って解説されています。

トレンドに乗っている動画 = 再生されている動画

という事ですから、その「トレンドに乗る事が出来る動画を作る」という事は、YouTubeにおいて言えば、

再生数を稼げる動画を作る = (アドセンス報酬を)稼げる動画を作る

という事でもあります。

要するにこのの『流時(RYUJI)』というツールは「動画を作る為のツール」としてどうこうというものではなく「とにかく稼げる動画を作る事」に焦点を当てたツールであり、その為のツールが付属した教材なわけです。

そして、その「リアルタイムなトレンドを押さえた動画を作るロジック」が、この『流時(RYUJI)』にはしっかりと備わっている為、この教材の一式は、

・リアルタイムにトレンドを押さえた動画を絞り込んでいく事
・そのリアルタイムなトレンド動画を模範した類似動画を作る事


この2つを徹底的に追及出来るものになっていると言っていいと思います。

そして、このような「リアルタイムなトレンドを押さえる」というノウハウや、そのロジックを押さえたツールというものは、意外にもこれまでのYouTube系の教材やツールには無いものだったわけです。


意外にも盲点だった「YouTube特有のトレンド」を押さえるロジック


勿論、既存のYouTuberの人でも、話題のニュースなどを取り上げて動画を作成し、動画を投稿しているような人はいたと思います。

それも言わば「トレンドを押さえた動画」に違いはありません。

ですが、YouTubeはあくまでも「動画サイト」である為、世間の話題やニュースにおける「需要(ニーズ)」の全てが、必ずしもYouTubeというサイトに向けられるとは限らないわけです。

要するに、世間的に「トレンド」になっているような話題やニュース、グーグルやヤフー等で「トレンドキーワード」になっているネタを取り上げて動画を作ったからと言って、必ずしも再生数を稼げるかと言えば「そうではない」わけですね。

実際にそういうトレンドを表面的に押さえて動画を作って投稿しても、思うように再生数が伸びずに終わってしまったという経験をしているYouTuberはわりと多いんじゃないかと思います。

実は私の知人のYouTuberがまさにそういう経験をしていました。

ですので、そういう経験をしているYouTube経験者の人達などは、

「世間的な話題や流行、トレンドを押さえた動画を作っても再生数は伸びない(必ずしも再生されるわけではない)」

と、このような「トレンド動画」というもの自体を、冷ややかな目で見ている可能性は多いにあると思います。

ですか、このような形で漠然と世間の話題やトレンドを追って動画を作っていたような人や、単純にヤフーやグーグルのトレンドキーワードからネタを拾っていたような人は、

『YouTube特有のトレンドを押さえる』

という視点。

要するに「YouTubeという動画サイトにこそ需要が集まるトレンドを押さえていく」という視点が完全に抜けている(抜けていた)わけです。

そして、その『YouTube特有のトレンドを押さえていく事』を徹底しているのが、この『流時(RYUJI)』というツールなんですね。

この『流時(RYUJI)』が多くのYouTube系のコンテンツ提供者(玄人)に評価されている要因は、まさに「そこ」にあると思います。

表面的に世間の話題やヤフーやグーグルからトレンドキーワードを拾ってネタにするような事は簡単に出来ても、

・YouTube特有のリアルタイムなトレンドを押さえる事
・動画サイトにこそ需要が集まるトレンドを押さえていく事


は、この『流時(RYUJI)』のツールのようなロジックを備えたものを利用しなければ、なかなか出来る事ではありません。

まあ、出来ない事はありませんが、物凄く時間と労力がかかると思います。

具体的にその手順を書き出してみると・・・

1:ヤフー、グーグルのトレンドキーワードを調べる
2:そのキーワードでYouTube検索をする
3:ヒットした動画の「投稿日」と「再生回数」を1つ1つ確認していく
4:この1~3のステップをひたすら繰り返して、
  より短期間で多くの再生数を稼いでいる動画が多いものを探す


ザッと書き出してもこの作業工程を踏んでいかない限り『YouTube特有のトレンド』を絞り込んでいくことは出来ません。

とくに「3」のステップは、ヒットした動画を何十、何百とチェックしていかないといけませんので、かなり大変だと思います。

しかもそれを「あらゆるキーワード」で検索しながら調べていかなければならないんですから、この労力がどれほどのものになるかは想像に難しくないはずです。

要するにこの『流時(RYUJI)』というツールは、この「面倒で手間のかかる作業」を、「キーワードの一発検索で終わらせる事が出来るツール」なわけですね。

先立つ「トレンドキーワード」もヤフー、グーグルだけではなく、ツイッター、HATENA、Goo、などからもキーワードを拾って、それを自動的に一覧表示してくれる機能が備わっています。




まずこの機能の時点で「トレンドキーワードを調べる手間」を省いてくれるだけでなく、このトレンドキーワードから、複合キーワードの候補となる「サジェストキーワード」などもそのまま一覧表示していく事も出来ます。




そして、このトレンドキーワード、複合キーワードを選択するだけで、このツールが自動的にそのキーワードでヒットするYouTube動画を「解析」して、

「短期間で多くの再生数を稼いでいる順に動画を一覧表示」

していく事が出来ます。




これがまさに先ほど「かなりの手間と労力がかかる」とお伝えした『ヒットした動画の「投稿日」と「再生回数」を1つ1つ確認していく作業』をワンクリックで終わらせられる機能にあたるわけです。

少なくともYouTubeそのものには、このような「短期間で多くの再生数を稼いでいる動画順に動画を検索する」という機能は備わっていません。

ですので、私はこの機能1つだけを取っても、YouTubeを「稼ぐ目的」でやっている人にとっては、普通に「このツールの販売価格以上の価値」はあるんじゃないかと思いますね。

実際、これを手作業でやろうと思ったなら、先程もお伝えしたように、相当な手間と時間を取られますので、その費用対効果を考えるだけでも普通に「買い」のツールだという事です。


YouTube特有のトレンドを押さえる手間と労力をほぼ「ゼロ」に。


ここまでお伝えしてきたのは「YouTube特有のトレンドを押さえていく機能」にあたる、トレンド動画のリサーチを行える機能の話になりますが、この『流時(RYUJI)』には、この機能以外にも、

・絞り込んだトレンド動画、関連動画をそのまま取り込んでいく機能
・その取り込んだ動画をもとに動画を作成、投稿していく機能
・人気チャンネルのリサーチと解析を行える機能


このような機能を備えていますので、用途としては先立つ動画のトレンド動画のリサーチを踏まえた「類似動画の作成」から、その「投稿」までを一貫して行えるようになっています。

その「付属マニュアル」についても、各機能の利用解説マニュアルは勿論、

・流時を使ってトレンド動画をより効率的にリサーチする為のマニュアル
・絞り込んだ動画を基に再生されるトレンド動画を作る為のマニュアル
・人気チャンネルにあやかって人気チャンネルを作る為のマニュアル
・著作権侵害になりそうでなら動画を作る為のマニュアル


といった形で、ツールがメインの教材とは思えないレベルで、かなり手厚い付属マニュアルの一式が付いてきます。

この『流時(RYUJI)』は、月額料金プランだと「月額1980円」から利用できるツールになっているのですが、この付属マニュアルの一式はその月額プランに申し込むだけで全て提供されるようになっています。

要するに、その月額料金のみで『YouTubeでトレンド動画を投稿して稼いでいく為のノウハウ』が、かなり手厚く解説されたマニュアルの一式全てをそのまま提供してもらえるようになっているという事です。

普通に月額1980円という価格設定であれば、このマニュアル一式だけでも価格以上の価値は普通にありますが、結局、そのノウハウを「実行」していくには、YouTube特有のトレンドリサーチが不可欠になる為、

1:ヤフー、グーグルのトレンドキーワードを調べる
2:そのキーワードでYouTube検索をする
3:ヒットした動画の「投稿日」と「再生回数」を1つ1つ確認していく
4:この1~3のステップをひたすら繰り返して、
  より短期間で多くの再生数を稼いでいる動画が多いものを探す


このステップを踏んで、そのリサーチを行っていく工程は避けられない事になります。

となると、やはりこの『流時(RYUJI)』というツールは、欠かせないツールであり、その「YouTube特有のトレンドノウハウ」を網羅した上であれば尚の事、そのツールの利用価値は月額1980円という利用料金を大きく凌駕するものになるわけです。

そういう意味では、この『流時(RYUJI)』の販売者さんは「売り方がうまいな~」とも思いますが、これはとくに消費者にとっても何ら不利益なものにはなっていませんからね。

むしろ、利用者側も大きなメリットしかない非常に良心的な提供条件を提示してくれていると思います。

販売者側としても、ノウハウの再現性やツールの性能に自信があるからこそ「長く使い続けて貰える前提」で、その料金設定を安くしてくれているんだと思います。

このレベルのツールとマニュアルの一式が付いていれば、それこそ5万円、10万円という価格設定にされていても、全くおかしくはない「ツール付き教材」ですからね。

それを月額1980円でそのマニュアル一式と共に全てを提供し、「ひとまず」使わせてくれる条件になっていますので、利用者側としてはいきなり高いお金を払わずに全てを「試す」事が出来ます。

動画そのものはすぐにでも利用していけるものですし、動画自体もその日のうちに作って投稿していく事が出来ますので、「このツールの再現性(どれくらい稼げるのか)」は1カ月も使ってみれば、普通に見極められるはずです。

勿論、ここまでのツールでも、結局稼ぐ為には正しい使い方をしなければいけませんが、その為の手厚いマニュアルも付いていますので、YouTubeをやっている人や、興味がある人はそれこそ「試し」にでも使ってみて、絶対に損は無いツールだと思います。


YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-お勧め購入特典


尚、このの『流時(RYUJI)』の購入ですが、こちらを購入される際は先ほどもご紹介させて頂いた「杉山健一さん」のブログに掲載されている購入特典付での購入がお勧めです。

>YouTube Trend-Movie Maker「流時」+杉山健一さん限定特典

さすがYouTube系の優良教材を販売している杉山健一さんだけあって、この「流時」に付属している購入者特典もかなりクオリティの高いものになっています。

一応、その紹介ページに記載されているノウハウだけでも・・・


・杉山流「流時」を活用したより効率的なリサーチ方法

・YouTubeに評価されやすいトレンド動画の判別基準

・流時による生成動画から3日間で4600再生を超えた動画事例と
 その動画作成時に押さえたある5つのポイント

・「○ン○○○」で検索した場合の動画作成事例と
 2日間で20844回の再生数を荒稼ぎしたテクニック

・ある○○○キーワードを活用し、14日で17万回再生、
 同期間で更に22万回再生を立て続けに荒稼ぎした動画制作ステップ

・流時と+@で使えば、圧倒的な再生回数と報酬を獲得できる
 杉山健一お勧めの某ツール活用法

・再生頻度を長期化させ短期収益を長期収益に変貌させるてしまう
 杉山健一お勧めの某サービス活用ステップ



(3月付、追加コンテンツ)

・あるジャンルを意識した複合キーワード選定についてのテクニック

・動画タイトル作成で、最も好ましい狙い方

・再生せずにいられなくなる動画タイトル作成に役立つ無料サービス

・トレンドキーワードを意識して最も作り易く視聴され易い動画の作り方

・実は殆どの方が意識していない動画説明欄で挿入するべきキーワード

・動画タグの正しい使い方

・アップロードしたファイルによっても
 その再生回数や検索要素が変動する要因とその活用法

・殆どの人が意識してない動画をアップロードするタイミングで
 その再生回数が大きく変動するカラクリとその活用法

・表示されればクリックしてしまう、
 本当に効果が高いサムネイル画像の作り方



という形で、かなり手厚い特典マニュアルになっていますので、この『流時(RYUJI)』の購入は杉山さんのブログを経由した上記「特典付き」での購入をお勧めします。

>YouTube Trend-Movie Maker「流時」+杉山健一さん限定特典

ちなみにこうして私のブログ経由で杉山さんのブログに入り、そのままご購入頂ければ私の方にも紹介報酬が入るようになっていますので、その点はお気遣いなく(笑)

杉山健一さんのレビューや特典の詳細等も併せてご覧になってみてください。

銀次

タグ

2016年2月28日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

アダルトASP「APEX(DUGA)」「B10F」の注意点。

以前、アダルトアフィリエイトを始める際の「ASP登録」における注意点として「無意味に多くのASPに登録していく必要は無い」という話をさせて頂きました。

アダルトアフィリエイトで稼ぐ為のASP登録における注意点

基本的にアダルトアフィリエイトを勧めるアフィリエイター、アダルトアフィリエイトを推進する情報商材などでは「アダルトASPの紹介報酬」を目的に、無駄に大量のアダルトASPへの登録を促している傾向があり、

“実際のところアダルトアフィリエイトで稼いでいく上では、大手のASP1つか多くても2つか3つほどに登録すれば十分である”

という事をお話しさせて頂いたところ、この記事を読まれた読者さんから、幾つか特定のアダルト系ASPについての質問、問い合わせを頂くようになりました。

それがこの記事のタイトルでも取り上げている「APEX(DUGA)」及び「B10F」などのアダルトASPです。

まあ、何故この2つのASPについての問い合わせが来ているのかは、おおよそ察しが付くのですが、実はこの2つのASPについては少し「注意点」があります。

実際にその「注意点」に気付かず利用登録し、実際にアフィリエイトをしている人も多いんじゃないかと思いますので、今日はこの「APEX(DUGA)」及び「B10F」の「注意点」についてお話ししておきます。

アダルトASP「APEX(DUGA)」「B10F」の注意点。


まず最初に言っておきますが、これからお伝えする「注意点」というのは「APEX(DUGA)」や「B10F」などのアダルトASPが「危険」だとか「詐欺」という話ではありません。

実際、そんなトラブルなどは一切聞いた事がありませんので、むしろ健全なアダルトASPである事は間違いないと思います。

提携しているアダルトサイトなどを見てもそれなりに運営実績のあるサイトですからね。

ただ、ここであえて「注意点」を示すという形で、この「APEX(DUGA)」「B10F」を取り上げたのは、この2つのASPがこの業界でわりと「売れ筋」の1つになっているような幾つかのアダルトアフィリエイト系の情報商材で、

「オススメのASP」

の域を超えて、そのアダルトアフィリエイトのノウハウの実践においては「ほぼ登録が必須のASP」という扱いになっている事から、その「注意点」に気を留める事もなく利用している人が急増していると思ったからです。

勿論、アダルトアフィリエイトのノウハウを提唱する情報商材において、特定のアダルトASPを推奨するのは全く問題ありません。

また、実際にその著者がそのASPで稼いでいるなら、それをお勧めするのは当然だと思います。

ですが、この「APEX(DUGA)」「B10F」に関しては、しっかりとその「注意点」も書いて紹介するべきなんじゃないかと思うところがあるんです。

その実状として、この2つのASPを「推奨」としている情報商材では、とくにその「注意点」には全くと言っていいほど触れられていない傾向にあります。

まあ「このASPを使ってアダルトアフィリエイトをしましょう!」と断定している矢先、その登録を渋らせるような注意点は「示せない」というのが実際のところなのかもしれません。

ただ、何にしても実際にそういった情報商材を介して、「APEX(DUGA)」「B10F」などのASPを利用している人は、現にその「注意点」に気付いていないように思えます。

現にあなたが何か特定の情報商材を基に既にアダルトアフィリエイトをやっていて、その情報商材で、「APEX(DUGA)」や「B10F」などのアダルトASPを勧められ、言われるがままに利用しているなら、当のあなたもその一人の可能性が高いです。

そんな情報商材を介して多くの人が気付かず利用しているアダルトASP「APEX(DUGA)」「B10F」の注意点。

それはこの「APEX(DUGA)」「B10F」特有のアフィリエイトシステム的に、どんなに一生懸命集客をして見込み客を集め、そこからアダルト系のコンテンツ、サービスの成約を取っていっても「全く報酬にならない可能性がある」という事です。


成約を取っても報酬にならない可能性がある?


この「APEX(DUGA)」「B10F」などのアダルトASPは、ほぼ特定のアダルトサイトだけがそのアフィリエイト対象になっているようなASPなのですが、この2つのアダルトASPは、

「一度その特定のサイトに入会させたお客さんから半永久的に報酬を得られる」

というシステムを採用しています。

例えば自分のアダルトアフィリエイトサイトを介して、そのASPのアフィリエイト対象となっているアダルトサイトに会員登録等をして貰ったとします。

そうすると、それ以降、その会員がそのサイトで買い物をしたり、サービスを利用する限り、そこから一生涯アフィリエイト報酬が入り続けるというのが、このこのなどのアダルトASPの特徴なわけです。

おそらく、この2つのASPを推奨していた情報商材であれば、この仕組みについては普通に説明されていたものと思います。

そして、この仕組みを聞いて「それは凄い!」と思われた人もいるかもしれません。

確かに「おいしい」と言えばおいしい仕組みです。

ですが、基本的にこんな仕組みは他のアフィリエイトではまず存在しません。

それこそアダルト特有、「APEX(DUGA)」「B10F」特有の仕組みと言えるわけです。

要するに、アダルト以外の主要な市場の各ASPは一切このようなシステムは採用していませんし、大手のアダルトASPもここまでの徹底した仕組みはやはり採用していません。

何故、採用していないかと言うと、こういう仕組みにしてしまうと、後発組のアフィリエイターはどんどん「不利」になってしまうからです。

この「APEX(DUGA)」「B10F」のようなアフィリエイトの仕組みは、言わば特定のアフィリエイターがツバを付けたお客さんは、一生涯、そのアフィリエイターのお客さんという扱いになるようなものなので、どうやっても後発組が不利になっていきます。

実際にそのサイトの会員登録を済ませているようなお客さんが増えていけば増えていくほど、そういう人にそのサイトの商品やサービスを売り込んでも意味がなくなってしまうからです。

自分が一生懸命、そのサイトやそのサイトの商品を売り込んで、それをきっかけに実際に成約を取れても、そのお客さんが既に他のアフィリエイターを介してそのサイトを利用していた場合、その報酬はまるまる、その先立つアフィリエイターのものになってしまうんですね。

要するに、実質的に「成約」を取ったアフィリエイターには1円もお金が入ってこないわけです。

その分、先発のアフィリエイターは得が出来るという考え方も出来ますが、後発組のアフィリエイターになるほど、アフィリエイト活動そのものが無題に終わる可能性が高まり、不利になるという事実に揺るぎないと思います。

その為、このような仕組みのASPは必然的に「新たなアフィリエイターをどんどん獲得しにくくなる」というデメリットがあり、そのデメリットが大きいからこそ、そういう仕組みを採用していないというのが実状なわけです。

つまりこの「APEX(DUGA)」「B10F」のようなアダルトASPのアフィリエイトの仕組みは、先発組のアフィリエイターだけが「有利」なASPであり、後発組のアフィリエイターにはすこぶる「不利」なASPなんです。

傍目から見ると「お客さんをゲットすればその人の買い物から一生報酬をゲットできる♪」というおいしい仕組みに見えますが、裏を返すと、自分が成約を取っていっても全く報酬が上がらない可能性もあるという事です。


そんなASPをあえて「オススメ」している理由・・・


そこでちょっと考えてみてください。

アダルト系のアフィリエイト教材で、あえて「APEX(DUGA)」「B10F」のような仕組みのアダルトASPをあえて「オススメ」している理由・・・。

そもそも情報商材は、それを買った人が皆、同じノウハウで同じような方法でサイトを作り、同じような方法で集客をしていきます。

つまり、必然的にその実践者同士では、お客さんを食い合う状況になっていくんです。

ですが、それ以前にそのノウハウを提唱する人は、誰よりも先にそのノウハウで集められるお客さんを食い荒らしている状況にあると言っても過言ではありません。

その状況から、同じノウハウを実践していく人達を増やしていったら、どうなると思いますか?

・・・競合して自分も稼げなくなる、、、と思いますか?

はい、一見はそう思えるかもしれません。

ですが、そこで「APEX(DUGA)」「B10F」のようなASPを利用させたらどうでしょう。

自分が食い荒らしたお客さんに再度、そのサイトを勧めたり、そのサイトの商品やサービスを勧めてくれるアフィリエイターが増えていくわけですから、必然的にそのノウハウを先行して実践していた「先発アフィリエイター」には多くの恩恵が降ってきます。

「APEX(DUGA)」「B10F」というのは、そういうASPなので。

逆に言えば、そこで得られる先発アフィリエイターの恩恵は、後発アフィリエイターにとっての「無駄働き」というか「報酬の取り逃し」に近いわけです。

そう考えると「貯まったもんじゃない」と思いませんか?

でも、実際にその「貯まったもんじゃない事」を多くのアダルトアフィリエイターは気付かぬうちに「やらされている」傾向にあるんです。

ですので、タダでさえ、その情報商材を手にした人同士で競合する可能性があるアフィリエイトというビジネスで「APEX(DUGA)」「B10F」のような仕組みのASPを利用するのは、私は普通に「避けた方がいい」と思うという話です。

まあ、そういう「恩恵」をその情報商材の販売者が本当に狙って「APEX(DUGA)」「B10F」などをお勧めしているのかはわかりませんが、結果的に、そうなる可能性は非常に高いです。

事実、自分が頑張ってサイトを作って集客をして成約を取っていっても、既にそのお客さんが過去にそのアダルトサイトで買い物などをした事があれば、その成約は「無駄」に終わってしまうわけですから。

「APEX(DUGA)」「B10F」などのアダルトASPを利用していく際は、そういう事があるという事だけは注意点として押さえていくべきだと思います。

その上で、利用していく事を検討してください。

たあ実際のところ、他にも優良なアダルトASPは幾らでもあります。

それこそ、自分がかなりオリジナリティの強いノウハウで、これまで「アダルトサイト」に見向きもしてこなかったような客層を圧倒的に引っ張り込めるような状況でなければ、私は「APEX(DUGA)」「B10F」などのASPの利用はお勧めしません。

特定の情報商材のノウハウをある程度、忠実に実践していこうと思うような場合はとくに、ですね。

ですので、今現在、実際に「APEX(DUGA)」「B10F」を利用しているという人は、ここでお話しした「注意点」を踏まえて、少し利用していくASPを考え直した方がいいかもしれません。

既に同じノウハウで、その見込み客になりそうな人に一通り「ツバ」を付けられているような状況にある可能性は決して否定できないと思いますので。

以上、アダルトASP「APEX(DUGA)」「B10F」の注意点についてでした。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年2月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:アダルトアフィリエイト

情報商材アフィリエイトに適したテーマ、稼ぎ易いジャンルとは。

前回の『初心者が稼ぐ為におすすめのアフィリエイトは何か』というテーマで書いた記事の方で、

「一番稼げるアフィリエイトは結局のところ、私が今現在行っている情報商材のアフィリエイトである」

という事をお伝えしましたが、今日はこの「情報商材のアフィリエイト」について、もう少し掘り下げた話をしていきたいと思います。

前回の記事:初心者が稼ぐ為におすすめのアフィリエイトは何か

情報商材アフィリエイトに適したテーマ、稼ぎ易いジャンルとは。


実際のところ、私のブログを見て「自分も情報商材のアフィリエイトをやってみようかな。」という人も多いようで、そのような方からはよく『扱っていく情報商材のジャンル』についての相談を頂く傾向にあります。

基本的に情報商材のアフィリエイトは、私のように特定のテーマを定めたブログやメルマガを作り、そこでその分野の情報を発信していきながら、そのジャンルの情報商材を紹介していく、というのが1つの王道戦略です。

ですので、どういったジャンルの情報商材をアフィリエイトしていくか、というのは、どういうジャンルのブログやメルマガを作り、情報を発信していくか、というところに繋がっていきます。

それだけにその「扱っていく情報商材」及び「発信していく情報」のジャンル選び、テーマ選びは非常に重要なポイントにもなってくるわけです。

一応、このブログでは私は「ネットビジネス全般」をテーマにした上で、そのジャンル全般の情報商材を扱っています。

ただ、過去にも何度かお話ししている通り、私が最初に情報商材のアフィリエイトを手掛けたのは「恋愛系」のジャンルでした。

つまり、最初からこの「ネットビジネス系」の情報を発信して、ネットビジネス系の情報商材のアフィリエイトをしていたわけではないという事です。

ちなみに私は恋愛系ジャンルの情報発信の方も、現在こちらのブログの方で行っています。

ホストクラブ経営コンサルタント銀次の「モテ男」成り上がり講座

つまり、私は「ネットビジネス系」と「恋愛系」の情報発信をそれぞれメディアを分けて行っているわけです。

そういう私の活動経歴等を知っているような方は、

「やはり最初は恋愛系の情報商材を扱っていった方がいいですか?」

というような質問をされる場合もありますし、

「やっぱり、ビジネス系の情報商材が稼ぎ易いんでしょうか。」

と、今現在の私と同じような方針で情報発信をしていく事を前提に相談してくる方もおられます。

ただ、インフォトップなどのASPの「売上ランキング」を見れば、常にその上位にはFXなどの「投資系」の情報商材が出ていますので、それを基準に考えるなら『投資系が稼ぎ易い』という見方も出来なくはありません。

とは言え、結局のところ、どのジャンルの情報商材を扱っていくにせよ、そのジャンルの情報を発信していく以上は、ある程度は自分が得意な分野であったり、興味がある分野であるに越した事はありません。

ただ、大半の人は何か特定の分野で人に自慢できるほどの実績は持ち併せていなかったり、得意と言えるほどの分野が「とくにない」というのが実際のところかと思います。

現にそういう人ほど、どのジャンルの情報商材を扱うか、どういったジャンルの情報を発信していくかを悩まれるわけですからね。

となると、そのような人が何かの情報を発信していく際は、少なからずその分野の情報を自分なりに情報収集や勉強(インプット)して、それを自分なりに発信(アウトプット)していかなければならないという事になります。

それを前提として考慮するなら、やはり「自分が興味を持っているジャンル」「意欲的に情報収集や勉強が出来るジャンル」であるに越した事はないと思います。

ただ、強いて「そういうものは無い」という人や、あくまでもビジネス的な視点で「稼ぎ易いものをやりたい」という人も少なからずいるのではないでしょうか。

では、そういう人が1から情報商材のアフィリエイトを始めていくという人が「やりやすいジャンル、稼ぎ易いジャンルは何か」というところを私なりの視点で言及してみたいと思います。


情報商材アフィリエイトを前提として「優位性」のあるジャンル


私が考える限り、情報商材のアフィリエイトを前提とした情報発信で、そこに強いて「優位性がある」と思えるジャンルには、1つの明確な線引きの基準があります。

それは『そのジャンル、その分野に確固たる「専門家」や「大手企業」がライバルとして存在するか否か』というところです。

そのジャンル、分野にそのような専門家や大手企業がライバルとして存在しなければ、そのジャンルには「強力なライバルがいない」という事になりますので、当然、その分野での情報発信は「稼ぎ易い」という事になると思います。

逆にそのような専門家や大手企業がライバルとして存在するジャンルは、それだけでそういった専門家や大手企業にある意味で「勝てない」といけませんので、それだけでそれは大きな障害になります。

この線引きを前提に考えると、それこそ私が現在やっている「ネットビジネス系」や「恋愛系」は、そういった専門家や大手企業がほぼライバルとして参入していない分野と言えるはずです。

ネットビジネス系にしても、恋愛系にしても、そこには誰もが認める「専門家」と呼ばれるような人は存在しないと思いますし、こういったネットビジネス、恋愛系のノウハウや教材を売っているような一般的に「大手」と言われる企業は存在しないからです。

つまり、このネットビジネス系、恋愛系というのは「情報商材特有の市場」と言っても過言では無く、そこには確固たる専門家や大手企業に相当するような強力なライバルは皆無なわけですね。

対して、そのような誰もが認める専門家がいるようなジャンルとしては、

・健康系
・美容系
・コンプレックス系


などの分野で、この辺りは、結局のところ、その道の専門家や、世間一般的に「プロ」と呼ばれるような人達が、それらを解消、改善する為の商品やサービスなどを提供している分野だと思います。

そこに何者でもない個人が「情報発信者」として参入して、形のない情報商材を売っていくというのは、私はやはりハードルが高いと思うわけです。

普通に考えて、そういう専門家の言う事や、その人達が提供している形のある商品やサービスにお金を払う人の方が圧倒的に多いからですね。

また、大手企業がライバルになってくるようなジャンルとしては、先程の美容系、健康系なども同じくそうだと思いますが、

・投資系
・語学系


なども大手の参入がある市場の含まれると思います。

投資系で言えば、大手の証券会社などが投資関連のセミナーなどもやっていますし、経済新聞なども「投資系の情報を発信するメディア」ですから、これも言ってみればライバルになってきます。

自分がそういうところ以上の情報や、そういうところには無い情報を発信出来ないと、普通に見向きもしてもらえない可能性があるわけですから。

語学系に関しても、テレビCMをバンバンやっているような大手がライバルになる事は言うまでもありません。

この辺りの分野は少なからず、そういった大手のサービスに打ち勝てるような情報や、そういったものと差別化出来る情報発信が必要になりますので、やはりそのハードルは決して低いものではないと思います。

勿論、ここで挙げたようなジャンルでも情報商材のアフィリエイトで稼ぐ事は実際に出来ますし、情報発信によってファンを作っていく事は十分に可能です。

ただ、そういった専門家や大手企業がライバルとして存在するというのも事実かと思います。

ですので、私としては「そういう強力なライバルがいない情報商材市場特有のジャンル」の方が、私としては『優位性がある』と思うわけです。


優位性のある分野=専門家、大手企業がライバルにならないもの。


というわけで、私が考える、情報商材アフィリエイトにおいて「優位性のあるジャンル」は、専門家、大手企業の参入が無いという点で、実際に私がやっている、

・ネットビジネス系
・恋愛系


あとは、

・ギャンブル系

なども、一応、その線引きの中では専門家、大手企業の参入が無い情報市場特有のジャンルと言えると思います。

ただ、ギャンブルはそもそもそこに必勝法なんてあるのか?というところがあるので、私は根本的に「ギャンブルの情報」というものにお金を払う人の気持ちがわからない為、全く魅力を感じないジャンルです。

ですが、そこに需要がある事は否めませんので、やれば稼ぎ易いジャンルの1つなのかもしれません。

私にはちょっと理解出来ませんけどね。

という事で、私は「専門家や大手企業の参入が無い」という優位性があると思うところも含めて、こうして実際に「ネットビジネス系」と「恋愛系」で情報発信をして、情報商材のアフィリエイトをやっている感じです。

ただ、いきなる2つのジャンルで情報発信を始めるというのはお勧めしませんので、私を模範するとしても、まずはどちらか1つのジャンルに絞ってやっていった方がいいと思います。

その上で、強いて「どっちが稼ぎ易いか」と言えば、私は最初は恋愛系の方が「やりやすい」んじゃないかと思います。

理由として、ビジネス系はどうしても「稼げる」「稼げない」というところで、白黒がハッキリしてしまう傾向にあり、とにかく「結果」を求められる分、発信していく情報にも、勧めていく商材にも、そのハードルが付いて回ります。

対して恋愛系は、当然、そこに結果を求める人も多いですが、ビジネス系に比べると「勉強になったかどうか」「参考になったかどうか」という視点で見て貰える傾向にありますので、その視点でのハードルはビジネス系より低いです。

あと、ネットビジネス系ほど専門的な知識や豊富な知識が必要ないので、情報発信はしやすいんじゃないかな、、、と。

言っても「人間関係を円滑にする為の情報」を提供していけばいいものなので、そういった点でも、情報発信のハードルはネットビジネス系より低いんじゃないかと思います。

何にせよ、私はこの2つの分野の情報発信をして情報商材のアフィリエイトで成果を上げていますので、この2つの分野の情報発信については、このブログと以下のブログを実際に参考にしてもらえればと思います。

>ホストクラブ経営コンサルタント銀次の「モテ男」成り上がり講座

以上、情報商材アフィリエイトに適したテーマ、稼ぎ易いジャンルについて、でした。

是非、参考にしてください。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年2月11日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ビジネスノウハウ

初心者が稼ぐ為におすすめのアフィリエイトとは。

このブログでは「初心者でも稼ぎ易いネットビジネス(アフィリエイト)」という観点で、

・アダルトアフィリエイト
・トレンドアフィリエイト
・YouTubeアドセンス


などのビジネス講座やその教材なども紹介しています。

ですが、当の私が主に稼いでいるのは、実はこのいずれでもなく『情報商材のアフィリエイト』です。

まあ、このブログでの活動をご覧頂ければ、それは一目でお分かり頂けると思いますが、結局のところ、

「一番稼げるアフィリエイトは何か」

と聞かれれば、やはり私は、こうして今現在、このブログを介して主に行っている『情報商材のアフィリエイトである』と答えます。

現に最も稼げると思うから、こうしてやっているわけですしね。

ただ、ネットビジネス初心者、アフィリエイト初心者の人が「まず」月に1万円でも、10万円でも、、、という話なら、まずはアダルトアフィリエイトやトレンドアフィリエイト、最近であればYouTubeアドセンスも稼ぎ易いと思うわけです。

ひとまずそれくらいの収入を手堅く稼ぐという上でのハードルは、これらのビジネスが私的には敷居が低いと思うわけですね。

アダルト、トレンド、YouTubeが初心者には「稼ぎ易い」と思う理由


その理由としては主に以下の2つが挙げられます。

・集客をしやすい
・そこから少額ながらも報酬を上げやすい


これはアダルトアフィリエイト、トレンドアフィリエイト、YouTubeアドセンス、全てに言える事だと思います。

逆に言うと、最も稼げると思う情報商材アフィリエイトは上記のアフィリエイトに比べると少々、この2つのハードルが「高い」です。

アダルトアフィリエイトは圧倒的な検索需要があるアダルト系のキーワードで。

トレンドアフィリエイトはトレンドなキーワードで。

YouTubeはYouTube自体の圧倒的なアクセスからの導線で。

という具体に初心者でも容易にこれらのキーワードや導線から集客が出来る傾向にありますが、情報商材アフィリエイトはそこまで鉄板の集客導線というものがあるわけではありません。

勿論、それでも集客の術はありますし、私は実際に集客をして稼いでいるわけですが、上記の3つに比べると、そのハードルが少し高く、どうしても時間を要してしまう傾向にあります。

トレンド系やアダルト系と違い「特定のキーワードを狙ってすぐにアクセスを集められる」というわけではないわけです。

また、報酬の上げやすさという点でもアダルトはアダルト系のキーワードで集客をすれば、ほぼ見込み客が求める需要はハッキリしているので、これも成約のハードルなどはそこまで高くありません。

トレンドに関してはクリック報酬型のグーグルアドセンスや、そのトレンドキーワードに関連する物販系の商品などを紹介していくだけでも、その「単価」は安いですが、報酬を上げていく事自体はそこまで難しくないと思います。

YouTubeアドセンスに関しては「再生される=広告収入が入る」なので。これも単価は低いですが「アクセス=報酬」というビジネスモデルです。

ですが、情報商材アフィリエイトはどうしても商品の単価が高い傾向にあり、そこに「怪しい」という先入観も少なからず付きまといますので、アダルト、トレンド、YouTubeなどに比べると、やはり成約のハードルは高い傾向にあります。

こうしたハードルがあるという時点で、初心者が最初にアフィリエイトをやるのであれば、まずは早い段階で1万円でも10万円でも稼げるものをやった方がいいんじゃないかな?というのが私の考えなわけですね。

ただ、もっと志を高くして「すぐにでもアフィリエイトだけで食えるようになりたい!」とか、「3カ月以内に月収100万円を目指したい!」とか、そういうところをいち早く目指すなら、私はすぐにでも情報商材アフィリエイトを始めていって問題ないと思います。

むしろ、そういうところを目指したいなら、アダルトアフィリエイト、トレンドアフィリエイト、YouTubeアドセンスなどは、逆に「遠回り」だと思います。

勿論、これらのアフィリエイトでも月収20~30万円くらいの普通のサラリーマン位の収入は目指せますが、どちらにしても1カ月、2カ月でそこまでを簡単に目指せるわけではありません。

ですので、いち早くアフィリエイトを本業にしたい場合や、月収100万円などのステージを目指したいなら、最初から情報商材アフィリエイトにチャレンジしていった方が、そも目的の達成は確実に「早い」と思います。


本業レベル、それ以上を目指すなら情報商材アフィリエイトが最短ルート


「1カ月以内に数万円でも稼ぎたい」「1~2カ月でまずは10万円の副収入くらいを目指したい」

これくらいをひとまずの目標に掲げるなら、先程の2つの理由からアダルトアフィリエイト、トレンドアフィリエイト、YouTubeアドセンスなどで自分に合うものから始めていけばいいと思います。

ですが、それ以上の本業レベル、それ以上を目指すなら、極論、1~2カ月は収入が無くてもいいくらいの覚悟で、本気で情報商材アフィリエイトを始めれば、3カ月以内に本業レベルの収入を得る事やそれ以上を目指す事も現実に可能です。

情報商材アフィリエイトには、その基盤さえ作ってしまえば、それくらいの収入を上げられる爆発力があるからです。

ただ、アダルトアフィリエイト、トレンドアフィリエイト、YouTubeアドセンスなどにあるような即効性は無いので、やはり最初の段階は少し歯を食いしばる必要があります。

情報商材アフィリエイトから手を付けていくという場合は、まずその覚悟は最低限するべきですね。

それこそ1~2カ月は集客自体がなかなかうまくいかず、アクセスそのものが集められないかもしれません。

でも、それは「そういうもの」なんです。

アダルトアフィリエイト、トレンドアフィリエイト、YouTubeアドセンスなどであれば、簡単にアクセスが集められますが、情報商材アフィリエイトでは集めていくべき見込み客の性質が根本的に異なります。

そういう「情報商材アフィリエイト」に適した見込み客を集められるメディア作りにはどうしても時間を要してしまうものなんですね。

ですので、まず結果を出す事を優先したい人やまずネットビジネスやアフィリエイトで稼ぐ感覚を体験したい人は、アダルトアフィリエイト、トレンドアフィリエイト、YouTubeアドセンスなどで手軽にアクセスを集めて「稼いでみる」というのが賢い選択です。

そこから情報商材アフィリエイトにシフトしていってもいいわけですからね。

結局のところ、ネットビジネスやアフィリエイトは、まず先立つメディアを掲げてそこに「集客」が出来てナンボですから、そのハードルが低いという点では、

・アダルトアフィリエイト
・トレンドアフィリエイト
・YouTubeアドセンス


この3つはやはりそこに優位性があると思います。

ただ、報酬単価の高さや、その爆発力という点では情報商材アフィリエイトがこの3つを遥かに凌駕しますので、結局のところ長く本腰を入れて一番稼げるのは、やはり情報商材アフィリエイトだと思います。

即効性を重視して、まずは短期的にでも稼ぐ事、それを体感していく事を優先するなら集客とその収益化が容易なアダルトアフィリエイト、トレンドアフィリエイト、YouTubeアドセンスで自分に合っているもの。

最初は歯を食いしばって、見込み客を「集められる仕組み」「成約を取るための仕組み」の構築して、出来るだけ早く本業レベルの収入やそれ以上の収入を目指していきたいなら情報商材アフィリエイト。

これからアフィリエイトを始めていく上での大きな選択の視点としてはこんなところでしょうか。

それぞれのアフィリエイト手法についての個別講座もありますので、よろしければこちらも併せて参考にして頂ければと思います。

アダルトアフィリエイト入門

トレンドアフィリエイト入門

Youtubeアドセンスは本当に稼げるのか

情報商材のアフィリエイトについて

まずは自分が何を優先し、どのレベルを目指したいのか。

そこを踏まえて、最善の選択をしていくところがアフィリエイトで稼いでいく為の重要な第一歩だと思います。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年2月2日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:初心者用コンテンツ

このページの先頭へ

イメージ画像