Youtube恋愛マーケティング!のレビュー(藤原敦)株式会社天空

ある意味「私好み」のYouTube系のビジネス教材が目に入りましたので、早速中身の方を実際にチェックしてみました。

こちらの『Youtube恋愛マーケティング』です。

Youtube恋愛マーケティング!(藤原敦)株式会社天空

・URL:http://youtubeaffiliate.info/yotube/ylm/#

(特定商法表記)
・株式会社天空
・藤原敦
・神奈川県厚木市中町4-10-3 7F

Youtube恋愛マーケティング!のレビュー


一言で言うと「Youtubeを利用して恋愛系のアフィリエイト商品を販促していく為の教材」なのが、結論から言うと、色々な意味で「勿体ないな~」と思うところが多い教材でした。

何というか「企画負け」している感が否めなかったのです。

セールスレターの教材の方向性やコンセプトを見て、私がちょっと期待し過ぎたのかもしれません。

概ね、予想出来る範囲を超えるようなノウハウ、戦略は何も語られていなかった感じです。

勿論、これは私がYouTube系の情報商材を色々読んで、そこそこ知識を豊富に持っているせいもあるとは思います。

ただ、それを指し引いて考えても、この内容は少しYoutubeのマーケティング活用等に思考を巡らせれば、普通に行きつくようなノウハウがただそれらしく語られているだけという感じが否めません。

マニュアルを読んで、いざ実践していく事を考慮しても「いやいや、それが出来ないから難しいんでしょ!」と突っ込みを入れたくなる部分も非常に多い気がしました。

何というか「表面的過ぎる」というのが率直なところです。

正直、この内容なら、私が個人的に「YouTubeを恋愛系アフィリエイトに活用していくノウハウ」をマニュアル化した方が遥かに質が高いものを作れる自信がありますね。

そもそもこのYoutube恋愛マーケティング!は、YouTubeから「外部」のメディアにアクセスを誘導して稼いでいく事を前提にしています。

ですので、その「外部メディア」をしっかりと作り込まない事には成果は挙げられません。

ブログなり、サイトなり、メールマガジンなり、ですね。

ただ、このYoutube恋愛マーケティング!の内容はほぼYoutubeからその外部メディアへの誘導を図る動画作りや誘導戦略の話ばかりが主となっている為、その「外部メディア」の作成部分についてのノウハウはほとんど解説されていません。

どちらかと言うと、そういった外部メディアは「既にそれなりのものを自分で構築している事が前提」的な視点で構成されています。

ですが、実状として重要なのはその「外部メディア」の方なので、この教材内容では初心者層の人はほとんどお手上げ状態になってしまうと思います。

ほんの少しメルマガ発行におけるポイントが解説されているくらいなので、これではまず「稼げる仕組み」は作れません。

むしろ重要なのはYouTubeとそのメルマガの間に入れる「オプトインの仕掛け」や、ブログ、サイトの方だと思いますが、その重要な部分の解説がほとんど成されていないんです。

それこそYouTubeから外部メディアへの誘導方法やその戦略は、ハッキリ言ってそこまで難しいノウハウではありませんし、ポイントも限られています。

そんな「わりと誰でもどうにかなるレベルのポイント」だけを無駄に重点的に解説している教材という感じなので、私はいまいち価値を感じられませんでした。

39800円という価格帯はちょっと高過ぎますね。

強いて評価できる点は「恋愛に興味のあるYouTubeユーザーを集客できる動画の作り方」という部分くらいなので、3980円という価格帯なら、まだ評価はできたと思います。

ですが、この39800円という価格帯で「YouTubeからの誘導部分がメインの教材」というのはちょっと手抜き感が否めません。

それこそこのYoutube恋愛マーケティング!に39800円を出すのであれば、こちらの「GigaTube」の方が遥かに価格も安く、広い範囲のYouTubeマーケティングを網羅出来る内容になっていると思います。

>Youtubeマーケティング教材「giga tube」

実際のところ、この「giga tube」の方にも恋愛系アフィリエイトにYoutubeを活用していく戦略が付属していますので、その内容的でも今回のYoutube恋愛マーケティングより遥かに内容が「厚い」です。

それこそ「giga tube」はYoutubeから外部メディアへ誘導していく戦略はもとより、「その後のマーケティング戦略」や「メディア作り」のポイントが非常に手厚く解説されています。

どう考えても今回のYoutube恋愛マーケティング!に39800円の価値はありませんが、このYoutube恋愛マーケティング!以上に手厚いノウハウが公開されている「giga tube」はその半額近くで購入出来ますからね。

YouTubeを利用した集客戦略、マーケティング戦略をしっかりとマスターしていきたいのであれば「giga tube」の方を購入された方が確実に「有益」だと思います。

恋愛系に限らず、あらゆるジャンルに特化していける戦略をマスター出来ますので。

>Youtubeマーケティング教材「giga tube」

もともと恋愛系のアフィリエイトで成果を上げてきた自分としては、今回のYoutube恋愛マーケティング!はかなり期待したのですが、私的にはちょっと期待外れの教材でしたね。

それこそ、このレベルの内容なら「giga tubeでよかったじゃん」という感じでしたので。

この内容で39800円はちょっと高い買い物でした(苦笑)

もうこの手の教材で3~4万円台というのはちょっと敬遠するべき価格帯になってきている感じがしますね。

まあ、あくまでも私の個人的な感想ですが、参考にして頂ければ幸いです。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年6月30日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

ソーシャルメディアマスター集客クラブについて【SMAC】大田賢二

何件かレビュー依頼を頂きましたので取り上げておきます。

ソーシャルメディアマスター集客クラブ【SMAC】大田賢二

・URL:http://smac6.com/

(特定商法表記)
・株式会社オタケン
・大田賢二
・東京都千代田区神田多町2-8-10 神田グレースビル3F

ソーシャルメディアマスター集客クラブについて【SMAC】大田賢二


「集客ツールを詰め合わせたもの」を月額料金制で利用できるというサービスです。

主にはツイッター、フェイスブック、スーを対象にした集客ツールとそれらをブログと連携させるツールが利用できるようになるようですね。

料金は初月9800円の月額4980円で、計6つのツールの利用権利が付与されるという事ですので、イニシャルコストだけを考えるとやや「お得感」があるかもしれません。
ツイッターにせよ、フェイスブックにせよ、この手の集客ツールは単体でも2~3万円くらいの価格帯で売られていますので。

ただ、大抵そういったツールは「買い切り」で利用できるものが多いので、長期的に利用していく事を考えると、この料金設定は決して「安い」と言えるものではありません。

9800円のイニシャルコストとは別に年間6万円くらいの利用料が継続的にかかるという事ですから。

とは言え、重要なのはその継続コスト以上のリターンをこのソーシャルメディアマスター集客クラブで利用できる6つのツールで得られるのかどうかです。

ザックリと6つツールがどういうツールなのかを挙げておくと。

・ツイッターのフォロー、アンフォロー、BOTツール
・ツイッターの複数アカウントを利用した自動リツイート拡散ツール
・フェイスブックの自動いいね、友達申請ツール
・スーの自動いいね、友達申請、フォローツール
・ブログ記事の自動生成&投稿ツール
・URL短縮ツール


こんな感じです。

ツイッターのツールとしては、2つのツールで「フォローマティックXY」あたりと同じ機能は備わっているんじゃないかと思います。

ツイッターブレインにあるようなツイート取り込み機能は無いようなので、ツイッターツールとしてはツイッターブレインの方が優位性がありますね。

「フェイスブック」と「スー」のツールは類似したものが普通にあると思います。

ブログのツールとURLの短縮ツールはハッキリ言って、オマケレベルですね。

URL短縮ツールはあえてこれを利用するメリットは強いてないと思いますし、ブログのツールは仕様を見る限り、ほぼ使い道は無いと思います。

YouTUbe動画の情報やアマゾン、楽天の商品情報を抜き取って、簡易的な記事を投稿するだけのツールなので、使ったところで何ら集客効果は得られません。

むしろ薄っぺらなコンテンツがひたすら量産されるだけなので、ブログとしてはマイナス効果の方が大きいと思います。

となると、このソーシャルメディアマスター集客クラブの価値は、ツイッター、フェイスブック、スーの集客ツールに価値を見出せるかどうかにかかってきます。

ただ、これに月額利用料に見合う価値を見出せるような人は、ハッキリ言ってかなり「限られている」と思います。

その「価値を見出せる可能性がある人」を強いて挙げるなら、既にツイッター、フェイスブック、スー、これら全てを「まともに利用している人」という感じでしょうか。

要するにそれぞれのメディアにきちんとアカウントを作成して、しっかりとしたコンテンツを作り込んでいるような人で無ければ、あまり意味の無いツールの詰め合わせだと思います。

言うまでも無くこのソーシャルメディアマスター集客クラブで提供されるツールは、そのメディア内で他のユーザーにアプローチをかけていく集客ツールです。

そもそものそのメディアのコンテンツがしっかりしていなければ、こういう集客ツールを幾ら利用していっても何の意味もありません。

ですので、このソーシャルメディアマスター集客クラブで提供されるツールをきちんと有効に活用できるかは、ツイッター、フェイスブック、スー、全てのメディアを「まとも」に利用しているかどうか。

もしくは、その全てのメディアでまともなコンテンツを構築していくつもりがあるかどうかが重要だと思います。

ただ、私的に「スー」はまだまだ発展途上なSNSですし、これから伸びてくるかどうかという点でもかなり疑問が残るサイトという感じが否めません。

以前、一瞬は話題になりましたが既に失速している気がしますし、どう考えても類似したSNSであるフェイスブックに勝ち目のない感じになっています。

そういった点を含めても、私はあまり利用するメリットは感じないです。

この時点で利用価値があるツールは「ツイッター」と「フェスブック」に絞られてしまうわけですが、そうなると双方のツールはほぼ類似したものやそれ以上のツールが既に単体で売られています。

どちらも2~3万円代で購入できる「買い切りツール」なので、あえてこのソーシャルメディアマスター集客クラブに年間6万円ほどの代金を払い続けるメリットはあまり無いんじゃないかと思います。

2~3万円で買いきりのツールを買えば、実際は長期的に使い続けられるわけですから。

それでなくとも、ツイッターとフェイスブックをまともに両方使っているような人は、一昔前の全盛期に比べればかなり減ったと思います。

とくにネットビジネス系の人の「フェイスブック離れ」はかなり著しい感じがします。

一時期より規制がどんどん厳しくなってきたからですね。

いずれにしても、このソーシャルメディアマスター集客クラブに参加する価値は全てのツールをフルに活用出来てこそ、だと思いますので、その余地が無い人がいきなり導入しても手持無沙汰になると思います。

いきなりツイッター、フェイスブック、スーのコンテンツをしっかりと作り込んでいく事なんてそうそう出来る事ではありませんから。

それなら1つ1つのコンテンツをしっかりと構築して、それに特化した単体ツールを1つ1つ導入していった方がいいんじゃないか、、、というのが私の考えです。

結局のところ、自分のメディアのコンテンツ次第ですからね。

そこが疎かな状況では、仮にソーシャルメディアマスター集客クラブの集客ツールが物凄く優秀なものでも何の意味もありません。

そこはきちんと認識しておいた方がいいと思います。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年6月25日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

Pandora2について(キーワードツールの決定版)横山直広

キーワードツールの決定版と銘打ったツールがインフォトップの売上ランキングで売れ筋になっている模様です。

キーワードツールとしてはやや高額なツールですが、それに見合う価値があるツールなのかどうか、批評しておきたいと思います。

Pandora2(キーワードツールの決定版)横山直広

・URL:http://az.ctwpromotion.net/pandora2/infotop.html

(特定商法表記)
・Catch the Web Asia Sdn Bhd.
・横山直広
・Suite 7-03, Level 7, Menara IGB, Mid Valley City

キーワードツールの決定版、Pandora2(横山直広)レビュー


これまでこの手のキーワードリサーチツールというのは、かなりの数のツールが出回ってきていると思います。

その中で、私の方で推奨しているのはこちらの「キーワードスカウターS」というツールです。

>キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」

私がこのキーワードスカウターSを推奨している理由としては、ツールが使いやすい点と機能がシンプルで分かり易い点。

あとはその価格が5000円代と非常にリーズナブルな点です。

対して今回のキーワードリサーチツール「Pandora2」は価格が29800円と、かなり高額です。

単純に価格のみを比較すると約6倍近い価格差がありますので、今回のツール「Pandora2」の価値は“その価格差に見合うだけのものかどうか”だと思います。

ただ、実際にこの「Pandora2」の機能を見ていくと、このツールは従来のキーワードリサーチツールには無い「PPC広告の入稿キーワードからの情報解析が出来る機能」が豊富に備わっています。

これがまさにこのキーワードリサーチツール「Pandora2」のポイントではないかと思います。

その為の機能の豊富さからも、このキーワードリサーチツール「Pandora2」は、どちらかと言うと、従来のSEO対策におけるキーワードリサーチに用いるツールというよりは「PPC広告のキーワードリサーチに用いるツール」と言った方がいいかもしれません。

ですので、この「Pandora2」を購入するかどうかの判断基準は、こういったPPC広告のキーワード解析をしたいかどうかがポイントになってくると思います。

要するにPPC広告を利用した販促活動やPPCアフィリエイトをやっている人向けのツールという事ですね。

勿論、この「Pandora2」を基にPPC広告の利用やPPCアフィリエイトを始めていく事も出来なくはないと思いますが、このツールをその足がかりにしていく事は私的にはお勧めしません。

この「Pandora2」で解析できる情報をアテにしても、PPC広告やPPCアフィリエイトで成果を上げていく事は難しいと考えられるからです。


Pandora2で解析できるPPC広告からの解析情報


実際にこの「Pandora2」で解析できる情報は、現在進行形でPPC広告に入稿されているキーワードを軸とした以下のような情報です。

・そのキーワードで入稿されているPPC広告の広告タイトル
・そのキーワードで入稿されているPPC広告の広告テキスト
・そのキーワードで入稿されているPPC広告の広告URL


要するにこの「Pandora2」は、他のPPC広告利用者、PPCアフィリエイターのPPC広告の利用状況や、実際にアフィリエイトしている商品などを「カンニング」出来るツールと言えます。

ただ、この「カンニング」は、他のPPC広告利用者、PPCアフィリエイター上記のような情報を調べる事が出来るというだけで、決して「答え」をリサーチ出来るというわけではありません。

答え=稼げるキーワード、稼げる広告文、稼げる商品

という事ですが、この「Pandora2」で解析できる情報は、あくまでも他の利用者のPPC広告の利用状況のみであり、それが「稼げるキーワード、稼げる広告文、稼げる商品であるか」は、結局のところ自己判断になるという事です。

あくまでもライバルのPPC広告の利用状況を簡単に情報収集出来るツールという事ですね。

そういう情報を有益に活用出来るような基礎となるノウハウやスキルを持っている人であれば、有効に活用できる余地もあるかもしれません。

ただ、そういうノウハウ、スキルを持っていない人がこの「Pandora2」で解析できる情報をどんなに収集しても、あまり意味は無いと思います。

それこそこういうツールに頼って情報を解析していくよりも、自分なりにPPC広告、PPCアフィリエイトで稼ぐ為のノウハウ、スキルを身に付けた方が間違いなく「有益」です。

少なくともこの「Pandora2」は「稼ぎ」に直結するツールではありませんし、「稼ぎに直結する情報」を調べられるツールでもありません。

あくまでも他のPPC広告利用者の先ほどのような情報を集めてデータ化出来る「だけ」のツールです。

それ以上でもそれ以下でもありません。

それらの情報を明らかに有効に使える確信や考えがあるような人でなければ、とくに利用価値は無いと思います。

少なくとも、従来のSEO対策を目的としたキーワードのリサーチ等に利用していくのであれば、とくにこの「Pandora2」を選ぶ必要はありません。

それこそ私が推奨している「キーワードスカウターS」の方で十分だと思います。

>キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」

また、PPC広告、PPCアフィリエイトの方で有効に活用していきたいのであれば、まずはこちらのような教材でその基礎的なノウハウやスキルをしっかりと身に付けてからでいいと思います。

>人情PPCの極意

あくまでも相応の基礎知識やスキル、ノウハウがあって初めて活かせる可能性があるツールという感じですね。

そこを理解した上で、必要性や価値を感じる人だけが購入すればいいツールだと思います。

私的には、あまり必要性を感じませんが、、、。

以上、キーワードリサーチツール「Pandora2」の批評でした。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年6月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

尾島幸仁さんのプロジェクト、担当、橋本さんの「あるビジネス」の話。

私がネットビジネスで大きく結果を出せるようになったきっかけ1つのは「ある企画」に参加した事にあります。

それは今も現在進行形で参加している企画なのですが、何度かこのブログでも取り上げているこちらのプロジェクトです。

>尾島幸仁監修によるビジネスプロジェクト

こちらの企画の私の担当は、橋本さんという方なのですが、今日はその橋本さんが行っている尾島さんのプロジェクトとは全く別の「あるビジネス」の話をさせてください。

実際にその橋本さんが年商で億単位の売上を上げ、数百万円単位の「利益」をほぼリスク無く稼ぎ出しているビジネスで“ネットビジネスとしては”かなり珍しい部類のビジネスに入ると思います。

ある意味では「非常に身近なビジネス」なのですが、これをネットだけで完結させると“こんなにも効率的に稼げるのか”と、誰もがそういう印象を抱く「他ではまず聞けない話」になっているはずです。

尾島幸仁さんのビジネスパートナー、橋本さんの「あるビジネス」の話。


橋本さんがその「あるビジネス」をやっている事は、最初にお会いした際に聞いていた為、私自身、その事自体は認識していました。

むしろその関係で私は橋本さんにそのビジネスに関係する「依頼」をお願いしようと、その為にお時間を作ってもらった事があったのです。

ただ、そのお願いをした際、私は色々な意味で「そのビジネスの常識」を覆されたのでした。

その「あるビジネス」というのは、、、

こちらを売買する「バイヤービジネス」になります。



はい、見ての通り「中古車」です。

つまり橋本さんはネットビジネスの傍ら中古車バイヤーとして中古車の売買をやっている方なんです。

ちなみにその橋本さんのブログがこちら。

>2足わらじのIT社長、橋本のブログ

実際に売買している車の画像なども載っていて、彼のブログを見ると分かりますが車好きなら誰もが憧れるような生活を実現している方です。

好きな車を仕入れて好きなように乗り回し、飽きたら売る。みたいな仕事の仕方で、それでも車の売買だけで年商で億単位の売上を上げ、そんな会社を「趣味」でやっているような人なんです。

尾島幸仁さんの周りは本当にこういう凄い人だらけなんですが、基本、私はこの橋本さんが担当で、尾島さんのプロジェクトの進行ではお世話になっています。

そして、私は「どうせ車を買うなら橋本さんにお願いしようかな」と思い、個人的に欲しい車を仕入れて貰おうとお願いしたのでした。(別にそこまで大した車を買おうと思っているわけではないので、何の車を買おうとしているかは聞かないでください(笑))

ただ、実際にその「車を買いたい」という依頼を持ちかけたところ、、、。

『いや、別に全然いいんですけど、僕の売買ルートって、結局、業者オークションで仕入れてヤフーオークションで売ってるだけなんで、直の知り合いに頼まれると幾らで売ればいいか、ちょっと悩んじゃうんですよね。』

こんな返答が返ってきたのでした。

私はこの時に初めて橋本さんの中古車転売の流れを聞いたので、これはかなり意外なものでした。

「え?業者オークションで仕入れてヤフオクで売ってるだけなんですか?」

私は、すかさず聞き返しました。

『基本、国内で売買する場合はそうですよ。あとは輸出に回す時もありますけど輸出の場合は先に注文を受け手から仕入れるんで、先立って仕入れた車は基本ヤフーで売ってます。』

・・・私はまさかそんなシンプルなルートで売買をしているとは思わなかったので、これはかなり意外な答えでした。

それで年商で億単位の売上を上げ、毎月数百万円単位の「利益」を出しているという事が何よりも信じられなかったのです。

ただ扱うモノが大きいというだけで、橋本さんは本やCDのせどりを行うような感覚で中古車の売買を行って大きな利益を上げていたのでした。


ネットオークション間の売買で利益を上げる中古車せどりノウハウ?


そこから橋本さんの中古車売買のノウハウについて、色々と教えて頂いたのですが、その流れ、詳細を聞くほど、私の「中古車ビジネス」の常識はことごとく壊されていきました。

そして橋本さんからはこんな提案が。

『実際、仕入れに回せる資金があればあっただけ幾らでも利益を出せるんで、遊んでいるお金があれば回してみませんか?尾島さんなんかはその形で絡んでますよ。』

実際、尾島さんは仕入れ資金の提供して利益の何%かを受け取る形で年間1000万円以上の「上がり」を手にしているという事でした。(確かにこの事は以前から尾島さんのブログにも書かれていました。)

『実際、金の無い友達には1からやり方を教えて稼がせてますけど、お金に余裕がある人なら自分でやるより僕に出資してくれた方が楽だと思います。』

現に橋本さんは実質的に仕入れ資金が0円の状態からでも中古車売買を始められるノウハウも持っていて、ご自身の友人、知人で資金が無い人間には、その方法を教えてもう何人もの知り合いを稼がせているらしいです。

ただ、尾島さんのようにお金に余裕があるような人からは仕入れ資金の提供を請け負って橋本さんが「中古車の売買」という形でそれを運用しているわけです。

それから私もほんのちょっとですが運用をしてもらっているのですが、どの車を幾らで仕入れて幾らで売れたのか、自分の資金が今、どういう車に変わっているのかなどの情報をきちんと把握できるようにしてくれています。

そこで実際に月利で言えば資金に対して5~8%の「上がり」は頂けているので、実際に中古車の「せどり」のような売買ノウハウで橋本さんがしっかりと利益を上げていっている事は間違いありません。

それこそ橋本さんは中古車をネットで仕入れてネットで売っているだけなので、本やCDなどの「せどり」に比べればその労力は物凄く少ないわりに、そのリターンは物凄く大きいです。

一見、中古車を扱う聞くと、物凄くハードルやリスクが高そうに感じられますが、実際はそんな事はないという事を橋本さんのビジネスモデルでまざまざと知らしめられました

むしろ「多くの人がハードルが高いと思っている事」こそが逆にこの市場を稼ぎ易くしてくれているのかもしれません。

リスクという点においても、それこそ中古車の相場はある程度は固定されていますので、よほど下手な仕入れ方をしない限りはそうそう大きな損失を生んでしまう事もありません。

それこそ本やCDなどよりは、よほど相場には安定感がありますので、同じ金額分の仕入れをするなら、断然、中古車の方がローリスクだと思います。

とまあ、私がここで表面的に橋本さんがやっている中古車ビジネスの魅力を語るより、当人のブログに公開されている、こちらの講座を読んでもらった方が数段、その魅力やリアリティが伝わるんじゃないかと思います。

>橋本さんのブログ講座:誰でも始められる「中古車転売ビジネス」のすすめ。

実際に彼のノウハウの大枠はこの講座の方で無料公開されていますので、興味があれば一度読んでみてください。

せどり、転売や輸入、輸出系のビジネスに興味がある人、実際にやっているような人は絶対に読んでおいて損は無いと思います。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座


タグ

2015年6月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

YouTubeとニコニコ動画で稼ぐ方法の比較と違い。GigaTubeかニコチューブか。

現在、このブログでは「推奨教材」として、YouTubeで稼ぐ事を主体とする教材とニコニコ動画で稼ぐ事を主体とする教材、両方をそれぞれ推奨しています。

筆頭に挙げられるのはYouTubeですと、こちらの「GigaTube」というYouTubeアフィリエイトの総合教材。

>GigaTube(ギガチューブ)

ニコニコ動画の教材ですと、こちらの「ニコチューブ」です。

>NICO☆TUBE(ニコチューブ)

実際にこの2つであればどっちがお勧めなのか、どっちが稼ぎ易いのか、どっちが稼げるのか、という質問もわりと多く頂いていますので、その辺りの「比較」をしておきたいと思います。

YouTubeとニコニコ動画で稼ぐ方法の比較と違い。


まず双方のサイトは一般的な知名度の高さや世界的に見た利用者数や動画の再生回数は圧倒的にYouTubeの方が上ですが、日本国内においては、そこまで歴然とした差があるわけではありません。

動画の再生にも会員登録が必須になっている点で、ニコニコ動画の利用者は少々、その層が偏っているところがありますが、サイトの利用者数や全体的な動画の再生回数等はそこまでの大差はない統計が出ています。

要するにそれぞれの動画サイトを「市場」として考える際のポテンシャルとしては、そこまで大きな差はないという事です。

むしろ「ライバルが少ない」という点では、今はニコニコ動画の方が圧倒的に有利な状況にあると言ってもいいかもしれません。

YouTubeは「稼ぐ目的での利用者」というのが、そのノウハウや教材の増加と共に増え続けていると考えられるからです。

その上で「稼ぐ」という事を前提にした、それぞれのサイトの最も大きな違いはYouTubeには「YouTubeアドセンス」という広告収入を得られる仕組みがオフィシャルで備わっている事だと思います。

動画の再生回数に応じて報酬が課金され、支払われる仕組みですね。

稼ぎ易さという点では、投稿した動画がただ再生されれば報酬に繋がるわけですから、仕組み的には最も稼ぎ易いものと言っていいと思います。

ニコニコ動画にはこのような仕組みはありませんので。

また、それぞれのサイトを「アフィリエイト」や「集客」等のマーケティングに利用していく上での違いとしてもYouTubeは直に外部サイトへのリンクを貼れる特徴があります。

対してニコニコ動画はそういった外部サイトへのリンクは基本的に貼る事が出来ません。

つまり単純に集客、マーケティングに利用してアフィリエイトなどに繋げていく上でも、「その特徴だけを見るなら」YouTubeの方が断然、ビジネスへの応用性は高いと言えます。

実際にYouTubeで稼ぐ系の情報商材やノウハウが相当数出ているのに対し、ニコニコ動画を利用していくものがほぼ出回っていない理由はここにあると思います。

となると、一見はどう考えても「YouTubeを利用していくビジネスの方が稼ぎ易い」という理屈になるのですが、実は一概にそうとも言えないポイントが幾つかあります。


YouTubeに対してのニコニコ動画の優位性


例えばニコニコ動画は全く持って「外部サイトへのアクセス誘導が出来ない」というわけでは無く、実際はそれを行う方法があります。

その方法を突き詰めているのが先ほど紹介した「ニコチューブ」という教材なのですが、その方法を実践していけばニコニコ動画を集客やマーケティングに利用していく事は普通に「可能」になります。

その上で、ニコニコ動画の方を集客、マーケティングに利用していくメリットは以下の2つが挙げられると思います。

・YouTubeから動画の転載が出来る事(動画を作らなくて良い事)
・観覧者の属性がYouTubeよりも明確である事(需要のある動画が分かり易い事)


まず、ニコニコ動画は「YouTubeに投稿されている動画を転載する」という行為がわりと普通に行われている事から、これがほぼ許容されているような傾向にあります。

実際に「ニコチューブ」のノウハウもYouTube動画の転載を前提にしたノウハウになっていますので、この「動画の転載」を行っていけば自分で動画を1から作る必要がありません。

これはYouTubeで稼いでいく事を前提にするノウハウには無い、ニコニコ動画で稼ぐノウハウ特有のメリットだと思います。

「じゃあ、ニコニコ動画に投稿されている動画をYouTubeに転載するのは駄目なの?」

と思われるかもしれませんが、これはそもそも「あまり意味がない」というのが実状だと思います。

やはり動画の投稿数自体はニコニコ動画よりもYouTubeが圧倒的に多く、且つそのジャンルも多岐に渡っている為、YouTubeの方にはニコニコ動画のユーザーにウケる動画がたくさんある傾向にあります。

ただ、もともとユーザー層にかなりの偏りがあるニコニコ動画の方には、あまりYouTubeで再生回数がグングン伸びるような動画は多くありません。

また、ニコニコ動画特有の「コメント投稿機能」というものがある点でも、根本的にニコニコ動画に投稿されている動画はニコニコ動画特有のものである可能性が高い為、ニコニコ動画からYouTubeの動画の転載はあまり意味がないわけです。

対してYouTubeではあまり再生回数が伸びていない動画でも、そのコメント機能の盛り上がりによって、ニコニコ動画では再生回数が爆発するという事も珍しくはありません。

そういう点では「ニコニコ動画はYouTube動画の転載によってその恩恵を預かれる」というメリットがあり、これがまず大きなメリットと言えます。

あとはその属性が明確であるという点で、ニコニコ動画は「ウケる動画(よく再生されるであろう動画)」が傾向として見極め安く、そこに対して需要のある商品等も見極め安い傾向にあります。

とくに「デジタルコンテンツ」等を好む若い世代がよく利用しているサイトですので、そういった系統の商品やサービスのアフィリエイトが極めて有効であり、成約を取り易いわけです。

これも利用者の属性や需要がハッキリしているニコニコ動画ならではのメリットだと思います。


YouTubeとニコニコ動画、それぞれの優位性とその結論。


それぞれのメリット、優位性を結論的に挙げていくと。

(YouTubeのメリット、優位性)
・YouTubeアドセンスの仕組みがある(動画が再生されるだけで収入を得られる)
・幅広い層の利用者がいる(動画の属性ごとに集客が出来る)
・外部サイトへのリンクを直に貼れる(集客誘導をしやすい)

(ニコニコ動画のメリット、優位性)
・YouTubeから動画の転載が出来る(1から動画を作らなくて良い)
・観覧者の属性がYouTubeよりも明確(需要のある動画が分かり易い事)
・売り込みやすい商品が明確(特定のデジタルコンテンツなど)

という感じになります。

やはり大きな違いは「動画の作成の必要性の有無」と「ターゲットを広げるか絞り込むか」だと思います。

個人的に「どっちが稼ぎ易いか」と言えば、やはり動画の作成も不要で需要のある動画が分かり易く、売り易い商品も明白な「ニコニコ動画」の方が初心者層の稼ぎやすさは上ではないかと思います。

初心者層にとっては、ライバルが少ないというメリットも大きいはずです。

ただ「大きく稼げるのはどちらか」で言うなら、やはりYouTubeでしょうね。

YouTubeであれば、「YouTubeアドセンス」からの広告収入と、そこからの集客、マーケティング誘導によるアフィリエイト収入の両方を稼いでいく事が出来ます。

そして何より客層を広く取れるので、その動画ごとに相応の仕掛けを仕込んでいけば、広いターゲット層から収入を上げていく事も可能になります。

要するに「稼ぎ易さ」を重視するか「稼げる金額の大きさ」を重視するか。

もしくは「動画の作成を前提にした仕組み作り」を重視するか、「動画の転載を前提にした仕組み作り」を重視するか。

この二者択一が実質的なYouTubeで稼ぐノウハウとニコニコ動画で稼ぐノウハウの判断ポイントになるかと思います。

あとは私が推奨しているそれぞれの教材のレビュー記事やセールスレターの方をそれぞれ参考にしてみてください。

>YouTube系お勧め教材「GigaTube」のレビュー

>ニコニコ動画系お勧め教材「NICO☆TUBE」のレビュー

個人的には完全な1からの初心者層には「NICO☆TUBE」。

動画の作成や投稿等の経験者、アフィリエイトの経験者は「GigaTube」という感じでしょうか。

あとはそれぞれの記事やセールスレターを読んで判断してみてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年6月12日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ビジネスノウハウ

Youtube Ultimate Bible(守破離ネット、高橋賢治)レビュー

また新手のYouTube系の情報商材を入手しましたので取り上げておきたいと思います。

「YouTube収益モデルの全てを網羅」と称して公開されている、こちらの「Youtube Ultimate Bible」という教材です。

Youtube Ultimate Bible(守破離ネット、高橋賢治)


・URL:http://youtubeultimatebible.com/sct/

(特定商法表記)
・守破離ネット 
・高橋賢治
・千葉県柏市富里2-4-2-603

Youtube Ultimate Bible(守破離ネット、高橋賢治)レビュー


YouTubeの収益モデルの全てを網羅しているというだけあって、一応はそれなりの範囲でYouTube動画を利用したビジネスモデルが紹介されています。

ただ、全体的な印象としてはすこぶる「広くて浅い」という感じで、いずれもいまいち具体性に乏しい抽象的な内容という感じでした。

コンテンツの大半が動画で構成されているのもあると思いますが、総じて全体的に「分かりにくい」です。

ぼんやりしている、、、と言う方が適切でしょうか。

一応この「Youtube Ultimate Bible」で提唱されているビジネスモデル(収益モデル)は以下の3つです。

・YouTubeアドセンス
・YouTube集客
・YouTube動画まとめサイト


ただいずれも全般的に解説されているのは、抽象的な内容ばかりで「具体性に乏しい」と言わざるを得ません。

どれをとっても「中途半端」という感じです。

むしろこの教材1つからいざ「やろう」と思っても、具体的に何をやっていいかも分からない感じですね。

例えば、YouTubeアドセンスのノウハウに関して言えば結局は具体的にどういう動画を作って投稿していけばいいのかが、あまりハッキリ見てきません。

その外堀的なポイントばかりを重点的に解説しているという感じです。

少なくともYouTubeアドセンスで稼いでいくには、実際に動画を作って投稿していかなければなりません。

ですが、この「Youtube Ultimate Bible」では、どんな動画を作っていけばいいのか、というところがいまいち見えて来ない為、この教材1つで動画を作って投稿していくのはちょっと難しいと思います。

その取っ掛かりになるものが無いという感じでしょうか。

それこそYouTubeアドセンスで稼いでいきたいなら、王道的な動画を作って稼いでいく方法と邪道な動画を作って稼いでいく方法とで、その「具体的な動画の作り方」を解説している教材をそれぞれ、既にこのブログで紹介しています。

王道系ならこちらの「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」。

>Youtube-Ads Capture Sheet CLU

邪道系ならこちらの「Evil Youtuber Subject」。

>Evil Youtuber Subject

この2つですね。

ハッキリ言ってYouTubeアドセンスで稼いでいきたいのであれば、これらの教材のように特定の方向性に特化した「具体的な動画の作り方」が解説されているような教材でなければ実際に稼いでいくのは難しいと思います。

また、「YouTube集客」のノウハウについては「どうやればYouTube動画からアクセス誘導が出来るか」という説明を端的に行っている程度で、そこからの「展開」についてがやはりかなり曖昧で抽象的です。

何よりこの「YouTubeからの集客ノウハウ」と「そこからの収益化」というビジネスモデルであれば、先日ご紹介したこちらの「GigaTube」の方が遥かに秀逸な内容になっていると思います。

>GigaTube(ギガチューブ)

やはりYouTubeからの集客は「その先」に、確固たるキャッシュポイントを見据えてそれに沿った仕組みを作っていかない事には、そうそう結果を出していく事は出来ないと思います。

そういう点で、今回取り上げている「Youtube Ultimate Bible」はあまりに抽象的で、ただYouTubeから外部にアクセスを流す方法を解説しているだけに等しいです。

対して先日ご紹介した「GigaTube」は、特定の商品を売り込んでいく事に特化した仕組み作りを徹底していくものになっていますので、どちらが「実践的」でその再現性が高いかは言うまでもないと思います。

あとは「YouTube動画まとめサイトの作成・運営」という観点でYouTube動画のキュレーションサイト戦略というものも解説されていますが、これは完全に「オマケレベル」です。

この内容についてはほぼ「机上の空論」に近いかもしれません。

そもそも動画のキュレーションサイトは、結局のところ自力での集客が主になりますので、前者2つのノウハウに比べるとYouTubeの集客力という恩恵を受けられません。

その時点で根本的に有効性が薄いと思いますので、私はやる意味もないと思います。

教材の構成的にも、明らかにこのノウハウは取ってつけた感がありますので、私は全く価値を感じませんでした。

これについてはかなりズサンな内容という感じです。

あとは細々とYouTube動画の分析ツールの使い方などを淡々と解説しているという感じの教材内容です。

ポイント、ポイントでは為になるところもあるかもしれませんが「これで稼げるか」と言えば、この教材だけでは到底無理に近いかと思います。

全ての内容において具体性に欠けるというのが、その一番の要因ですね。

私的には表面的にYouTubeを活用する情報を網羅しているだけの教材という感じですね。

それこそ「YouTubeアドセンスで稼ぐノウハウ」と「YouTube集客からの収益化ノウハウ」の両方をきっちり網羅していきたいなら、先程紹介した「GigaTube」の“フルセットプラン”でいいと思います。

まさに「この上なく具体的な双方のノウハウ」がしっかりと提唱されていますので。

>GigaTube(ギガチューブ)

よろしければこちらのレビュー記事だけでも読んでみてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年6月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

THIGAオークションシステムの意味。株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋

インフォトップで私的には完全に意味不明としか思えないサービスが売上ランキングの上位に来ていましたので、ちょっと取り上げておきます。

こちらの「オークションシステムへの参加権利」です。

THIGAオークションシステム


・URL:http://thigasys.com/system/

(特定商法表記)
・株式会社キュリアスコープ
・岩崎秀秋
・北海道札幌市中央区南6条東3丁目1-2 レノンテラーザ6-3

THIGAオークションシステム(岩崎秀秋)


インフォトップのランキングに入っていますが、これは情報商材でも何でも無く、ただの「オークションサイトへの参加権利&利用料」です。

そのオークションサイトというのがこちらの「THIGAオークションシステム」というオークションサイト。

THIGAオークションシステム:http://lwa.grab-sys.ne.jp/?usid=e89994

このオークションサイトへの参加権利が7980円で、そのまま継続して利用するには月額4980円の利用料が「一生」かかる模様です。

国内最大手のヤフーオークションでさえ、月額の利用料は「出品者」でも数百円という価格帯なので、いかにこのサイトの利用料が高額かがわかります。

ただ落札者として利用するだけでも月額4980円のオークションサイトなんて、ほぼありえないと言っていいレベルの価格設定じゃないでしょうか。

まあ、どんなサービスに幾らの利用料を設定するのも運営者の自由ですが、このセールスレターの売り文句はさすがにどうかと思います。

「利益が必ず出る商品しか販売していないサイト」

との事ですが、そんなオークションサイト、、、ありえますか?

そもそもそのオークションサイトに出品する人のメリットは??

このオークションサイトで商品を落札してアマゾン、ヤフオクで転売すれば利益を出せるというのがこの「THIGAオークションシステム」の謳い文句ですが、普通に考えてそんな仕組みは成り立たないと思います。

アマゾン、ヤフオクで売ればもっと高く売れる商品を、あえてこのTHIGAオークションシステムで安く落札させていく事に何のメリットがあるのでしょうか。

しかも高い利用料を支払って(苦笑)

アマゾン、ヤフオクに転売してもっと高く売れるのであれば、そちらで転売するのが普通だと思います。

というか、誰でもそうするでしょう。

「プロのせどらーが出品しているから」

と言う意味不明な理屈を並べていますが、そもそも「プロのせどらー」という人達は、せどりで利益を上げている人達なんですから、このようなオークションサイトを利用して商品を安く落札させたところで何のメリットもありません。

それこそ「プロ」なんですから、最も高く売れるサイトで売るのが普通だと思います。

月額4980円もの利用料を支払って、何故「損」をするような価格で商品を転売していくのでしょうか。

本体、もっと高く売れる商品を安く売るという事は「損失」を生んでいる事と変わりません。

あえて損をするサイトに高い利用料を支払っていくメリットがあるとでも?

要するにこのTHIGAオークションシステムの「売り文句」自体が、もう既に破綻しているという事です。


THIGAオークションシステムは違法運営?


また、もう1つ気になる点としては、THIGAオークションシステムというサイトには「運営者(運営業者)」の情報が記載されているページが存在しない事です。

実際、THIGAオークションシステムではオークションサイトの利用に「ポイント」を最初に購入させる仕組みになっていますので、本来は「特定商法表記」が必要なはずです。

また、ポイントを購入させてそれを管理していく業務には「資金決済法に基づく表記」というのも必要なはずなんですが、そのどちらも全く記載されていません。

この時点で特定商法違反、資金決済法違反の違法サイトという事になります。

更に言うと、オークションサイトの運営には「古物競りあっせん業の届出」を警察に届ける必要があります。

運営業者の情報が掲載されていない時点で、この届出をどこの業者、個人が出しているかもわからない状況ですので、これも違法運営の一端になっていると思います。

とりあえず法律的にも問題だらけのサイトという事ですね。

一見、サイトには利益が出そうな商品が並んでいるようにも見えますが、それなりの利用料を取る以上は、「餌」になるような出品を運営者側がそれらしく出している可能性も多いにあります。

実際にその商品を業者側で落札していけば、自作自演で「一見は安い商品がたくさん出ているオークションサイト」を装う事は容易に出来ますからね。

高額なオークション利用料だけを継続的に徴収しながら、商品を落札させない状況を作る事も容易だという事です。

高額な利用料を取っているだけに、たま~に商品を安く落札させて餌を定期的に撒いてくるような事も意図的に出来てしまいます。

現時点では完全な違法運営をしているサイトですので、まず信用はしない方がいいと思います。

普通に考えて、理屈が破綻しているような売り文句で利用者を集めているようなオークションサイトですから、私の見解は「辞めておけ」という一言に尽きますね。

くれぐれもご注意ください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年6月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

佐野式サイコロジックアフィリエイトは詐欺?(佐野京介)

インフォトップで販売されているある教材のレビュー依頼があり、価格もそこまで高くなかったので試しに購入してみたのですが、久しぶりに「これは酷い!」と思う、ほぼ詐欺に近いような教材でした。

これは警告しておいた方がいいと思いましたので、早急に記事にしておきたいと思います。

佐野式サイコロジックアフィリエイト


・URL:http://skraea.com/

(特定商法表記)
・サムライ・パートナーズ株式会社
・佐野京介
・神奈川県横浜市鶴見区東寺尾6-18-13フジハウス203

佐野式サイコロジックアフィリエイト(佐野京介)レビュー


心理学者を名乗る佐野京介という人物が「考案した」とされる教材なのですが、その内容は本当に「酷い」ものでした。

どう「酷かったのか」は追ってお話ししていきますが、あまりに内容が酷かったのでこの商材の考案者を名乗る「心理学者、佐野京介」の事を調べてみました。



これが「心理学者、佐野京介」らしく、セールスレターに掲載されている上記画像には「2015.02.18 PM 01:34 都内研究室にて」と、丁寧に撮影時間まで書かれています。

ですが、この画像をグーグルの「画像検索」で調べてみると、ただの「素材画像」という事が分かりました。

その素材ものはこちらの画像になります。



実際にこの素材画像の方でグーグルの画像検索をすると、、、。

まあ、こんな感じです。

要するにこの画像は「心理学者、佐野京介」などでは無く、また「2015.02.18 PM 01:34 都内研究室」で撮影された画像でもありません。

となると、このセールスレターの「人類の精神構造を知り尽くす天才心理学者、佐野京介が考案」という謳い文句自体が「大嘘」の可能性も出てきます。

そもそも「心理学者 佐野京介」というキーワードで検索をしても、出てくる情報はこの「佐野式サイコロジックアフィリエイト」の情報のみでしからね。

そもそもその「佐野京介」という心理学者なんて「いない」んだと思います。

それを「天才心理学者が交換」ですからね、、、。

この時点でいかにこの「佐野式サイコロジックアフィリエイト」が詐欺まがいな手口で売られているのかが十分に見て取れます。

また、言うまでも無く「モニターテスト」と称して掲載されている5人分の画像も全て、「素材」として入手できるものですので、これも「大嘘」の可能性が高いです。

その辺で入手できる顔写真画像にそれらしい実績を掲載して「一般人5名の実績」として公開しているわけですから、これも「酷い」の一言に尽きます。

更にこの「佐野式サイコロジックアフィリエイト」の“酷さ”はセールスレターで大きく掲げられている「3つのお約束」や「返金保証」にも及んでいます。

例えば「3つの約束」の中のこちらの謳い文句。

高額商品の案内なし
最初は安かったのに・・・結局高額商品を買わなければ実践できないサポートすら受けられないと言った事は一切ありません。このノウハウ1つでどなたでも実践出来ます。

という約束事を掲げた矢先、マニュアルの冒頭では早速5つもの「有料ツール」の案内が始まっています。

しかもこのセールスレター内で書かれている「コピー&ペーストのたった4分の作業」「5つのツールをポチッと起動するだけ」などの謳い文句は、その有料ツールを使う事が前提になっています。

要するにセールスレターに書かれている謳い文句は全て、その有料ツールありきのものという事です。

その時点で「高額商品の案内なし」の中で掲げられている『結局高額商品を買わなければ実践できないと言った事は一切ありません。』という約束を平気で破っています。

まあ、「高額」の定義は人それぞれかもしれませんが「有料のツールを買わせる前提にしている事」をセールスレターの謳い文句にしているのは普通にどうかと思います。

そこに輪をかけて「酷い」のが以下の返金保証です。

実践開始から1年、マニュアル通りに実践しても合計30万円の報酬を得られなかった方に即座に商品代金を返金させて頂きます。
※返金には5種類のツールを使って1年間マニュアル通り実践した記録をご提示くださ

要するに5種類の有料ツールを購入しない事には保証は受けられないだけでなく、いざ保証を受けても戻ってくるのは「この商材の購入費用のみ」という条件になっています。

有料ツールの費用は返金されないという事です。

そもそもセールスレターにはどこにもこの5種類のツールが有料である事は書かれていません。

ここまで消費者を馬鹿にした商材、保証はないと思うのは私だけでしょうか。

そしてその内容も有料ツールも更に輪をかけて「雑」なものなのは言うまでもありません。

ハッキリ言って「今更こんなツールを有料で?」と思うようなツールばかりです。

1つ目は検索ボリュームが増えているキーワードを抽出するツール(キーワードアドバイスツールで十分。)

2つ目はそのキーワードを基にYouTube、楽天、アマゾンから関連動画、アフィリエイト商品のタグを取得するツール(それぞれの検索機能で十分。)

3つ目はその取得したYouTubeのタグとアフィリエイト商品のタグを無料ブログに投稿していくツール(要するにただの自動投稿ツール)

4つ目はFacebookに自動で「メッセージ送信」や「いいね」をクリックするツール(すぐにスパムツールとみなされ対策されるレベル)

5つ目はTwitterで自動フォロー&BOTするツール(これも同じくすぐに対策されるレベル)

という極めてズサンなツールの詰め合わせになっています。

そして商材内容もこの5つのツールをただほったらかせば稼げるというレベルのもので、それ以上のノウハウはとくに何も無い内容になっています。

まあ、そこまで価格は高くない情報商材なので、あまり文句を言う人もいないのでしょうが、右も左も分からない初心者さんはまんまと有料のツールにもお金を払ってしまうんだと思います。

ただこんなノウハウ、こんなツールでは100%稼げません。

モニターテストをした一般人の実績やら、心理学者、佐野京介の300万円を稼いだという数字は間違いなく全て「大嘘」だと思います。

どう考えてもありえない、考えられない数字ですから。

ハッキリ言って、こんな商材が何故、インフォトップの審査をパスしているのか謎ですが、これは久々なレベルで相当酷いレベルの悪質な情報商材だと思います。

頭からつま先まで大嘘だらけの商材ですので、くれぐれも注意してください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年6月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像