河村俊介さんのPPCフェニックスについて(株式会社インフォブレイク)

少々高額なPPCアフィリエイトの教材はインフォトップの売上ランキングの上位に入っていましたので、取り上げておきたいと思います。

こちらの株式会社インフォブレイク、河村俊介さんという方が販売している「PPCフェニックス」という教材です。

河村俊介さんのPPCフェニックス(株式会社インフォブレイク)


・URL:http://kblab.me/ppcphenix/lpx

(特定商法表記)
・株式会社インフォブレイク
・山本智也
・河村俊介
・東京都渋谷区宇田川町36-1-6F

PPCフェニックス(河村俊介)レビュー


PPCアフィリエイト系の情報商材はこのブログでも度々取り上げていますが、私の基本的なスタンドとして、

「高額な教材としてはあまり肯定的に捉えないジャンルのもの」

として挙げられるものの1つがこの「PPCアフィリエイト」というジャンルの教材です。

理由は「具体的過ぎるノウハウの公開が道理に合わないから」です。

PPCアフィリエイトというのはPPC広告を利用してアフィリエイトをする手法なわけですが、その一番のキモとなるの部分は「キーワードの選定」と「商品の選定」です。

勿論、突き詰めるとそこからの広告文の作成や実際にPPC広告から誘導していくLP(ランディングページ)の作り込み等、重要なポイントはまだまだあります。

ですが、やはり一番にモノを言うのは「入稿するキーワード」と「売っていく商品」なわけです。

PPCアフィリエイトで稼いでいる人は例外なく、ここに力を入れています。

ただPPC広告というものの特性上、入稿キーワードに伴う入札金額は「競合」によって決まってきますので、同じキーワードを狙って広告を出す人が増えていくとそのキーワードの広告単価はどんどん上がっていきます。

要するに「ライバルが気付いていない穴場的なキーワードを見つけだしていく事」がPPCアフィリエイトで稼いでいく為のポイントになるわけです。

そして「キーワード」は「売っていく商品」によって決まってくるものでもありますので、PPCアフィリエイトは「他の人が扱っていない商品を他の人が入札していないキーワードを狙って売っていってナンボ」という事になります。

兎にも角にも、それが一番のポイントになってくるわけです。

となるとやはりキモとなる部分は「どういう商品をどういうキーワードで狙っていくか」であり、PPCアフィリエイトで稼ぐ為のノウハウは「そういう商品やキーワードをどう見つけていくか」がその主な部分を占める事になります。

実際にPPCアフィリエイトで稼げるノウハウを確立している人というのは、そういった「穴場的な商品やキーワードを見つけだせる術を確立している人」なわけです。

そんな人がそのノウハウの「全て」を惜しげも無く公開する、、、でしょうか。

そして公開するメリットがあると思いますか?

・・・ないですよね。

なので、PPCアフィリエイトの情報商材というのは絶対的にこの重要な「抽象的」になってしまうんです。

具体的な情報として公開した時点で、多くの人が同じような商品を同じようなキーワードで狙っていってしまうからです。

こういった「競争ありき」のビジネスモデルでその「競合」を起こしてしまうようなノウハウをあえて公開するような人はまずいません。

その方法で稼いでいる人程、まず公開しないと思います。

要するにPPCアフィリエイトの情報商材というのは「良い商材」ほど、その重要な部分は抽象的にならざるを得ませんので、実際のところその上で押さえていくべきポイントはそこまで多くはありません。

そしてどうしても抽象的に「どういうところに気を付けていくべきか」みたいな情報になってしまうので、私はどうしても何万円ものお金を支払ってその情報を買う意義を感じないわけです。

勿論、そういった「基本」をしっかりと押さえていく事も重要ですし、そういう点では学ぶ事がある教材というのは実際にあると思います。

この「PPCフェニックス」もそういうところは手厚く学べる教材なのかもしれません。

ですが、この「PPCフェニックス」は価格にして5万円近い価格設定になっていますので、あくまでも「基本」を押さえるだけの情報商材に5万円はどう考えても「高い」と思います。

まあ、それがどんなに基本的なものであっても高いと思うか安いと思うかは人それぞれの感覚次第かもしれません。

ですが、少なくとも私は「PPCアフィリエイトの基礎をしっかりと学んで身に付ける」という事であればこちらの「人情PPCの極意」という教材で十分だと思います。

>人情PPCの極意(大内真哉)

この「人情PPCの極意」は価格的には「PPCフェニックス」の10分の1以下の価格で売られている商材ですが、ハッキリ言ってPPCアフィリエイトで稼ぐ為の「基礎」や「視点」はこの教材1つで十分に学べます。

そして私的には、もうこれ以上のポイントは「より具体的な情報」以外ありえないと思う為、PPCアフィリエイトの教材で数万円という価格設定が付けられている時点で、既にその商材は“敬遠の対象”に入ってしまうわけです。

どう考えてもPPCアフィリエイトのノウハウで「人情PPCの極意」の内容を超えた何万円分も学べるものがあるとは思えないからですね。

むしろPPCアフィリエイトで本当に稼ぎたいなら、その基本的なポイントをきちんと押さえて、そこから自分なりに商品やキーワードを選定していくくらいがベストだと思います。

そういう意味では中途半端な具体性を追及している教材に手を出してしまうほど、成功は遠のくんじゃないかと思います。

そういう意味でも、先程の「人情PPCの極意」くらいの教材がPPCアフィリエイトの教材としては、私はほぼベストだと思っているわけです。

少なくともこの内容を押さえて「それ以上のポイント」はほとんど無いようなビジネスモデルなので、もう何十万円という金額をふっかけている時点でPPCアフィリエイト系の高額塾は私的には根本的に「無し」ですね。

あらゆる点を「具体的」にすればするほど、競合してしまうからです。

何にせよ、先程の「人情PPCの極意」であれば3000円ほどで購入出来ますから、まずはPPCアフィリエイトの基本をサッと勉強してみてください。

そして実際にやってみればいいと思います。

PPCアフィリエイトはそうやって少しでも体験して頂ければ、「もうこれ以上、強いて何十万円も支払って伝授されるようなノウハウやポイントは無いんじゃないか」と、気が付くんじゃないかと思いますけどね。

少なくともそれくらいのレベルまでは「人情PPCの極意」の内容で、PPCアフィリエイトの必要なポイントは十分に学べると思います。

まあ、かなり個人的で偏った意見かもしれませんが、私の「PPCアフィリエイト」系の情報商材に対しての意見はほぼこれが全てです。

あとは自己判断でどうぞ。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年5月29日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

大園式無在庫転売塾は詐欺?(大園麗花) 株式会社Across The Mode

先日も取り上げたばかりなのですが、また「BUYMA」系の高額な教材(塾)がインフォトップのランキングに入っている模様です。

・・・と思ったら、これはかなり前に何名かの有名どころのアフィリエイターさんがしきりに煽っていた高額塾が名前を変えて公開されていただけでした。

もともとは「大園式ファッション転売塾」という名前で募集されていたこちらの高額塾です。

大園式無在庫転売塾(大園麗花)


・URL:http://reika-project100.com/top2.html

(特定商法表記)
・株式会社Across The Mode
・大園麗花
・東京都港区南青山5-12-5 第一和田ビル 8階

大園式無在庫転売塾は詐欺?(大園麗花)レビュー


この「大園式無在庫転売塾」ですが、先程の「大園式ファッション転売塾」という名称で塾生募集をしていた以前から「転売大園塾」とか「大園転売塾」とか「大園式転売塾」とコロコロ名前を変えて来ている経歴があります。

更に言うと、塾長として名乗っている「大園麗花」というお名前も実は偽名のようで、本名は宮田麗花さんというようです。

ソースはこちらの通り。



これはインフォとオプのアフィリエイター管理画面の方から確認できる「インフォプレナー名」のキャプチャなのですが、以前の「大園式転売塾」の名称で公開されていた時のインフォプレナー名は「宮田麗花」になっていました。

インフォトップではインフォプレナー登録の際に身分証明書を提出させていますので、この宮田麗花が本名である事は間違いないと思います。

となると「大園麗花」という名前は「偽名」という事になります。

まあ、セールスレター上で名乗る名前を「ペンネーム」や「ハンドルネーム」にするくらいであれば、そこまでの問題ではないと思います。

実際、明らかに「ハンドルネーム」という事がわかる名前で情報商材を公開しているようなインフォプレナーさんはたくさんいますので。

ただこの「大園麗花こと宮田麗花さん」は、大園麗花という「ハンドルネーム(偽名)」を特定商法表記のページに掲載しているところが問題かと思います。



これは法的にも普通にダメですからね。

何にしてもこの「大園麗花こと宮田麗花さん」の「大園式無在庫転売塾」は、塾名をコロコロ変えるだけでなく、特定商法表記のページにも「偽名」を平気で載せるような事をやっているような高額塾という事になります。

この時点で信頼性はほぼゼロに近いと思うのは私だけでしょうか。

塾名をコロコロ変えているのはこの塾の評判が余りにも悪すぎるからで、実際に過去の名称で検索をすると、とにかく「悪評」しか出てきません。

ただその悪評は決して根拠の無い誹謗中傷などでは無く、実際にこの塾に参加した人の意見であったり、その生の声を掲載しているものもたくさん見受けられますので、根本的にこの塾はその「内容」そのものに問題があるようです。

もしくはこの「大園麗花こと宮田麗花さん」自身がハナから詐欺的な意識でこの高額塾をやっているか、、、ですね。

評判を見る限りでは、それに近いレベルの声が多数出てきますので。

まあ、そもそも「BUYMAで稼ぐ」という事を謳っている時点で、その情報商材は私的にはほぼ完全に「アウト」なんですが、やはり「無在庫出品」「リスク無し」というところに惹かれてこういう情報にお金を払ってしまう人は後を絶たないようです。

先日も「BUYER’S FUN(バイヤーズファン)」というBUYMAで稼ぐ系の情報商材を取り上げた際にもお話ししていますが、「BUYMAで稼ぐ系の情報商材」は根本的にその方法を公開する道理が成り他たないものなんです。

>BUYMAで稼ぐ?BUYER’S FUN(バイヤーズファン)

ハッキリ言って「BUYMAで稼ぐ系の情報商材」は、そのほとんどが「使えないもの」と思った方がいいと思います。

この「大園式無在庫転売塾」に参加した人達の声にもありますが、結局この手の「BUYMAで稼ぐ系の情報商材」は、BUYMAというサイトの基本的な使い方や転売ビジネスの心構えなど、抽象的な内容のみで終わってしまうものがほとんどです。

何故なら、具体的な「稼ぎ方」を明かしてしまうと、その時点で情報としての価値はなくなり、稼げないノウハウになってしまうからです。

無在庫出品が出来てしまうBUYMAで稼ぐには「自分独自の仕入れルートの開拓」が必須になりますので、「具体的に稼ぐ方法」を教えるにはそれを明かすしかありません。

ですが、そこが多くの人に明かされた時点で「無在庫出品」が出来てしまう以上、同じ商品がBUYMAに次から次へと出品されてしまい、すぐに稼げなくなってしまうわけです。

つまり「BUYMAで稼ぐ系の情報商材」は具体的に稼げる方法(仕入れ先)を明かせばすぐに稼げなくなり、それを明かさないとただの抽象論で終わってしまうという、根本的に「成立しようのないジャンル」の情報だという事です。

まあ、BUYMAというサイトの特性をきちんと理解すれば誰でも分かるような理屈なのですが、情報商材にお金を払ってしまうような人はどうしてもその「冷静な判断」が出来ない傾向にあります。

もしくは根本的に知識が無いくせに高額なお金だけは平気で出してしまうというパターンですね。

高額なお金を支払ってそのビジネスを始めようと思うなら、まずは一度、自分なりのそのビジネスの事を調べられるだけ調べた方がいいと思います。

少なくともBUYMA系の情報に関しては、それをきちんと事前に行えば、その「情報商材」の存在そのものが成立しないものであることは普通に認識出来るようなビジネスだと思います。

何おり「無在庫出品」で「リスクの無い出品」が出来ても、そこに費やした労力がただただ垂れ流しの無駄な労力で終わるなら、それはリスクと変わりありません。

それこそ実際に仕入れをしていってもリスクを限りなく軽減できるようなノウハウというのも普通にありますので、参入していくなら、そういうものの方が遥かに「現実的」だと思います。

例えばこちらなどですね。

>次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

転売系で稼ぎたいなら、こういう現実的なノウハウで堅実に稼いでいくのが手堅いと思います。

少なくとも「無在庫出品」「リスク無し」なんて謳い文句にホイホイ乗せられても先は無いと思いますよ。

まあ、「大園麗花こと宮田麗花さん」の「大園式無在庫転売塾」の評判は、BUYMAで稼ぐ云々以前の問題のような気がしますが、、、。

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年5月26日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

せどりプレミア商品検索ツール「トレジャーパーフェクト」(MUB株式会社)天野裕之

最近、またせどり、転売系の情報商材やツールがインフォトップのランキングを賑わせているような気がします。

また、こっち系がトレンドになってるんですかね?

その中で「また、こういうヤツか・・・」とツールが1つ目につきましてので、取り上げておこうと思います。

こちらのせどり、転売ツールです。

せどりプレミア商品検索ツール「トレジャーパーフェクト」


・URL:http://torepa.biz/

(特定商法表記)
・MUB株式会社
・天野裕之
・東京都港区六本木5-9-20 六本木イグノポール504

せどりプレミア商品検索ツール「トレジャーパーフェクト」(天野裕之)レビュー


ゲーム、おもちゃ、ボビー、DVD、CD、家電&カメラ、ホーム&キッチン、、、。

この広いジャンルを対象に「高利益商品」がザクザク見つかるという謳い文句で売られているツールです。

ただ、その「ロジック」は実は大したものではありません。

その「高利益商品」の定義が、単純に“定価以上の価格で販売されているプレミア商品”の事を指しているからです。

この「トレジャーパーフェクト」はアマゾンを対象に「定価超え」の商品情報を一覧にして抜き出せるツールという事です。

それ以外にも色々と細かな「絞り込み機能」や「並び替え機能」的なものが付いているようですが、基本的にはアマゾンの検索機能で代用できるようなものが大半を占めています。

というより「定価超えの商品」を一気に探していく事自体、アマゾンの検索機能を使えばわりと簡単に出来るんですけどね。

普通に「価格を高い順に並べ替える」という機能がアマゾンの検索機能に既に備わっているからです。

ですので、ある程度、カテゴリやキーワードを絞り込んで価格を高い順に並べ替えれば、そこで上位の方に来る商品はほぼ「定価超え」の商品です。

CD、DVD、ゲームに関して言えば、だいたい定価と言える価格は決まり切っていますので、それ以上の価格が付いているものは全てプレミア商品とみなせます。

CDアルバムなら3000円以上、DVDなら5000円以上とか、そんな感じですね。

ですから、この辺りの商品もとくにこの「トレジャーパーフェクト」のようなツールを使わずとも、アマゾンの価格相場を見れば一目瞭然なわけです。

要するにこの「トレジャーパーフェクト」のようなツールを使わなくてもそういう「定価超え商品」を一気に絞り込んでチェックしていく事は、アマゾンの普通の検索機能を使っていくだけでも普通に出来てしまうんですね。

結局この「トレジャーパーフェクト」はそういうアマゾンの検索機能をちょっと工夫して使えば出来る事をツールが自動的にやってくれるというだけのツールだという事です。

セールスレターには「こんな商品が山ほど見つかるます!」と、その定価超えの商品情報を掲載して定価との差額をあたかも「見込める利益」と言わんばかりに強調して示していますが、こんな商品はアマゾンの検索機能で幾らでも簡単に見つけられます。

価格を高い順に並べるだけでウン千円、ウン万円と定価以上の価格が付いている商品はわんさか出てきますから。

そう考えるとこの「トレジャーパーフェクト」は、どう考えても初月9800円、月額3980円分の利用価値は、私は無いと思います。

しかもこの「トレジャーパーフェクト」は基本的には「店舗せどり」に利用するツールらしいので、このツールで抜き出した情報をもとに近所の店舗で「仕入れ」をしていく必要があります。

要は店舗仕入れを行う際の「商品の目星」をこの「トレジャーパーフェクト」で付けていきましょう、という事なわけですが、その店舗にこの「トレジャーパーフェクト」で抜き出した商品が「ある」とは限りません。

むしろ無い可能性の方が遥かに高いです。

・・・となると、この「トレジャーパーフェクト」の意味、あるんですか?という感じがしますが、ザックリこの「トレジャーパーフェクト」の用途を書くとこんな感じです。

アマゾンを対象に単純に「定価超え」で売られている商品の一覧情報を出して、それに該当する商品を近所の店舗に仕入れに行く。

近所のお店でアマゾンで売られている最安値より安く、その商品が見つかれば、それを仕入れて利益を取りましょうというのが、この「トレジャーパーフェクト」の理屈です。

ですがアマゾンは基本的に出品者が自由に価格を設定できるサイトなので、アマゾンで売られている価格が必ずしも「適正な価格」であるとは限りません。

出品者によっては全く売れるはずもないような価格で商品を出品しているケースもあります。

その金額だけを指標にして商品を仕入れたり、転売しようとするのはちょっと危険です。

この「トレジャーパーフェクト」の理屈にはそういう落とし穴もあると思った方がいいと思います。

まあ、店舗せどりのツールという時点で、私はあまり興味が湧かないのですが、この「トレジャーパーフェクト」はそれ以前の問題であまり意味の無いツールだと思います。

こういうツールを手にする前に根本的な「せどり」や「転売」で稼ぐ為の戦略から勉強していくべきです。

それこそ私が推奨している「せどりインサイダー」であれば、「完全在宅」で「より高い利益率の商品」を「ほぼ確実に高く売る事」を徹底出来るノウハウが普通に“無料”で公開されています。

>次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

興味があれば一度、その「無料版マニュアル」だけでお読んでみてください。

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年5月23日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

YouTubeでYouTubeの情報商材をアフィリエイトする人達の話。

今、YouTubeでYouTube系の情報商材を売っている人が増えています。

そしてこれが思いのほか「売れている」ようで『YouTubeでYouTube系の情報商材を売る』という戦略は、情報商材アフィリエイトの手法としては“かなり稼ぎ易い戦略”として認知され始めています。

もともと情報商材のアフィリエイトは単価が高く、高額な商品が多いという点と「根本的に怪しい」という点から、初心者層には敷居が高いとされていました。

ですが、YouTubeという市場に関しては言えば、思いのほかこの「情報商材」が売れ易い傾向にあり、とくに「YouTube系の情報商材」は異常なほど売り易く、売れ易い傾向にあるわけです。

YouTubeでYouTubeの情報商材をアフィリエイトする人達について。


では、そういう人達はどうやってYouTubeで情報商材をアフィリエイトしているのか。

これは実際にYouTubeをよく観覧しているような人であれば、お気付きかもしれませんが、動画本編の前後に自作の「広告」のような動画が挿入されているようなもを目にした事はないでしょうか。

もしくは説明文のところに「YouTubeで月収○○円」というような事が書かれ、URLなどが記載されているような動画などを目にした事はありませんか?

YouTubeで情報商材を売っている人達は、主にそういったところから無料のオプトインオファーなどに誘導し、オプトインリストにステップメールなどを投げて有料の情報商材の売り込みなどに繋いでいます。

その前後に自作の広告動画を差し込み、動画説明文のところに注意を引いて巧みにYouTubeからLP(オプトインページ)などに誘導しているわけです。

今やこういう仕掛けが仕込まれた動画がお笑い系から音楽系まで、幅広いジャンルの動画に見られます。

そして、そういう人達が最終的に売り込んでいる情報商材は8割方、この「ランドオブハンモックYouTuber」という商材ではないかと思います。

ランドオブハンモックYouTuber:http://www.hammockyoutuberland.com/index2.html

現にこの「ランドオブハンモックYouTuber」は50万円という高額な情報商材に関わらず、このような「YouTubeを軸としたマーケティング展開」で継続的に売れ続けています。




上記の画像はこの記事を書いている2015年5月19日現在のランキングですが、この時もインフォトップの売上ランキング2位に入っていました。

ちなみにこの「ランドオブハンモックYouTuber」はインターネット上での評判は、ハッキリ言って全く良くはありません。

むしろかなり「悪い」と思います。

私もこのブログで実際に取り上げていますが、あまり良い評価はしていません。

にも関わらず、実際にインフォトップの売上ランキングで連日「上位」に入っているのは、他でも無くこの商材が「YouTubeで売れているから」です。

そしてこの「ランドオブハンモックYouTuber」をYouTubeで売っている人がやたらと多いのは、この商材の内容そのものが「このランドオブハンモックYouTuberをYoutubeで売る方法を解説しているだけの教材だから」と言うのも1つの理由かと思います

結論としては「それだけの教材」ですので、50万円という価格帯に見合う価値は到底「無い」としか言いようがありません。

まともな「アフィリエイター」なら、まず推奨する事など出来ない教材だと思います。

現にこの「ランドオブハンモックYouTuber」というキーワードでグーグル検索をすると、その検索結果にはこの商材を酷評するブログやサイトなどがたくさん出てくるという状況です。

要するにインターネット上のブログなどでこの「ランドオブハンモックYouTuber」を強いて推奨しているようなアフィリエイターはほとんどいないわけです。

にも関わらず、この「ランドオブハンモックYouTuber」が売れているのはこの「ランドオブハンモックYouTuber」を購入した人が「元を取る為」にこの商材内容を実践しているからに他なりません。

その商材内容を実践して一生懸命この「ランドオブハンモックYouTuber」をYouTubeで売っているわけです。

50万円もの高額教材をYouTubeで売る人達の実体。


ただ、この「ランドオブハンモックYouTuber」を購入してしまった人達からしてみれば「せっかく50万円も払ったんだから元を取るしかない。」と考えてしまうのも無理も無いと思います。

50万円ものお金の元を取るには、この「ランドオブハンモックYouTuber」をYouTubeで売るしかないのですから。

一応この「ランドオブハンモックYouTuber」には50万円という価格に対して何十万円単位の紹介報酬が付いていますので、実際にこの「ランドオブハンモックYouTuber」をYoutubeで数本売っていく事が出来ればその「元」は取れます。

それ以上に売っていく事が出来れば、確かに「儲かる」わけです。

そして現にこの「ランドオブハンモックYouTuber」をYouTubeで売って儲けている人が「いる」というのが実際のところです。

ですので、この「ランドオブハンモックYouTuber」はハッキリ言って全く推奨出来るような「内容」の商材ではありませんが「稼げない情報ではない」という事になります。

まあ、それでも『この商材を売って稼いでください』という内容ですので、「買ってしまった人の気持ち」を思うと、稼げる稼げない以前にどうかと思うところはあります。

ですが「YouTubeでこの商材が売れている」という事だけは“紛れも無い事実”です。

ただこれはこの「ランドオブハンモックYouTuber」で紹介されている「販売手法」が強いて優れているというわけではありません。

まあ、これは人それぞれの観点ですが、私は内容を見て「え?こんなレベルの内容なの?」と思う程度のものでした。

にも関わらずこの「ランドオブハンモックYouTuber」の購入者が50万円もの高額なこの商材をYoutubeで売る事が出来ているのは、

「YoutubeではYoutubeで稼ぐ系の商材が異常なほど売り易い(売れ易い)」

という事を実証していると言っていいと思います。

それこそYouTubeを利用したマーケティング戦略という観点で言えば、私がこちらで推奨している「GigaTube」の方が遥かに実践的で、精巧な戦略、ノウハウを解説してくれていると思います。

>Youtubeマーケティング教材「GigaTube(ギガチューブ)」

まあ、強いて「ランドオブハンモックYouTuber」にあって「GigaTube」に無いものは「動画形式のマニュアル」と「ある有料動画編集ソフトの使い方マニュアル」くらいでしょうか。

それ以外のキモとなるポイントはほぼ全て29800円の「giga tube」で普通に網羅されていると言っていいです。

しかも「ランドオブハンモックYouTuber」より遥かに手厚く、、、ですね。


YouTubeで「情報商材アフィリエイト」という選択肢。


何にせよ、YouTubeでYouTube系の情報商材が「売れ易く、売り易い事」は、あまり良い実例とは言えませんが「ランドオブハンモックYouTuber」という教材が実証してきている状況にあります。

それこそYouTubeには、私もこのブログでビジネスモデルとしても情報商材としても取り上げて来ている「YouTubeアドセンス」という、投稿動画が再生されさえすれば収入が手に入る仕組みも備わっています。

要するにやり方次第では、「YouTubeアドセンス」で稼ぎながら、その観覧者に情報商材を売り込んでいくような一石二鳥の稼ぎ方も出来るわけです。

現にその方法を公開しているのが、私が推奨している「GigaTube」という教材なのですが、この「YouTubeを入口とした情報商材アフィリエイト」という選択肢は

・YouTube系のビジネスをやっている人
・情報商材のアフィリエイトをやっている人
・DRM、リストマーケティングをやっている人


こういう人にとっても新たな収入源、戦略になっていくと思いますし、これらで思うような収入を得られなかった人にとっても「再チャレンジの価値はあるんじゃないか」と思います。

ただその戦略を学び、実践していくのであれば、50万円もの「ランドオブハンモックYouTuber」に手を出す必要は全くありません。

約3万円のこちらで十分です。

>Youtubeマーケティング教材「GigaTube(ギガチューブ)」

興味があれば、こちらのレビュー記事だけでも一読してみてください。

それでは。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年5月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ビジネスノウハウ

Youtubeマーケティング教材「giga tube」(株式会社バンザイ)尾上雄二

かなり「面白い」Youtube系の教材が本日、一般公開になったようなので早速取り上げます。

ハッキリ言ってかなり「お勧め」ですので、Youtube系のビジネスをやっている人、興味がある人はこのレビュー記事だけでも目を通しておいて損は無いと思います。

Youtubeマーケティング教材「giga tube」


・URL:http://evilyoutuber.black/gigatube/

(特定商法表記)
・株式会社バンザイ
・福田功
・尾上雄二
・三重県鈴鹿市西条9丁目22番地

「giga tube」(株式会社バンザイ)尾上雄二 レビュー


未だに「衰え」を見せず各ASPで売れ続けている「Youtube系」の情報商材ですが、私のブログからもYoutube系の情報商材はほぼ毎日のように売れ続けています。

ただ、私が紹介していたYoutube系の情報商材は「Youtubeアドセンス」を主体としたものが主でした。

そんな中、今回ご紹介するこの「giga tube」はYoutubeアドセンスに特化した教材では無く、その主なキャッシュポイントは「成約型の情報商材アフィリエイト」になっています。

「Youtubeで成約型の情報商材アフィリエイト?それで稼げんの?」

と、疑問に思う人も多いと思いますが、ハッキリ言ってこれは普通に稼げます。

何故、断言できるかと言うと、この「Youtubeを利用した情報商材アフィリエイト」は、私自身があるYoutubeアドセンス系の情報商材に「特典」として提供しているノウハウであり、言わば「経験済み」だからです。

既に私のブログからそのYoutubeアドセンス教材をその特典付きで購入されている方も、実際にこの方法で稼ぎ始めていますので、その再現性は事実として、間違いありません。

ちなみにその商材というのはこちらの「Evil Youtuber Subject」という教材です。

>Evil Youtuber Subject

お気付きの人もいるかもしれませんが、今回紹介している「giga tube」は、この「Evil Youtuber Subject」の販売者である尾上雄二さんという方の教材になります。

更に言うとこの「giga tube」には、私が推奨していた「Evil Youtuber Subject」が付属される購入プランも用意されているんです。

言わば私が特典にしていたノウハウに近いものが販売者の尾上さんよりオフィシャルで追加販売されたような形になっているわけですが、その商材の内容は私の特典よりも“遥かに手厚いもの”になっています。

これについては素直に「負け」を認めるしか無いくらい、この「giga tube」はその切り口と戦略、更にマニュアルそのものの作り込み方が本当に“エグい”です。

良い意味で「ここまで言っちゃうの?」「ここまでやっちゃうの?」の内容で、これは久々にマニュアルを読み進めていく段階で、すでにヤラれてしまいました。

「ノウハウの再現性」「マニュアルの分かり易さ」「戦略そのものの合理性」全てにおいて文句のつけようが無いと思います。

むしろセールスレターを読んでいく段階で「こういうものを待っていた!」と思う人も多いんじゃないでしょうか。

実際にセールスレターにアクセスして貰えればわかりますが、冒頭の「この謳い文句」の時点で、これ以上無いくらい「何をやって稼ぐか」がハッキリしています。

その謳い文句がこちら。

Youtubeで異常なほど売り易い商品。
それはYoutubeで稼ぐ系の情報商材です。

言ってしまうと、この「giga tube」のキモはこれが全てです。

要するに「YoutubeでYoutubeで稼ぐ系の情報商材を売る方法」というのを提唱している教材だという事ですね。

まさにこれは私も自身の特典で目を付けていた部分でもありますので、まさかこれを尾上さん自身がオフィシャルでマニュアル化してくるとは思いませんでした。

勿論、私の特典を見て尾上さんがパクったとか、そういう話ではありません。

むしろ私がその特典を作成した際に参考にしていた「あるアカウント」や「ある動画」は、尾上さんが投稿しているものだったっぽいです。

つまり私がこの「YoutubeでYoutubeで稼ぐ系の情報商材を売る方法」を特典にする前から、尾上さんはこのノウハウでこっそり稼いでいたという事です。

そういう意味では尾上さんがこのノウハウの「本家」という事になりますので、そのマニュアルの内容や戦略はとにかく「完成」されています。

むしろこれは今、Youtubeアドセンスで稼ぐ為に動画を日々投稿しているような人はすぐにでも採用して実践していった方がいいノウハウだと思います。

言うなれば「Youtubeアドセンス」と「情報商材のアフィリエイトの成約報酬」を二重取りしていくようなノウハウですので、Youtubeアドセンス狙いで動画を投稿している人からすると『やらないのはただ損なだけ』です。

そしてこのノウハウであれば、Youtubeアドセンスのような「何十万回」「何百万回」という大きな再生回数を伸ばせなくても、十分に収益化を見込んでいく事が出来ます。

「この戦略に特化した動画」を投稿していく事で数千回、下手をすれば数百回レベルの動画再生数でも数万円単位の収入を普通に稼げてしまうわけです。

それこそYoutubeアドセンスで1万円を稼ぐには最低でも10万回、ここ最近だと20万回くらいは再生数を伸ばさないといけません。

ですが、この「giga tube」ノウハウであればそれが100分の1、1000分の1の再生数でもそれくらいの収入を稼いでいく事が可能になります。

要するに「少ない再生回数で大きな収入を上げていく事が出来る」わけです。

これは再生回数をとにかく上げる事に執着しなければならなかったYoutubeアドセンスのみを主体にした稼ぎ方には無いメリットだと思います。

この方法であれば仮にYoutube側にYoutubeアドセンスの収益化を無効化されても、こっちの戦略から得られる収入は変わらず入ってくるという事ですので、リスクヘッジという観点でも優位性があるという事です。


あの有名商材を引き合いに出したその「裏付け」。



そして何よりもこのノウハウの有効性を「現実」として裏付けているのは、インフォトップで連日売上ランキングトップに入っている「この商材」の存在だと思います。



「ランドオブハンモックYouTuber」という商材ですが、もう長らくインフォトップの売上ランキングの上位に入り続けている商材になります。

上記の画像はこの記事を書いている2015年5月15日現在のランキングですが、この時も2位にランキング入りしていました。

要するのこの「ランドオブハンモックYouTuber」という商材は長期的に売れ続けているわけですが、この商材自体はハッキリ言ってあまり「評判」がよろしくありません。

むしろかなり「悪い」と思います。

私もこのブログで実際に取り上げていますが、あまり良い評価はしていません。

理由は内容が「このランドオブハンモックYouTuberをYoutubeで売る方法」を解説しているだけの教材だからです。

まあ、かなりザックリと言ってしまっていますが、そういう内容の教材である事は確かです。

にも関わらず価格はなんと50万円、、、。

ハッキリ言って到底、人に勧められるような情報商材ではありません。

そんな内容でそんな価格ですから、当然、大半のアフィリエイターさんはこの商材をあまり良くは評価していません。

実際にグーグルで「ランドオブハンモックYouTuber」というキーワードで検索をすると、その検索結果にはこの商材を酷評するブログがたくさん出てきます。

むしろそういうブログしか出て来ないというくらいです。

要するにブログなどでこの「ランドオブハンモックYouTuber」を推奨しているようなアフィリエイターはほとんど「いない」という事です。

にも関わらず、何故この「ランドオブハンモックYouTuber」は売れているのか。

理由はこの「ランドオブハンモックYouTuber」を購入した人が「せっかく50万円も払ったんだから元を取るしかない」という事で、実際にこの「ランドオブハンモックYouTuber」を“Youtubeで”売っているわけです。

50万円という価格に対して何十万円単位の紹介報酬が付いている為、この「ランドオブハンモックYouTuber」をYoutubeで売っていく事が出来れば元は取れます。

そして実際に「売れている」わけです。

ですので、この「ランドオブハンモックYouTuber」はハッキリ言って全く推奨出来るような「内容」の商材ではありませんが、いざそのノウハウ通りやってみると「Youtubeでは」こんな高額な商材が普通に売れていくわけです。

要するに「稼げる事は稼げてしまう」わけですね。

まあ、それでも『この商材を売って稼いでください』という内容ですので、「買ってしまった人の気持ち」を思うと、稼げる稼げない以前にどうかと思うところはありますが、Youtubeでこの商材が売れているのは紛れも無い事実です。

ブログなどではほぼ酷評されているにも関わらず、こうしてインフォトップの売上ランキングには長期間、ランキング入りし続けているのが何よりもの証拠ですね。

ただこれは強いてこの「ランドオブハンモックYouTuber」で紹介されている手法が優れているというわけではありません。

まあ、これは人それぞれの観点ですが、私は内容を見て「え?こんなレベルの内容なの?」と思う程度のものでした。

それこそ私の特典の方がまだ実践的で具体的だと思ったくらいですし、今回の「giga tube」に関して言えば、明らかなレベルで精巧な戦略、ノウハウが解説されています。

にも関わらずこの「ランドオブハンモックYouTuber」の購入者が50万円もの高額なこの商材をYoutubeで売る事が出来ているのは、

「YoutubeではYoutubeで稼ぐ系の商材が異常なほど売り易い(売れ易い)」

という事を実証していると言っていいと思います。

その上で今回紹介している「giga tube」は、「ランドオブハンモックYouTuber」よりも遥かに「手厚く」「実践的」で「具体的」です。

まあ、強いて「ランドオブハンモックYouTuber」にあって「giga tube」に無いものは「動画形式のマニュアル」と「ある有料動画編集ソフトの使い方マニュアル」くらいですね。

それ以外のキモとなるポイントはほぼ全て29800円の「giga tube」で普通に網羅されていると言っていいです。

しかも「ランドオブハンモックYouTuber」より遥かに手厚く、、、ですね。

多少なりと私の個人的な見識が入っているといてもかたや50万円の「ランドオブハンモックYouTuber」に対して29800円の「giga tube」ですから、その金額的な差は47万円にもなります。

47万円に相当する違いがあるかと言えば、これは誰が両方のコンテンツを見ても「無い」と思うはずです。

むしろ「giga tube」の方が著作権等に関する記述や注意点が具体的でしっかりしていますし「マーケティング」の戦略面でも遥かに応用性があります。

何せ「ランドオブハンモックYouTuber」は“ランドオブハンモックYouTuberを“売らせる事”しか考えていないようなコンテンツなのに対して、「giga tube」はYoutube系の情報商材全般を売っていける内容で構成されています。

それどころか、投資系、ギャンブル系、スポーツ系、悩み系、恋愛系、コンプレックス系と、ありとあらゆる「情報商材」をYoutubeを介して成約していく応用ノウハウもしっかりと解説されています。

勿論、これらはYoutube系の情報商材ほど容易に売れるものではありませんが、それでもYoutubeからこれらの属性に関心のあるリストを集められるというだけでも、人によっては実践していく価値が多いにあると思います。

あとはこういったジャンルの動画を作る方が意欲的になれるような人にも向いているノウハウではないでしょうか。

好きな動画を好きなように作って、そのジャンルに関連する情報商材を売り込んでいけるわけですから。

そういうところも含めて、「ランドオブハンモックYouTuber」と「giga tube」を比較するなら、値段の違いが歴然というところもありますが、根本的に「ランドオブハンモックYouTuber」を購入する余地、価値はほぼ「無い」に等しいと思います。

「giga tube」のノウハウをマスター出来れば、結局のところ「ランドオブハンモックYouTuber」も普通に売り込んでいけるわけですから。


ハーフパッケージとフルパッケージ


尚、この「giga tube」は『ハーフパッケージ』という購入プランと『フルパッケージ』という購入プランがあります。

違いは至ってシンプルで、私が以前より推奨していた「Evil Youtuber Subject」が付属しているかいないか、です。

>Evil Youtuber Subject

要するに「Evil Youtuber Subject」を既に購入している人は「Evil Youtuber Subject」抜きの『ハーフパッケージ』。

まだ購入していない人で「とにかく再生回数を重視するやや邪道なYoutube動画の投稿戦略」を身に付けたい人は『フルパッケージ』がお勧めです。

要するにYoutubeアドセンスでの収入もしっかりと稼いでいきたい人ですね。

とくにYoutubeアドセンスでの収入を目的する再生回数重視の動画投稿戦略にあまり興味が無いという人は、「Evil Youtuber Subject」の所持を無関係に『ハーフパッケージ』でいいと思います。

私のようにブログやメールマガジンで情報発信をしているような人は「Youtube」という大きなリスト収集ルートを開拓できるので、そういう人はまず買って損は無いはずです。

あとは既にYoutubeに動画を投稿するビジネスをやっている人は「これ」を仕掛けていかない事自体が損失と言っていいくらいかと思います。

YouTubeマーケティング教材「giga tube」


YouTubeマーケティング教材「giga tube」お勧め購入特典


尚、この「giga tube」を購入されるのであれば、こちらのアフィリエイターさんの購入特典がお勧めです。

>YouTubeマーケティング教材「giga tube」+井上太一さん限定特典

こちらは井上太一さんというアフィリエイターさんのオリジナル特典ですが、この特典内容だけでもかなり手厚いものになっています。

・井上式「Giga Tube」導線構築マニュアル
・井上式「成約の仕掛け」構築マニュアル


これらの特典のみでもかなりのクオリティで「私が作り込みたかったノウハウがほぼそのままマニュアル化されているもの」になっています。

私的にも「もうこれは井上さんの特典を推奨すればそれで十分。」と思える出来栄えの特典マニュアルになっていましたので、この「giga tube」については素直に井上さんの特典付きでの購入を推奨しています。

ちなみにこうして私のブログ経由で井上さんのブログに入り、そのままこの「giga tube」を購入頂ければ私の方にも紹介報酬が入るようになっていますので、その点はお気遣いなく(笑)

井上太一さんのレビューも併せて特典内容の詳細等はこちらからご覧になってみてください。

>YouTubeマーケティング教材「giga tube」+井上太一さん限定特典

それでは。

銀次

タグ

2015年5月15日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

BUYMAで稼ぐ?BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂(猪股志穂)

しばらく目にしていませんでしたが、また久しぶりに「BUYMA」を利用した輸入転売系の情報商材がインフォトップのランキング上位に入っていました。

以前、BUYMAというサイト自体の知名度が上がり始めた頃は次々とBUYMA系の情報商材が出て来ていたのですが、そのほとんどが「使えない(稼げない)教材」でした。

まあ、これはどんなビジネスやサイトにも情報商材業界ではよくある傾向なのですが、こういったものが話題性が冷めると一気にその関連商材を見なくなります。

BUYMAもまさにその典型的なパターンだったわけですが、また性懲りも無く(笑)BUYMA系の情報商材が出て来たようなので、一応取り上げておきたいと思います。

BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂(猪股志穂)


・URL:http://buyersfun.com/

(特定商法表記)
・花井志穂(猪股志穂)
・愛知県岡崎市東蔵前町字下ノ橋40-3

BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂 レビュー


実はこのブログでBUYMAの情報商材を取り上げるのは初めてなのですが、BUYMA系の情報商材については過去にある程度出回っていたものは、一通り目は通しています。

まあ、私が目を通した頃にはほとんど「使えない」「稼げない」という評判が広がっている状況だったので、あえて記事にはしていませんでした。

ですが、今回、このBUYER’S FUN(バイヤーズファン)が性懲りも無く(笑)売れているようなので、初でBUYMA系の情報商材を取り上げておこうと思った次第です。

ただ1つ先に言っておくとこのBUYER’S FUN(バイヤーズファン)については内容は確認していません。

というのも、これまで出回っていたBUYMA系の情報商材が実質的に「全て」まったく話にならないような薄い教材ばかりだったので、もうこの系統の情報商材は中身を確認する価値も無いという判断に至っています。

ただこれは決して何の根拠も無く「BUYMA系の情報商材はどれもこれも使えない!」という事を言っているのではありません。

BUYMAというサイトの特性を考えて、この系統の情報商材で「本当に使えるもの(稼げるもの)はまず出て来ないだろう」という結論、判断に至っているわけです。

一応、BUYMAというサイトの事を知らない人向けに簡単に補足をしておくと、BUYMAは「無在庫出品」というのが許容されているサイトで、手元に商品が無くても商品の情報のみを入力して出品しておく事が出来る特徴があります。

この「無在庫出品が可能」というところを持ちあげて、多くの情報商材販売者が「リスク無く稼げる!」みたいな謳い文句で情報商材を連発していたわけです。

現にそういった目新しいサイトで「リスク無く稼げる」と聞くと、そこに喰いついてしまう人が後を絶たないわけで、一時期はBUYMAの情報商材がある意味「ブーム」になっていました。

まあ、ブームになっていたのは一部の情報商材販売者(インフォプレナー)とそれを煽るアフィリエイター側の話で、消費者層はただそれに踊らされていたわけです。

ただ実際にBUYMAを利用して稼ぐ事は言う程甘くは無く、時間の経過と共に「目新しさ」は薄れ「BUYMAは稼げない」という風潮が広がり、BUYMA系の情報商材も全く目にしなくなりました。

それもかなり極端に、です。

仮にBUYMAが本当に稼げるサイトだったなら、少しはそっち系の情報商材が残るものですが、BUYMAに関して言えば、全くもって論外だったわけです。

理由としては、それこそ「無在庫出品」というところが大きな落とし穴になっていると言ってもいいと思います。

無在庫出品が出来るという事は情報さえ揃っていれば出品が出来るわけで、それこそ何のリスクも無く出品が出来るとなれあ、誰もが大量に色々な商品を出品していくようになるのは当然の話です。

要するに「無在庫出品が可能」という特性が異常な程の競合と競争を生むわけです。

考え方としては「ヤフーオークション」が無在庫出品を許容したとして、「アマゾン」から情報を引っ張ってきて幾らでも商品を出品出来るような状況と同じです。

でもそんな条件で幾らアマゾンから情報を引っ張って商品を出品していったところで、そうそう稼げるはずがない事は誰でも想定出来ると思います。

簡潔に言うとBUYMAというのはそういうサイトなわけです。

まあ、これは少々、例えが安易過ぎますが、突き詰めて言えば大きく間違ってはいません。

ただ、実際にBUYMAで稼いでいる人がいる事は実際に間違いないと思います。

ですが、BUYMAで稼いでいる人というのは、実際に国外での「現地仕入れ」が出来るような「他の人が持っていない特別な仕入れルート」を持っている人だけです。

仮にそれがネットであっても、誰も知らないような「穴場」的な仕入れルートを確保できていれば、BUYMAのような無在庫出品が出来るサイトを使って稼ぐ事は多いに可能だと思います。

つまりBUYMAで稼ぐポイントは「独自の仕入れルートをいかに開拓してそれを隠し通すか」にあるわけです。

無在庫出品が出来る以上、その仕入れルートが知れ渡った時点で、誰もが同じようにそこにある商品を出品出来てしまいますからね。

その仕入れルートを「自分だけが独占している事」が稼ぐ為の前提になってきます。

もうこの時点で「BUYMAで稼ぐ事を謳っている情報商材がいかに空虚なものか」は誰が見ても分かる事だと思います。

BUYMAで稼ぐには「独自の仕入れルート」が必須なわけですから、情報商材として情報が出回る時点で、もうそれは成り立たないわけです。

現に私が過去に見てきたBUYMA系の情報商材は、BUYMAの使い方を表面的に解説しているようなものばかりで、全く実用性の無いものばかりでした。

仮に「独自の仕入れルートを公開する本物の情報」が出て来ても、情報商材として出回っていく時点でもうそれは「稼げない情報」になってしまうんです。

以上が私がBUYMA系の情報商材を批判的に見る理由です。

いかに無在庫出品でリスクの無い出品が出来ても、そこに費やした労力がただただ垂れ流しの無駄な労力で終わるなら、それはリスクと変わりありません。

どう考えてもBUYMA系の情報商材で「使えるもの(稼げるもの)」が出てくるような事は理屈に合いませんので、私は避けた方がいいと思います。

それこそ実際に仕入れをしていってもリスクを限りなく軽減できるようなノウハウというのも普通にありますので、参入していくなら、そういうものの方が遥かに「現実的」だと思います。

例えばこちらなどですね。

>次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

転売系で稼ぎたいなら、こういう現実的なノウハウで堅実に稼いでいくのが手堅いと思います。

少なくとも「無在庫出品」「リスク無し」なんて謳い文句にホイホイ乗せられても先は無いと思いますよ。

今回お話しした内容でBUYMAというサイトの特性を理解出来たなら、それくらいはお分かり頂けると思いますので。

以上、BUYER’S FUN(バイヤーズファン)のレビュー・・・というより「BUYMA系情報商材」についてのお話しでした。

それでは。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年5月12日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

情報商材、アフィリエイターは世の中に「必要」なのか。

今日はこのネットビジネスの業界において「情報商材」や、その「アフィリエイター」という立場の人達が本当に必要なのか、というちょっと根本的なテーマを掘り下げてみたいと思います。

勿論、ここで私が情報商材、アフィリエイターが必要だ、無用だと言っても、現にこういったものが「ある」という事実や、そこに「市場がある」という事に対して何の影響があるというわけでもありません。

ですが、実際に情報商材を購入しているような人や、そのアフィリエイトをやっている人達。

もしくはそういった情報商材系のアフィリエイトをやってみようと思っている人達にとっては、少し冷静に考えてみても良いテーマなんじゃないかと思います。

自分がお金を払って購入しているものや自分のやっているビジネス、やろうとしているビジネスの「本質を追及する」という事ですから。

それこそ、これは「本当に価値がある(稼げる)情報商材というものはあるのか」「信頼できるアフィリエイターはいるのか」というテーマにも繋がってきます。

そういうものを求めている人にとっても意義のあるテーマになっていると思いますので、是非お付き合いください。

それではいってみましょう。

情報商材、アフィリエイターは世の中に「必要」なのか。


今現在もネットビジネス業界では数多くの「情報商材」が売られています。

私もその情報商材を紹介する「アフィリエイター」という立場で収入を得ていますが、中には「詐欺的な情報商材が存在する」というのも事実として、あります。

むしろそういった「詐欺的な情報商材」があるからこそ、私達のようなアフィリエイターが1つのその指標になっている部分もあると思います。

詐欺的なものと価値があるものを見分けて紹介する立場を確立していってこそ、そこに存在価値を見出せるのがアフィリエイターだと思うわけです。

となるとそもそもの「情報商材アフィリエイター」の存在意義は、「詐欺的な情報商材がある事」を前提としたものであると言える側面もあるという事です。

これは少々、身も蓋も無い結論のようにも思えますが、これは世の中に犯罪者がいなければ警察や警備会社が要らないという理屈と一緒だと思います。

どんな業界にも「負なるもの」があり、それを前提として成り立っている需要(市場)があるという事です。

そういう意味では詐欺的な情報商材がある限り、情報商材アフィリエイターには必然的にその存在意義があるという理屈は成り立つと思います。

ただアフィリエイターの中にはその「詐欺的な情報商材」の片棒をまんまと担いでいるような人も少なくありません。

まあ、まだ私の事をあまり信用していないような人からしてみると「そういうお前はどうなんだ?」と思われているかもしれません。

ですが、実際はそれくらいの「疑いの目」は必要だと思います。

私のような「アフィリエイター」がやっているブログやメルマガの情報を素直に「客観的な第3者の意見」として受け入れていたら、それこそこの業界では「カモ」にされ続けるだけだと思うからです。

まずは全ての情報、アフィリエイターを疑うくらいで構いません。

この業界で情報商材を選定していく際はそれくらいの「疑り深さ」を持っているくらいでいいと思います。


全ての情報商材、アフィリエイターを「疑う」べき。


ただ、そこまでの根本的な「疑いの目」を持つくらいなら、

「それくらいなら、そもそも情報商材なんて手を出さなければいい。」

というのが1つの考え方として浮上してくるものと思います。

まあ、私も結局は情報商材を紹介する事をビジネスにして収入を得ているわけですから、「そうなんです!情報商材なんて買わなきゃいいんです!」とは言えません(笑)

ただ、そういった私自身の「ビジネス面での保身」を抜きにしても、現実に私自身が情報商材との出会いから、それこそ「人生を変える事」が出来ています。

勿論、今の私の現状のきっかけの全て、要因の全てが情報商材というつもりはありません。

やはり一番の要因は当然、私自身の努力と行動の賜物だと思いますので、そこまで「情報商材1つで」というような事を言うつもりもありません。

ですが、こうしてある程度の収入をネットビジネスで得られるようになった今現在でも、情報商材を購入してそこから得られているノウハウ、スキルというのがたくさんあります。

便利なツールなどを購入した事で、ビジネス面での効率や集客力などを向上させられているような事もあります。

単純にその情報商材に支払った金額以上の「対価」を十分に得る事が出来ているという事です。

要するに情報商材は私の感覚では、確実に「支払った代金以上の対価」を何らかの形で得られるものというのはたくさん「ある」と思っています。

そしてそのスキル、ノウハウから得られている費用対効果は「私自身の努力や活用の仕方」という付加的な要素があってのものですが、モノによっては数千円の情報商材からその何百倍、何千倍もの「対価」を得ているものも少なからずあります。

そういうところも含めて私は「価値がある情報商材は確実にある」と思っていますし、そういう情報商材のみをこのブログで推奨しています。

つまり情報商材は「そこから何を学び、それをどう活用するか」であり、“自分次第”という要素はあるものの、人生を変えるだけの価値があるものも間違いなく「ある」という事です。


情報商材はそこから何を学び、どう活用するか。


情報商材の中には、あたかもその情報商材1つで楽に、手軽にとんでもない大金を稼げるようになるという事が謳っているものが数多くあります。

いわゆる「誇大広告」というやつです。

情報商材にはそういうものが非常に多いのも事実ですので、基本的に情報商材は自分自身の努力や行動があってその「対価」を生み出せるものだという事はしっかりと自覚した方がいいと思います。

情報商材の中にはそういった「努力」や「行動」などを完全否定して「これを買って○○すればすぐに稼げます!」みたいな事を謳っているものもたくさんあります。

そしてそういった情報商材ほどウン十万円ととにかく「高額」です。

高額だからこそ、そんな「ありえない話」が「ありえるのかも」になり、実際に大金を払ってしまう人が後を絶たないのだと思いますが、残念ながらそんな「夢物語」を実現出来る情報商材は私は「無い」と思っています。

これは数多くの情報商材を見てきた上での私なりの「結論」であり、またネットビジネスというもののあらゆる現状を踏まえた上で言える「現実的な意見」です。

それでもそういったものが「ある」と考え、そういう事を謳っている情報商材にお金を出していくのであれば止めはしませんが、それはある意味、宝くじを買っているようなものだと思います。

基本、大半のそういった情報商材は「ハズレ」ですので、ある意味、宝くじよりも遥かによりも確率の低いギャンブルにお金を投じているに等しいかもしれません。

そもそもそんな情報商材に頼ってしまう精神性の人が成功出来るほどネットビジネスの世界は甘くありません.

そういう点では「そんな根本的に甘い考えの人は情報商材なんて買わない方が身の為」だと思います。

つまり情報商材はその教材から何かを「学び」自分なりの「努力」と「行動」を伴ってこそ、それに支払ったもの以上の「対価」を得られるものですので、その大前提を間違って捉えているような人には「百害あって一利無し」です。

ただ、その大前提をしっかりと認識しているなら、あとは自分次第で本当に価値のある情報商材を手にしていく事が出来れば、結果はその「学び」「努力」「行動」の先に必ず見えてくると思います。

あとは自分のスキルや現状に合っている価値のある情報や教材を見つけていく事ではないでしょうか。

それが私の推奨する情報商材に「近そう」なのであれば、私のレビューなども参考にして頂き、判断してみてください。

要するに「私」を1つの指標にしながら、価値の情報商材を判断していって頂ければ、という事です。

「情報商材、そのアフィリエイターが世の中に必要か」というよりは「あなたにとってそれらが必要か」という観点の話になりましたが、以上が私が考える、情報商材、そのアフィリエイターにおける「必要性」「存在意義」というものです。

そもそも「情報商材」というものを捉える認識を間違っていたという人は、これを機にその認識を改めて頂ければと思います。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年5月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

ニコニコ動画で稼ぐ?そのビジネスモデルの優位性など。

このブログやメールマガジンの読者さんからは、日頃より多くの質問や相談のメールを頂きます。

その中には、当然、購入を検討している情報商材についての質問等も頂くのですが、ここ最近、最も多く頂いている傾向にあるのはこちらの教材についての相談だと思います。

>NICO☆TUBE(ニコチューブ)

最も売れている教材がこれというわけでは無いのですが、質問、相談の件数で言えば、このNICO☆TUBE(ニコチューブ)が断トツで多いです。

その中でとくに多いのが私が別に推奨している教材との比較的な相談と、このNICO☆TUBE(ニコチューブ)の購入プランについての相談です。

今日はそんな「よく頂く相談」の方を少し掘り下げて記事にしておきましたので、NICO☆TUBE(ニコチューブ)に興味や関心があった人や、「ニコニコ動画を利用したビジネスモデル」のメリットなどをチェックしておきたい人は是非、目を通してみてください。

ニコニコ動画で稼ぐ?そのビジネスモデルの優位性など。


このNICO☆TUBE(ニコチューブ)という商材への質問が最も多いのは、やはり「ニコニコ動画を利用して稼ぐビジネスモデル」というのものが多くの人にとって「未知のジャンルだから」だと思います。

それこそYoutubeで稼ぐノウハウや、ツイッター、facebookで稼ぐノウハウなどであれば、ネットで検索していくだけでも、それらしい方法は幾らでも出てきます。

ですがニコニコ動画を使って稼ぐ方法となると、そういった情報の数はグッと少なくなり、実質的にはほとんど出て来ない状況にあると思います。

それだけ「ニコニコ動画をビジネスに活用して稼いでいく方法」というのは、まだまだ実際にやっている人も極度に少ない未開拓な市場と言えるわけです。

その上で私はこのブログで「アダルトアフィリエイト」や「ツイッターを入口したビジネス展開」、更には「Youtubeアドセンス」なども“初心者が稼ぎやすいビジネスモデル”として紹介していました。

そして実際に初心者層の人がそれぞれの記事を読んで「じゃあ、どれが一番お勧めなんですか?」という感じの相談をされている傾向にあるわけです。

ただこれは一概に「どれが一番稼ぎやすい」とか、「どれが一番お勧め」とは言えないもので、少なくとも私はいずれのビジネスモデルにもメリット、デメリットがあると思っています。

「人それぞれの適正に合ったビジネスを選んでいくべき」

これが私の率直な「答え」です。

ではその「適正に合ったビジネス」をどう選択するべきかという点ですが、これは「何を最優先にビジネスを選ぶか」が重要だと思います。

・とにかく早く結果が出るものを優先したいのか
・とにかく長期的に大きな利益を見込めるものを優先したいのか
・とにかく作業がシンプルで時間がかかりないものを優先したいのか

と言ったようなその人それぞれの「優先順位」ですね。

その優先順位によって、それぞれのビジネスの優位性は変わってくるのですが、今回取り上げる「ニコニコ動画を使ったビジネスモデル」が最も優れている点は、

「即効性」

という部分だと思います。

とくにNICO☆TUBE(ニコチューブ)のノウハウはその「仕組み」をきちんと作っていけば、「アフィリエイト」系の広告ビジネスとしては本当に類を見ないほど「すぐに」稼げます。

それもそこそこ「まとまった金額」を稼げるという点で、この即効性はアダルトアフィリエイトにもツイッター系のアフィリエイトにもYoutubeアドセンスにも無い高い優位性だと思います。

「即効性があるビジネス」となると「せどり」などの転売系のビジネスが筆頭に挙げられるものですが、こういった物販、転売系のビジネスを除いて考えると、このNICO☆TUBE(ニコチューブ)の「即効性」はまさに類を見ないものと言っていいと思います。


その一番の優位性は他に類を見ない「即効性」


この即効性という点では、私が「初心者向け」として他に推奨している「アダルトアフィリエイト」「ツイッター」「Youtubeアドセンス」などは、即効性という点ではあまり適していません。

どちらかと言うといずれのビジネスモデルも「じわじわ」と収入を引き上げていくようなスタイルの「長期的な継続性重視」のビジネスです。

その「じわじわ上がっていく収入」というのが、「アダルトアフィリエイト」「ツイッター」「Youtubeアドセンス」などのビジネスにおいては優位性の1つなのですが、どうしても「まとまった収入」を手にするまでは数カ月ほどはかかります。

いざ1から始めて、数日、数週間でポンと大きな収入が上がるような事はまずありえません。

ただ、ニコニコ動画を利用した稼ぎ方を提唱しているNICO☆TUBE(ニコチューブ)の仕組みなら、それが実際に「可能」になってしまうわけです。

逆にそこからの収入はわりと横ばいなので、基本的には新しい仕組みをどんどん増やしていかない限り「黙っていても収入が右肩上がりに増えていく」という事はありません。

まあ一定の「継続性」はあるわけですから、とくにこれはデメリットというわけではありませんが、「じわじわ収入が上がっていく」という感覚を得る事は出来ないと思います。

そこも含めて「自分ならどっちがいいか」「どっちに優位性を感じるか」が1つの視点になるのではないでしょうか。

一応、私なりの意見としては

・ネットビジネスで1円も稼げた事が無い初心者の人
・過去に何かのネットビジネスで挫折してしまった経験がある人


こういう人は、即効性を重視したNICO☆TUBEのようなノウハウが適していると思います。

やはりまずは「ネットでまとまった収入を稼ぐ」という感覚を体感する事が非常に重要だと思いますので、そこを早い段階でクリア出来るのは大きいと思います。

ネットビジネスで挫折する人の大半はその感覚がなかなかつかめず、言わば「途中で諦めてしまう」というパターンが多いからです。

そこをわりと簡単にクリア出来るNICO☆TUBEのノウハウは、まさにそのレベルの初心者さんには適しています。

過去に挫折経験がある人も、まさに「稼ぐ感覚」や「稼げるイメージ」が湧かずに挫折してしまったクチだと思いますので、そういう人にもニコニコ動画を使った稼ぎ方は間違いなくその「殻」を破れる絶好のノウハウだと思うわけです。

やはり「初心者層の人」や「過去に挫折経験がある人」は出来るだけ早く結果を出せて、「稼ぐ」という事を体感できるノウハウを優先して選んだ方が何よりも需要な「継続力」と「モチベーション」に繋がると思います。

そこを重要視するのであれば、NICO☆TUBEのノウハウはまさに打ってつけの即効性を兼ね備えたノウハウだと思いますので、検討の余地は多いにあると思います。


NICO☆TUBEの実践にサポートは必要か。


そしてこのNICO☆TUBEへの質問で「他のビジネスとの比較」と同じくらい多く頂く質問が「有料のサポートプランを選択した方が良いかどうか」です。

ただ、これを率直に回答してしまうとNICO☆TUBEのサポートは、ある程度の経験者(アフィリエイトで稼いだ経験がある人)なら、とくに必要無いと思います。

NICO☆TUBEの本編マニュアル自体が非常に丁寧でわかりやすい内容なので、マニュアルのみでも問題なく進められると思うからです。

あえてサポートが必要な人を挙げるなら、1つ1つの作業をきちんと販売者さんに確認しながら1つ1つしっかりと進めていきたい人。

そうしないとすぐに不安になってしまうような人、、、でしょうか。

ただ、どうせサポート付きのプランにするのであれば誘導文やコンテンツ文の添削と保証が付くという点で「コンサルプラン」がお勧めかと思います。

コンサルプランは作った誘導文やコンテンツの文章を「きちんと稼げる文章にしてくれる」という事ですし、それで稼げなければプログラムの代金をそっくりそのまま返金してもらえるわけですから。

そういう確実なサポートと保証が欲しいならコンサルプラン。

とくにそういうものは不要というなら、実践自体はマニュアルのみでも問題なく出来ると思います。

勿論、後々プラン変更もできますので、まずは自分でやってみるというのも1つの選択肢です。

ですが「コンテンツ添削」は、はじめの段階からコンテンツを「正解」に導いてくれるサポートですので、当初の段階からそれを前提に進められるのと「これでいいのか?」と思いながら進めていくのとでは、やはりスムーズさやモチベーションも変わってきます。

経験者がアレンジを加えながら実践するならマニュアルのみのプラン。

無駄な試行錯誤をしたくないような場合は、コンサルプランがお勧めです。

>NICO☆TUBE(ニコチューブ)

あと、全てのプランに私の強力な特典コンテンツもお付けしています。

興味があればそちらの方も併せて読んでみてください。

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年5月6日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:お勧めコンテンツ

意味不明なせどりツール「せどぷれ」株式会社マルチノックス、青木一実

インフォトップの売上ランキングに入っている「せどぷれ」というせどりツールについてのレビュー依頼を頂きました。

スマホ1台だけで「せどり」の商品リサーチから出品までの作業を効率化出来るツールらしいのですが、セールスレターに書いてある事がいまいち意味不明なので、その意味不明なところも含めて、一応落ち上げておきます。

「せどぷれ」株式会社マルチノックス、青木一実

・URL:http://sedopre.com/

(特定商法表記)
・株式会社マルチノックス
・青木一実
・東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階

意味不明なせどりツール「せどぷれ」のレビュー


特定商法表記を見て思ったのですが、この「セルリアンタワー15F」って、渋谷にあるセルリアンタワーホテルのバーチャルオフィスですね。

意外にここのバーチャルオフィスを特定商法表記に掲げている業者は初めてみたかもしれません。

それ自体が「アリ」なのであればとくに問題ありませんが、こういう有名どころのバーチャルオフィスは情報商材の特定商法表記などに住所を記載する事を嫌がります。

もしこれがバーチャルオフィスの利用における違反行為なら後々変わっているかもしれません(笑)

まあ、それはいいのですが、この「せどぷれ」というせどりツールの仕様についてです。

一応セールスレターではこのように説明されています。

■せどぷれを使ってリサーチ
せどぷれに搭載されている「定価超え商品表示機能」を使って商品をリサーチしていきます。 これは、Amazonの価格を基準としたとき、その価格よりも高い商品だけを抽出する機能です。 この機能によってリサーチが従来のツールよりもグッとラクになります。

これ、、、意味わかります?

そこそこせどりの知識がある人ほど、「結局どういう事?」というようなリサーチ機能だと思います。

記載されている内容で分かる事は「Amazonの価格を基準とした上で、その価格よりも高い商品だけを抽出する機能」という事なのですが、これが「どこにあるどんな商品を対象にした機能なのか」がいまいち分かりません。

要するに『「どこにある何の商品の価格」と「Amazonの価格」を比べていく機能なのかがサッパリわからない』という事です。

実際、この「せどぷれ」というせどりツールの「リサーチ機能」について解説されているのはこの部分だけなので、結局それがよくわからないまま「せどぷれ」の説明は終わってしまっています。

この意味不明な説明だけで実際にこの「せどぷれ」に申し込んでいる人が多い事の方が私的には更に意味不明なのですが、せどりの事をよく分かっていないほど、意味がわからないまま「勢い」で申し込んでいるんだと思います。

むしろこのセールスレター自体がそれを狙っているのかもしれません。

たぶん、、、ですがこのリサーチ機能は、実店舗で商品画像かバーコードか何かをスマホで読み取らせて、その商品の情報を特定し、「Amazonの価格」と比較させていくツールなんだと思います。

でも、実際のところそれってただその商品の事をアマゾンで検索すれば一発で調べられる事ですからね。

画像やバーコードを読み取らせていく手間と比べて、そこまで労力を軽減しているかと言えば、とくにそうでもないと思います。

要するに「あまり意味の無いツール」だと思います。

詳しく説明すればするほど、それがバレてしまうので、いまいちよくわからない説明文でそこをうまく誤魔化しているんじゃないでしょうか。

本来、そのツールで一番重要なポイントとなるはずの「リサーチ機能」をあえてぼんやりとした説明で誤魔化して、他のポイントを重点的に説明しているんだと思います。

ですが、実際にせどりを行っていく際に最も重要となるのはその「リサーチ」ですからね。

結局、店舗に足を運んで、商品1つ1つの情報を取り込んで価格差をチェックしていくという作業を前提としている時点で、「今更なのせどりツール&せどりノウハウ」としか言えません。

それ以外に書かれているセールスレターの内容を見る限りでも、あまり目新しさを感じるところも無いので、本当にガチで普通の「店舗せどり」を普通にやっていくだけの商材だと思います。

私の解釈通りのツールなら、実質的にツールそのものもさほど意味があるものとは言えません。

要するに「安く仕入れられる商品がありそうなお店に足を運んで、その商品の価格とAmazonの販売価格を見比べていきましょう。」というだけのノウハウですからね。

「定価超え商品表示機能」などとたいそうな事を言ってますが、それってAmazonの検索機能1つで普通に出来る事ですから、私は「それってそんなに意味ある?」と思ってしまうようなツールです。

まあ、せどりというビジネスにおいて言えば、王道と言えば王道的な方法なので、やって稼げないという事は無いと思いますが、こういうツールや教材を買わなくてもやろうと思えば誰でもすぐに出来るようなノウハウだと思います。

商品の売買実績も掲載されていますが、どれもこれもさほど利益率は高くありませんし、必ずしもうまく売れるかは分からないような変動の激しい商品ばかりを転売している印象です。

ハッキリ言って、今更このレベルの「普通のせどりノウハウ」や「普通のせどりツール」にお金を払う必要は無いんじゃないかと思いますね。

今や完全在宅で仕入れが出来るもっと効率的なせどりノウハウやせどりツールが幾らでもありますから。

それこそ私が推奨している「せどりインサイダー」であれば、「完全在宅」で「より高い利益率の商品」を「ほぼ確実に高く売る事」を徹底出来るノウハウが普通に“無料”で公開されています。

>次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

この「せどぷれ」のような「普通のせどりノウハウを実践する為のせどりツール」よりは遥かに「可能性」を感じられるはずですし、実際、稼げると思いますよ。

興味があれば一度、その「無料版マニュアル」だけでお読んでみてください。

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年5月3日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像