ネットビジネス、アフィリエイトにおけるマーケティング、集客について。

ネットビジネスで「稼ぐ為」に、まず必要不可欠になってくるのはやはり「マーケティング」だと思います。

ネットビジネス=サイトビジネス(ブログやSNSなども含む)

これを基本原則として考えると、自分のサイトやブログなどに「見込み客」(アクセス)を集めていく事が出来なければ、そこにどんな魅力的なコンテンツを配置してもお金が生まれる事はまずありません。

イコール、ネットビジネスにおける「マーケティング」は、いわゆる「集客」を意味するわけです。

圧倒的な集客力があれば、ネットビジネスの世界では「それだけ」でも既に商売が成り立ちます。

ネットビジネスの世界にはグーグルアドセンスのような広告をクリックしてもらえるだけで収入を得られるビジネスモデルや、アフィリエイトなどのビジネスモデルが存在するからです。

要するに自分で「売り物」などを持っていなくても「アクセスが集まっているサイト」を持っていれば、すぐにでもそれを「収益化」していく事が出来るわけですね。

それこそ、グーグル、ヤフー、フェイスブックなどなど、これらのサイトは基本的には圧倒的なアクセスを「広告」による広告収入に変えて収益化を図っています。

それだけネットビジネスというのは「圧倒的な集客さえ出来れば稼げる業界」なわけです。

ネットビジネスで稼ぐ事=マーケティング(集客)を成功させる事


裏を返すとネットビジネスで成功出来ていない人はこのマーケティング(集客)を成功させる事が出来ていません。

アフィリエイターの95%が稼げていないという統計が事実であるとするなら、ネットビジネスを始めていく人の95%がこの集客に躓いていると言っても過言では無いわけです。

ではネットビジネスにおける「集客」というのは、そんなにも「難しいもの」なのでしょうか。

一応、私はその95%では無い5%の「稼げているアフィリエイター」に含まれ、一応月収で100万円以上は悠に稼ぎ続ける事が出来ていますので、その更に1%以下の「成功出来ているアフィリエイター」に属しています。

そんな私から言わせてもらうと95%のアフィリエイターが稼げていないとされる「月に5000円分もの収入を稼ぐくらいの集客」であれば、私は月並みな言い方になってしまいますが「物凄く簡単」だと思います。

というか、きちんとターゲットを絞り込んで、そのターゲットに沿ったコンテンツを作ってアフィリエイトをしていれば、月に数万円とか普通のサラリーマンくらいの収入を稼げるくらいの集客は1つのブログを1日1記事更新していくくらいでもわりと簡単に出来るはずなんです。

現に私は今こうしてご覧頂いているブログ媒体1つで月に100~300万円くらいのアフィリエイト報酬は「3日に1回くらいの更新頻度」でも普通に稼ぐ事が出来ています。

勿論、私の場合はブログへの集客からメルマガ読者を集めてDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を仕掛けているなどの側面もあっての結果ですので、アクセス数に対してはかなり大きな収入を得ている方だと思います。

ただ私くらいの収入はそれなりの仕組み作りが必要だとしても、月に数万円程度の副収入とか、普通のサラリーマンくらいの収入をブログ媒体1つのみから稼ぐ事はどう考えてもそこまで難しい事ではありません。

それこそそれくらいの収入は「それなりの集客」が普通に出来れば、よほどターゲットとマッチング出来ていない下手なブログをやっていない限り、普通に稼げるレベルの金額だと思います。

物販、アドセンス、アダルトアフィリ、情報商材など、どの分野でも十分にイケる範囲の金額であり、それくらいの集客は幾つかのポイントを押さえて普通にブログを運営していれば、普通にイケるはずなんです。

にも関わらず95%のアフィリエイターが5000円も稼げていないという現状は、やはりそのポイントがそもそもズレているか、根本的に集客の仕方を間違っているとしか思えません。


ネットビジネスにおける「最適な」集客方法とは。


基本的な考え方として、ネットビジネスにおけるマーケティング(集客)は「誘導出来るところから集めてくる」しかありません。

要するに「既に多くの人が集まっているところ(サイト)」で、尚且つ「自分のサイトへのアクセス誘導を行える仕組みを備えているところ(サイト)」から集めてくるというのが基本になります。

そういうサイトの中にはお金(広告費)を支払う事で誘導が可能になるサイトもあれば、無料で誘導を可能に出来るサイトもあります。

ただいざネットビジネスを最初にスタートしていく段階でいきなりお金をつぎ込んで集客をしていくというバイタリティがある人は稀だと思いますので、今回は「無料でアクセスを集められるサイトを利用する方法」をメインで考えます。

要するに「既に多くの人が集まっているサイト」で、尚且つ「自分のサイトへのアクセス誘導を無料で行える仕組みを備えているサイト」を使ってマーケティング(集客)を図っていくわけですが、やはりその王道は「ヤフー」「グーグル」などの“検索エンジン”ではないかと思います。

王道にして「最強」の集客ルート。

それが他でも無い「検索エンジン」である事はもはや揺るぎ無いと思います。

Youtubeなどの動画サイト、フェイスブック、ツイッターなどのSNS、あらゆるサイトがウェブの世界を席巻してきていますが、やはり検索エンジンの利便性と需要は絶対的に今も健在である事に疑いの余地はありません。

故にネットビジネスは基本的には「検索エンジン」から見込み客と言えるターゲット層の圧倒的なアクセスを集められれば、よほど下手なコンテンツで勝負していない限りは確実にそこそこの収入は稼ぎ出せるわけです。

世間的にはその「検索エンジンからの集客ノウハウ」をSEO対策と称し、多くのサイト運営者が狙ったキーワードで自身のサイトを上位表示させる事に力を注いでいます。

それこそここ最近、流行している「トレンドアフィリエイト」という手法も基本的には検索エンジンを対象にした集客を軸にしている戦略ですから、やはり検索エンジンからの集客に勝るものは、今のところネットビジネスの業界には「無い」と思います。


最適なネット集客=検索エンジンマーケティング


ただその王道的なマーケティングをあえて避けようとして、余計なマーケティング活動をやっているような人達が95%の稼げないアフィリエイターの中には相当数いるような気がします。

やれユーチューブだ、やれツイッターだ、やれフェイスブックだ、やれ「スー」だ、と次々と出てくる目新しいものに飛びついて不毛なマーケティング網の構築を図り、大半の人は途中で挫折しているわけです。

勿論、こういった新しい集客網からのマーケティングも有効なものはあると思いますが、そういった奇抜なマーケティングはあまり長続きしません。

何よりその有効性がそこまで高くは無い場合がほとんどです。

結局稼いでいる人は検索エンジンからの集客で稼いでいる。

これがネットビジネス業界の現実だと思います。

少なくともそういった目新しい集客手法は検索エンジンからの集客をメインとした上での「プラスα」くらいでやっていくレベルがベストです。

それこそSNS系の集客であれば、有効なツールを使えばある程度の集客はほぼ自動で行う事が出来ます。

そういうものなら「やらないよりはやった方がいい」というのも一理あると思います。

例えばツイッターなどは私が推奨している「ツイッターブレイン」というツールを使えば、ツイートの取り込みとフォロワーの自動収集設定で、あとは基本「ほったらかし」でそれなりの集客は十分に行っていく事が出来ます。(実際のところ、これだけでも5000円以上を稼ぐアフィリエイターには十分なれるわけですが。)

>Twitter Brain(ツイッターブレイン)

ただこれだけの月収何十万円など、まとまった収入を安定的に稼ぎ出せるほどの集客は、それなりに時間と工夫を重ねない事には実現出来ません。

そういったところも含めて、やはりこの手のSNS系の集客などは検索エンジンからの集客をメインとした上での「プラスα」くらいの位置づけが妥当な線だと思うわけです。

「そうは言っても検索エンジンからの集客なんて素人には無理です。」

・・・と「頭ごなし」にそう思っている人は意外に多いのではないかと思います。

あるいは実際にブログなどをある程度、運営した経験を経た上でそう思っている人もいるかもしれません。

ただ、仮にそういう経験があるような人にお尋ねしたいのは「本当に検索エンジンからの集客を意識してブログの構築や更新をしていたのか。」という事と「それを実際にどれくらい継続したのか。」という事です。


あなたの検索エンジン対策、その認識は本当に「最適」ですか?


もしも実際にブログなどを運営したとして、しっかりとそのポイントを押さえて検索エンジンからの集客を意識してブログの構築や更新をある程度の一定期間、継続して行ったのであれば、それなりの集客は確実に出来ているはずなんです。

要するにブログをやって集客がうまくいかなかった人は、そもそも検索エンジンからの集客を意識したブログの構築や更新を出来ていなかったか、そのポイントがズレていたとしか考えられません。

あるいはほんの2~3カ月くらいで更新をやめてしまったとか、数日に一回というまばらな更新を数カ月やっただけといった頻度や継続面での要因が確実にあると思います。

せめて検索エンジンからの集客をしっかりと行っていきたいなら、ブログの立ち上げから2~3カ月は1日1記事くらいは更新するべきですから。

「それくらいは毎日、検索エンジンからの集客を意識してブログを更新したけど、全然結果が出なかったぞ!」

という人はおそらくそのポイントが根本的にズレていたんだと思います。

そのポイントをきちんと押さえてブログを更新していけば集客は間違いなくそこそこは出来ていたはずだからです。

そして実際に「そこそこの集客」を出来れば月に数万円とか、普通のサラリーマンくらいの収入を稼ぐ事は本来は全く難しいことでは無いはずなんです。

ただ意外にそれが「うまくいかない人」が多いのは、やはりその「ポイントの押さえ方が悪い」としか言えません。

更に言うと、大抵そのポイントの押さえ方を間違っているのは「キーワードの捉え方、選び方、狙い方」ではないかと思います。


検索エンジン対策=キーワード


ハッキリ言って検索エンジンからの集客は「キーワード」の捉え方、選び方、狙い方がほぼ「全て」と言っても過言ではありません。

そして実際に検索エンジンからの集客がうまくいっていない人は、その「キーワードの捉え方、選び方、狙い方」を間違っている傾向にあります。

「キーワードの捉え方」は、実際にキーワード検索をしている人達の「心理」というか、見込み客となるような人達が検索しているキーワードを的確に捉えるという視点や、どういう情報を欲して検索しているのかを捉える視点の事。

「キーワードの選び方」は、いかにその見込み客を呼び込めるキーワードで「上位表示をさせやすいキーワード」を複合キーワードも含めて見つけだしていくかというポイントの事。

そして「キーワード狙い方」は実際に狙いを定めたキーワードで検索エンジンに拾って貰いやすい記事の構成や上位表示されやすい記事の書き方などがこれにあたります。

言わばこの3つをしっかりと押さえておけば、ネットビジネスにおける「集客」は物販のアフィリエイトブログだろうとアダルト系のサイトだろうと情報商材系のブログだろうと、トレンド系のアドセンスブログだろうとそれなりのアクセスは十分に見込んでいく事が出来ます。

それが難しいと思う人もいるかもしれませんが、それぞれの的確なポイントを理解していないが為に、「そう思ってしまっているだけ」だと思います。

実際のところ、そこまで覚えるべきポイントは多くありませんし、それらのポイントを押さえていく事はそこまで難しい事ではありません。

それこそ最も手間がかかる「キーワード選び」については、その作業量を大幅に削減してキーワード選定そのものの精度を格段に高められる、キーワード解析ツールなどが数千円代の値段で手に入る時代です。

それこそそういうツールを駆使していけば「上位表示をさせやすいキーワード探し」は、まさしくツール任せで機械的に行っていけますからね。

あとはその前後のポイント「キーワードの捉え方」と「狙い方」を押さえていけば、そこからは「やればやっただけ」のレベルで集客を施していく事は十分可能になると思います。

それこそ、先程挙げた「キーワード解析ツール」に私の方で「キーワードの捉え方・狙い方」を押さえた特典コンテンツを付属して提供しているものがあります。

>キーワードスカウターS+銀次オリジナル特典

ここまででお話ししてきた「マーケティングノウハウ(集客ノウハウ)」における「キーワード対策の視点」が自分に欠けている(欠けたいた)と思う人は、是非こちらのツールの導入を検討してみてください。

ツール本体の価格も4980円という破格の値段設定で、PCに一度インストールするだけで月額利用料、サーバー利用料無しで一生涯使える本当に優れたキーワードリサーチツールなので、ツールのみを取っても手にしておいて絶対に損は無いと思います。

私の特典も併せて参考にして頂ければ、検索エンジン集客に必要なキーワードについてのポイントはしっかりと押さえられるはずです。

この4980円のツール1つでも、「マーケティング(集客)の課題」の大半はクリア出来てしまうという事です。

あとはそれらを活かして行動していくだけ。

これを機にネットビジネス(サイトビジネス)をやってみようという人、ブログをやってみようという人、また一度挫折したけど再度アフィリエイトにチャレンジしてみようと思われた際は、是非「検索エンジンマーケティング」の本質とも言える「キーワード戦略」のポイントを押さえていくところから始めてみてください。

おそらくそれがネットビジネスにおける、マーケティング(集客)においては一番の正攻法であり「最短距離を突き進める最も効果的な王道ルート」だと思いますので。

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年12月27日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ビジネスノウハウ

キーワードスカウターS(株式会社Catch the Web)松井宏晃 特典レビュー

キーワード選定やキーワード解析に役立つ格安な優良ツールが出ているようなので、今日はそちらを紹介させて頂きます。

こちらの「キーワードスカウターS」というツールですね。

キーワードスカウターS(株式会社Catch the Web)

・URL:http://az.ctwpromotion.net/amc/keyword/top.html
・株式会社Catch the Web
・松井宏晃
・神奈川県藤沢市湘南台1-7-9 フォーレ湘南台5F 501号室

キーワードスカウターS(株式会社Catch the Web)松井宏晃:レビュー


この手のキーワード系のツールはこれまでも幾つかリリースされてきていますが、この価格帯でこのクオリティのツールはおそらく無かったものと思います。

価格は税抜で4980円。

ただツールの出来はかなり良いです。

これまで出ていた1万円代、2万円代のキーワード系のツールと比較しても普通に上をいっていると思いますね。

ここまでのツールを5000円以下の価格帯で公開されてしまうと、既に同ジャンルのツールを売っている業者は形無しだと思いますし、もうこのジャンルのツールを作ろうという同業者も出てこないのではないでしょうか。

勿論、このキーワードスカウターSの販売業者さんも「バックエンド」を控えた上でこのキーワードスカウターSを格安で売っているわけですが、バックエンドがあろうと無かろうと、このツールの出来が良く、格安で手に入れる事が出来る事に変わりはありません。

バックエンドはオファーの内容を見て、興味が無ければ申し込まなければいい話ですから。

ちなみに私はバックエンドの方はスルーしました。

あまり興味をそそられなかったので。

ただこのキーワードスカウターSの出来栄え、コストパフォーマンスはかなり良いと思っています。

既にこれまでリリースされてきたキーワード系のツールを持っていて、そちらの活用でとくに不自由していないなら、あえて乗り換える必要はないかもしれませんが、この手のツールを一切持っていない人は手にしておいて損は無いと思います。

勿論、価格がかなり安めなので乗り換えも全然アリではないでしょうか。

ここからその「機能」の方を解説していきます。

キーワードスカウターSのメイン解析機能


キーワードスカウターSは特定キーワードにおける「Yahoo!キーワードアドバイスツール」からのcsvデータからキーワード解析をしていく機能と、直にキーワードを入力して解析していく機能の2つを備えています。(「Yahoo!キーワードアドバイスツール」は簡単な登録で誰でも無料で使えます。)

その解析情報としては、

・月間検索回数:1カ月間の検索回数
・intitle数:タイトルに対象キーワードの一部が含まれているサイト数
・allintitle数:タイトルに対象キーワードの全てが含まれているサイト数
・ページランク:グーグルが評定しているサイトの評価ランク
・実被リンク平均:検索にヒットするサイトの「被リンク数」の平均
・総被リンク平均:サイト内リンクなどを含めた総被リンク数の平均
・MOZランク:米国MOZ社が評定しているサイトの評価タンク

主に以上の7つの情報からそのキーワードを解析できますが、基本的に比較していくべきは「月間検索回数」に対する「allintitle数」や、「intitle数」に対する「allintitle数」を見ていけば、おおよそ狙い目のキーワードは十分見えてきます。

ここで「intitle数、allintitle数って何?」「その数で何で狙い目のキーワードがわかんの?」という人もいるかもしれません。

intitle数はタイトルに対象キーワードの一部が含まれているサイト数で、allintitle数はタイトルに対象キーワードの全てが含まれているサイト数を意味するのですが、それぞれのが示している数字は、以下のようにも捉える事が出来ます。

intitle数が多い=そのキーワードを何らかの形で話題にしているサイトが多い
allintitle数が多い=そのキーワードを狙って記事を書いているサイトが多い

要するに「intitle数」は話題性を示し、allintitle数はそのライバル数を示している事になりますので「intitle数が大きくてallintitle数が少ないキーワードは狙い目」と考える事が出来ます。

同様に月間検索回数が多く、且つallintitle数が少ないキーワードも狙い目という見方も出来るわけです。

キーワードスカウターSではこれらの情報をYahoo!キーワードアドバイスツールから無料で取得出来る各キーワードごとの「関連キーワードを含めた解析用データ」を取り込むだけで一気に解析していく事が出来るわけですね。

これがキーワードスカウターSのメインとも言えるキーワードの解析機能ですが、キーワードスカウターSにはこのメイン機能を補佐してくれる豊富な機能が備わっています。


キーワードスカウターSの関連キーワード取得機能


その補佐的な機能としてまず挙げられるのは「関連キーワード」を簡単に取得できる機能です。

まず「関連キーワード」の取得機能は、メインキーワードを入力後、ワンクリックで、以下の関連ワード、候補ワードを全て一括で取得出来るようになっています。

・グーグルの関連キーワード(グーグル検索をした際に表示される関連ワード)
・ヤフーの虫眼鏡キーワード(ヤフー検索をした際に表示されるキーワード)
・kizasi.jpの連動キーワード(kizasi.jpから取得出来る連動語キーワード)

これをそれぞれの関連キーワードを3段階まで掘り下げて候補ワードを出していく事が出来ます。

(販売ページより転載)





もともとこれらの関連ワードからトレンドキーワードと複合キーワードを狙って記事を書いているような人にとっては、この機能だけでもキーワードのリサーチ作業を効率化出来ると思います。

更にここで取得した関連キーワードはそのままメイン機能であるキーワード解析を行っていく事も出来るようになっています。


キーワードスカウターSのトレンドキーワード取得機能


続いて挙げられる機能が「トレンドキーワード」を一気に取得出来る機能で、これは現在進行形でトレンドアフィリエイトなどをやっている人にとっては、この上無く助かる機能ではないでしょうか。

ただこの機能については何故かセールスレターでは「7つの秘密の情報源から」という形でその情報源が伏せられています。

その方が「売れる」と踏んだのかよくわかりませんが、これについては普通に明かしてしまった方が良いと思っていますので以下に明かしてしまいます。

・Yahoo!急上昇キーワード(デイリー)
・Yahoo!急上昇キーワード(ピックアップ)
・最新・Yahoo!検索データ
・Googleトレンド急上昇ワード
・ユーザーローカルwikipediaトレンド
・gooウェブ検索最新キーワード
・kizashi

情報源は上記7つで、ここからいつでも「関連ワードを3段階まで掘り下げた形」でトレンドとなっているキーワードを一括で取得出来ます。

(販売ページより転載)





もうこの機能だけでもトレンド系のアフィリエイターにとっては十分過ぎるほどの機能かと思いますが、このトレンドキーワードもそのままメイン機能であるキーワード解析をかけて狙い目のキーワードを更に絞っていく事が出来るわけです。


更に充実した上位解析機能


またキーワードスカウターSにはここまで解説してきたメインのキーワード解析機能と関連キーワード、トレンドキーワードを一括取得出来る機能に加えて、その検索キーワードで表示される上位10サイトの以下の情報を一気に解析できる機能も付いています。

・サイトタイトル
・サイトURL
・ページランク
・被リンク数
・タイトルにそのキーワードが入っているか

いざ特定のキーワードで上位表示をさせやすい狙い目のキーワードをリサーチしていく際、上位表示されているライバルサイトのこれらの情報はかなり役に立ちます。

というより、トレンド系、情報商材系に限らず、稼いでいるアフィリエイターさんはわりとこれらの情報を重視して狙っていくキーワードを決めている傾向にありますので、この上位解析機能のみでもキーワードスカウターSを利用する価値は大いにあるかと思います。

ザックリと言えばこの上位解析機能も含めて以下の3つがキーワードスカウターSの機能として挙げられます。

・intitle数、allintitle数などを比較できるメインのキーワード解析機能
・関連キーワード、トレンドキーワードの一括取得機能
・上位表示されているライバルサイトを解析できる上位解析機能


これらをキーワード入力と起動ボタン1つで解析していく事が出来るキーワードリサーチツールが4980円の「買い切り価格」で叩き売り(笑)されているという状況です。

月額では無く「買い切り」ですからね。

PC上で希望出来るツールですので、サーバー等の用意も一切必要ありません。

一度購入すれば、インストールしたパソコンで一生涯使い倒せるわけです。

どう考えても4980円のもとは十分以上に取れるツールですよね。

そんなわけで、こちらは「お勧めしない理由が無いツールである」として、以下の推奨特典をご用意させて頂きました。


キーワードスカウターS銀次オリジナル特典


銀次オリジナル特典(1)
キーワードスカウターSをトレンドアフィリエイトで実践活用!
銀次のトレンドアフィリエイト教材良いとこ取りマニュアル

キーワードスカウターSは「キーワードリサーチツール」としてはかなり使い勝手の良いツールなのですが、右も左もわからない初心者の人がいきなりこのツールだけを手にしても、結局は1つ1つの機能をどう活用していいかが分からないと思います。

そもそも「狙い目のキーワード」がわかったところで、それを「集客戦略」に活かしていく事が出来なければ何の意味もありません。

そこで「初心者層の人でも結果を出し易い」という点で、このキーワードスカウターSを「トレンドアフィリエイト」に活用していくノウハウを私の方で独自にマニュアル化致しました。

もともとこちらのような記事でトレンドアフィリエイト系の情報商材は一通り網羅してレビューしている私ですので、そのノウハウとしては「良いとこ取り」で十分な再現性を出せるものを作り込めたと思います。

>トレンドアフィリエイトの情報商材、結局どれが一番お勧め?

むしろどのトレンドアフィリエイトの教材を購入頂くより、この「キーワードスカウターS」を私の特典付で購入頂いた方が価格的にも内容的にも、何より「強力なキーワードリサーチツールが付いてくる」という点でも優位性、再現性があるかもしれません。

勿論これはキーワードスカウターSという「優れたツールありき」ですが、それだけのマニュアルを作成出来たと思いますのでかなり期待して頂いて構いません。

何よりこれまでトレンドアフィリエイトでうまくいかなかったという人はおそらく、こういうキーワードをきちんと選定出来るツールを使っていなかったものと思います。

是非これを機にあらゆるトレンドアフィリエイト教材を良いとこ取りした私のマニュアルを基にトレンドアフィリエイトで稼いでみてください。

勿論、これからトレンドアフィリエイトを始めようと思っていた人にもお勧めです。


銀次オリジナル特典(2)
一件100円超えの高額報酬をGET!
トレンドキーワード×無料レポートアフィリエイト~虎の巻~

これはどちらかと言うと「既にトレンドアフィリエイトをやっている人向け」の特典で、トレンドアフィリエイト系の情報商材は大抵「グーグルアドセンス」か「物販アフィリエイト」が主なキャッシュポイントになっています。

先立ってご紹介させて頂いた「銀次のトレンドアフィリエイト教材良いとこ取りマニュアル」の方も、基本的には「グーグルアドセンス」「物販」がメインの内容になっています。

ただトレンドアフィリエイトのキャッシュポイントには「無料レポート」も、その1つとして取り入れていく事が出来ます。

無料レポートのアフィリエイトは今や100円、200円という高額報酬のものもありますので、アドセンスや物販と比べても報酬の単価は下手すると10倍です。

要するにアクセスを報酬へ繋げられる確率を見ても、10分の1の比率ででも無料レポートを読んでもらえれば、アクセスが収入に繋がる比率は同等になるわけです。

という事はそれ以上の比率で無料レポートを読んでもらえるようになれば、収入は普通に2倍3倍、強いては10倍以上に出来る可能性もあるという事。

むしろ無料レポートのアフィリエイトは「ただ無料のレポートを読んでもらうだけ」なわけですから、物販のアフィリエイトよりも遥かにハードルが低いという考え方も出来ます。

つまりやり方1つでトレンドキーワードで集めたアクセスを無料レポートのアフィリエイトを介して大きな収入に変えていく事は十分に可能だという事です。

この「トレンドキーワード×無料レポートアフィリエイト~虎の巻~」ではその具体的な方法とノウハウをしっかりとまとめさせて頂きました。

トレンドアフィリエイトの実践と共にこちらの無料レポートのアフィリエイトノウハウも並行して実践して頂き、収入の入口と幅を広げてみてください。


銀次オリジナル特典(3)
一件10000円超えの超高額報酬をGET!
トレンドキーワード×情報商材アフィリエイト~竜の巻~

こちらはやや上級者向けのノウハウになりますが、私が本業として実際に多くの収入を上げている「情報商材」のアフィリエイトをトレンドアフィリエイトに組み込んでいくノウハウになります。

無料レポートのアフィリエイトが出来るなら、やり方1つでそれは情報商材のアフィリエイトにも普通に結び付けていく事が出来ます。

ただ無料のものを紹介するわけではありませんので、当然ながら「成約」へのハードルは普通に高くなりますが、情報商材の魅力は何と言っても高額なアフィリエイト報酬。

1件の成約で1万円以上なんて案件はザラになります。

これがトレンドキーワードによる集客からバンバン成約出来るようになると、まさに笑いが止まらなくなるくらいの収入も同時に稼げてしまうわけです。

何よりこの情報商材のアフィリエイトは私の土俵でもありますので、この辺りのノウハウについては私自身もそれなりの自信を持っています。

とくにこのノウハウはツイッターの方と相性がいいので、上級者向けとは言いましたが、それなりの意欲を持って真剣に実践してもらえればしっかりと結果は付いてくると思います。

無料レポートのアフィリエイトで広げた収入の入口と幅を更に広げていくという意欲があれば、是非こちらもチャレンジしてみてください。

うまくハマれば情報商材のアフィリエイトだけでも数十万円単位の収入をガンガン稼ぎ出せるようになります。

銀次オリジナル特典(4)
銀次の個別メールサポート+Q&Aレポートのシェア
銀次トレンドアフィリエイトサポート倶楽部永久入会権

こちらは私のオリジナル特典の内容も含めた私、銀次によるサポート特典になります。

また、多く頂くような質問等があれば、こちらの特典を手にした方へ向けてのQ&Aレポート等も補足的に配布していきますのでこちらも併せて是非、利用してみてください。

トレンドアフィリエイト、無料レポートのアフィリエイト、そして情報商材のアフィリエイト。

私自身、それぞれの分野でそれなりの実績を出してきていますので、それなりのサポートはしっかりとさせて頂きます。

是非一緒にトレンドアフィリエイトを足掛かりにより大きなステージへ上っていきましょう!

>キーワードスカスターS特典付き購入はこちら

タグ

2014年12月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

YouTube Optimizer(花岡宏明)は有効なツールかの検証、レビュー。

相変わらずYoutubeで稼ぐ系の情報、教材が今の情報商材業界のトレンドになっています。

私のブログからもこちらのプログラムがかなりの数で売れていますし、今も売れ続けています。

>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム

やはりブログやメルマガ、ツイッターやフェイスブックなど、こういった「文章を作成する事」が主体だったビジネスでいまいち継続や稼ぐ事が出来なかった人達が「動画の作成と投稿で稼げる」というところに魅力を感じているみたいですね。

確かにYoutubeで稼ぐ系のビジネスはそういった既存のネットビジネスには無い魅力、優位性はあると思います。

現にこれまでそういった既存のアフィリエイト系のビジネスではからきし稼げなかった人がYoutubeアドセンスやYoutube主体のマーケティングで成果を上げられているパターンは非常に多い傾向にあります。

私から先ほど紹介したYouTube Adsense攻略情報共有プログラムに参加された方々も徐々に「ネットで初めて稼げました」というような報告を徐々に頂けるようになっています。

そんなYouTube Adsense攻略情報共有プログラム参加者様からこちらのツールについての相談を受けました。

YouTube Optimizer(花岡宏明)

・URL:http://youtuber-jp.info/yo/index.html
・花岡宏明
・東京都江東区東雲1-9 19-903

YouTube Optimizer(花岡宏明)は有効なツールかの検証、レビュー

実際にYoutubeへの動画投稿で稼げるようになってくると、その作業を効率化させたいという事は誰もが考えるものだと思います。

そういう人が今回の「YouTube Optimizer」のようなツールの導入を検討されているのだと思いますが、まず率直な意見として私はこのYouTube Optimizerにはイマイチ「値段に見合う価値」は感じません。

この手のツールに求めるべきものは「作業の効率性アップ」と「その効率化させた作業の質」「その効果」の3点かと思いますが、この「YouTube Optimizer」に関してはそのどれも今1つ「・・・」という感じです。

まずこのYouTube Optimizerはザックリ言うと「動画の説明文」と「タグ情報」を自動生成してくれるというツールで、そのセールスレターに掲載されている「プレゼン動画」を見ると、このYouTube Optimizerで生成出来るそれらが非常に高い集客効果を生むかのような事が書かれています。

ただその「高い集客効果を生む」と豪語しているこのYouTube Optimizerで作成出来る「動画の説明文」と「タグ情報」は、実際は「言う程、集客効果は無いだろう」というのが私の意見です。

まずそもそもYouTube Optimizerのプレゼン動画で語られている「集客効果が上がる」という理論には、実際のところ全く根拠がありません。

「このような説明文とタグを生成すればグーグル、Youtube検索に強くなる」

「このようなリンクを貼ると人気動画の関連動画に表示されやすくなる」


ザックリとこのような2つの理論をブチ上げてこのYouTube Optimizerの集客効果をアピールしているのですが、いざYoutubeの検索や関連動画で表示されている動画を実際に見る限り、このYouTube Optimizerの理論の有効性は全く見受けられません。

そもそも説明文には何も明記していない動画もたくさんありますし、そういう動画でもバンバン、検索で上位に表示されていたり、関連動画の上位に出て来ています。

仮に検索の上位表示や関連動画の表示率に「説明文」「タグ情報」がそこまで重要なら、そこに何も記載(情報)が無いような動画が上位に来る事自体、おかしいと思います。

要するにYoutubeにおける検索時の上位表示や関連動画への表示率に「説明文」「タグ」はそもそもそこまで重要では無いと考えるのが妥当だという事です。

そもそもそこに何も書かれていないような動画がバンバン、検索上位、関連動画に出て来ているわけですから。

となるとこの時点で、このYouTube Optimizerは「作業の効率性アップ」「その効率化させた作業の質」「その効果」この3つ全てにおいて「あまり意味の無いツール」という事になってしまうと思います。

確かに動画の説明文やタグ情報を作成する効率は上がるかもしれませんが、そもそもそれらを「効率的に作る事」自体に意味が無いというか、とくに説明文を空欄にしても動画は普通に再生されていく事が実際に投稿されている数多くの動画で立証されています。

要するにその説明文の作成、タグ情報の作成という2つの作業を効率化させる事自体にあまり意味が無いという事です。

イコールこのYouTube Optimizerというツール自体があまり意味の無い作業を効率化させるツールという事になりますので、そんなツールに2万円という価格は、やはりただの高い買い物というより仕方がありません。

では検索の上位表示や関連動画の表示率は何で左右されるのか。

結局は「タイトル」と「動画の内容」が最も大きいというのが1つの結論だと思います。
というか、やっぱり「これしか無い」という感じでしょうか。

いかに動画にマッチしたタイトルを付けて、動画を実際に観覧してもらい、最後まで再生してもらうか(再生率と再生継続率)。

何せYoutubeはあのグーグルが買収したサイトなんですから、いかにユーザーがその動画を評価しているかで動画の露出度が左右されると思って間違いありません。

要するに検索や関連動画の表示率はこのYouTube Optimizerでは一切自動化、効率化させる事が出来ない要素だという事ですね。

少なくともYouTube Adsense攻略情報共有プログラムの実践者さんなどがこのツールを購入したところで、異議のある作業の効率化は図れません。

無駄な買い物はしない方が良いかと思います。

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年12月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

詐欺?【まとめテン】SEOを無視した集客でアクセス爆発を実現!自動更新で一切手間のかからない究極のテンプレート

「半自動で年間500万円以上。」「5カ月連続月収50万円を悠々と達成」「完全放置型アフィリエイト」

こんな謳い文句で「不労所得」を謳う、糞みたいなアフィリエイトのテンプレートツールがまた出てきたみたいです。

ここ最近、インフォトップの広告、ランキングでちらほら目にするこちらのサイト作成ツールですね。

【まとめテン】自動更新で一切手間のかからない究極のテンプレート


(特定商法表記)
・URL:http://infomiracle.net/tsuQuest/index.html
・株式会社シャリバン
・大阪市中央区南船場1-1-12 企業交流プラザビル6F

詐欺?【まとめテン】自動更新で一切手間のかからない究極のテンプレート

もう、セールスレターを読むだけでもツッコミどころが満載で、見る人が見ればただの「詐欺商材」にしか見えないような誇大広告のオンパレードなんですが、こんなセールスレターでもインフォトップの審査は通過出来るんですね。

というか、ちゃんと審査してるんでしょうか。

身内にはズブズブに甘いみたいなので、この【まとめテン】もその身内関連のインフォプレナーの販売ツールなのかもしれません。

まあインフォトップの企業体質は今始まった事では無いので置いておきますが、こういうツールが今だにランキング上位に入ってくるというところに、相変わらずこういう謳い文句のツールに騙される人がいるんだな、、、という感じです。

「最初に一度設置すれば毎月継続して利益を確定」

「2カ月以内に副業月収50万円を達成している利用者を続出」

「1日の副業労働時間は一切ありません」

「小学生でもわずか3ページの説明書通りに行えば毎月安定した報酬を得られる」

「これだけで毎月50万円以上の報酬を得ています。」

「小学1年生でも5クリックすれば再現性100%」


いやー、凄い凄い(苦笑)

この謳い文句を真に受けて「不労所得」を得られると信じ、29800円という大金を払ってしまう人達がまだたくさんいるって言うんですからね。

こんな糞もみたいな謳い文句のツールが普通に売れていると思うと、「マーケティング」とか「SEO対策」とか「コピーライティング」とか、王道的なスキルを「磨く為の教材」をまともに売っている人が馬鹿らしく思えてしまいますね。

勿論、これは皮肉ですよ(笑)

こんな謳い文句でこんなツールを売っている方もこんな謳い文句を真に受け手お金を出している方もどっちもどっちで「アホ」としか言いようがありません。

更に言うと、この【まとめテン】のセールスレターに至ってはその「続出」している月収50万円の利用者の実績証明も無ければ、実際に運営されているサイトも1つたりとも公開されていません。

それどころか販売者自身も「月収50万円」を謳いながら、その実績、サイトURLの証明等が何1つ無いという状況です。

これで何故こんな机上の空論としか思えないような謳い文句を信じてしまうのか・・・。
理屈としては有益な情報をまとめた「まとめサイト」を作れば、勝手にアクセスも集まってきて大儲け出来るみたいな事を言ってますが、言うまでも無くネットビジネスはそんな甘いもんじゃありません。

そんなまとめサイトの自動更新で誰でも(小学生でも)5クリックで月収50万を稼げるサイトを作れると言うなら、それこそ自社で独占的にやればいい話でしょうに、、、。

この記事を書いている時点で「先着100名特別限定価格」というような事を謳っていますので、どうやらこのツールは「100名以上には売るつもり」らしいですが、仮に100人分、自社でサイトを作って月収50万円を稼げば「月収5000万円の不労所得」になるんですけどね。

年間6億ですよ。

というかそんなサイトを幾らでも作れるツールを作ったなら、開発者が一人でこっそり稼ぐでしょ。

一体誰がそんな夢のようなツールを29800円なんて金額で不特定多数の人にバラまくんでしょうか。

というか何でお宅の会社は月収50万円「しか」稼げてないの?って話なんですが、、、。

5クリックで月収50万円のサイトが作れるなら、もう1日で1000サイトくらい作って月収5億円とか、稼ぐのが普通じゃないですかね?

まあ、この時点で既に謳い文句自体が理論破綻しているわけですが、こんな馬鹿みたいな謳い文句のツールにコロリと騙されてしまう人達がいるのが今の情報商材業界だって事です。

そしてこんな明らかに詐欺的な誇大広告を「審査」でパスしてしまうのが業界最大手のASPインフォトップという会社の体質です。

極めつけはセールスレターのこの謳い文句、、、。

サイト作成ツールで独自サイトを作ろう!
→作ったはいいけど、全然アクセスが集まらないし稼げない自己満足サイトになってしまう。

私をはじめ、アフィリエイトの塾に入っている仲間達と一緒にこんな不毛なことばかり経験させられていました。

いやいや、この【まとめテン】を使ってもほぼ確実に同じ状況になるでしょうに。

“全然アクセスが集まらないし稼げない自己満足サイトになってしまう。”

自社のツールを棚に上げて「よく言えたもんだなー」とある意味、関心しました。

まとめサイトさえ作ればアクセスが大量に集まってくるとか、そんなのは完全に幻想話です。

そもそもその大量のアクセスはどこから来るの?という話ですから。

まあ、基本、「ほったらかし」を謳う以上、その集客ルートはグーグルからのアクセスという理屈になるんでしょうけど、あちこちの情報をコピペで集めただけのまとめサイトが何でもかんでもグーグルに評価されて上位に来るはずがありません。

そんな事は実際にグーグルを利用していれば誰でも明白に分かるレベルの事だと思います。

もし、こういうツールにお金を払ってしまったり、魅力を感じてしまうという人はいい加減、こういうくだらないツールにお金を出すのは辞めましょう。

そんな考え方、認識レベル、知識レベルでは何をやっても一生稼げませんし、こういうアホみたいなツールや教材を売るインフォプレナー、アフィリエイターの食い物にされ続けるだけですよ。

もっと現実を見据えて、知識を付け、認識を改めるところから始めてください。

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年12月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

tsuの自動化ツール『tsuQUEST / スークエスト』(インフォミラクル)レビュー

早くも「稼げるSNS」と話題になり始めている「tsu(スー)」のツールがインフォトップで売れ筋になっているみたいです。

こちらのインフォミラクルさんの『tsuQUEST / スークエスト』というツールですね。

tsuの自動化ツール『tsuQUEST / スークエスト』


(特定商法表記)
・URL:http://infomiracle.net/tsuQuest/index.html
・インフォミラクル
・田郷勝彦
・海外法人

tsuの自動化ツール『tsuQUEST / スークエスト』(インフォミラクル)


そもそも「tsu(スー)」って何?という人もまだ多いと思いますが、「tsu(スー)」はここ最近、情報商材業界の人達を含めて話題になりつつある新しいSNSです。

というか、世間的にもそこそこ話題になっている?のかもしれません。

SNSとしては「フェイスブック」に近いSNSで「SNSの機能」としてはとくに物凄く目新しいサイトというわけではありません。

ただ「tsu(スー)」が話題になっているのは、「tsu(スー)」というサイト自体がサイトを運営していく事で得られていく広告収入をそのアクセス数などに応じて「利用者」に報酬還元していくという機能が備わっているところにあります。

自分のページにアクセスを集めたり、自分の紹介で「tsu(スー)」を始める人が増え、その人達のページにアクセスが集まってくると「tsu(スー)」の方から報酬が支払われるという仕組みになっているんですね。

そのような仕組みを踏まえて「稼げるSNSが登場」というような謳い文句で、今徐々に話題になりつつあるSNSが「tsu(スー)」です。

情報商材業界だと与沢翼さんや川島和正さんなんかも既に「tsu(スー)」を始めているみたいですね。

ただアフィリエイターの井上太一さんなんかは「tsu(スー)」について、かなり冷静で的確な意見を「自身の見解」として述べています。

>井上太一さんの「tsu(スー)」への見解

私の意見もわりと井上さん寄りで、今のところ「tsu(スー)」はアカウントも作っていませんし、そこまで焦って始める理由も無いと思ってます。

というか私はフェイスブックの方にも手を出していないので、基本的としてこの手の「閉鎖的なSNS」はアフィリエイトには活用していません。

理由はあんまり意味が無いと思うから。

それだけです。

実際のところ一時期は多くの情報起業家さんやアフィリエイターさんがフェイスブック、フェイスブックと言ってフェイスブックを利用し始めていましたが、今はほとんどの人がただの「日記」や「日常生活自慢」に使っているくらいかと思います。

ぶっちゃけ、それ以上の活用が出来ている人はもうほとんどいないと思います。

もともと「入口」には適していないサイトでしたし、今はどんどん規制が厳しくなってマーケティング等には少々利用しにくいサイトになっているのがフェイスブックの実状です。

なのであまり他の起業家さんやアフィリエイターさんとの交流、自分の日常自慢などをするような事はしていない私のようなアフィリエイターには、フェイスブックのような「閉鎖的なSNS」はさほど使うメリットが無いわけです。

なので、そういう観点では「tsu(スー)」も私は一緒だと思っています。

「tsu(スー)」から還元される広告収入については井上太一さんの意見と同様、「今やろうが後からやろうがさほど大差はない」と思っているので、これもとくに「今、tsu(スー)を始めよう!」と思う程の魅力的な仕組みには感じていません。

自分が紹介した人が物凄いアクセスを集めるユーザーになる可能性なんてほとんどありえませんから、結局は自分のページに大量のアクセスを集めない事には大した収入にはなりません。

今はまだ「tsu(スー)」の日本語でのヘルプページや報酬体系の解説ページが無いので、どれくらいのアクセスを集めれば報酬がどれくらいになるかなどもイマイチ明確になっていません。

ただひとまずの目安として、グーグルアドセンスの広告を貼ったブログよりも稼げるようで無ければ話にならないかな、、、と思います。

それさえ、今の段階では何とも言えないわけです。

そんな「tsu(スー)」に特化したツールがいち早くインフォトップで公開されているようで、販売元はこの手のSNSのツールをよくリリースしているインフォミラクルさん。
一昔前は「ミクシィクエスト」というミクシィ系のツールで一世を風靡している時期もあったインフォプレナーさんですが、セールスレターを見て分かる通り、今はちょっと時代遅れな感じが否めません。

ツイッターのツールなどもリリースしているみたいですが、セールスレターもツールの機能や管理画面も、どうも古臭い感じがします。

エンジニアさん、デザイナーさんが年配の方なんでしょうかね。

ただこの時期に「tsu(スー)」のツールをいち早く開発してリリースしているスピード感はなかなかだと思います。

ただ「tsu(スー)」自体、本当にこれからのサイトなので、今後、サイトの仕様や規制などがどうなっていくかは全く読めない状況です。

そもそも今「tsu(スー)」で友達を増やすようなツールを使ったところで、そこまで成果、効果を得られるのかも微妙なところ、、、。

この手のツールに頼ってマーケティングを仕掛けていくのはまだ時期早々な気がします。

もしも「tsu(スー)」がマーケティング活用に優位性のあるサイトになっていったなら、その時にその時の「tsu(スー)」の環境に見合ったハイスペックなツールがまたどんどん出てきます。

今の段階では「tsu(スー)」をあえてやるメリットも薄いと思いますし、今のサイト状況でこういうツールを使ってもまださほど恩恵は受けられないんじゃないかと思います。

まあ、あくまでも私の「見解」の範囲ですが、私は今のところ「tsu(スー)」というサイト自体、そういう見方をしています。

今はまだ「静観」でいいんじゃないかと。

とくに焦って始めるメリットはありませんから。

何にせよ「まだまだこれからのサイト」なので、こういうSNSをビジネスに活用していくのは「もっと流行ってから」でも全く問題ありません。

実際、ツイッターもフェイスブックもタイミングを見て始めている人が実は一番おいしい思いをしてますからね。

今からコツコツやっておく事にさほどメリットは無いって事です。

その労力が後々「無駄だった」となる可能性もありますからね。

ブログ、フェイスブック、ツイッターなどを既にやっているような人は、目新しいものに目移りさせるより、今やっているメディアを育てる事に力を入れるべきだと思います。

「tsu(スー)」のような先々どうなるかもわからないところでメディアを育てるより、既に確立されているところでメディアを育てる方が遥かに「確実」ですよ。

それだけは間違いありません。

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年12月13日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

詐欺?SMW式YouTube塾(株式会社ホワイトスペース)鈴木康宏

相変わらずの「Youtubeで稼ぐ」系の情報商材が良く売れているようですが、またこのようなYoutube系の高額塾がインフォトップのランキングに入っていました。

SMW式YouTube塾(株式会社ホワイトスペース)鈴木康宏


(特定商法表記)
・URL:http://youtubeu.jp/
・株式会社ホワイトスペース
・鈴木康宏
・新潟県新潟市西区坂井東4-18-14
・050-5898-4914

詐欺?SMW式YouTube塾(株式会社ホワイトスペース)鈴木康宏


価格は248000円。

コンテンツは1月22日から5月21日までの4カ月間で随時提供という、いわゆるこの手の「高額塾」お決まりの「コンテンツ後出し方式」になっています。

もう「出来上がっている」なら、さっさと提供してくれればいいと思うんですけどね。

基本、この手の「コンテンツ後出し」の高額塾は「悪評逃れ」の為にこういう形でコンテンツを後出ししているものが多く、実際こうやってコンテンツを後出しする形の高額塾はほぼ99%「被害者が続出」して終わっています。

ハッキリ言って、この形式で「成功者が続出した」という高額塾は1つも聞いた事がありません。

そもそも「コンテンツをきちんと確認して批評(レビュー)出来ない」という状況になっている時点で、私達のようなアフィリエイターとしては「推奨する余地が無い(出来ない)」わけですから。

まあ、それでもおかまいなしに節操なく推奨しているようなアフィリエイターが「何故か」たくさんいるのがこの業界です。

販売者側と「グル」になっている人達が記事を書いているのか、ただ高額な報酬を目当てにしているだけのアフィリエイターが記事を書いているのか、まあどちらにしても信用に値する記事とは言えません。

こういう高額塾が世に出てくる時は必ずそういった一方的な「絶賛意見」を述べるアフィリエイターが数々出てきます。

中身がわからない何十万円もする高額な塾や教材を何故推奨出来るのか、、、。

私には全く理解出来ませんが、そういうアフィリエイターが多いこの業界です。

なので、とにかくこういった高額塾を売り煽るアフィリエイターのブログやメルマガの意見は真に受けない方が身の為です。

それだけは間違いありません。

ただこの「SMW式YouTube塾」に関しては、よくよくセールスレターを読んでいくと、概ね「どの程度のノウハウが提供される塾か」は見えてくる部分があります。

主にそのポイントとしては以下「ブレッド」と呼ばれるところに羅列されている内容ですね。

ザックリそれらを見ていくと、、、

・動画作成ツールの使い方
・フリー素材の使い方
・Youtubeで検索されやすいタイトルの付け方
・検索されやすいタグ設定
・検索されやすい説明文の設定
・検索されやすいサムネイルの設定
・関連動画攻略法
・ネタを探す方法
・外国人からの再生回数を増やす方法
・日本人からの再生回数を増やす方法
・アカウント停止対策

わりとこの手の基本的なポイントがあらゆる角度から多数挙げられていますが、これらのポイントはそれこそ私が推奨しているこちらのプログラムでほぼ完全に網羅されています。

>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム

こちらのプログラムへの参加価格は9800円、、、。

ただこの手の基本的なポイントは「覚えるポイント」もそう多くはありませんので、ハッキリ言って9800円のこのプログラムに参加すれば、必要なポイントはほぼ全て網羅出来ると思っていいと思います。

仮にプラスαの要素があるとしてもたかが知れているという見方が建設的です。

少なくともここに20万円を超えるほどの価格差が生じる違いがないと思います。

あとはザックリと以下のようなSNSマーケティング、リスト(DRM)マーケティング、属性を分けた動画マーケティングが学べる教材と言った内容のようです。

・SNSとの連携戦略
・DRM・ステップメール戦略
・チャンネル戦略
・属性別の動画戦略

ただこの辺りのノウハウも先ほどの「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」の方では「特典コンテンツ」としてわりと十分な基礎部分やそのポイントを押さえたコンテンツが提供されています。

勿論、これはあくまでも特典コンテンツですので、そこまで手厚くこれらのノウハウを掘り下げているわけではありませんが、この辺りのマーケティング戦略についても既に十分なクオリティの教材がリリースされています。

こちらですね。

>Youtubeプレナー育成プログラム

お値段は29800円。

SNSマーケティング、リスト(DRM)マーケティング、属性を分けた動画マーケティングについてはこちらの教材で十分に必要なポイントは学び取れるんじゃないかと思います。

この部分についてもこの「Youtubeプレナー育成プログラム」に対して20万円以上の価格差を付けるほどの内容が他にあるとは到底思えません。

というか、おそらく「無い」と思います。

仮に「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」と「Youtubeプレナー育成プログラム」を併せて購入しても情報料としてかかる費用は3万円以下です。

何も中身が不明確でどのようなコンテンツが提供されるかもわからない、それを誰も詳しく批評出来ていない「SMW式YouTube塾」のような教材に248000円も支払う必要は無いんじゃないかと、、、。

「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」「Youtubeプレナー育成プログラム」の内容については私自身も確認済みですし、それぞれの教材内容を批評、レビューしているアフィリエイターはグーグルで検索すれば幾らでも出てきます。

手を出すなら、そういった批評をきちんとされている商材の評判をしっかりと把握してお金を出すべきではないかというのが私の考えですね。

正確な評判もわからないような教材に24万円なんて、ただのギャンブルでしょう。

大抵、こういったコンテンツ後出し系の高額塾は「ハズレ」というのが定石ですしね。

あとはあなたの自己判断で。

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年12月10日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

転売TRADER(前村健輔)最速錬金術レビュー

ここ最近では「久々」にインフォトップの売上ランキングに「転売系」の教材が入り込んでいましたので取り上げておきたいと思います。

こちらの最速錬金術「転売TRADER」という教材です。

転売TRADER(前村健輔)最速錬金術


(特定商法表記)
・URL:http://maeken2117.com/
・前村健輔
・東京都練馬区東大泉3-30-6
・090-7221-0524

転売TRADER(前村健輔)最速錬金術レビュー


これは「転売TRADER」の内容とは全く無関係な話なのですが、「転売TRADER」のセールスレターにはこんな事が書かれています。

「実際に私が教材を購入した所、本当に全て詐欺商材でした。」

・・・らしいです(笑)

しかもご丁寧に「インフォトップ」での購入履歴のキャプチャ画像まで掲載して、「全て詐欺商材だった」と断定しているんです。

でもこの「転売TRADER」という教材・・・

当然インフォトップの「商品審査」をパスしているわけで、この「転売TRADER」のセールスレターで「詐欺」と断定している商材も同じくインフォトップの審査をパスしている事になります。

そのセールスレターに「実際に私が教材を購入した所、本当に全て詐欺商材でした。」と言う事が書いてあって、それを審査で承認するのって「どうなの?」と思うのは私だけでしょうか。

これはインフォトップ自身がセールスレターの審査でこの「意見」を尊重したという事になります。

要するにインフォトップ自身が「詐欺商材」と断定されても仕方がない教材を審査で承認して販売している事を認めているようなものです。

実際に私もせどり系、転売系の教材は詐欺に近いものが大半だと思いますが、そういう情報商材の決済を請け負っているASPが「自社で扱っている商品の大半が詐欺商材である」として、そのキャプチャ画像まで載せているようなセールスレターを審査で承認するのはどうかと思います。

節操がないというか何というか、、、。

ASPがこういう謳い文句のセールスレターを公認するのは、さすがにどうかと思いますけどね。

それは良いとして「転売TRADER」の内容についてです。

先程もお伝えした通り「詐欺商材が大半」としか言えない転売系、せどり系の教材としては、十分に「まとも」な部類に入る教材かと思います。

ただ24800円という価格帯を考慮すると、それ相応の価値があるかどうかと言えばちょっと疑問ですね。

せどりの「せ」の字、転売の「て」の字も分からない人が1からせどりや転売を始めていくという段階で、他の情報を完全にシャットアウトされている状況でなら、十分、価値はあると思います。

でも今は転売やせどり関連の情報はグーグルで検索するレベルでもかなり質の高いノウハウをバンバン吸収していく事が出来る状況にあります。

この「転売TRADER」を手に取らないと学べない事、実践出来ないような斬新な手法があるというわけでは無いですね。

初心者向けにせどり、転売の基本を押さえられるスタンダードレベルの教材という感じですので、24800円という価格は普通に割高かと思います。

せいぜい高くても9800円とか、それくらいが良いところではないでしょうか。

あちこちの転売系、せどり系のサイトを見回って情報収集をする手間、そこから必要な情報をまとめて落とし込んでいく労力、それらをピンポイントでまとめてくれている教材としては評価は出来ます。

ただそれ以上の「何か」がある教材ではありません。

この「転売TRADER」に変わるレベルの教材はもっと安く他に出ていると思いますし、この「転売TRADER」で学べる事は普通にグーグル頼りでも自力で確立出来るレベルの事かと思います。

そういう意味では事実「初心者向け」の教材ですが、こういう基本的なポイントを押さえるだけではなかなか実際に稼げないのがせどり、転売の世界ですからね。

一応、こんな保証もついてますが、、、。

あなたのAmazonセラーセントラルの画面を確認させていただき、 その時点で売れていない商品も私が全て買い取りさせていただきます。

3ヶ月実践して、あなたが24,800円も稼げなかった場合、教材費用は全額返金。

また、セラーのアカウントを確認させていただき、その時に在庫になっている商品を全て買い取りさせていただくわけです。

この「転売TRADER」の内容の大半は「店舗せどり」を前提にしていますので、いざ「仕入れ」に行った際、「転売TRADER」のマニュアル内容に沿った商品を探すのは言うほど簡単ではありません。

要するに、そもそもの「マニュアル内容に沿った仕入れ」をガンガン出来るほど甘くは無いという事です。

なので、この返金保証はあってないようなもの。

そもそも3カ月間、近所の家電店や中古ゲームなどを扱っているお店に足を運び続ける気力・・・ありますか?

それこそ「相場より安い商品」を次々簡単に見つけ出せれば、転売で稼ぐ事に誰もがそうそう苦労はしないわけです。

結局そこにはとくに「斬新な商品の見つけ方」が書かれているわけではありませんので、あまりセールスレターの内容を真に受けて淡い夢を見ない方が良いかと思います。

そういう観点では至って「普通の事」しか書かれていない教材です。

言うなれば「オリジナリティが無い教材」という感じですね。

やはり「せどり」や「転売」系の情報商材にあえてお金を出すのであれば、「それ以上の何か」を得られるノウハウや教材にお金を出した方がいいと思います。

その点、やはりこれらの教材はそのニーズをしっかりと満たしてくれる「オリジナリティ」に溢れた教材だと思います。

>次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

>●●●●転売ビジネス公開マニュアル

電脳(ネット完結型)のノウハウなあら「せどりインサイダー」。

リアル転売なら「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」。

情報商材として価値があるのは、やはりこういった「他では手に入らないノウハウを提唱してくれている教材」ではないかと思います。

興味があれば一度、セールスレターだけでも読んでみてください。

「せどり、転売にもこんな手法があったのか!」

と目から鱗が落ちると思いますよ。

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年12月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

レビュー:電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」(株式会社 e-FLAGS)楠山高広

私はどちらかと言えば「ネットビジネス=アフィリエイト」派で、せどりや輸入、輸出などの物販、転売ビジネス等はビジネスとして、また情報商材でもそこまで率先しては扱っていません。

何より情報商材としては「せどり系」「転売系」の商材は本当に“推奨できる!”というのが少ないジャンルで、アフィリエイト系に比べると明らかに「再現性の高い情報」「使える情報」が少ない傾向にあると思っています。

その中で私が「せどり系」で唯一推奨しているのがこちらの教材です。

>次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

このせどり教材を推奨する理由は明確で「ノウハウの全容をほぼ完全にセールスレターで明かしている」というところにあります。

まさに「情報商材」としては前代未聞とも言える売り方ですが、その「売り方」が成り立っている時点でこのせどり教材はその辺に転がっているせどりノウハウとは、事実、1味も2味も違うと思っています。

そんなこの「せどりインサイダー」の著者である「せどりエイターれお☆」さんという方が唯一自身のせどりノウハウと相性が良いと言っているツールがあります。

それが今日ご紹介する電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」です。

電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」(株式会社 e-FLAGS)楠山高広


(特定商法表記)
・URL:http://sedori-final.com/
・株式会社 e-FLAGS
・楠山高広
・東京都東村山市萩山町3-22-32

レビュー:電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」


基本、私はこの手の「せどりツール」と呼ばれるものには、あまり好印象を抱いていません。

こういうものの基本は「仕入れて利益が出せる商品をリサーチしてくれる」というものなので、こういうツールとして世に出てきた時点で、「安く仕入れて高く売る」という基本概念が崩れてしまっていると思うからです。

同じツールを使っている人は、ほぼ誰もが同じ商品に目を付けていくようになるわけですから、当然ですよね。

こういうツールで示された商品はどうしても「早い者勝ち」になってしまったり「いざ仕入れようと思うと相場が上がってしまう」という事になってしまいます。

要するにこういう「利益を出せる商品を自動でザクザク探してくれる」系のツールは根本的な「物販」「転売」のビジネス的なポイントに反していると思うわけです。

それこそ開発した側の人が一人でこっそり使っているくらいが一番儲けが出るはずです。

でもそれをあえてツールとして売り出しているという時点で。。。というのが私の考えですね。

ですので、こういうツールは「与えられたツール」を「与えられた条件、使い方」のみで使用していってしまうと、どうしてもそれを有効に活かしていく事が出来ません。

現にこの電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」においても、そういうような声は既存の購入者さんからチラホラ聞こえてきます。

ツールで情報を出しても、いざ仕入れ用と思うと既に売り切れていたり、すぐに価格が高騰してしまってあまり意味が無いと、、、。

ですので、ツール単体としてはこの電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」はやはり私はお勧め出来るツールとは到底言えません。

ただ「与えられた条件、使い方」のみではイマイチなツールも実はその「使い方」によってはそれが「打ち出の小槌」にもなりえる事は大いにありえます。

それが冒頭でお伝えした「せどりインサイダー」というノウハウにこの電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」を組み合わせる独自の活用方法を用いる事なわけです。

これについては当の「せどりインサイダー」の著者である、せどりエイターれお☆さんのブログの方にその活用方法の詳しいポイントが実際に書かれています。

>せどりエイターれお☆さんによる電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」の活用方法

もともと「プレミア商品の買い占め戦略」というのが軸となっているれお☆さんの「せどりインサイダー」だからこそ、こういう電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」のような「リサーチツール」は、ある意味「逆引き的な使い方」が出来てしまうわけです。

これはそれこそ既に電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」を持っていて、持て余している人、使い切れていない人にとっても「目から鱗」の活用方法ではないかと思いますね。

「せどりインサイダー」+電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」

これはせどりノウハウ、せどりツールとしては、かなり有効な組み合わせではないかと思います。

「せどり」というビジネスに興味がある人、既にやっているような人は十分に取り入れておく価値はあるのではないかと思います。

興味があれば一度れお☆さんの「せどりインサイダー」の無料公開ノウハウだけでも目を通してみてください。

それだけでも決して損は無いと思います。

>次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年12月3日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像