批評。渡辺雅典の渡辺式「富の分配プロジェクト」株式会社SRシステム

複数回に渡る動画プロモーションから7月31日公開開始とされているアフィリエイト系ツールについて取り上げておきたいと思います。

こちらですね。

渡辺雅典の渡辺式「富の分配プロジェクト」株式会社SRシステム

http://www.richmsproject.jp/ipsd/

(特定商法表記)
・株式会社SRシステム
・渡辺雅典、比嘉要塀
・東京都港区高輪2-15-15-108

渡辺雅典の渡辺式「富の分配プロジェクト」株式会社SRシステム。レビュー


販売元は株式会社SRシステムさん。

わりと最近では、羽田和広さんの「パトリオットアフィリエイター養成学校」や伊藤虎太郎さんの「『3.6市場』がら空きビジネス塾」などを扱っている情報販売業者さんです。

今回もまた98000円という価格の高額教材なので、セールスレターの方を読んで、私なりの見解を書いていきたいと思います。

今回はノウハウ系を全面に押し出したものではなく、実益を上げたことがない初心者が第一歩を踏み出すための自動ツールによる「富の分配プロジェクト」であることをウリにしているものですね。

ちなみにSRシステムさんのツール系といえば、過去に「タイガーウイング」というものがありましたが、あれはネット上でも散々な評判でした。(本題と逸れるので言及を控えますが。)

この「富の分配プロジェクト」は、ツール商材と謳うものの、募集形態は先行販売の高額塾形式でツール利用開始とサポート受講権利は9月1日から1年間となっています。

何度も触れていますが、私的にこういう売り方は好きではありません。

今回の提供サービス内容に関しても、ツール提供とオンラインサポートですから、あえてヨーイドン形式にする必要性はどう考えても無いんです。

セールスレターにあるように、すでにサポート体制を整えて、ツールも完成しているのであれば、販売と同時に順次提供していくことが本来であれば可能なはずです。

そして本当に自信をもって販売している教材やツールであるならば、順次コンテンツ提供していっても正当にそれが評価され、口コミなどの後押しも得て、多くの支持のもと、より売れるというサイクルが期待できるものです。

そういったメリットを自ら放棄し、募集先行型でコンテンツ提供を約1ヶ月後まで引き延ばすことには、何らかの特別な理由があると考えるべきです。

私からすれば、その理由が「悪評」を避けているようにしか思えないんですね。

過去の前例からいっても、事実こういった販売形式の高額塾系商材ほど多くの被害者を生み出しているという傾向があります。

例によって、不可解なコンテンツ事後提供の先行販売。

まず、どうしても私はこの点を支持できないですね。

そして今回の「富の分配プロジェクト」のセールスレターでは、多くの矛盾点も見受けられます。

キャッシュポイントは楽天アフィリエイトという点を明かされていましたが、その手法というものがスマホ1日3タップのみ、あとはツール任せの全自動ほったらかしとのこと。

まず学ぶという過程を否定して、とにかく少額でも収益を得てみる経験を踏ませることが大切だとされています。

「初心者や出来ない人は、学ぶことより成功体験。」
「富の分配、1日3タップでだれでも簡単収益が得られる。」
「考えなくていい、知らなくていい、学ばなくていい。」


いや、そこおかしいでしょ。

毎日毎日、仕掛けの内容も訳も分からず3タップしてラッキーパンチでお金が得られる経験が将来的に意味のある成功体験と言えるのかという話しです。

どうも嘘と本当の緩急が激しいようですが、ネットビジネスで収益が上げられない初心者層にキッカケを与える必要があることはまだ解ります。

ただ、キッカケとなるものは単にお小遣いをあげることじゃないですよね。

キッカケというのは誰かの支えありきだとしても、稼がせる体験を、しっかりとしたビジネスモデルの上で達成させることが前提だと思います。

普通に考えれば、訳もわからず収益を上げても、訳わからず稼げなくなるのを待つだけです。

この点は彼の信念とするものと提供する内容に、矛盾を感じます。

「まずは1万円でも2万円でも稼いだ経験を積んで、」
「インターネットなら自分でも稼げるということを実感して欲しい。」


それらしく聞こえますが、これも微妙におかしなことを言っています。

商品価格10万円ですから、仮に首尾よく訳も分からないまま1万2万回収できたところで、学ぶ必要がないツールでの実践結果なら実際には何の身にもつかないですし、結果的にもそれで終わりなら商品代金分すら回収できていませんから、得られる収穫は8万円ほどの失敗体験です。

1万でも2万でもって、だれもそれでは納得しないですよね。

初心者にとって、取っ掛かりが難しいのは解りますが、それはあくまでも出発点に個人差があるからです。

渡辺雅典さん自身が、自信の経歴をダシにする理由と一緒。

スタートラインが平等であることは、まずあり得ないからこその話しです。

「10万円を100万円にするのは簡単。」

一理あると思いますけど、これもあくまで明確なビジネスモデルがあってこそのものです。

考えなくていい、知らなくていい、などと知識を一切付ける必要がないと強調するこの企画は、やはりその点が矛盾していますね。

100%ツール任せのアフィリエイトでは、まず現実的にまとまった金額を稼いでいくことは100%不可能ですが、まかり間違って首尾よくいくらか小銭稼ぎが実現できても知識を一切付けないで稼いでしまうのは、結局は落ちてる小銭を拾うのと同じことです。

その過程でしっかりと身に付けられる知識やスキルがないなら、そこからの応用や発展もあり得ないので、飛躍も何もないんです。

それで終わりです。

最高の結果を得られたとしても、この内容では1回こっきりのラッキーパンチだと理解する必要があります。

いずれにせよ、セールスレターは支離滅裂で、すでに矛盾だらけです。

1千万円の開発費をかけたとするツール本体についても、セールスレターのテキスト部分では、以下のように書かれていました。

1、サイト作成ツール
2、アフィリエイトタグ自動取得ツール
3、サイト自動更新ツール
4、ページ増殖ツール
5、キーワード選定ツール
6、記事自動生成ツール
7、全自動SEOツール


それが画像でまとめるとこうなるようです。



残念ながら3~6番までの内容が一致していませんね。

これが特典や付録ならともかくメインコンテンツですから、熱意の程が伺い知れます。

突っ込みどころ満載ですが、そもそもこれら「7つのツール」などと、分けてカウントする必要があるのでしょうか。

要は、SEO対策済みサイト作成と自動更新ツールですよね。

そして、どれだけ開発費をぼったくられたら1000万円以上もかかるんですか。

システム要件から考えれば、それほど複雑な機能を備えている訳ではありませんし、ツールを構成する基礎動作が渡辺雅典さん自身の経験から来たものなら、どれだけ高く見積もっても精々開発費は100万程度がいいところです。(いずれにせよ価値があるかは別問題ですけど。)

初月から稼がせるという謳い文句にしても、どういう訳か【プロジェクトに関するご質問と回答】にてあっさり覆ります。



もともとプロモーション動画の流れから再現性100%、テスト生40名全員が初月から1~2万円稼がせたなどと豪語していましたが、現在のセールスレターでは、上記のように「サイトアフィリエイトの性質上1~2ヶ月は準備期間で報酬発生は3ヶ月目から徐々に」と言い換えられています。

この「徐々に」がどれくらいのものなのかは明記されていません。

極めつけは「安心保証」ですね。

「1円も報酬が上がらなかったら次の”渡辺式インターネットビジネススクール”へ無料入学権利を発行します。」

いやいや、これだけ謳って1円も稼がせられない時点で、次のあなたの塾の入学権利なんて、そこに価値を見出せる人がいるんですかという話しです。

この業界にも本当に自信をもって教材販売を行い無条件の全額返金保証など付けている販売者もいるんですが、この人はその辺をどう考えているんですかね。

まだ、細かい突っ込みどころもあります。

「小学校5年生の子供でもできた。」

といって、掲載している手紙がこちら。



ずいぶんとアホな小5ですね~。

つか、アホ過ぎでしょ(爆笑)

小学校5年生は、さすがに高学年ですから、もう少し漢字くらい書けると思いますが。

ちなみに参考までにこちら。



あまりこういったことを言いたくはありませんが、エキストラさんかな、ずいぶんと良い働きしていると思います。

ただ10万円の商材としては、非常に作りが乱雑です。

それ以前の問題が多かったために、多少肯定的にお話しを進めてきましたが、そもそも根本的に自動化ツール任せのサイトアフィリエイトで今更まともな安定収益など期待できるものではありません。

具体的な手法を殆ど明かされてはいませんので、実際にどのような行為であるかは不明ですが、動画プロモーションの中では、特定サイトの規約違反に該当する方法を実行していくという言及もありました。

法律に反している訳ではないので、悪いことをやっている訳ではないと真顔で発言していたのが印象的です。

規約違反は特定サイト上でのルールですので、確かに法律違反とは違います。

しかし、規約違反を設定するサイト(企業)側からすれば、システム保守のための利用規約もありますからね。

個人レベルで自己責任を前提にそれをやるならばともかく、意図的にまして集団でそれをやってしまうと、深刻な迷惑行為となって業務妨害などの刑事事件に発展するケースもあります。

動画などが証拠として残ってしまうと悪意の所在も明らかになりますしね。

万が一にもそういった事態に発展すれば、何も考えず関与させられていた塾生にも事情聴取される可能性はあると思います。

もちろん極めて稀な例ですが、初心者を巻き込み規約違反は法律違反ではないから「ルールを破れ」というのは、ちょっとどうかと思ってしまいますね。

稼いでいる人は皆やっているなどという常識は実在しませんし、いずれにせよ、胸を張って言うことではありません。

そもそも過去7000人を指導してきたとする渡辺雅典さんの実績としても、蓋を空ければ被害者が続出したインターネットビジネススクールなどですからね。

ロクでもない経歴の人が、また初心者を相手にロクでもない商品を売り付けているようにしか見えないのが現状です。

私自身、初心者向けに道筋を案内する記事を書いていますので、一度参考にしてみてください。

>初心者がネットビジネスで手っ取り早く稼ぐ為の方法。まずやるべき事、学ぶべき事。

この方の理屈と比べるまでもなく、はるかにまともなことを書いているつもりです。

まあ、どっちを信用してこの業界を生きていくかはあなた次第ですけどね。

ただ「現実を現実的に見ろ」とだけは言っておきたいです。

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年7月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

FBアプリ作成ツール×爆散シェアグループ 【バイラル・フェイスブック・プログラム】川崎拓哉、沼倉裕

インフォトップで「バイラル・フェイスブック・プログラム」という15万円ほどの高額教材がランキング上位に表示されています。

今日はこちらについてレビューしたいと思います。

バイラル・フェイスブック・プログラム(川崎拓哉、沼倉裕)

URL:http://kasegaseya.biz/sp/

(特定商法表記)
・株式会社MELLIDION(株式会社メリディオン)
・沼倉裕、川崎拓哉
・東京都千代田区神田多町2-8-10 神田グレースビル3F

バイラル・フェイスブック・プログラム(川崎拓哉、沼倉裕)レビュー


「過去1500名ほど稼がせた川崎拓哉があなたを稼がせます」

このノウハウの提唱者、川崎拓哉さんは以前「全自動ツイッタースクール」というツイッター系の高額塾を販売していた方ですね。

1500以上の生徒を指導しその殆どを稼がせた「稼がせ屋」だとするくらいです。

さぞそのツイッタースクールも好評だったのか・・・と思いきや、散々な評判でした。

独自決済で行われた全自動ツイッタースクール募集時の謳い文句は「スマホ1日7クリックで月収600万円」「再現性100%」。

その実、魔法のロボットと称するツールは、単なるつぶやきの自動化ツール。

ツイッターをビジネス活用する上で大前提となるフォロワーの増やし方は、相互フォローなどから初めて地道に頑張れというもの。

何ら特別的優遇の無い50万円ほどのバックエンドに、返金保証の途中改ざん行為。

川崎拓哉氏本人の実績は疑わしく全て嘘偽りであり、詐欺行為だとして被害者も大いに生み出されたものです。

ちなみに、ツイッタースクール募集ページでは、こんなことを述べていました。

Q、今は、Facebookでのマーケティングが流行っていると思いますが、なぜツイッターなのでしょうか?
A、市場の規模がfacebookより大きいことと、スマートフォンユーザーが増えてきたのでtwitterユーザーも伸びています。また、Facebookでも稼げますが、初心者の方が稼ぎやすいのはtwitterになります。

一方で、今回の「バイラル・フェイスブック・プログラム」では以下のように断言されています。

断言します。
初心者が手堅く稼ぐならフェイスブックです。

私はこれまでも様々なメディアを使い、「初心者でも0円から始めて、すぐに稼げるもの」をテーマに研究をしてきました。

少し前まではTwitterも非常に有効なメディアでしたが、今から始めるなら絶対にフェイスブックをやるべきです。

川崎拓哉さんの主張だと、どっちも稼げるけどツイッターは過去、最新はフェイスブックだとされていますね。

とかいいつつ、現在進行形でツイッタースクールの募集も継続している様子。

川崎全自動TWITTERスクール

http://it-eyes.net/autosyukyaku/

いずれも20万円近い価格設定をしておきながら、気持ちのいいほど二枚舌です。

今回の「バイラル・フェイスブック・プログラム」はインフォトップを介している以上、多少なりともキャッチコピーなどは柔らかいです。

ですが、ただいずれもSNSと独自ツールを活用したアフィリエイトという部分に違いはありません。

セールスレターでは「初心者が手堅く稼ぐならフェイスブック」とされていますが、その根拠とするものも支離滅裂です。

「資金一切不要、顔出し名前出し不要」

第一に上記の理由を挙げていますが、それだけを考えれば無料ブログでアフィリエイトするのと何ら変わりません。

「口コミなどのバイラル効果が期待できる」

フェイスブックには「いいね!」や「シェア(共有)」という機能があります。

おそらくそれについて述べているのだと思いますが、魅力的なコンテンツ配信を大前提とするなら、ブログやツイッター活用上でも全く同じことが起こり得ます。

あくまでもバイラル効果を得るための要点は、不特定多数のネットユーザーに対し広めたいと思えるような情報を配信することです。

少なくとも右も左もわからない初心者がフェイスブックページをあえて採用するほどの利点はどこにも示されていないということになります。

「これまでの経験上、一度の拡散で最大15万いいね!を集め、平均でも3,000~5,000いいね!程度は集めることができています。」

セールスレターで上記のような謳い文句があることに反して、実際に見て取れる部分としても、川崎拓哉さん本人のフェイスブックページなどでは、いずれもセールスレターで謳うほどの「いいね!」は存在していません。



それだけのノウハウと環境があるなら、自らの名前を使ったフェイスブックページに対策をしない理由はありません。

本来であれば、実例を示し最大の広告塔とすべき場所です。

こういったことからも、川崎拓哉さんの実績は非常にいかがわしいものがありますね。

いずれにせよ、意図的にバイラル効果を生み出すには魅力的なコンテンツ作りは必須です。

ですので、アプリを踏み台にするにも特別なアイディアだったり、物事を伝える技術であるコピーライティングのスキルが必要不可欠だったりします。

もともと用意されたアプリなども、この手の教材として複数人で同じものを共有されてしまえばその時点で価値がなくなります。

そういったことも考えなければなりません。

「フェイスブックアプリ作成ツール」と「爆散シェアグループ」という二つの要素に関しては、具体的な言及も少ないため、実際にはどれほどのものかは解りません。

ただ100人単位の実践者が同じ発想のもと同じ方向性のアプリを作っても、最終的な口コミによる拡散が望めるかどうかは難しいものがあります。

ツイッターやフェイスブックなど高機能SNSの普及とともに、このバイラル効果を都合よく捻じ曲げ、初心者に対して耳障りのいい謳い文句とする教材も増えました。

ですが、はっきり言って、現実はそれら多くの教材が表面的に語るほど、甘いものではないです。

川崎拓哉さんのツイッタースクールとバイラルフェイスブックプログラムのセールスレターに共通している部分として、いずれも「初心者向け」「即効性」「自動化ツール」を謳っていることが挙げられます。

自分が何もできない初心者だということにある種の“甘え”があると、この手の全自動ツールであったりというものに食いついてしまうのだと思います。

ですが、そこに多くの初心者層が付け込まれているという印象を受けます。

初心者だから特別なスキルもない、取り得もないと、ありのままの事実を事実として受け止めることに問題はありません。

まずやるべき事を根本的に履き違えている人が、非常に多いことをとても残念に思います。

そもそもネットビジネスを行う上で、何の予備知識もなく数十万円単位の高額投資から入るのは間違っています。

全裸で紛争地帯に突入したら100%死にます。

最低限、服は着てください。

>初心者がネットビジネスで手っ取り早く稼ぐ為の方法。まずやるべき事、学ぶべき事。

あとは、こちらツイッターのツール付き教材ですが、本物の「バイラル効果」というものは、こういったものから学び、そして体感することも可能です。

>Twitter Brain(ツイッターブレイン)

是非、参考にしてみてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年7月22日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

レビュー。中村式!リスタートアフィリエイト(中村貞文)

インフォトップでサイトアフィリエイト系の教材がランキング1位となっています。

こちらですね。

中村式!リスタートアフィリエイト(中村貞文)


中村式!リスタートアフィリエイト
URL:http://www.nakamura-style.com/new_affili/it/

(特定商法表記)
・株式会社プラスウェブ、株式会社ラブアンドピース
・中村貞文、与那嶺勇
・沖縄県沖縄市上地1-1-1 ステータスコザ902

中村式!リスタートアフィリエイト(中村貞文)レビュー


リスタートアフィリエイトのセールスレターでは、継続収入を売りとする反面、労力を注ぎ続けるSEOや量産系には否定的な論調が目立ちます。

しかし、私の感覚からすればリスタートアフィリエイトは、その延長線上にある手法でしかないと感じます。

例えば、ライバルの少ないキーワードを探し、それを見つけることに重点を置く事なども実際にはSEO(検索エンジン対策)を考慮した戦略です。

試行錯誤の上で「売れるのが解ったなら毎月報酬が入る仕組みを欲しいだけ作る」というのも、あくまでも量産していくことを念頭に置いた考え方ですね。

従来の量産系サイトアフィリエイトの手法も、理屈の上で無理な量産を強いている訳ではありません。

「従来のアフィリエイト手法とは全く違う」

などと豪語していますが、根幹は同じ分類の手法でありユニークさ謳っている「視点をずらす」というポイントについても、実際にはそれほど斬新なノウハウではありません。

残念ながら、ほぼ既出です。

従来のアフィリエイト手法の悪い例にあるほど、極端な労力が伴うほどに量産などやっていくものではないということは強調していますが、実質的にはその必要性が求められる部分に違いがありません。

結局は、ある種一般的な量産系アフィリエイトの手法を軸に、多少のアレンジを施したレベルのものです。

根幹から別物と言えるほどのアレンジでもありません。

まあ、ある種確立された手法なので、完全に稼げない手法だとは言いません。

ただ、これを起点として首尾よく稼げたとしても、一発屋アフィリエイターで終わる可能性は高いと思います。

>情報業界、アフィリエイター業界の一発屋事情

まあ、この教材の販売元である株式会社ラブアンドピースさんは、多種多様の情報商材を幅広く扱っている情報販売業者さんで、あまり評判がよくない教材も多数あります。

中には「でっち上げられた実績」で売る為に作ったであろう机上の空論ノウハウとしか思えない教材を売っていた経緯もありますので、この教材もそのレベルの教材である可能性があります。

物販系のアフィリエイト報酬の実績画像などは幾らでも簡単にねつ造できてしまいますからね。

何にせよこの「リスタートアフィリエイト」のセールスレターで、筆者である中村貞文さんが言っていること。

「アフィリエイトにおいて、労働収入型はやるべきではない。」

「仕組みの構築が必要不可欠。」


これら、いずれも理屈の上では共感する部分もありますが、これらを本気で実現するのは、リスタートアフィリエイトで提唱するようなノウハウでは無理があると思います。

セールスレターはあくまで理想像を述べているだけで、本気でそれを実現させるようなものではないということです。

ちなみに中村貞文さん自身、アフィリエイトに関する書籍も発行しておりますが、ノウハウ部分に関しては、この教材で学べるものと殆ど違いがありません。

手厳しい言い方をすれば、その内容は、あくまでも「サイトアフィリエイトで稼ぐ上での精神論と基本中の基本と言える知識」のみです。

いずれも個人の感覚に依存するものでもありますが、大半は心構え的な部分を言及しているに過ぎないものと言って差し支えありません。

一番肝心な「技術的ノウハウ部分」の言及が極めて「物足りない」という印象です。

この「リスタートアフィリエイト」に15000円を支払うのであれば、まずは中村貞文さんの書籍を読んでみる事をお勧めします。

実際のところ、提唱されているノウハウはその内容とほとんど変わりませんので。

要するにその書籍への1500円の投資で中村貞文さんの提唱するリスタートアフィリエイトのノウハウは、その9割はそのまま普通に学べます。

それを読んでみて、本当の意味で可能性を感じその方向性でより深く学んでいきたいなら、このリスタートアフィリエイトに手を出せば良いと思います。

まあ、2万円以下で購入できる教材としては、比較的に手厚いサポート体制が付いていると言えますがこの手の教材のサポートフォーラムは実質亭にそれほどは機能しません。

超初心者が初歩的な質問を行い、それに対してグーグルで調べれば十分なレベルの回答が行われていくというのが大方のサポートフォーラムの展開ですね。

まあサイト診断に関しては、場合によっては有益な結果をもたらすこともあるかも知れません。

その点は数十万円単位の高額塾などと比べれば遥かに有益かと思います。

ただサイトでもブログでもネットビジネスにおけるアフィリエイト媒体において「お客さん」を惹き付けるのは、結局のところ最終的にはコピー(文章)に集約されます。

ここを避けて通っているうちは、長期的な継続収入、貯蓄型アフィリエイトなどはまず実現出来ません。

これだけは間違いないです。

本気でこの教材で謳われているような労働収入型のアフィリエイトを脱却して利益を最大化させたいなら、コピーライティングを主体とするこちらの教材などを選択するべきですね。

>Copyrighting Affiliate Program

価格は9800円から参加可能で、この「リスタートアフィリエイト」よりも遥かにサポート体制も充実しています。

何よりノウハウを提唱している販売者の実績がリスタートアフィリエイトの中村貞文さんよりも遥かに圧倒的で、しかもその実績がきちんと「証明」されています。

要するに机上の空論ではないという事です。

まあ、この「リスタートアフィリエイト」は、ここ最近は煮詰まってる感じがあった「トレンドアフィリエイト」の手法をややニッチ系の切り口でまとめた教材という感じですね。

ある程度、トレンド系の教材を手にしてきている人であれば、とくに必要無いと思います。

それこそ、私のトレンドアフィリエイト系の教材を比較、批評しているこちらの記事を参照してください。

>トレンドアフィリエイトの情報商材、結局どれが一番お勧め?

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年7月13日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

ほぼ詐欺確定。20文字で毎月300万円以上のキャッシュを稼ぐ方法(岸隼人)

悪名高い佐藤文昭さんと小島幹登さんからなるSKナレッジさんが、また新たな売り込み(正確にはそれに繋がる無料オファー)を開始しています。

今回は5つのパターンのランディングページが存在していますね。

こちらです。

1日20文字を打つだけで毎月300万円、泥棒ビジネス(岸隼人)


今すぐ完全無料で現金爆発
URL:http://岸隼人.net/lp/1/

泥棒ビジネス
URL:http://岸隼人.net/lp/2/

今までには一切存在していなかった日本一ずる賢い稼ぎ方を遂に完全暴露!
URL:http://岸隼人.net/lp/3/

現金が乱れ飛ぶ実際の場面をリアルに実況生中継
URL:http://岸隼人.net/lp/4/

不思議で楽しい斬新すぎるアフィリエイトノウハウを完全公開!
URL:http://岸隼人.net/lp/5/

(特定商法表記)
・株式会社スライ
・斎藤大地
・東京都中央区日本橋堀留町2丁目7-1人形町デューブレックスRS
・03-6661-9900

(特定商法表記)※6/29時点
・株式会社Sly
・中央区日本橋小舟町9-8-4A
・03-3668-9455

1日20文字を打つだけで毎月300万円、泥棒ビジネス(岸隼人)レビュー


SKナレッジの悪名についてはネット上でも有名になっています。

今回のこの案件についても、すでに多くのアフィリエイターが取り上げて注意を呼びかけていますね。

まず、何かトラブルがあったのか特商法が途中で変わったこと。

変る前のものが株式会社ハルクなどという別会社の情報と重複していること。

ランディングページから一歩進んでいくと例によってSKナレッジと今回の主役?である岸隼人さんの対談動画が見れますが、そこではツイッターのRT多重拡散によるモバハチアフィリエイトという手法と報酬画像まで明かされていました。

この動画に対するネット上の冷静な意見としては、そもそもその手法自体がモバハチの規約違反にあたるのではないかという指摘。

報酬画像についても本人のものかは如何わしいという指摘も見受けられました。

完全な憶測であったり個人的見解による懸念事項などが主体ですが、いずれにせよ、ずいぶんと積極的に粗探しされていますね。

まあ、それだけ過去のSKナレッジ関連の商品がひどかったのだということが言えるのだと思います。

さて、ここからは私なりの意見となりますが、まず真っ先に指摘したい点があります。

岸隼人さんはツイッターを軸として現在進行形で稼いでいるという触込みでした。

よって当然、現在進行形で活動している岸隼人さんのツイッターアカウントはあるはずですね。

ただ普通に「岸隼人」の名前でグーグル検索しても彼と思われるツイッターアカウントは出てきません。

SKナレッジはそういった所でボロを出さないことは、ある程度徹底している印象です。

でも、私の方でしっかりと見つけさせて頂きました。

http://twpro.jp/hayato_kishi



このサイトはツイプロといってツイッターでのプロフィールを検索するサイトです。

プロフィールは「借金600万円。人生を追い詰められたダメリーマンだった僕が今では月収100万円超え。人生何度でもやり直せる。熱血ビジネスマン 岸隼人のつぶやき」とのこと。

ツイプロからは、ツイッターの実際のページに飛ぶことができます。



岸隼人さん、本人の名前を使ったツイッターアカウントは既に凍結されていますね。

実際のところFacebookと違ってツイッターはアカウントの複数登録が可能ですし本名での登録も強制されていません。

しかしながら、実際にフォロー・フォロワー共に4000人ほどいながらアカウント凍結にあうというのは、まず間違いなくスパム的な活動を行った事による通報があっての凍結と考えられます。

モバハチの規約違反を散々疑われていましたが、岸隼人さんくらいになると、すでに先回りしてツイッターに規約違反の判定を受けていたようですね。

この事実から察するに、スパム判定を受けてでも新たにアカウントを立ち上げて、規約の流れから逆流するような手法で荒々しく稼いでいく手法だとする前向きな解釈もできます。

ツイッターが完全に機械が提供しているサービスであれば、上手くすり抜けられる手法があるなら、それでも良いのかも知れません。

ただ、現実問題そういう訳ではありませんからね。

何の為の凍結かといえば、ツイッター側からすればやってほしくない活動をやったからです。

迷惑行為により凍結させられるような手法であるなら、実際にツイッター側も今後に向けてより厳しい対策を取っていくことが自然の流れです。

そうなってくるとそのビジネスの根幹を揺るがすことにもなるのではないでしょうか。(現時点で少なからず効果のあるものだと仮定しての話しですが。)

少なくとも、それを伏せて第三者に進めるのは、正直どうかと思ってしまいます。

謳い文句は「1日3クリックで毎月300万稼げる!」ですからね。

誰もが完全なウソか、ろくでもない手法を想像します。

その上で、実際のところ既に彼の名前のアカウントは凍結状態だとするなら、中々シャレにならない部分があると思います。

そもそもの話しなんですが、5つのランディングページにしても明らかな嘘があります。

1日20文字を打つだけで毎月300万円、泥棒ビジネスほぼ詐欺確定


すべてのランディングページでは「今回の私のノウハウの受け渡しの公開は24時間限りとさせて頂きます。カウントダウンタイマーが終了した瞬間に私のノウハウは受け取れなくなってしまいます。」と明記しています。

ですが、5つに分けられている時点で、別のページからは受け取りが可能ですし、各ページともに実際にはそういった設定すらされていません。

今すぐ完全無料で現金爆発
URL:http://岸隼人.net/lp/1/
※ページアクセスから24時間のタイマー設定、その後巻き戻し

泥棒ビジネス
URL:http://岸隼人.net/lp/2/
※ページアクセスから24時間のタイマー設定、その後巻き戻し。

今までには一切存在していなかった日本一ずる賢い稼ぎ方を遂に完全暴露!
URL:http://岸隼人.net/lp/3/
※7月15日までのタイマー設定

現金が乱れ飛ぶ実際の場面をリアルに実況生中継
URL:http://岸隼人.net/lp/4/
※7月7日までのタイマー設定

不思議で楽しい斬新すぎるアフィリエイトノウハウを完全公開!
URL:http://岸隼人.net/lp/5/
※7月7日までのタイマー設定

これらは現時点では単なる無料案件ですから、商法上問題がある行為とは一概には言えないかも知れません。

しかしながら、SKナレッジが関与する場合、ここから間違いなく高額なバックエンドがあり20万以上の高額案件でも当然のように約束を守らなかったりします。

対談動画は既に2000再生を超えていることからも、彼らからすれば順調な滑り出しを見せているかも知れません。

多くの参加者なり被害者が現れることも想像できます。

再三私のブログでも彼らの悪行はお伝えしていますが、約束を守らない相手とビジネスの関係を持って良い事はないと思います。

最終的な判断は消費者側がどう捉えるかですが、私なら絶対に信用できませんし、彼らが関与する商品を買おうと思うことはありません。

ちなみにこれは余談ですが、今回のオファーは与沢翼さんのメルマガから送られてきたものです。

与沢翼さんはニコニコ動画チャンネルの開設を発表しながら、影ではしっかりとSKナレッジが関与している如何わしいオプトイン案件を取り上げたりしていますね。

彼自身、フリーエージェントスタイル経営破綻の報告を行った一件より、オプトイン事業継続には否定的な見解を述べていたはずですが、依然としてこの有様です。

メルマガのタイトルに「号外広告」と一言書いておけば何を紹介しても許されるのかと言われればそんな馬鹿は話しもないと思います。

与沢翼さんも元々はSKナレッジ発でしたし、本当に彼らに関わっているものでろくなものはない印象ですね。

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2014年7月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像