迷惑メール、スパムメールが届くようになる理由。

全く身に覚えのない迷惑メール(スパムメール)がいきなり届くようになった事はありませんか?

今でこそ、ラインなどの通信手段が主流になってきていますが、それでもメールを一切やらないという人は少ないと思います。

それこそ、携帯電話でメールをする人はラインの影響でかなり減ってきたと思いますが、ヤフーメールやジーメールなどでメールをしている人は今も多くおられるはずです。

そして、そのようなフリーメールなどを利用している人や利用していた事がある人は、ほぼ例外なく、迷惑メール(スパムメール)を受け取った経験があると思うんです。

もしくは、現在進行形で、そういうメールが今もバンバン届いているという人も決して少なくはありません。

当の私もこのブログやメルマガで利用しているメールアドレスには、毎日のように多くの迷惑メール(スパムメール)が受け取っています。

そんな、いつの間にか届くようになる迷惑メール(スパムメール)は一体、何故、届くようになるのか。

今日はその辺りの現実を言及してみたいと思います。

迷惑メール、スパムメールが届くようになる理由。

まず、率直な答えから述べてしまうと、迷惑メール、スパムメールが届くようになる理由は主に以下の3つのどれかです。

1:無料オファー、無料レポートなどの登録をきっかけに届き始める
2:何らかのサイトへの会員登録を行った事をきっかけに届き始める
3:ネット上やメルマガでアドレスが収集されてリスト化されてしまう


「1」と「2」はそのままの通りなのですが、ネットビジネス関係、情報商材関係のメルマガは主に「1」が多いんじゃないかと思います。

ただ、無料オファー、無料レポートへの登録を行う際は、それに付随するメールマガジンへの購読に同意している場合がほとんどですので、そのメルマガそのものは迷惑メールには該当しません。

ですが、無料オファー、無料レポートなどに登録すると、とくに同意した覚えもないメールマガジンが届くようになる事があり、それは紛れも無く「迷惑メール」にあたります。

何故、そんな事が起こるのか。

その答えは簡単で、その無料オファーや無料レポートを介して登録者のアドレスを手にした人が、そのアドレスを横流ししているからに他なりません。

要するに、個人情報が横流しされているわけです。

結果として、身に覚えの無いメールマガジンがいきなり届くようになるんですね。

ただ、ここで挙げた「無料オファー」であれば、その登録時に「購読」を同意するのは、基本的にそのオファーを出している人のメルマガのみなのが一般的です。

ですので、もし、その無料オファーにしか登録していないアドレスに、身に覚えの無いメルマガが届き始めたなら、それはほぼ間違いなく、その無料オファーを出していた人が犯人だと思って間違いありません。

そんな無料オファーに対して、無料レポートスタンドを介して購読するような「無料レポート」の場合、そのレポートの購読時には5誌から10誌くらいのメルマガの購読に同意するのが一般的です。

つまり、これは1つの無料レポートを購読するだけで、5人から10人くらいのメルマガ発行者に自分のアドレスが行きわたる事になるんです。

その場合、仮にそのアドレスに迷惑メールが届くようになっても、誰が自分のアドレスを横流ししたのかを特定する事は出来ません。

そういった点でも、無料レポートスタンドで無料レポートを購読する際は、やはりそれ用のサブアドレスを用意して購読した方が無難であるという事です。


その主な要因は結局のところ個人情報(アドレス)の横流し。


また、これは2つ目の理由として挙げた「何らかのサイトへの会員登録を行った事をきっかけに届き始める」というのも、やはり個人情報の横流しが原因と考えられます。

とくに、ちょっと怪しげなサイトや、あまり知名度が高くないようなサイトへの登録は、そのリスクが高いと思った方が良いかもしれません。

とは言え、有名どころのサイトであれば、そのような事はしていないと信じたいところなのですが、私自身、わりと大手のサイトに登録した後でも、明らかに覚えの無い迷惑メールが届き始めた事が普通にありました。

ですので、基本的に私は、それがどのようなサイトであっても、大手のサイトを含め、特定のサイトへ会員登録などを行う際には、それ用のサブアドレスを使うようにしています。

それこそ、そのサイト側が故意で個人情報を横流しするような事をしていなくても、今はハッキングなどによる個人情報の流出なども普通によくある時代ですからね。

サイト側が個人情報をしっかりと保護していたとしても、結果的に自分の個人情報(アドレス)が外部に流出してしまうという事も普通にありえるわけです。

そして3つ目に挙げた「ネット上やメルマガでアドレスが収集されてリスト化されてしまう」というのは、私のようにブログ上に問い合わせフォームを貼っていたり、メルマガを発信している場合、

・ネット上で公開されているメールアドレスを収集するツール
・メルマガ発行者のメールアドレスを収集するツール


などを介して、自分のアドレスがそのまま収集されてしまう場合があります。

ですので、ネット上にメールアドレスを公開したり、メールマガジンを発行しているメールアドレスは、そのようなツールにアドレスを収集される可能性がある事を念頭に入れておかなければなりません。

要するに、ネット上に公開するアドレス、メルマガの発行に用いるアドレスなども、メインで大事なやりとりをするアドレスとは別のものにしておいた方が良いという事です。


実はそれが「迷惑メールではない」という事も・・・。


尚、これはあくまでも「1つの可能性」という範囲の話ですが「これは迷惑メールだ!」と思っても、実はそうではないというケースもゼロではないと思います。

というのも、私は誓って購読の許可を得ていないメールアドレスに迷惑メールのようなものを送った事は一度も無いのですが、本当にごく稀にではありますが、

「迷惑メールを送ってこないでください!」

というメールを読者の方から頂く事があるんです。

ただ、私のメルマガは誓って、このブログからメルマガに登録してくれた方か、私の無料レポートを読んでくださった方。

もしくは無料レポートスタンドの広告枠を介して、私のメルマガの購読を許可してくれた人以外には一切、メルマガは発信していません。

要するに、迷惑メールなどは一切送っていないという事です。

にも関わらず「登録した覚えが無いのに・・・」というメールを頂くのは、その読者さんが私のメルマガの購読を許可した事を覚えていない(忘れている)か、それに気付いていないかのどちらかしかないわけです。

例えば、メルマガ登録を行った事を普通に忘れているか、無料レポートスタンドを介して無料レポートを購読する際、併せて購読を同意する必要があったメルマガを確認していないなどですね。

ですので「覚えの無い迷惑メールが届いた!」という場合は、一応、そういった登録をした覚えが無いか記憶を辿るなり、無料レポートの購読をしていないかを思い返してみてください。

迷惑メールだと思ったメルマガの全てが絶対的に迷惑メールとは限らない可能性もあるという話です。

ただ、何にしても迷惑メールを対策するのは、大事なやりとりをする事の多いメインアドレスを無料オファー、無料レポート、サイト登録などに使わない事。

また、ネットビジネス等の活動においても、そういうアドレスをネット上に公開する事やメルマガなどの発行に使わないという事に尽きると思います。

言い方を変えると、そういった「登録」や「ネットビジネス」にアドレスを用いていく限りは、迷惑メールを完全に遮断する事は不可能だと思ってください。

その前提でメールアドレスはメインアドレスとサブアドレス、最低2つは持つようにする事をお勧めします。

今はフリーアドレスなどを簡単に幾つでも作れる時代ですから、そういったサービスを上手く利用していった方が良いという事ですね。

「迷惑メールが何故、届くようになるのか」

その要因は、この記事で言及したものが、ほぼ全てだと思いますので、その対策も含めて参考にして頂ければ幸いです。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年10月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

小玉歩氏のプロモーション動画を見て思った事。

海外の動画サイトで動画を見ていたら、この業界ではわりと有名な「小玉歩」さんのプロモーション動画らしきものが「広告動画」として何度か強制的に流れていました。

見たい動画を見ている最中、これほどウザイものはないのですが、無料で動画を見せてもらっている以上は文句も言えません(笑)

おそらく、私と同じような感じで「見せられた事」もあるんじゃないかと思いますが、そのプロモーション動画というのが、こちらの「小玉歩のKEYWORD~frontlineを走り続ける男~」という動画です。



これはYouTubeにアップされていたものをそのまま貼ったものですが、小玉歩さんの公式アカウントと思われるアカウントが普通にYouTubeにも投稿していました。

要するに、この動画は小玉歩さん自身が自分で自分自身を「プロモーション」する為に、自ら作ったプロモーション動画であるという事です。

ですが、その動画内容が、よくよく見てみるとあまりにも「爆笑モノ」で見ている方も恥ずかしくなるような動画内容だったので、今日はその辺りも含めて、この小玉歩さんのプロモーション動画を取り上げてみます。

小玉歩氏のプロモーション動画を見て思った事。


動画の冒頭はいきなり何だかよくわからない、ダサいロックバンドのLIVE映像から始まります。(「ダサい」はあくまでも私の主観です・・・。)



そして始まるナレーション。

「とあるスタジオ。盛り上がるライブ会場を見守る一人の男。このライブの仕掛け人である。」

ここでライブ会場を見つめる小玉歩氏のアップ!



続くナレーション。

「と言っても、アーティストやレコード会社の社員ではない。男の名は・・・小玉 歩!!」

もはや「ネットビジネス業界で情報商材のアフィエイトをして稼いでいる人」の片鱗さえ感じさせない動画の冒頭・・・。

まあ、これはこれで興味付けのアプローチとしては悪くは無いんじゃないかと思います。

ですが、この動画。

よくよく考えながら見ていくと、物凄く「ダサい」というか、少なくとも私は見ているだけで恥ずかしくなるくらいなのですが、これは私だけなんでしょうか・・・。

一応、動画への投稿コメントは「かっこいい!」という賞賛コメントが多数という感じですが、少なくとも私には到底そのようには思えませんでした。

というのも、このプロモーション動画は、他でも無い、この小玉歩さん自身が企画して自ら作っているものなわけです。

実際、それを前提に見たら、これほどダサいというか、見ていて恥ずかしくなる動画も無いんじゃないかと思うんですが・・・。


ネットビジネス界の異端児


そのまま動画は「ネットビジネス界の異端児」という見出しと共に小玉歩氏がベンツを運転している画像や、セミナーを開催している模様がダイジェストが流れます。



・・・まあ、映像自体は「かっこいい」と言えば「かっこいい」のかもしれません。

ネットビジネス界の異端児・・・ですからね。

でも、よくよく「この動画を小玉歩氏本人が自ら企画して作っている」と思うと、その「かっこよさ」がダサく、恥ずかしく思えてきませんか?

ネットビジネス界の異端児・・・ですよ(笑)

それ、自分で言う?みたいな。

言ってみれば「私、ネットビジネス界の異端児なんです。」と自分で言っているようなものですからね。

それをこういうプロモーション動画で堂々と「公言」しているわけですから、私からすると、それが物凄く「ダサい」と思ってしまうわけです。

実際、企業のプロモーション動画や商品のプロモーション動画というのは、普通によくあるものですが、ここまで「個人」をフューチャーしているプロモーション動画はそうそうありません。

ソフトバンクの孫正義さんにしても、サイバーエージェントの藤田晋さんにしても、知名度の高い会社で知名度の高い「カリスマ経営者」と呼ばれる人でさ、こんな「経営者個人」をフューチャーする動画なんて作ってませんよね。

それこそメディア露出の激しかったライブドア時代の堀江貴文さんですら、こんな「恥ずかしいプロモーション動画」なんて、作っていなかったと思います。

そもそも経営者なら「会社のサービスや理念」をプロモーションするか、その「商品」などをプロモーションするものですからね。

少なくとも、このように「経営者個人」がそこまで前へ前へ出て、その「個人」をアホみたいに自画自賛するような動画を作ってる暇があるなら、自信を持って提供している「会社のサービス」や「商品」をPRするべきだと思います。

ですが、この「小玉歩さん」のような情報系の起業家の人って、何故か「自分自分!」なんですよね。

それこそ最近はすっかり海外投資家(風?)な与沢翼さんなども含めて、何故か、自分や自分の経営する会社のサービスや商品をPRする事なく「自分のPR」をするのが、このジャンルの「自称起業家」の特徴です。

言い方を変えれば、そうやって本気でPR出来るようなサービスや商品が無いので「自分」を全面に出してお金持ちアピール、成功者アピールをするわけです。

そして、次から次へと新しいサービスや商品を打ち出しては、情弱な人達にそれを売りつけるわけですね。

言うまでも無く、その度にそのサービスや商品に悪評が流れ、また手を変え品を変えて同じ事を繰り返す・・・。

ビジネスモデルとしては、既にそれが「前提」になっているので、いざこういうプロモーション動画を作っても、アピールするのはサービスや商品ではなく、「自分自分」なんだと思います。

私からすると、それが既に「気持ち悪い」というか、心底「ダサい」と思ってしまうわけです。


そして始まる小玉歩氏の一人語り。


そして動画は小玉歩氏の一人語り?的なものが始まります。

『自分でビジネスをやっていく面白さっていうか・・・、僕はそういうところで挑戦したい。』



つか、誰に向かって喋ってんの?という感じなのですが、一応「形式上」はインタビュー形式っぽいドキュメンタリータッチな感じで小玉歩さんの一人語りが度々、動画の中に差しこまれます。

情熱大陸っぽくしたかったんですかね?

ただ、1つ言える事はこの「一人語り」もある意味、全て自分で企画して自分でそれを「インタビューされているっぽく喋っている」わけですから、言わばこれは「演技」のようなものなわけです。

そう考えると、随分と「臭い演技をするなー」と思いますし「そもそもよくこんな臭い演技を出来るよなー」と、ある意味、感心してしまいます。

少なくとも、私が自分でこんな動画を作ろうと「一人語りの演技」をインタビューをされているっぽくやろうものなら、途中で笑ってしまって、絶対に無理だと思います、、、。

というか、絶対に無理ですね。

それをこんな臭い演技を堂々としたドヤ顔でやってのける小玉歩さんは、ある意味、凄いと思います(笑)

そして、動画はそこから小玉歩さんのコンサルティングを受けた人?のインタビュー映像的なものに切り替わり、

「小玉さんと出会って、どんな物事にもアクティブに動けるようになった。最高に楽しいですね!」

「ビジネス自体が本当に楽しいと心から思える!」

「ほんとに今、一瞬で人生が変わった!」


と、当然ですが、小玉歩、絶賛の嵐(笑)

これらも全て、どこまでを台本化しているのか分かりませんが、ここで実際に出てくる「コンサル生」とされる人達をよくよく調べてみると、ここでもちょっと「面白い情報」が出てきます。

例えば、この動画の中に出てくる「後田圭一」という方。



「1カ月目で(クラブの)報告会の発表者に選ばれて、そこから一気にガンとメルマガ読者も増えて、そこで一気に売れて、それで8月はほんとそれだけで月収100万円を超えました」

「ホントに一瞬で人生が変わりました。」


と、このように語っているのですが、この「後田圭一」という方は以前「中川大輔」という方が販売していた「半自動報酬発生システム」というシステムのモニターにもなっていたという情報が出てきます。

一応、この「半自動報酬発生システム」については、私も以前にレビューをしているのですが、率直に言えば、かなり問題のある、ほぼ詐欺に近いような粗悪なものでした。

>半自動報酬発生システム完全版(中川大輔)レビュー

ただ、そんな「到底、稼ぐ事は不可能としか思えないシステム」を、この「後田圭一」という方は、実名?顔出しで大絶賛しているんです。

ただ、そこにちょっとした「疑惑」が浮上しているようなので、その疑惑を取り上げている情報源をそのままここに印象しておきます。

引用元:情報起業家と情報業界を斬る、某業界関係者のブログ
この後田圭一なる人物。




この人物は実際にこの「半自動報酬発生システム完全版」の購入者が
無料オプトインリストを収集する際に拡散を強いられる、
こちらのLPの方にも「モニターとしての声」が掲載されている。

全く新しい半自動報酬発生システム

http://aff7.jp/lp1/





ただ既にこの2つのコメントに矛盾点が見受けられる。

半自動報酬発生システム完全版掲載コメント
私は半自動報酬発生システムを8月に設置し、
現在は月収30万前後を稼いでおります。

全く新しい半自動報酬発生システム掲載コメント
私は7月まで中古家電せどりで月収50万程度を稼いでいました。

この時点で自ら主張する「月収」に20万円の差額がある。

更にこの人物はあの「小玉歩氏」のNBGCにも参加し、
参加者としての声を顔写真付きで掲載しているのである。




こちらと比較しても、またその主張には矛盾点が見受けられる

全く新しい半自動報酬発生システム完全版掲載コメント
物販に限界を感じ始めた私は「物販の成果を元に情報発信をしよう!!」と決意しました。
しかし情報発信について全く未経験であった私は何から手を付ければいいか全く分からない状態でした。
そんなときに中川さんから放置収入システムのモニターに誘われ、成果を出せる環境を用意して頂けました。
中川さんの指導は非常に分かりやすく、情報発信未経験の私でも取り組みやすいように順序立てて指導して頂きました。
その教えを私は素直に実践し、必死に各種媒体の構築→集客に努めました。
その結果どうなったかと言うと8月11日にアフィリエイトを開始12日にメルマガ内で教材の告知13日の販売初日に5本、その翌日に4本成約しました。2日間の報酬額は計22万5千円です。
8月も終わってみたら合計で55万円のアフィリエイト報酬でした。
8月上旬にアフィリエイトを開始したのにも関わらずです・・・
アフィリエイターの95%は月5,000円も稼げないと言われる中、私は情報発信を始めてわずか1ヶ月足らずでアフィリ報酬55万円を達成しました。

NBGC掲載コメント:http://nbgc2014.com/
私はNBGCに入る前までは主に店舗せどりを行い、 月30万程度を稼いでいましたが、将来的な不安を感じ、 情報発信するべく一念発起しNBGCの門を叩きました。

(中略)

「フロントラインマーケティング」という月額制のサービスにて、 発表が動画で配信されたことによって、私の一気に知名度が上がりました。

動画を見た沢山の方が、私のメルマガに登録して頂き、ちょうどせどり教材がリリースされるタイミングが重なったのもあって、8月11日にメルマガの配信をスタートさせ、13日に初めての教材アフィリエイトを行った所、販売初日に10万、翌日にも10万のアフィリ報酬を達成。

最終的に8月は55万のアフィリ報酬を達成し、せどりの売上と合わせて人生で初めて月収100万を超えました。

それまでせどり1本しか知らなかった私が、NBGCに入ってわずか2ヶ月で信じられないほど人生が大きく変わりました。

もはやぐうの音も出ない矛盾ぶりである。

結局のところこの後田圭一なる人物は
中川大輔の手による半自動報酬発生システム完全版で稼いだのか、
小玉歩の手によるコミュニティの力で稼いだのか、
真っ向から全く違う主張をしているのである。

しかしその「実績」は一致するという点から、
どちらかが「嘘」である事は間違いない。

もしくは両方が嘘である可能性さえある。

いわゆるこの後田圭一なる人物がこの手の
モニター屋のようなものである可能性さえ考えられる。

いずれにせよこの後田圭一なる人物のコメントは、
どちらに寄せているコメントも全く持って信頼できる余地は無く
結果としてこれは小玉歩のNBGC、
中川大輔の半自動報酬発生システム完全版双方の
モニター参加者の声、捏造疑惑を生む形となった。

この「半自動報酬発生システム」に掲載されている「モニター参加者」としての声や、NBGCに対して寄せているコメントは、この動画で語る「8月は月収100万円」とも矛盾がありますからね。

このブログにも書かれているように、この「後田圭一」という人のコメントは全く持って、信頼性が薄く、むしろこういう「声」が混じっている時点で、全てのコメントが疑わしく思えてきます。

ちなみに、動画の中に出てくる「コンサル生」には、こういう人もいます。



「小玉さんに出会う前はですね、ずっとサラリーマンだったんですけど、小玉さんのセミナーに参加して、それを実践したところ、まず自分で会社を設立する事が出来ました。

その後にどんどん小玉さんから学ぶ事によって今は複数の事業というのを展開しております。」


そもそも「小玉さんのおかげで会社を設立する事が出来ました」というコメントが既にちょっとおかしいのですが(会社自体は行政書士などにお願いすれば、どんな人でもお金さえ払えば設立出来るので。)

この三浦鉱樹という人がいざ「どういう事業?を行っているのか」を調べてみると・・・



これは「ランドオブハンモックYouTuber」という教材の販売ページに掲載されていたものですが、要するにこの「三浦鉱樹」さんは、この「ランドオブハンモックYouTuber」を一生懸命販売している人のようです。

この時点で、この「ランドオブハンモックYouTuber」の事をそれなりに知っている人なら、この三浦鉱樹という人が「到底真っ当な事業をしている人」だとは思わないのではないでしょうか。

それこそ、この「ランドオブハンモックYouTuber」は私のブログでも過去に取り上げていますが、これもかなり問題のある悪評高い教材の1つです。

>ランドオブハンモックYouTuber(有限会社Enhance)白石達也

簡単に言えば「ねずみ講まがい」の教材内容で、「あなたもこのランドオブハンモックYouTuberをYouTubeで売りまくってください」というだけの教材なのですが、この三浦鉱樹という人は、まんまとその「売り子」になっているわけです。

少なくとも「複数の事業」を展開するような経営者がやるような事じゃないと思うんですけどね・・・

一体、小玉歩さんに何をどう教わって、このような「ランドオブハンモックYouTuberの売り子活動」に行き着いたのか、完全に「謎」です。

そして極め付けは、小玉歩氏本人の「奥さん」と子供が、普通に「インタビュアー」として登場する始末・・・。



「私からすると、グイグイ引っ張っていってくれるところが、いいと思います」

与沢翼さんもそうですが、なんで、こういう人達って彼女や家族をこういう風に表に出すんですかね?

そうした方が信用してもらえるから??

小玉歩さんは自分の奥さんに「こういうプロモーション動画を作るから、オレの事、絶賛してね。」とでもお願いしたんでしょうか。

そんなお願いをする事も、このような動画に家族を出す事も、私なら恥ずかしくて絶対に出来ませんし、奥さんも「よく出るな~」という感じです。

実際、私はとくに何とも思いませんでしたが、ネット上の一部では「小玉歩の妻はブス」「嫁がブサイク」というような誹謗中傷を受けてますからね。

こういう動画に出して顔を晒せば、そういう心無い中傷が出てくるのは目に見えているにも関わらず、それを平然とやってしまう神経が私には全く理解できません。

それでなくとも、もともと小玉歩さんはそこまで評判の良い人ではないんですから・・・(それくらいの自覚は普通にあると思うのですが。)


そして度々差し込まれる自作自演、情熱大陸(笑)


このような奥さんのくだりも含めて、全てを自ら企画している以上、ホントに「よくやるなー」という感じですが、動画にはその後も幾度と小玉歩氏の「自作自演情熱大陸」が差しこまれます。









この一人語りの最中は、常にどこか遠い目の小玉歩氏(笑)

そこも含めて、これが全て「自分で書いた台本通りの台詞回し」「演技」だと思うと、本当に見ているこっちが恥ずかしくなってしまいます。

そして終盤のナレーション。

「経営者、プロデューサー、コンサルタント、マーケッター、実業家、講演家と、決して1つの枠組みでくくる事の出来ない存在だが、小玉はそんな自分をどう定義付けているのだろうか」

このナレーション自体も自分で考えているわけですから、本当に「ダサい」「恥ずかしい」の極みですが、ここでまた臭い演技が始まり、

「そうですね・・・」

と2秒くらいの沈黙(笑)

「フロントライン・・・ですかね。」(キリ)



・・・もはや「恥ずかしい自分を晒して人を笑わせようとしているギャグ動画なのか」と思えてしまうような「かっこつけぶり」に、普通に笑わされてしまいました。

ホント、これほどダサいプロモーション動画は見た事が無いですね。

「ギャグ動画」としては一級品だと思いますが。

ですが、小玉歩氏は、あえてこんなプロモーション動画の作成と拡散に広告費用を投じているわけですからね。

ホント、面白過ぎます。

まあ、それでも本当にこれを見て純粋に「かっこいい」と思う人や小玉歩氏に憧れを抱く人がいるようなので、本当に世の中には色々な意味で「センスが無い人が多いんだな」と思いますね。

冷静に考えて、こんな動画を全て自ら企画してセコセコと自分をアピールする為に作っていた様などは、私からすると「身震いもの」なんですが・・・

まあ、あくまでも私の個人的な感想なので、この動画を見て素直に「かっこいい」と思えるような人は、是非、小玉歩さんのメルマガに登録してあげてください。

この動画の目的は、基本、それなので。

私はこんな「ダサい動画」を平然と作って拡散しているような人に、全くもって「ビジネスを教わりたい」とは思いませんが・・・。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年7月14日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

2016年、銀次は恋愛系ジャンルのアフィリエイトを再稼働させます!

昨年から少しづつ構築を初めていたのですが、なかなか手つかず状態になっていたこちらのブログを2016年から本格的に稼動させていこうと思います。

>ホストクラブ経営コンサルタント銀次の「モテ男」成り上がり講座

表題の方をご覧頂くだけでもお分かり頂ける通り、恋愛系の情報を発信していく「恋愛系ジャンルのアフィリエイト」を目的とするブログになります。

まだろくにコンテンツも揃っていない状況なのですが、これから少しづつ作り込んでいく予定です。

私が恋愛ジャンルのアフィリエイトを再稼働させる理由。


私はもともと恋愛系、アダルト系を中心にアフィリエイターとしての活動を始め、そこから今の「ビジネス系」にシフトしてきました。

ただ、ここ最近、ビジネス系の情報発信をしていく中で、

「ビジネス系以外でお手本になるようなアフィリエイターがいない」

というようなご意見や、

「銀次さんのように恋愛系のアフィリエイトからスタートしてみたい」

というようなメールを頂くようになり、

『ビジネス系の情報発信である程度の基盤を築く事が出来た今だからこそ、また原点に回帰してみてもいいんじゃないか』

と思うようになったのが一番の理由です。

また、私自身、このブログを介したビジネス系の情報発信によってスキルが上がった部分もあると自負しています。

そのスキルによって、今、また恋愛系のアフィリエイターとして活動を始めれば、更に大きな成果を上げられるかもしれないと思いました。

そんな考えもあり、今年は、このビジネス系のメディアと並行して、先程ご紹介したブログの方では恋愛系の情報発信を行っていこうと思います。

また、このブログを介して発信しているビジネス系のメールマガジンとは別に、恋愛系のみの情報を発信していくメールマガジンを別に発刊しますので、興味があればこちらにも登録をお願いします。

>銀次のメールマガジン「モテ男」成り上がり講座

単純に“男として”私が発信する恋愛系の情報に興味がある人は勿論、私が恋愛系の情報発信でどういうビジネス戦略を展開していくかなどに興味がある人も購読して頂ければ幸いです。


恋愛系ジャンルの情報発信を本気で再開させようと思ったもう1つ理由。


また、私が恋愛系ジャンルのアフィリエイト、情報発信を本気で再開させようと思った事にはもう1つの理由があります。

それは、私が本気で納得出来るだけの恋愛教材とそれを提唱出来る人が出てきた事です。

その教材というのが、先程のブログでも唯一「推奨教材」として並べている「蒼樹圭さん」という方が手掛ける『LION’S MEN METHOD』という恋愛講座なのですが、この教材の内容を目にして、本気で恋愛系ジャンルの情報発信を再開させようと思いました。

>蒼樹圭のLION’S MEN METHOD

この教材を手にするまで、恋愛系ジャンルの情報発信は、やろうやろうと思いつつもなかなか手を付けられずにいたのですが、この教材を手にした私は恋愛系の教材(情報商材)に関しては、ほぼ始めてに近いレベルで、「これは本気で推奨出来る恋愛教材だ!」と思ったわけです。

そもそも、私が以前に一度、恋愛系ジャンルの情報発信を辞めた理由の1つは、ビジネス系の情報発信の方により可能性を感じた事なのですが、根本としてそのように感じてしまったのは、

「恋愛系の情報商材に中にそこまでの可能性を感じられるような、本気で推奨出来る教材がこれと言って無かった事」

などが、その非常に大きな要因として挙げられます。

そういう意味では、ビジネス系の市場に大きな可能性を感じたのは、このブログで紹介しているような有益な教材(情報商材)が幾つかあったからであり、そういった「扱う商品の質」という点でも、私はビジネス系の市場を選んでいくようになったわけです。

そして、いざ、恋愛系の情報発信を再開しようとしても、なかなか重い腰が上がらなかったのは、やはり「これ!」と思える商品が無かった事が要因の1つとして大きかったと思います。

そんな中で昨年の年末に目にしたのが、先程ご紹介した蒼樹圭さんの『LION’S MEN METHOD』でした。

この教材の批評等については、先程のブログの記事の方からご覧頂ければと思いますが、この教材が私の「恋愛系ジャンルのアフィリエイト活動」を奮い立たせてくれるきっかけになったという事は1つの理由として間違いありません。

それだけ、この蒼樹圭さんという方が手掛ける『LION’S MEN METHOD』という教材はその内容、価格、指導条件などが「本気で推奨するに値するもの」だと思えましたので、しばらくはこの教材1本を推奨する形でいきたいと思っています。

筆者の蒼樹圭さんも今後はこのような教材を新たにリリースしていくような活動を予定しているという事ですので「この方の恋愛教材であれば本気で推奨していける」というのが今の私の素直な気持ちです。

ブログの方の批評記事の方では、この蒼樹圭さんという方の経歴なども紹介していますので、興味があれば読んでみてください。

>蒼樹圭のLION’S MEN METHOD

以上、今日は、私が恋愛系ジャンルのアフィリエイトを再稼働させますというご報告でした。

単純に“男として”私が発信する恋愛系の情報に興味がある人は勿論、私が恋愛系の情報発信でどういうビジネス戦略を展開していくか、などに興味がある人もブログ、メルマガの方を是非チェックして頂ければと思います。

ブログ:
>ホストクラブ経営コンサルタント銀次の「モテ男」成り上がり講座

メールマガジン:
>銀次のメールマガジン「モテ男」成り上がり講座

それでは。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2016年1月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

モチベーションを上げる方法。やる気を引き出す方法。

アフィリエイターとして教材(情報商材)の購入相談等にのっていると10通に1通くらいの割合でこんな相談が出てきます。

「どのビジネスを始めてもモチベーションが続きません。やる気が継続しません。」

「どうやったらモチベーションが上がりますか?やる気になれますか?」

「こんな自分でも稼げる情報はありますか?」


モチベーションややる気が継続出来ず、副業で始めたネットビジネスを途中で辞めてしまうというケースは、このネットビジネス業界の挫折者の中では「最も多いパターン」なのではないでしょうか。

勿論、その中にはいつまでたっても稼げなかったからモチベーションが下がってしまった人やどんなにやっても結果が出なかったから、そこでやる気が無くなってしまった人もいると思います。

要するにこれはモチベーション、やる気の維持が出来なかった要因が「結果がなかなか出なかった事」「結果が見えてこなかった事」に起因しているというケースですね。

ただ、中にはそれ以前の段階でその状況(モチベーション、やる気が継続出来ない状況)に陥り、辞めてしまっているという人も少なからずいると思います。

何にせよ、そういった「モチベーション」や「やる気」が継続できず、過去に何かのビジネスに挫折した経験があるような人でも、やはり「ネットビジネスで収入を得たい」という願望は普通にある人が多いようで、そういう人が

「そんな自分でも稼げる情報はありますか?」

「そんな自分でもこのビジネスなら上手くいきますか?」


というような相談のメールを下さいます。

そんな相談メールが10通に1通くらいと、決して少なくは無い結構を占めているわけです。

モチベーションを上げ、やる気を引き出す方法。


というわけで、今日はこの「モチベーション」「やる気」というものについてのお話しです。

ただ、先にほぼ結論に近いところを言ってしまうと、先程のような相談メールへの率直な回答として、この「モチベーション」「やる気」というものは結局のところ「自分の中から引っ張り出すもの」だと思います。

そして当然ですが、これには大きな「個人差」があります。

要するに、その「答え」はあってないようなもので、結局は「自分次第」というのが最終的な結論になってしまうと思います。

ただ、その「個人差」「その人次第」という前提を踏まえて言うと「モチベーション」や「やる気」というものは「上げる事」よりも「下げない事」が重要なのではないかと思います。

もう少し言い方を変えると「モチベーション」や「やる気」というものがプラス方向に向いているか、マイナス方向に向いているかが重要だと言う事です。

要するにそれが上向きか、下向きか、という事ですね。

モチベーションややる気が重要なのは、それが「行動の動機」になるからであって、それ自体がお金を生んでくれるわけではありません。

少なくともビジネスの世界の「結果」は行動が伴ってこそ生まれるものですので「モチベーション」や「やる気」というものは、その「行動の源泉」として重要なものなわけです。

ただ「行動の源泉」としての重要性を前提と考えるのであれば、モチベーションは必ずしも異常に「高い」必要はとくにありません。

結局のところ「行動」を生み出してくれるのは、それが「上向いている時」であって、それが「下向いている状況」ではやはり「やる気」が生まれないわけです。

多くの人は「モチベーションを上げるにはどうすればいいのか」「やる気を出すにはどうすればいいのか」という視点でモチベーションの上げ方、やる気の出し方を模索します。

ですが、私はそれはあまり「必要ないもの」だと思っています。

それこそ、その「モチベーション」「やる気」というのは「ネットビジネスでお金を稼ぎたい」「今より収入を得たい」という願望を抱いた時点で、十分なものを引き出せていると思うからです。

重要なのは、そのテンション(「モチベーション」「やる気」)を下げない事。

それを下げなければ、少なくともその行動は継続出来るものだからです。


モチベーションは「上げる事」よりも「下げない事」を意識する。


そもそもの「モチベーションややる気を上げる」というプロセスは、意識がプラス方向に向かってこそ、実現していくものだと思います。

「もっといい生活がしたい。」「あの車が欲しい。」「ああいう家に住みたい。」

こういう願望がモチベーションを「上げて」くれます。

ただ、このような願望によって上げた「モチベーション」や「やる気」は、それが見えて来なくなったり、「実現できないかもしれない」という現実が垣間見えた途端、一気に下がってしまいます。

プラス方向のイメージで持ち上げたモチベーションは、それを上げれば上げるほど、「下がりやすいもの」になってしまうわけです。

結局のところ、どんなに夢を描いてモチベーションをガンガン上げていっても、それがちょっと見えて来ない現実が垣間見えると、その人のモチベーションは途端に「マイナス」の方向を向いてしまいます。

それが「やる気」の低下に繋がり、何よりも必要なはずの「継続」を差し止めてしまうのです。

「物凄くやる気満々だった新人が急に辞めると言い出す。」

あなたもこういう人を目にした経験はありませんか?

私は水商売をやっていた頃に、こういう新人を何人も見てきました。

変に水商売の世界に夢を膨らませ過ぎて現実が全く見えていないような新人が、ちょっとその現実に躓くと、一気にモチベーションが下がってしまい「やめる」と言い出すようなパターンです。

これはまさに私が考えるモチベーションの原理から来る典型的な事例だと思います。

つまりモチベーションや、やる気において重要なのは、その矢印を常に「プラス」に向けておくべきという事です。

その「高さ」ではなく「方向」が重要なんですね。

簡単に言えば「夢を見過ぎるな」という事であり、あくまでも「可能性」を追うレベルでフラットなテンションを保っていく事が、常にモチベーションややる気をプラスに向けておくポイントだと思います。

変に夢を見過ぎなければ、ちょっとやちょっとうまくいかない事や結果がなかなか出ない事になっても、そうそうモチベーションは下がりません。

追っているのはあくまでも「可能性」なわけですから、失敗や結果が出ない事もあって当然の事であり、それも「可能性」の1つなわけです。

「その可能性を追い続けていけば結果は出るだろう。」

これくらいのフラットな感覚で継続していく事が重要なんじゃないかと思います。

まさに「失敗は成功の母」という考え方で、「うまくいかない可能性・方向性」を全て潰していけば、いつかはうまくいくという考え方をするわけです。

少なくとも私が考えるモチベーション、やる気の捉え方はこういう感じなので、私のテンションは比較的、いつもフラットな状態が保たれています。

変に上がる事も無いので、下がる事も無いわけです。

要するにモチベーションややる気は変に上げる事を考えるより、それをフラットに保つ意識を持った方が、結果的には最も重要な「継続の力」に繋がり易いんじゃないかという話です。

まあ、これも人それぞれ考え方の違いや個人差もあると思いますが、私はこういう意識でモチベーションややる気を保つようにしています。

さしたる根拠も無く夢を見るくらいなら「現実」を見る。

その現実を見据えた上で「可能性」を追い続ける。

それくらいのフラットなモチベーションを保つ事が何よりも重要な「継続力」に繋がるという考え方ですね。

無理にモチベーションを上げる事や、やる気を出す事ばかりに捉われていたような人は参考にしてみてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年7月21日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

尾島幸仁さんのプロジェクト、担当、橋本さんの「あるビジネス」の話。

私がネットビジネスで大きく結果を出せるようになったきっかけ1つのは「ある企画」に参加した事にあります。

それは今も現在進行形で参加している企画なのですが、何度かこのブログでも取り上げているこちらのプロジェクトです。

>尾島幸仁監修によるビジネスプロジェクト

こちらの企画の私の担当は、橋本さんという方なのですが、今日はその橋本さんが行っている尾島さんのプロジェクトとは全く別の「あるビジネス」の話をさせてください。

実際にその橋本さんが年商で億単位の売上を上げ、数百万円単位の「利益」をほぼリスク無く稼ぎ出しているビジネスで“ネットビジネスとしては”かなり珍しい部類のビジネスに入ると思います。

ある意味では「非常に身近なビジネス」なのですが、これをネットだけで完結させると“こんなにも効率的に稼げるのか”と、誰もがそういう印象を抱く「他ではまず聞けない話」になっているはずです。

尾島幸仁さんのビジネスパートナー、橋本さんの「あるビジネス」の話。


橋本さんがその「あるビジネス」をやっている事は、最初にお会いした際に聞いていた為、私自身、その事自体は認識していました。

むしろその関係で私は橋本さんにそのビジネスに関係する「依頼」をお願いしようと、その為にお時間を作ってもらった事があったのです。

ただ、そのお願いをした際、私は色々な意味で「そのビジネスの常識」を覆されたのでした。

その「あるビジネス」というのは、、、

こちらを売買する「バイヤービジネス」になります。



はい、見ての通り「中古車」です。

つまり橋本さんはネットビジネスの傍ら中古車バイヤーとして中古車の売買をやっている方なんです。

ちなみにその橋本さんのブログがこちら。

>2足わらじのIT社長、橋本のブログ

実際に売買している車の画像なども載っていて、彼のブログを見ると分かりますが車好きなら誰もが憧れるような生活を実現している方です。

好きな車を仕入れて好きなように乗り回し、飽きたら売る。みたいな仕事の仕方で、それでも車の売買だけで年商で億単位の売上を上げ、そんな会社を「趣味」でやっているような人なんです。

尾島幸仁さんの周りは本当にこういう凄い人だらけなんですが、基本、私はこの橋本さんが担当で、尾島さんのプロジェクトの進行ではお世話になっています。

そして、私は「どうせ車を買うなら橋本さんにお願いしようかな」と思い、個人的に欲しい車を仕入れて貰おうとお願いしたのでした。(別にそこまで大した車を買おうと思っているわけではないので、何の車を買おうとしているかは聞かないでください(笑))

ただ、実際にその「車を買いたい」という依頼を持ちかけたところ、、、。

『いや、別に全然いいんですけど、僕の売買ルートって、結局、業者オークションで仕入れてヤフーオークションで売ってるだけなんで、直の知り合いに頼まれると幾らで売ればいいか、ちょっと悩んじゃうんですよね。』

こんな返答が返ってきたのでした。

私はこの時に初めて橋本さんの中古車転売の流れを聞いたので、これはかなり意外なものでした。

「え?業者オークションで仕入れてヤフオクで売ってるだけなんですか?」

私は、すかさず聞き返しました。

『基本、国内で売買する場合はそうですよ。あとは輸出に回す時もありますけど輸出の場合は先に注文を受け手から仕入れるんで、先立って仕入れた車は基本ヤフーで売ってます。』

・・・私はまさかそんなシンプルなルートで売買をしているとは思わなかったので、これはかなり意外な答えでした。

それで年商で億単位の売上を上げ、毎月数百万円単位の「利益」を出しているという事が何よりも信じられなかったのです。

ただ扱うモノが大きいというだけで、橋本さんは本やCDのせどりを行うような感覚で中古車の売買を行って大きな利益を上げていたのでした。


ネットオークション間の売買で利益を上げる中古車せどりノウハウ?


そこから橋本さんの中古車売買のノウハウについて、色々と教えて頂いたのですが、その流れ、詳細を聞くほど、私の「中古車ビジネス」の常識はことごとく壊されていきました。

そして橋本さんからはこんな提案が。

『実際、仕入れに回せる資金があればあっただけ幾らでも利益を出せるんで、遊んでいるお金があれば回してみませんか?尾島さんなんかはその形で絡んでますよ。』

実際、尾島さんは仕入れ資金の提供して利益の何%かを受け取る形で年間1000万円以上の「上がり」を手にしているという事でした。(確かにこの事は以前から尾島さんのブログにも書かれていました。)

『実際、金の無い友達には1からやり方を教えて稼がせてますけど、お金に余裕がある人なら自分でやるより僕に出資してくれた方が楽だと思います。』

現に橋本さんは実質的に仕入れ資金が0円の状態からでも中古車売買を始められるノウハウも持っていて、ご自身の友人、知人で資金が無い人間には、その方法を教えてもう何人もの知り合いを稼がせているらしいです。

ただ、尾島さんのようにお金に余裕があるような人からは仕入れ資金の提供を請け負って橋本さんが「中古車の売買」という形でそれを運用しているわけです。

それから私もほんのちょっとですが運用をしてもらっているのですが、どの車を幾らで仕入れて幾らで売れたのか、自分の資金が今、どういう車に変わっているのかなどの情報をきちんと把握できるようにしてくれています。

そこで実際に月利で言えば資金に対して5~8%の「上がり」は頂けているので、実際に中古車の「せどり」のような売買ノウハウで橋本さんがしっかりと利益を上げていっている事は間違いありません。

それこそ橋本さんは中古車をネットで仕入れてネットで売っているだけなので、本やCDなどの「せどり」に比べればその労力は物凄く少ないわりに、そのリターンは物凄く大きいです。

一見、中古車を扱う聞くと、物凄くハードルやリスクが高そうに感じられますが、実際はそんな事はないという事を橋本さんのビジネスモデルでまざまざと知らしめられました

むしろ「多くの人がハードルが高いと思っている事」こそが逆にこの市場を稼ぎ易くしてくれているのかもしれません。

リスクという点においても、それこそ中古車の相場はある程度は固定されていますので、よほど下手な仕入れ方をしない限りはそうそう大きな損失を生んでしまう事もありません。

それこそ本やCDなどよりは、よほど相場には安定感がありますので、同じ金額分の仕入れをするなら、断然、中古車の方がローリスクだと思います。

とまあ、私がここで表面的に橋本さんがやっている中古車ビジネスの魅力を語るより、当人のブログに公開されている、こちらの講座を読んでもらった方が数段、その魅力やリアリティが伝わるんじゃないかと思います。

>橋本さんのブログ講座:誰でも始められる「中古車転売ビジネス」のすすめ。

実際に彼のノウハウの大枠はこの講座の方で無料公開されていますので、興味があれば一度読んでみてください。

せどり、転売や輸入、輸出系のビジネスに興味がある人、実際にやっているような人は絶対に読んでおいて損は無いと思います。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座


タグ

2015年6月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

BUYMAで稼ぐ?BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂(猪股志穂)

しばらく目にしていませんでしたが、また久しぶりに「BUYMA」を利用した輸入転売系の情報商材がインフォトップのランキング上位に入っていました。

以前、BUYMAというサイト自体の知名度が上がり始めた頃は次々とBUYMA系の情報商材が出て来ていたのですが、そのほとんどが「使えない(稼げない)教材」でした。

まあ、これはどんなビジネスやサイトにも情報商材業界ではよくある傾向なのですが、こういったものが話題性が冷めると一気にその関連商材を見なくなります。

BUYMAもまさにその典型的なパターンだったわけですが、また性懲りも無く(笑)BUYMA系の情報商材が出て来たようなので、一応取り上げておきたいと思います。

BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂(猪股志穂)


・URL:http://buyersfun.com/

(特定商法表記)
・花井志穂(猪股志穂)
・愛知県岡崎市東蔵前町字下ノ橋40-3

BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂 レビュー


実はこのブログでBUYMAの情報商材を取り上げるのは初めてなのですが、BUYMA系の情報商材については過去にある程度出回っていたものは、一通り目は通しています。

まあ、私が目を通した頃にはほとんど「使えない」「稼げない」という評判が広がっている状況だったので、あえて記事にはしていませんでした。

ですが、今回、このBUYER’S FUN(バイヤーズファン)が性懲りも無く(笑)売れているようなので、初でBUYMA系の情報商材を取り上げておこうと思った次第です。

ただ1つ先に言っておくとこのBUYER’S FUN(バイヤーズファン)については内容は確認していません。

というのも、これまで出回っていたBUYMA系の情報商材が実質的に「全て」まったく話にならないような薄い教材ばかりだったので、もうこの系統の情報商材は中身を確認する価値も無いという判断に至っています。

ただこれは決して何の根拠も無く「BUYMA系の情報商材はどれもこれも使えない!」という事を言っているのではありません。

BUYMAというサイトの特性を考えて、この系統の情報商材で「本当に使えるもの(稼げるもの)はまず出て来ないだろう」という結論、判断に至っているわけです。

一応、BUYMAというサイトの事を知らない人向けに簡単に補足をしておくと、BUYMAは「無在庫出品」というのが許容されているサイトで、手元に商品が無くても商品の情報のみを入力して出品しておく事が出来る特徴があります。

この「無在庫出品が可能」というところを持ちあげて、多くの情報商材販売者が「リスク無く稼げる!」みたいな謳い文句で情報商材を連発していたわけです。

現にそういった目新しいサイトで「リスク無く稼げる」と聞くと、そこに喰いついてしまう人が後を絶たないわけで、一時期はBUYMAの情報商材がある意味「ブーム」になっていました。

まあ、ブームになっていたのは一部の情報商材販売者(インフォプレナー)とそれを煽るアフィリエイター側の話で、消費者層はただそれに踊らされていたわけです。

ただ実際にBUYMAを利用して稼ぐ事は言う程甘くは無く、時間の経過と共に「目新しさ」は薄れ「BUYMAは稼げない」という風潮が広がり、BUYMA系の情報商材も全く目にしなくなりました。

それもかなり極端に、です。

仮にBUYMAが本当に稼げるサイトだったなら、少しはそっち系の情報商材が残るものですが、BUYMAに関して言えば、全くもって論外だったわけです。

理由としては、それこそ「無在庫出品」というところが大きな落とし穴になっていると言ってもいいと思います。

無在庫出品が出来るという事は情報さえ揃っていれば出品が出来るわけで、それこそ何のリスクも無く出品が出来るとなれあ、誰もが大量に色々な商品を出品していくようになるのは当然の話です。

要するに「無在庫出品が可能」という特性が異常な程の競合と競争を生むわけです。

考え方としては「ヤフーオークション」が無在庫出品を許容したとして、「アマゾン」から情報を引っ張ってきて幾らでも商品を出品出来るような状況と同じです。

でもそんな条件で幾らアマゾンから情報を引っ張って商品を出品していったところで、そうそう稼げるはずがない事は誰でも想定出来ると思います。

簡潔に言うとBUYMAというのはそういうサイトなわけです。

まあ、これは少々、例えが安易過ぎますが、突き詰めて言えば大きく間違ってはいません。

ただ、実際にBUYMAで稼いでいる人がいる事は実際に間違いないと思います。

ですが、BUYMAで稼いでいる人というのは、実際に国外での「現地仕入れ」が出来るような「他の人が持っていない特別な仕入れルート」を持っている人だけです。

仮にそれがネットであっても、誰も知らないような「穴場」的な仕入れルートを確保できていれば、BUYMAのような無在庫出品が出来るサイトを使って稼ぐ事は多いに可能だと思います。

つまりBUYMAで稼ぐポイントは「独自の仕入れルートをいかに開拓してそれを隠し通すか」にあるわけです。

無在庫出品が出来る以上、その仕入れルートが知れ渡った時点で、誰もが同じようにそこにある商品を出品出来てしまいますからね。

その仕入れルートを「自分だけが独占している事」が稼ぐ為の前提になってきます。

もうこの時点で「BUYMAで稼ぐ事を謳っている情報商材がいかに空虚なものか」は誰が見ても分かる事だと思います。

BUYMAで稼ぐには「独自の仕入れルート」が必須なわけですから、情報商材として情報が出回る時点で、もうそれは成り立たないわけです。

現に私が過去に見てきたBUYMA系の情報商材は、BUYMAの使い方を表面的に解説しているようなものばかりで、全く実用性の無いものばかりでした。

仮に「独自の仕入れルートを公開する本物の情報」が出て来ても、情報商材として出回っていく時点でもうそれは「稼げない情報」になってしまうんです。

以上が私がBUYMA系の情報商材を批判的に見る理由です。

いかに無在庫出品でリスクの無い出品が出来ても、そこに費やした労力がただただ垂れ流しの無駄な労力で終わるなら、それはリスクと変わりありません。

どう考えてもBUYMA系の情報商材で「使えるもの(稼げるもの)」が出てくるような事は理屈に合いませんので、私は避けた方がいいと思います。

それこそ実際に仕入れをしていってもリスクを限りなく軽減できるようなノウハウというのも普通にありますので、参入していくなら、そういうものの方が遥かに「現実的」だと思います。

例えばこちらなどですね。

>次世代せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

転売系で稼ぎたいなら、こういう現実的なノウハウで堅実に稼いでいくのが手堅いと思います。

少なくとも「無在庫出品」「リスク無し」なんて謳い文句にホイホイ乗せられても先は無いと思いますよ。

今回お話しした内容でBUYMAというサイトの特性を理解出来たなら、それくらいはお分かり頂けると思いますので。

以上、BUYER’S FUN(バイヤーズファン)のレビュー・・・というより「BUYMA系情報商材」についてのお話しでした。

それでは。


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年5月12日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

情報商材、アフィリエイターは世の中に「必要」なのか。

今日はこのネットビジネスの業界において「情報商材」や、その「アフィリエイター」という立場の人達が本当に必要なのか、というちょっと根本的なテーマを掘り下げてみたいと思います。

勿論、ここで私が情報商材、アフィリエイターが必要だ、無用だと言っても、現にこういったものが「ある」という事実や、そこに「市場がある」という事に対して何の影響があるというわけでもありません。

ですが、実際に情報商材を購入しているような人や、そのアフィリエイトをやっている人達。

もしくはそういった情報商材系のアフィリエイトをやってみようと思っている人達にとっては、少し冷静に考えてみても良いテーマなんじゃないかと思います。

自分がお金を払って購入しているものや自分のやっているビジネス、やろうとしているビジネスの「本質を追及する」という事ですから。

それこそ、これは「本当に価値がある(稼げる)情報商材というものはあるのか」「信頼できるアフィリエイターはいるのか」というテーマにも繋がってきます。

そういうものを求めている人にとっても意義のあるテーマになっていると思いますので、是非お付き合いください。

それではいってみましょう。

情報商材、アフィリエイターは世の中に「必要」なのか。


今現在もネットビジネス業界では数多くの「情報商材」が売られています。

私もその情報商材を紹介する「アフィリエイター」という立場で収入を得ていますが、中には「詐欺的な情報商材が存在する」というのも事実として、あります。

むしろそういった「詐欺的な情報商材」があるからこそ、私達のようなアフィリエイターが1つのその指標になっている部分もあると思います。

詐欺的なものと価値があるものを見分けて紹介する立場を確立していってこそ、そこに存在価値を見出せるのがアフィリエイターだと思うわけです。

となるとそもそもの「情報商材アフィリエイター」の存在意義は、「詐欺的な情報商材がある事」を前提としたものであると言える側面もあるという事です。

これは少々、身も蓋も無い結論のようにも思えますが、これは世の中に犯罪者がいなければ警察や警備会社が要らないという理屈と一緒だと思います。

どんな業界にも「負なるもの」があり、それを前提として成り立っている需要(市場)があるという事です。

そういう意味では詐欺的な情報商材がある限り、情報商材アフィリエイターには必然的にその存在意義があるという理屈は成り立つと思います。

ただアフィリエイターの中にはその「詐欺的な情報商材」の片棒をまんまと担いでいるような人も少なくありません。

まあ、まだ私の事をあまり信用していないような人からしてみると「そういうお前はどうなんだ?」と思われているかもしれません。

ですが、実際はそれくらいの「疑いの目」は必要だと思います。

私のような「アフィリエイター」がやっているブログやメルマガの情報を素直に「客観的な第3者の意見」として受け入れていたら、それこそこの業界では「カモ」にされ続けるだけだと思うからです。

まずは全ての情報、アフィリエイターを疑うくらいで構いません。

この業界で情報商材を選定していく際はそれくらいの「疑り深さ」を持っているくらいでいいと思います。


全ての情報商材、アフィリエイターを「疑う」べき。


ただ、そこまでの根本的な「疑いの目」を持つくらいなら、

「それくらいなら、そもそも情報商材なんて手を出さなければいい。」

というのが1つの考え方として浮上してくるものと思います。

まあ、私も結局は情報商材を紹介する事をビジネスにして収入を得ているわけですから、「そうなんです!情報商材なんて買わなきゃいいんです!」とは言えません(笑)

ただ、そういった私自身の「ビジネス面での保身」を抜きにしても、現実に私自身が情報商材との出会いから、それこそ「人生を変える事」が出来ています。

勿論、今の私の現状のきっかけの全て、要因の全てが情報商材というつもりはありません。

やはり一番の要因は当然、私自身の努力と行動の賜物だと思いますので、そこまで「情報商材1つで」というような事を言うつもりもありません。

ですが、こうしてある程度の収入をネットビジネスで得られるようになった今現在でも、情報商材を購入してそこから得られているノウハウ、スキルというのがたくさんあります。

便利なツールなどを購入した事で、ビジネス面での効率や集客力などを向上させられているような事もあります。

単純にその情報商材に支払った金額以上の「対価」を十分に得る事が出来ているという事です。

要するに情報商材は私の感覚では、確実に「支払った代金以上の対価」を何らかの形で得られるものというのはたくさん「ある」と思っています。

そしてそのスキル、ノウハウから得られている費用対効果は「私自身の努力や活用の仕方」という付加的な要素があってのものですが、モノによっては数千円の情報商材からその何百倍、何千倍もの「対価」を得ているものも少なからずあります。

そういうところも含めて私は「価値がある情報商材は確実にある」と思っていますし、そういう情報商材のみをこのブログで推奨しています。

つまり情報商材は「そこから何を学び、それをどう活用するか」であり、“自分次第”という要素はあるものの、人生を変えるだけの価値があるものも間違いなく「ある」という事です。


情報商材はそこから何を学び、どう活用するか。


情報商材の中には、あたかもその情報商材1つで楽に、手軽にとんでもない大金を稼げるようになるという事が謳っているものが数多くあります。

いわゆる「誇大広告」というやつです。

情報商材にはそういうものが非常に多いのも事実ですので、基本的に情報商材は自分自身の努力や行動があってその「対価」を生み出せるものだという事はしっかりと自覚した方がいいと思います。

情報商材の中にはそういった「努力」や「行動」などを完全否定して「これを買って○○すればすぐに稼げます!」みたいな事を謳っているものもたくさんあります。

そしてそういった情報商材ほどウン十万円ととにかく「高額」です。

高額だからこそ、そんな「ありえない話」が「ありえるのかも」になり、実際に大金を払ってしまう人が後を絶たないのだと思いますが、残念ながらそんな「夢物語」を実現出来る情報商材は私は「無い」と思っています。

これは数多くの情報商材を見てきた上での私なりの「結論」であり、またネットビジネスというもののあらゆる現状を踏まえた上で言える「現実的な意見」です。

それでもそういったものが「ある」と考え、そういう事を謳っている情報商材にお金を出していくのであれば止めはしませんが、それはある意味、宝くじを買っているようなものだと思います。

基本、大半のそういった情報商材は「ハズレ」ですので、ある意味、宝くじよりも遥かによりも確率の低いギャンブルにお金を投じているに等しいかもしれません。

そもそもそんな情報商材に頼ってしまう精神性の人が成功出来るほどネットビジネスの世界は甘くありません.

そういう点では「そんな根本的に甘い考えの人は情報商材なんて買わない方が身の為」だと思います。

つまり情報商材はその教材から何かを「学び」自分なりの「努力」と「行動」を伴ってこそ、それに支払ったもの以上の「対価」を得られるものですので、その大前提を間違って捉えているような人には「百害あって一利無し」です。

ただ、その大前提をしっかりと認識しているなら、あとは自分次第で本当に価値のある情報商材を手にしていく事が出来れば、結果はその「学び」「努力」「行動」の先に必ず見えてくると思います。

あとは自分のスキルや現状に合っている価値のある情報や教材を見つけていく事ではないでしょうか。

それが私の推奨する情報商材に「近そう」なのであれば、私のレビューなども参考にして頂き、判断してみてください。

要するに「私」を1つの指標にしながら、価値の情報商材を判断していって頂ければ、という事です。

「情報商材、そのアフィリエイターが世の中に必要か」というよりは「あなたにとってそれらが必要か」という観点の話になりましたが、以上が私が考える、情報商材、そのアフィリエイターにおける「必要性」「存在意義」というものです。

そもそも「情報商材」というものを捉える認識を間違っていたという人は、これを機にその認識を改めて頂ければと思います。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年5月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

ネットビジネスで成功出来た「きっかけ」や「要因」その「転機」を考えてみる。

私のもとにはブログ訪問者さん、メルマガ読者さんから日々、たくさんのご質問メール、ご相談メールが届きます。

ある程度、稼げるようになったアフィリエイターさんは、そういうメールにはあまり返信をしなくなるようですが、私は今でも全てのメールに返信しています。

私的にはそれが普通の事なのですが、返信をお出ししただけで「返事が来ると思いませんでした。」というメールや「始めてアフィリエイターさんからお返事を頂けました」というようなメールを頂く事もよくあります。

私からすると、本当に頂いたメールに回答するのは当たり前だと思っているので、せっかく頂いたメールを無視する人の気持ちがよくわからないのですが、とりあえず私のところには日々、多くのメールが寄せられ、私はくまなくそれに返信していっています。

そんな相談メールの中には、それこそアフィリエイターにとっては利益に直結するような「商材への質問」や「どの商材から始めていけばいいですか?」というような趣旨の質問もあれば、とくに利益には直結しないようなご相談も決して少なくはありません。

勿論、そういうメールでも私は必ず返答をお出ししています。

今日はそういうメールの中でも、振り返るとわりと多くの人から共通して頂いていた「私がネットビジネスで成功出来た要因」についてお話ししてみたいと思います。

私がネットビジネスで成功出来た「きっかけ」「要因」について。


私はとくに自分が「成功している」とは思っていませんが、客観的に見てアフィリエイターの中では「上手くいっているアフィリエイター」の中に入る事は間違いありません。

そういう意味で、「銀次さんがネットビジネスで成功出来た要因やきっかけのようなものがあれば教えてください。」というような質問をわりかし多くの人から頂いていました。

勿論、ネットビジネスで稼げるようになった要因は1つではありませんし、基本的には毎日の積み重ねがあっての「今」ですので、何か1つの要因を押さえればすぐに成功出来るというほど甘い世界でもありません。

ただ、それでもそのような「成果に繋がる行動」を起こせるようになった「きっかけ」やその「転機」と言える大きな要因は何だろう?と考えた時、私は前職の「水商売」の時にも共通する要因がある事に気が付きました。

それは「その世界で成功する事のリアリティ」を感じられた時、その瞬間こそが1つの転機であり、要因として大きなものだったんじゃないかという事です。

結局、人の「行動」や「努力」なんてものは、その人の意識、やる気、モチベーション1つで左右されるものだと思います。

その上で、私がそれらを最高潮に高められたのは、やはりその世界に大きな可能性を感じられた時であり、そのリアリティを感じられた時だった気がするんです。

まさにそれを感じれた時を境に、本気で、必死で努力し、行動して結果を出してきたわけです。

これは前職の水商売の世界でも、現状のネットビジネスの世界でも、それに思い当たる節があり、おそらくそれが私にとっての要因であり、転機だったものと思います。。

勿論、その意識、やる気、モチベーションを最高潮に高められるシュチエーションやきっかけは人それぞれ違うと思いますが、私の場合は「そのリアリティを感じる事」であり、それはその世界で圧倒的に成功している人と直に話をする事が主なきっかけになっている節があります。

ホスト時代のその転機は、その当時働いていた店舗グループの会長さんに、初めてテーブルチャージ何十万円という銀座の高級クラブに連れて行ってもらい、そこでその会長さんの「実力」と「経済力」を見せつけられた時。

そしてネットビジネスを始めてからの転機は、ある企画の監修・プロデュースを手掛ける人物と知り合い、同じくその人物の圧倒的な経済力とビジネススケールを見せつけられた時でした。

どちらの転機もその世界で圧倒的な成功を収めている人と、直にお話を出来た事と、そのさり気無いシュチエーションで圧倒的な経済力を見せつけられ「自分もこうなりたい」と強く思った事が要因としては非常に大きかったと思います。


会計130万円を現金でポン。


その会長さんは、今でも30店舗ほどを全国に展開しているホスト業界でもかなり大きなグループの1つに入るホストグループのトップで、当時の年齢はまだ30代の前半くらいだったんじゃないかと思います。

当時の私はまだ店に入ったばかりだったのですが、その会長さんの太客と言われるママの誕生日という事で、若い子を連れて行った方が格好がつくという理由で私と同じ時期に入店したホスト数名を連れてそのママの店に連れていってもらったのでした。

その時、初めてその会長さんと話をする事が出来たのですが、何を話したかはその時は本当に緊張していたので、全く覚えていません。

その会長さんに飲みにつれて言ってもらう事にも、銀座の高級クラブというものにもダブルで緊張していたので、当然と言えば当然です。

ただ今でも覚えているのがほんの2時間くらいの滞在とシャンパンを1本飲んで、その会計が「130万円」という金額だった事です。

今覚えば、おそらくかなり高級なシャンパンを入れていたものと思いますが、テーブルチャージだけでも何十万円という高級クラブでしたので、当時の私からすると何から何まで異次元の世界という感じでした。(まあ、今でも2時間くらいの飲み代が130万円は普通に異次元ですが)

そんな会計を、いつも通りのように鞄から取り出してポンと会計・・・。

ただ、その翌日にはそのクラブのママが店に訪れ、一晩で300万円ほどを使っていく姿を見て、「これがホストか!」と、まさにリアリティを感じた事を今でも鮮明に覚えています。

今思うと、私がホストとしてやる気が最高潮に高まり、まさに「本気」になったのは、その日からだった気がします。

その会長さんとは今でも連絡を取り合っていますが、未だに経営している店舗の大半は黒字経営でホストクラブの経営者として長年成功し続けている、数少ない本物の実力者だと思います。

ただ、その水商売の世界以上に私が大きな可能性を感じ、実際に始めていくに至ったのがネットビジネスであり、やはりその転機も「人との出会い」にありました。


会員権1000万円の超高級ホテルにロールスロイスで登場した20代男。


その人物はその当時、若干20代にして会員権1000万円クラスの高級ホテルの会員権を所有し、そこに新車であれば5000万円はくだらないロールスロイスファントムという車で現れました。

個人の手取り年収は悠に億単位。

しかもそれだけの「収入源」をネットビジネスを本格的に始めて2年ほどで作り上げたというから、もはや驚きの隠しようがありませんでした。

その人物と出会うまで、私が直に会った事のある成功者は例の会長さんが断トツで最高クラスでしたので、その人物を超えるような成功者が若干20代という事に、私はその人物の凄さ以上に「ネットビジネス」という業界そのものへの大きな可能性を確信したのです。

尚、この人物については、もうここまでのプロフィール情報で既にお気付きの人もいるかもしれませんが、お察しの方はまさしくその通り。

こんな飛び抜けた実績を持っているのはあの人しかいません。

尾島幸仁氏、です。

要するに私がネットビジネスで最高潮にそのモチベーションを高めたのは、他でも無く彼が手掛けるこの企画に参加した事が大きいと思います。

>尾島幸仁監修によるビジネスプロジェクト

ちなみにこの企画は私は橋本さんという方が担当なのですが、橋本さんのブログには尾島さんの企画参加者が集まった懇親会の様子がアップされていて、実は私も地味に映っていたりします(笑)

橋本さんのブログ:尾島幸仁さんの企画参加者限定懇親会 in 東京ベイコート倶楽部

ちなみにこの記事の会場が会員権1000万円クラスという高級会員制ホテルです。

写真ではあまり伝わりませんがこのホテルもその「リアリティ」を感じるには十分な超が付く本当に高級なホテルでした。

こういう場で本当に成功している人達と話をする事が、そのリアリティに繋がり、自分の意欲を最高潮に高められる事に繋がるという人は少なくは無い気がします。

少なくとも私はこういうリアルな場でこそモチベーションを高められる人間だったりします。

もともと華やかさを演出してナンボの水商売の世界にいた人間ですからね。

この企画そのものの魅力は勿論ですが、私がこの企画に参加して得たものは「ネットビジネスというものの大きな可能性を確信させてもらえるリアリティ」であり、それを納得させられるだけのビジネスプランを形にしているものが、このプロジェクトかと思います。

>尾島幸仁監修によるビジネスプロジェクト

昨年あたりから、この企画は既に企画概要の説明を受けるだけでも「予約待ち」が続いている状況で、今は常に予約から2~3カ月以上は待ち時間が出るほどの状況になっているようですが、話を聞くだけなた実質的に「タダ」な企画です。

それこそ「ネットビジネスの本当の可能性を肌で感じに行くだけ」でも大いに価値のあるものだと思います。

それが私同様に、あなたのネットビジネス人生の転機になる可能性は多いにあると思いますので。

興味があれば是非、予約をして話だけでも聞きに行ってみてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年3月28日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

SEO対策をしない検索エンジン集客。有料ツール&テンプレートの費用対効果について。

「銀次さんはどうやって“集客”をしているんですか?」

と、ネットビジネスの「原点」に立ち返るような素朴なご質問を頂きました。

どういう集客をして、どれくらいのお客さん(アクセス)を集めれば、月収何百万円というアフィリエイト報酬を稼げるのか。

今回はそんな「集客の方法」と「その目安」についてお話ししたいと思います。

SEO対策を“しない”検索エンジンからの集客講座。


まず私のマーケティング(集客)手法のポイントとして、その軸になっているものについては先日公開したこちらの「マーケティング講座」で既にお話ししています。

>ネットビジネス、アフィリエイトにおけるマーケティング、集客について

結論的に言えば「検索エンジンからの集客」。

やはりこれが「最強」だと思いますので、私が「集客の為に労力を割く」とすれば、それは基本的には「検索エンジンからのアクセスアップ」を意味します。

「何故、検索エンジンからの集客が最強なのか」

の理由は、先日のマーケティング講座の方を参照して頂ければと思いますが、やはり一番の理由は「アクセスの質」を「キーワードの狙い方」1つで幾らでも高められるところかと思います。

SNSやYoutubeなどの動画サイトからでもある程度「属性」を絞ってアクセスの質を高める方法はありますが、やはりその「質の高さ」は検索エンジンの比ではありません。

所詮、SNSやYoutubeから流れてくるアクセスは「暇つぶし」の延長で、「何となく」流れてくるようなアクセスが大半になるからです。

対して検索エンジンは確固たる「知りたい事」「調べたい事」がある状況で検索をしてくるような人がアクセスしてきます。

要するに「確固たる目的」を持って「そのキーワードに関係した情報を求めている人」を集客していく事が出来るんです。

SNSやYoutubeなどの動画サイトから集められるアクセスとの「質の高さ」の違いは、この「訪問者」の目的や意識で大きく差が出る事は言うまでもありません。

ただ「何となく訪問してくるアクセス」では無く「目的意識が明確なアクセス」を集められる事。

これが私が検索エンジンからの集客に最も力を入れる理由です。

ただ世間一般的には「検索エンジンからの集客」は「SEO対策」と呼ばれ、いかに狙ってキーワードで検索結果の上位表示を狙っていくか。

これを実際に「対策」していく行為の事と解釈されているかと思います。

そして多くの人は「SEO対策」と聞くと、“被リンク対策”などの外部SEOと呼ばれるものを頭に浮かべる事が多いようで、どうしても「難しそう」「面倒臭そう」と思われがちな傾向にあります。

ただ実は私はそういう視点でのSEO対策は一切行っていません。

要するに「被リンク対策」などの多くの人が思い浮かべるような面倒で小難しいSEO対策などには一切時間も労力も割いていないという事です。


SEO対策を“しない”検索エンジンからの集客方法とは。


では具体的に私は何をやって、どういう方法で検索エンジンから「質の高いアクセス」を集めているのか。

その答えとしては多くの人がSEO対策と認識している「外部SEO」とはある意味、対極にある「内部SEO」と呼ばれるものが私の主な集客手法になります。

ただこの「内部SEO」という点についても、私がやっている集客スタイルは多くの人が認識しているようなものとは大きく異なるものかもしれません。

というのも私は本当に“SEO対策らしい事”は「何1つやっていないから」です。

では「具体的にやっている事」は何なのかというと、それは以下の2つに集約されると思います。

1:検索エンジンに評価されやすいSEO効果が高いテンプレートを使う。
2:集客効果の高いキーワードを狙って記事を更新する。


以上。

「え?それだけ??」

と思われるかもしれませんが、私がマーケティング(集客)という観点で実際にやっている事は本当にこの2つだけです。

しかも「1」は、ただ「SEO効果の高いテンプレートを使う」というだけなので、継続的に労力や時間を取られているような事は一切ありません。

それこそこのブログを「立ち上げる際」にそのテンプレートを「導入しただけ」です。

そこから私が実践しているマーケティング(集客)は「2」の“集客効果の高いキーワードを狙って記事を更新する”と言う事をひたすらやっているだけなんです。

と言っても、私のブログの更新頻度はここ最近はせいぜい3~4日に一回くらいなので、その「労力」という点でも実際のところ「たかが知れている」というのは言うまでもありません。

で、実際に集まっているアクセスはこんなものです。



これは去年(2014年)12月、1カ月間のアクセス推移ですが、ユニーク数で言えば平均300~400くらいです。

実際のところ、これくらいのアクセス数で月に数百万円というアフィリエイト報酬はなかなか稼げません。

ただ、私は「アクセスの質」を徹底しているので、これくらいのアクセス数でも実際にそれくらいの報酬は普通に稼げてしまうわけです。

インフォトップ実績2アカウント合計(18,222,192円)


※恋愛系、ビジネス系2アカウント実績

アドモール実績(3カ月連続100万円超え)


「アクセスの質に拘る」という事はすなわち「キーワードに拘る」という事。

1つ「結論」的な事を言うと、検索エンジンからの集客は「SEO対策に拘る」というよりは「キーワードに拘る」方が遥かに高い集客効果を生み出す事が出来ます。

キーワードに拘るという事は、すなわち「キーワード選びに拘る」という事なのですが、これはハッキリ言って「SEO対策」に拘るより遥かに楽なものなんです。

ですが、多くの人は「検索エンジン対策=SEO対策」という固定概念から、やたらと外部SEOだ内部SEOだと、面倒で手間がかかる事ばかりをやっている傾向にあります。

仮にそれで多くのアクセスを集められても「質」が悪ければ「結果」には繋がりません。

結局は「質」という点で「キーワード選び」が重要になってくるわけです。


銀次のマーケティング(集客)戦略の軸を担う2つのアイテム


そんな私のマーケティング(集客)戦略には2つのアイテムがその軸を担っています。

1つはまさにこのブログの「テンプレート」にあたる「賢威」というSEO対策済みのテンプレート。

>SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」

そして、ライバルが少なく、上位表示を一気に狙い易い「集客効果の高いキーワード」を効率的に絞り込んでいく事が出来る「キーワードスカウターS」というキーワードリサーチツールです。

>キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」

賢威は検索エンジンに評価されやすく、SEO効果が高いテンプレートとしてかなり有名なSEO対策済みのテンプレートで、これは私以外のトップアフィリエイターさんも多くの人が実際に利用しているテンプレになります。

私も実際に似たような趣旨のブログを無料ブログと賢威で運営して集客効果(検索エンジン対策効果)を検証した事があるのですが、その差は運営期間を長くするほどどんどん大きくなっていきました。

アクセス数の数字的には3カ月目で1.5倍近いアクセス数の差が付いたほどです。

それくらい「賢威」は検索エンジンに好まれやすいSEOに強いテンプレートになっています。

「何故、賢威のテンプレートはSEOに強いのか」という理論的なところは別途、賢威のレビュー記事で詳しく書いていますので、こちらを参照してください。

>SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」レビュー

続いてもう1つの「キーワードスカウターS」は、わりと最近導入し始めたのですが、このツールでキーワードの選定や絞り込みの精度、効率性は間違いなく格段に上がりました。

私はもう自分なりに「集客効果が高く、上位表示をさせやすいキーワード」を効率的に見つける方法を確立していたのですが、その「私がやっていた事」をキーワードスカウターSを使えば、より高い精度で効率的に行っていく事が出来てしまいます。

しかも値段がアホみたいに安い(苦笑)

こちらもツールの詳細は別途、キーワードスカウターSのレビュー記事の方を参照頂ければと思いますが、こちらには私の方からもかなり手厚い特典を付けていますので、

・とにかく集客に悩んでいる
・検索エンジンからの集客効果をより高めたい
・集客効果の高いキーワードの選定や絞り込みがうまく出来ない
・その精度、効率性を高めたい


という人には迷わず手にして欲しいツールです。

少なくとも「ネットビジネスにおける集客」は「検索エンジンからの集客」さえ極めれば、もう怖いものはありません。

その為に私が現在駆使しているアイテムがブログテンプレート「賢威」と、キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」です。

いずれも有料のテンプレート&ツールですが、テンプレートによるSEO対策効果や、キーワード選定における精度&効率性アップは、十分以上の費用対効果があると思いますので、何だかんだで「集客に躓いているような人」は導入を検討してみてください。

それが「突破口」になれば、そこから実際に得られる対価は実際に出費する費用の比でなくなります。

言っても双方併せて3万円以下の出費で済む「集客基盤への投資」ですからね。

「まずは考えうる最適な環境と基盤を揃えてしまう。」

これはビジネスにおいては、非常に重要なポイントではないかと思います。

私なんかは実際にその「集客基盤」で、今はその100倍近い収入を「毎月」生み出せるくらいになっているわけですから。

普通はその「最適な環境と基盤」に大きな出費や労力が伴うものですが、ネットビジネスの業界においては意外に「そうではない」という事です。

少なくとも私が実際に実践している「集客」という観点での「最適な環境と基盤」は、ほんの3万円の出費で整えられますから。

興味があればそれぞれのレビュー記事の方も参考にしてみてください。

>SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」レビュー

>キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」レビュー

(追記)

「検索エンジンからの集客ノウハウ」という点で、何か推奨出来る教材があれば教えてくださいというご要望を頂きましたので、こちらの教材のレビュー記事を追記させて頂きました。

興味があれば併せてご参照ください。

>本質のビジネスSEO術 レビュー

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年1月6日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

2015年、銀次から新年のご挨拶とアフィリエイト業界、情報商材業界の総括。

2015年、あけましておめでとうございます。

2014年もマイペースなブログ更新、メルマガ発行ながら、変わらずのアフィリエイト実績を残す事が出来ました。

いざ2014年、トータルで言うと100くらいの情報商材をレビューしたかと思いますが、新たに「推奨教材」に加えた教材は片手で数えられるくらいでした。

まあ、でも実際のところ情報商材なんて「そんなもの」だと思います。

勿論、あれもこれも詐欺というつもりはありませんが、本心で「推奨出来る」なんて教材がそんなにたくさんあるはずがありません。

少なくとも昨年100近い情報商材を追加でレビューしていっても、私が現時点で推奨している情報商材はこちらのコンテンツに並べている10商材程度というのが現実です。

>銀次の厳選。推奨情報商材

やはりメインで推奨しているのは私が本業にもしている「アフィリエイト」系の情報商材になっていますが

・情報商材のアフィリエイト教材
・トレンドアフィリエイト教材
・アダルトアフィリエイト教材


この3つのジャンルでそれぞれ推奨商材を挙げていますが、一番私のブログから多くの人が購入されているのはこちらの「アダルトアフィリエイト」の教材です。

>推奨アダルトアフィリエイト教材「Continuation Affiliate 」

やはりこちらのようなオリジナル企画を打ち立てているのがポイントになっているみたいですね。

>ツインアダルトアフィリエイト

続いて昨年10月頃にご紹介してから売れ行きがすごかったのがこちらのYoutubeアドセンスの教材です。

>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム

ブログ、メルマガ、ツイッターなどのSNSを初めとするアフィリエイトやせどりなどの既存のネットビジネスで挫折してしまったような人が、ここ最近はYoutubeを主体とする動画系のビジネスに流れている節があるようです。

Youtuber(ユーチューバ―)を大々的に紹介するテレビ番組やCM効果なども大きかったのではないでしょうか。

ここ最近は「tsu(スー)」などの新しいSNSが流行ってきていたりしていますので、以前にフェイスブックやツイッター系のツールや教材、高額塾が流行ったように、今後はtsu関連の商材がちらほら出てきそうですね。

ただこうした目新しいSNSやYoutubeなどの動画サイトが流行してきても、ネットビジネスの本質は大きくは変わりません。

「多くの人を集客して価値のある情報を発信しているメディア」が支持され「そういうメディアを持っている人だけが稼げる」という業界です。

そのメディアの形がSNSであったりYoutubeであったりと、多様化しているだけであって、その本質は何も変わってません。

そういう目新しいメディアが流行を見せていても、こうしてブログやメルマガのみを主体として情報を発信している私が、今も継続して毎月何百万円という収入を得る事が出来ている現実があります。

要するにSNSを使おうと動画を使おうとブログやメルマガを使おうと、しっかりと価値のある情報を発信して、その情報を求めている人達を集客していれば、結果を出せるという事です。

少なくとも多くの人がそういったSNSや動画を使って行っている「アフィリエイト」というビジネスにおいては、そこまでメディアの形に拘る必要はありません。

自分が情報を発信しやすいものを選べばいいと思います。

その上での「集客」という観点については、去年の年末に書いたこちらの「集客」についてのマーケティング講座が非常に好評でしたので、まだご覧になっていないようであれば一読しておいてください。

>ネットビジネス、アフィリエイトにおけるマーケティング、集客について。

それでは2015年も頑張っていきましょう!

それでは。

銀次

お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2015年1月2日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:その他

このページの先頭へ

イメージ画像