コンテンツ一覧

アフィリエイト総合講座一覧


>アフィリエイト生活のすすめ

>アフィリエイト収入100万円までの道のり

>アフィエイトの情報商材で一番のお勧めはどれか。

>無料オファー、無料レポートのアフィリエイトがいかに稼げるか

>アフィリエイトで初心者が稼ぐ為の最善の選択肢とは。


トレンドアフィリエイト講座一覧


>トレンドアフィリエイト入門。

>トレンドアフィリエイト商材徹底比較。


アダルトアフィリエイト講座一覧


>アダルトアフィリエイト入門。【オススメ】

>アダルトアフィリエイトで稼ぐ為のASP登録における注意点。

>アダルトASP「APEX(DUGA)」「B10F」などの注意点。

>アダルトアフィリエイトでサンプル動画は掲載するべきか。

>アダルトアフィリエイトに適したメディアとは。


情報商材アフィリエイト講座一覧


>情報商材のアフィリエイトについて

>情報商材、アフィリエイターは世の中に「必要」なのか。

>情報商材アフィリエイトに適したテーマ、稼ぎ易いジャンルとは。

>アフィリエイトすべき「売れ続ける情報商材」の選び方。

>アフィリエイターがアフィリエイターをアフィリエイト。


集客・マーケティング講座一覧


>ネットビジネス集客・マーケティング講座【オススメ】

>SEO対策をしない検索エンジン集客講座【オススメ】


動画ビジネス講座一覧


>Youtubeアドセンスは本当に稼げるのか。

>グーグルアドセンスの審査をクリアする基準と方法。

>Youtubeアドセンスの報酬単価が下がっているという件について

>YouTubeでYouTubeの情報商材をアフィリエイトする人達の話

>YouTubeとニコニコ動画、どっちが稼ぎやすいのか。

>アダルト動画などの「動画紹介サイト」を運営するメリットについて。


その他・ネットビジネス講座一覧


>情報業界、アフィリエイター業界の一発屋事情。

>お金も稼げてリストも集められる無料レポートスタンド「インフォゼロ」

>「生涯賃金」では無く「生涯労働時間」を重視する。

>私がネットビジネスで成功できた「要因」と「転機」

>自分が最も稼ぎやすいネットビジネスを選択する指標とは。【オススメ】

>手っ取り早く稼ぎながら長期路線ビジネスを構築する方法。【オススメ】


その他ビジネス講座一覧


>モチベーションを上げる方法。やる気を引き出す方法。

>対面不労所得プロジェクトの担当、橋本さんの「あるビジネス」の話。


初心者メニュー一覧


>アフィリエイトとは

>情報商材とは

>ブログアフィリエイトとメルマガアフィリエイト

>マインドは重要なのか

>せどりとは

>初心者がネットビジネスで手っ取り早く稼ぐ為の方法。【オススメ】

>初心者にお勧めのアフィリエイトとは。【オススメ】


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座


最新情報

2017年8月22日情報商材ASP
情報商材ASP、インフォポイントが閉鎖(倒産?)した件について。
2017年8月1日情報商材ASP
インフォトップ、アドモールは詐欺?情報商材ASPの評判について。
2017年7月11日情報商材レビュー
Copywriting Archive the teaching Program(宇崎恵吾)レビュー
2017年6月21日情報商材レビュー
転売稼業(せどりインサイダー専用ツール)レビュー
2017年5月30日情報商材レビュー
YouTubeトレンドマーケティングYTM∞(MUGEN)レビュー

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

情報商材ASP、インフォポイントが閉鎖(倒産?)した件について。

先日、ASPと情報商材の関係やそれを踏まえた情報商材の良し悪しを捉える視点などを解説したのですが、わりと有名どころの1つだった情報商材系のASPの1つが閉鎖されている事をつい先日、知りました。

その閉鎖されたASPというのは「インフォポイント」というASPで、私が知る限りではインフォカート、インフォトップに次いで長く運営されていたASPだったんじゃないかと思います。

閉鎖されたのは今年、2017年の1~2月頃のようで、私は個人的には一切利用していないASPだったので、その存在は知ってましたが閉鎖された事は全く知りませんでした。

ただ、こうした「ASPの閉鎖」には、これまでも幾度と多くのアフィリエイターに苦渋を飲ませてきた経緯があるんです。

ですので、今日はそんな「ASPの閉鎖に伴うアフィリエイターのリスク」を言及してみたいと思います。

ASPの閉鎖に伴うアフィリエイターのリスク


どんな会社にも「倒産」の可能性がある以上、どんなサイトにも「閉鎖」の可能性があります。

そして、これは「ASP」にも同じ事が言えますので、ASPの閉鎖やその運営会社の倒産は、アフィリエイターにとっては、その活動における「リスク」である事に変わりはありません。

もちろん、ASPの閉鎖やその運営会社の倒産が、必ずしもアフィリエイターに損害や損失を与えるというわけではありませんが、これは五分五分くらいの確率で損害や損失を与える事になっているのが実状です。

例えば、ASPが閉鎖となった場合、自身のブログやメルマガに張り巡らせているアフィリエイトリンクは全て、無効(リンク切れ)になりますので、それらを修正していく手間は避けられない事になります。

この時点でも、多少なりと「手間」という被害を被る事になるわけですが、それ以上に恐ろしいが「そのASPを介して稼いだアフィリエイト報酬が支払われない」というリスクです。

というのも、基本的にASPからのアフィリエイト報酬の支払いは、月末締めの翌月払いや翌々月払いというのが一般的ですので、多くのアフィリエイターは常にASPに一定の売上報酬をストックしている状況にあるんです。

そして、いざ、そのASPが閉鎖され、その運営会社が倒産という事になると、その報酬がそのまま「支払われない」という可能性も少なからず生まれてきます。

サイトの閉鎖、運営会社の倒産には、やはり相応の理由があるはずですし、それが「経済的な理由」なら、そもそも物理的に「支払う余力が無い可能性」もあるからです。

要するに、その運営会社が、アフィリエイターが売り上げた成果報酬のストックをサイトの運営や会社経営の経費に充ててしまい、自転車操業のような状態になっていた顛末として閉鎖、倒産に至っているようなケースですね。

または「計画的」に経営破綻を装ってサイトの閉鎖や会社の倒産をでっち上げ、アフィリエイターの成果報酬をASP側が持ち逃げしてしまうという事も出来てしまいます。

決して疑惑の域は超えないものの、不自然な閉鎖、倒産をしてアフィリエイターを路頭に迷わせたASPの計画倒産のようなものも過去に無かったわけではありません。

ただ、経営難が事実であれ、虚偽であれ、運営期間が短い新興ASPは「運営の実績が無い」というだけに、その両方を疑わざるを得ないのが実状です。

対して2年、3年と運営を継続しているASPはそれだけの「運営の実績」がありますので、そこから計画的な倒産を行う可能性や、経営難に陥る可能性は低いと見る事が出来ます。

そこがASPというサイト事業において、有望な新興ASPが出て来にくい理由でもあるんですけどね。


ASP閉鎖の2大リスク:リンクの無効化と報酬の未払い


実際、今年の1~2月にインフォポイントが閉鎖した時点においても、その利用者と見られるアフィリエイターの方が掲示板サイトなどで、報酬の未払いを懸念する声を書き込んでいました。

自分が使っているASPが急に閉鎖され、サイトすら見れなくなってしまったなら、そういう不安を抱いてしまうのは当然だと思います。

その後、インンフォポイントからアフィリエイト報酬が支払われたのかは分かりませんが、ASPの閉鎖には、そういった報酬未払いのリスクなどがある事は事実として、間違いありません。

何より、インフォポイントは、情報商材が今以上に「無法地帯」に近い状況にあった頃、今はほぼ死語に近い「即金系(即、稼げる)」と呼ばれる情報商材を扱うASPの一角を担っていたASPですからね。

そういうASPが閉鎖に追い込まれてアフィリエイターやインフォプレナーへの報酬が未払いになったケースも一度や二度ではないんです。

それこそ、即金系の情報商材を主としていたASPとしては「インフォスタイル」などが筆頭で有名でしたが、それ以外にも、

・インフォレストラン
・副業.com
・インフォジャパン
・インフォキャッチ


といったような多くのASPが立ち並んでいましたが、上記の大半が次第に閉鎖されていく中で、遂に「インフォポイント」も閉鎖するに至ったというわけです。

ちなみに、上記に挙げたASPで今も残っているのは「インフォジャパン」のみになっていますので、インフォジャパンを見ると、その「即金系」の名残りがある情報商材は今だに残ってますね。

あと、インフォポイントの閉鎖に併せて、インフォポイントの運営会社である「株式会社YS」が運営していた各種情報ビジネス関係のサイトも全て、閉鎖されたみたいです。

それこそ株式会社YSが運営していた「激増」などは、無料レポートスタンドとしては、わりと有名どころの1つだったのではないでしょうか。

何にせよ、わりと運営期間も長く、運営の実績もあったようなASPが今年の初めにいつの間にか閉鎖していたという事で、これも時代の流れかな・・・と思った次第です。

ASPの閉鎖やその運営会社の倒産は、アフィリエイターにとっても決して楽観できないものなので、ASPを選ぶ際はそういうリスクも踏まえた上で、それなりの運営実績があるサイトを選ぶようにしてください。

以上、ASPの閉鎖に伴うアフィリエイターのリスクについてでした。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年8月22日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材ASP

インフォトップ、アドモールは詐欺?情報商材ASPの評判について。

時折、検索エンジンを介して「インフォトップ 詐欺」「アドモール 詐欺」といったキーワードで検索をして私のブログにアクセスしてくる方がいます。

私自身、こういうキーワードを狙って記事を書いたつもりは一切ないのですが、何故か、この手のキーワードで記事がヒットしているみたいで、こういったキーワードによるアクセスが少なからずあるんです。

また、実際にそういったキーワード検索の需要を狙っているのかは分かりませんが、特定のASPを指して詐欺だなんだという記事を書いているブログもあったりします。

何にせよ「インフォトップ 詐欺」「アドモール 詐欺」などのキーワードで検索をしている人は、おそらくですが、

「インフォトップ(またはアドモール)で情報商材を買おうと思っているけど、このサイトってどうなんだろう。」

と、いう感じで、そのASP(インフォトップ、アドモール)の事を調べているのではないでしょうか。

ただ、そもそもな話、ASPに詐欺も糞も無い・・・というのが実状なので、今日は情報商材とASPの関係について記事を書いておこうと思います。

インフォトップ、アドモールなどの情報商材ASPについて。


これは、人によっては「普通に分かり切っている事」でしかあい話なのですが、そもそもASPは「情報商材を売っているサイト」というわけではありません。

ですので、仮に「詐欺」に近いような情報商材がそのASPで売られていたとしても、基本的にASPと情報商材は「無関係」なわけです。

とは言え、実際に多くの情報商材がインフォトップやアドモールなどのASPを介して販売されている事は否定しません。

ただ、これは情報商材の販売における「決済」や「アフィリエイト」のシステムを利用するためにASPが「利用されている」というのが正しいんです。

ですので、情報商材を実際に「販売」しているのは、ASPではなく、そのASPを利用している「利用者」なわけです。

それが俗に言われる「インフォプレナー」という人達なんですね。

そして、そのインフォプレナーという人達がASPに登録している情報商材をASPを介してアフィリエイトしているのが、私達のようなアフィリエイターにあたります。

一応、これが情報商材、ASP、インフォプレナー、アフィリエイターの関係であり、関係性としては、これ以上でもこれ以下でもありません。

その上で、今、最大手のASPが「インフォトップ」というASPで、次いで「インフォカート」という老舗のASPが大きく、私はそこに「アドモール」というASPも併せて利用しています。

一昔前はこれ以外も情報商材のASPが乱立していた時期もあったのですが、大半のASPは、既にサイト自体が閉鎖されて運営されていません。

インフォトップ、インフォカートを筆頭に、3つか4つほどのASPが残り、その中ではアドモールが頭1つ分、抜けているかな・・・というのが情報商材ASPの勢力図なわけです。

ただ、既にお伝えしたように、ASPは基本的に利用者が登録してきた商品に決済やアフィリエイトの仕組みを提供しているだけなので、ASP自体が商品を販売しているわけではありません。

一応、アドモールは「特定商法表記の代理表示サービス」というのをやっていますので、表面上はアドモールが販売している情報商材があるように見えますが、これも基本的には利用者が登録した情報商材を販売しているだけなんです。

ですので、基本的に

「○○というASPが売っている情報商材は詐欺」
「○○というASPが売っている情報商材は優良」


という事はとくに無く、それが優良な情報商材であれ、詐欺的な情報商材であれ、その販売者がどこのASPを利用して情報商材を販売しているかの違いでしかないんです。

ASPの評判は、販売者がどこのASPを使うか次第。


仮に「A」という優良な情報商材があったとして、その情報商材をどこのASPを利用して売るかは、基本的には販売者の自由ですから、それをインフォトップで売る人もいれば、アドモールや他のASPで売る人もいます。

同じように「B」という詐欺的な情報商材があったとして、それがインフォトップで販売される可能性もあれば、アドモールや他のASPで販売される可能性もあるわけです。

もちろん、ASP側は自社の決済システムを利用させる以上、それなりの「審査」も行ってはいますが、当然、ASP側もそこまで「深い」審査はしてません。

セールスレターの内容(表現)、マニュアルの内容(質)を最低限はチェックするでしょうが、それを実践して再現性があるかどうかまでは、当然、精査されていないという事です。

また、インフォトップの審査は身内のインフォプレナーや大きな売上を上げるインフォプレナーに甘いという噂もあり、確かに「これは酷い」という情報商材が普通に審査をパスしているケースがよくあるのも事実です。

ASPも結局のところ「商売」ですから、明らかなに詐欺的な情報商材は別として、多少、それがキワどいものであっても、売上(利益)に繋がりそうなら、審査を通す傾向にある点は否めません。

それはおそらく、インフォカート、アドモール、その他のASPでも普通にある事なんじゃないかと思います(インフォトップは最大手なだけに、そういう情報が、とくに多く目につきますが・・・)

要するに、情報商材ASPは情報商材の「審査」をしているとは言え、それはあくまでも表面的なレベルのものであり、商売上、際どい情報商材でも審査を通す事も普通にありえるという事です。

ですので、消費者側としては「どこのASPだから安心」「どこのASPだから詐欺」という見方をするのは、逆に危険なんです。

それこそ、情報商材の良し悪しはネット上の「客観的な評判」や「評価」で判断するべきなんですね。

もちろん、そういう評価や評判の全てが信用できるとは言いませんが、多くのサイトを見て回って情報を収集していけば、ある程度の総合的な評価は見えてくるはずです。

少なくとも、特定の情報商材の購入を検討する上で、その情報商材が決済に利用しているASPの事を検索するよりは、その情報商材の評判を検索していく方が、遥かに合理的なのは間違いありません。

それこそ、特定のASPが優良だ、詐欺だ、と言っているような人は、ここでお伝えしたような、情報商材、インフォプレナー、ASPの関係を分かっていないレベルの人か、特定のASPの回し者(笑)です。

インフォトップの関係者やインフォトップを贔屓にしているアフィリエイターは、インフォトップ以外のASPを批判して、インフォトップだけが安心なASPだと思わせる風潮を作る事が利益に繋がります。

逆にアドモールなどの関係者やアドモールを贔屓にしているアフィリエイターは、インフォトップのような最大手のASPを批判して、アドモールの利用者を増やそうとするかもしれません。

でも、実状としては、情報商材の良し悪しとASPはほぼ無関係であり、優良な情報商材も詐欺的な情報商材も、その販売にどのASPの決済やアフィリエイトの仕組みを利用するかの違いでしかないわけです。

ですので、特定の情報商材の良し悪しの判断において「決済に利用されているだけのASPの評判を調べる」というのは、あまり「合理的」とはいえない行動だと思います。

あくまでも情報商材の良し悪しは、その情報商材の名前や販売者名で検索をして、直にその評判や評価を調べていくようにした方が良いという事ですね。

まあ、インフォプレナー、アフィリエイターの立場で言えば、ASPに対して売上の多くを一度、預ける事になるので、そういう点でASPの「信頼性」は重要なポイントになると思います。

ですが、消費者の立場では、あまりASPの信頼性は関係ありませんので、情報商材の購入においては、ASPで良し悪しを判断するのではなく、情報商材そのものの評価、評判で判断するようにしてください。

それが最も「確実」で「合理的」だと思いますので。

ASPの評判で右往左往していたような人は、是非、参考にして頂ければ幸いです。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年8月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材ASP

Copywriting Archive the teaching Program(宇崎恵吾)レビュー

今日、取り上げる教材(プログラム)は、既に募集が終了となっているものなのですが、ここ数日のみの限定募集で特定のルートからのみ、参加できるという情報がありました。

ですので、今日は急遽、こちらを取り上げておきたいと思います。

私が以前より推奨しているコピーライティング教材「The Million Writing」の著者である宇崎恵吾さんとその師匠が行っている、こちらのプログラムです。

Copywriting Archive the teaching Program(宇崎恵吾)

・URL:http://copyrighting-supremeprinciple.net/04/

(特定商法表記)
・株式会社イーブックジャパン
・宇崎恵吾
・東京都新宿区新宿6-20-5-1201

Copywriting Archive the teaching Program レビュー


この「Copywriting Archive the teaching Program」は、年に億を稼ぎ出すと言われる宇崎恵吾さんの師匠が手掛けたライティングの教材に、そのご本人が主催するセミナーを受講できる権利。

更にその後のコンサルティングも受けられるプランが用意された「教材」「セミナー」「コンサル」が一体となっているプログラムで、

・DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)
・DRMの展開を前提とするコピーライティング


これらの神髄と原則を「実践」で学ぶ事が出来るというものです。

現にコピーライティングの教材としては、DRMの展開に応じた形で、

・SEO(集客)のためのコピーライティング講座
・オプトイン(読者収集)のためのコピーライティング講座
・ブランディング(教育)のためのコピーライティング講座
・セールス(売り込み)のためのコピーライティング講座

これらに分けられた形でそれぞれの原則を追及する教材を提供してもらえる形になっています。

ちなみにそのマニュアルの総ボリュームは1100ページを超えるという情報量もハンパじゃない教材で、文字数にしてカウントするとその総文字数は73万文字を超えるというもの・・・。

ここ最近の情報商材はマニュアルのページ数や動画の再生時間を「ボリューム」を表す目安で掲載している傾向にありますが、実際のマニュアル内容は文字や改行が大きく、そこまでの情報量ではないものが非常に多いです。

そういったものと比較して、1100ページで70万文字以上の教材というのは、まさに前代未聞の情報量で、これだけでも、この教材が「ハンパじゃない事」が分かります。

もちろん、重要なのは情報量以上に「質」なわけですが、そこはそれこそ、私が推奨している「The Million Writing」がかなり分かり易い基準(指標)になるものです。

こちらも3980円という価格帯で10万文字以上という、かなりのボリュームがある教材なのですが、その質、クオリティは実際に購入されている方なら分かると思いますが「非常に高い」です。

ですので、この「Copywriting Archive the teaching Program」では、そんな「The Million Writing」の内容、クオリティを更に高めたレベルの教材が約7倍のボリュームで提供されるイメージで問題ないと思います。

それこそ「The Million Writing」はメール1通で返金してもらえる無条件保証が付いていますので、もし、こちらを読んだ事が無ければ「試し」にでも手に取って読んでみてください。

>The Million Writing(宇崎恵吾)レビュー

この「Copywriting Archive the teaching Program」の教材内容の指標としては、実際に「The Million Writing」の方を読んでもらうのが一番だと思いますので。


「The Million Writing」との明確な違い。


ただ、教材内容の指標になるものとして「The Million Writing」を挙げましたが、その内容には当然ですが大きな違いがあります。

「The Million Writing」は、セールスレターと呼ばれる1枚のページで商品の成約を取るためのライティング術を言及しているもの。

対する「Copywriting Archive the teaching Program」は、先程もお伝えしたようにDRMの展開を前提として、その段階に応じた4つのライティング術をそれぞれ言及しているものなんです。

基本的に「The Million Writing」で言及しているセールスレターは、そのページにまず「興味」を持たせて、そのページ内で「信用」を生んで、そして「行動」してもらう(買ってもらう)必要があります。

その3つの段階のプロセスを1つのページのコピーで全てクリアしなければならないんです。

故に「売れるセールスレター」を書くためのライティング術をマスターできれば、それでコピーライティングに必要な原理原則は十分に押さえられることになります。

ですが、多くの人にとって「セールスレターを書く」という機会はそうあるものではないため、多くのネットビジネスをやっているアフィリエイターなどは、それを「応用」する形で活かしていくしかありませんでした。

実際に「The Million Writing」の内容を応用して活かしているようなアフィリエイターは多かったと思いますし、私もその一人だったわけです。

ただ、今回、取り上げている「Copywriting Archive the teaching Program」は、そのままダイレクトにDRMの展開に特化したライティング術を、

・SEO(集客)
・オプトイン(読者収集)
・ブランディング(教育)
・セールス(売り込み)


この4つの段階に分けて学ぶ事ができるため、まさにその内容をそのまま落とし込んで、そのままアフィリエイトなどの実践に活かしていく事が出来るんです。

要するに、集客、オプトイン、ブランディング、セールスそれぞれの段階におけるライティングの「答え」がそのままそこに詰め込まれているわけですね。

故に「The Million Writing」では必須だった『応用』を抜きに、そのままその教材内容をアフィリエイトなどのビジネスに活用していく事が出来ます。

その違いが「The Million Writing」と「Copywriting Archive the teaching Program」とでは、何よりも大きいんじゃないかと思いました。


現在の限られた受講ルート。


尚、今現在、上記に貼った公式の案内ページの方では、この「Copywriting Archive the teaching Program」の受講生の募集は既に終了となっています。

ただ、この「Copywriting Archive the teaching Program」は、特定のアフィリエイターさんが主催をする形で、そこに宇崎さんの師匠が講師となって、ごく稀に受講生を募集している事があるんです。

まあ、そのような場合でも、その募集対象は、その「主催者」となるアフィリエイターさんのメルマガ読者などになるので、どちらにしてもクローズドな案内になるんですけどね。

ですので、今となっては、そういう機会(チャンス)が無い限り、受講さえ出来ないセミナーであり、入手する事が出来ないレアな教材になっているわけですが、それでもそのチャンスが無いわけではありません。

基本的に、この「Copywriting Archive the teaching Program」を主催されるアフィリエイターさんは、それなりに集客の力、実績がある人で、宇崎さん等のプログラムに参加している方なので、現在、宇崎さん等が提供している、

『Copyrighting Affiliate Program』

という教材をメインに推奨しているようなアフィリエイターさんが「狙い目(笑)」です。

中には「Copywriting Archive the teaching Program」の主催をブログなどで、ほのめかしているアフィリエイターさんもいますので、そういう方のメルマガをチェックしておけば、参加できるチャンスもあるんじゃないかと思います。

情報商材は「とにかくたくさん売れればいい」という人が多い中、セミナーを受講する人にしか教材も提供しないという拘りのスタンスも、私は個人的に好きですね。

そういうところも含めて、その教材のみならず、セミナー、コンサルを含めた、この「プログラム」そのものがお勧めという感じです。

PS

ちなみに、冒頭でお伝えした「ここ数日のみの募集ルート」というのは、こちらの「ちょろぽん」というアフィリエイターさんが告知していたものの事でした。

>3つの顔を持つアフィリエイター「ちょろぽん」のブログ

宇崎さんの師匠(5億円コピーライターさん)とセミナーを開催します!という告知があり、ここには明確な開催日や募集日時は書いていませんが、現在、期間限定で受講者の募集を行っている模様です。

興味があれば、ちょろぽんさんに問い合わせてみてはどうかと思います。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年7月11日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

転売稼業(せどりインサイダー専用ツール)レビュー

私が推奨している「せどり」の情報商材の中に「せどりインサイダー」という教材があります。

せどり系の情報商材の中では異例のロングヒットを続けている事でもわりと有名な教材なのですが、この教材の「専用ツール」が話題になっているみたいです。

こちらの「転売稼業」というツールですね。

転売稼業(せどりインサイダー専用ツール)

・URL:http://sedoriater-leo.com/tool/index.html

(特定商法表記)
・株式会社イーブックジャパン
・佐藤潤、せどりエイターれお
・東京都新宿区新宿6-20-5-1201

転売稼業(せどりインサイダー専用ツール)レビュー


この「せどりインサイダー」という教材は、ノウハウの全容をほぼ「無料」で公開している事などでも有名で、その無料マニュアルの方は、今もこちらから普通に入手できます。

>次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」無料版

このノウハウが実際に「どういうノウハウか」は、もうこの無料マニュアルを読めば、その辺りは本当に包み隠さず、全てが公開されていますので、ここではその部分の言及はそこまで詳しくしません。

ザックリ言えば、プレミア価格が付いた音楽CDなどを狙って「買い占め」によって相場を吊り上げて稼ぐというノウハウで、今回のツールはそのノウハウの実践に特化しているというものです。

基本的に音楽関連でプレミア化しているようなCDなどは、そこまで途方も無い数の商品が市場に出ているわけではないので、それらを買い占めていく事は商品によっては数万円くらいの資金で出来てしまうわけです。

ひとまず、現時点で「市場」に出ている商品を仕入れて買い占めれば、必然的にその「相場(最安値)」は上昇する事になりますからね。

その「買い占めにって上昇した価格帯」で、実際に買い占めた商品を1点1点、小出しにして転売していけば、相場を吊り上げた分だけ転売によって利益を出せるというのが、このノウハウの「理屈」です。

ただ、この「理屈」を実際に実践して稼いでいるのが、このノウハウを提唱している「せどりエイターれお」という方で、彼自身は、自分自身の転売実績なども自身のブログの方で普通に公開しています。

>せどりインサイダー提要者:せどりエイター「れお☆」のブログ

一応、私がここでザックリと説明した「ノウハウ」や、その「理論」をかなり詳しく説明しているのが先ほども紹介した無料マニュアル。

その上で、更に、このノウハウを「実践」していくにあたっての具体的な方法論やポイントなどを解説しているマニュアルが別途、有料版のマニュアルとして用意されていたわけです。

そして、このノウハウの実践を効率化&自動化させるツールとして登場したのが、今回の「転売稼業」というツールにあたるわけですが、、、

正直、このツールが登場して以降、何となくプレミア系の音楽CDの高騰が目立つようになってきている気がします。

というのも、このツールは「利用者が増えて競合するほど、その相乗効果によって全ての利用者がより稼ぎ易くなる」というメリットを掲げているものなんです。

そして、その理屈には確かに一定の合理性があり、ツールが「リサーチ結果」として打ち出す結果が同じである以上、このツールの利用者の多くは同じ商品に狙いを定めて仕入れを行っていく事になります。

つまり、このツールが示す「この商品が狙い目ですよ」という表示結果は、言わば「これからこの商品の価格(相場)が高騰しますよ」という予報でもあるわけです。

実際、そういう「予報」を多くの利用者が目にしているわけですから、結果的にその商品の相場は気が付くと高騰していく事になります。

というより、実際にそういう傾向が既に現実として、見受けられるようになっているんです。


ツールが提唱する「相乗効果」が既に・・・。


ツールのリサーチ対象はプレミア系のCDの売買に強い「ヤフオク」と「アマゾン」の2サイトなのですが、このツールの効果、影響は少なからず双方のサイトに現れ始めています。

現に私自身、このツールに入手して、実際に使ってみている状況ですが、ツールが利益、回転などで好条件を示している商品は、かなり高い確立でその翌日などには価格が高騰しています。

そして、その高騰した価格でもヤフオクなどでは「入札」が入っている状況が見受けられますので、早速、このツールで「おいしい思い」をしている利用者が出て来ているのかもしれません。

それだけ、このツールは「利用者間の競合による相乗効果」と言えるものが既に現れ始めているわけです。

ただ、この「転売稼業」というツールは、その先行販売の段階でかなりの数が出回ったという話もあるので、そう考えると今の現状はなるべくしてなっていると考える方が妥当なのかもしれません。

少なくとも、今は、ツールを稼動させるたびに「好条件で稼げる商品」に該当するものが軒並み次から次へと出て来る状況ですからね。

その中で、好条件な商品のトップ10くらいに入るような商品の価格(相場)が日にちを置くと高騰している傾向にあるかな?というくらいです。

それ以上に、あらゆる「仕入れの対象となるプレミア商品」が市場に次々と供給され続ける状況ですから、このツール自体が使えなくなる「頭打ち」の状況になる事は、まず当面は無いと考えて問題ないんじゃないかと思います。

仮に「いつか」はそうなるとしても、そうなるまでは、相当稼げるんじゃないですかね(ツールの販売者さんは、そこまで、このツールが出回るような事は無いと言っていますが)

何にしても、このノウハウに見合った「好条件で稼げる商品」をサクサク見つけ出せるという点は、相違なく間違いないツールだと思いました。

そして、利用者間の競合による相乗効果という二次的なメリットも、私が見る限り既に現れはじめていますので、ここで実際に生まれている「トレンド」に乗っていくだけでも、普通に稼げる状況が生まれてます。

ツールのロジック、有効性などは、いきなりこのツールの販売ページを読んでも、ちょっとピンと来ないかもしれませんが、書いている事はほぼそのままクリアし、実際に実現しているツールだと思って問題ありません。

ですので、もし、このツールに興味を持たれたようなら、まずは一度、こちらから先に目を通してみてください。

>次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」無料版

株とか、FXなどを経験しているような人や数字に強い人などは飲み込み易いんじゃないかと思います。

少なくとも、ツールの販売ページに書かれている「ロジック」などについては、この無料マニュアルを読んだ後の方が、間違いなくしっくり来るはずです。


転売稼業(せどりインサイダー専用ツール)お勧め購入特典


この「転売稼業」を購入されるのであれば、こちらのアフィリエイターさんの購入特典がお勧めです。

>せどりインシダー専用ツール「転売稼業」+井上太一さんの限定特典

こちらは井上太一さんというアフィリエイターさんのオリジナル特典ですが、この特典内容だけでも、以下の通り、かなり手厚いものになっています。

「転売稼業」井上太一限定特典-1
多くの利用者がおそらく使う事の無い「転売稼業」の某機能を使って
他の利用者が見つけられない商品をこっそり独占していく方法

「転売稼業」井上太一限定特典-2
井上式・せどりインサイダー専用ツール「転売稼業」活用の手引き

「転売稼業」井上太一限定特典-3
このツールを活用してこそ可能になる、アマゾンとヤフオクの市場格差
(価格差)だけを狙って荒稼ぎ出来る商品の見つけ方 & 仕入れ方

いずれも、このツールを実際に「活用」していく上では、その有効性を更に高く発揮できるものになっていると思いますので、この「転売稼業」を購入される際は井上太一さんの特典付きで購入される事をお勧めします。

正直、私の方ではここまでの特典は用意出来ないと思ったので、素直に井上さんの特典付きでの購入を推奨する事にしました。

ちなみにこうして私のブログ経由で井上さんのブログに入り、そのままこのプログラムにご参加頂ければ私の方にも紹介報酬が入るようになっていますので、その点はお気遣いなく(笑)

井上太一さんのレビューも併せて特典内容の詳細等はこちらからご覧になってみてください。

>せどりインシダー専用ツール「転売稼業」+井上太一さんの限定特典

タグ

2017年6月21日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

YouTubeトレンドマーケティングYTM∞(MUGEN)レビュー

インフォトップの方で久々に「YouTube(で稼ぐ)」系の情報商材が売上ランキングの上位に出ていました。

販売元がわりと有名なインフォプレナーさんなので、売れているのはその影響も大きいのかもしれません。

何にせよ、今日はその久々に売れているYouTubeで稼ぐ系のこちらの教材を批評してみたいと思います。

YouTubeトレンドマーケティングYTM∞(MUGEN)

・URL:http://ytm-mugen.info/

(特定商法表記)
・株式会社move
・岡田崇司(バナナデスク)
・大阪府大阪狭山市茱萸木3-1311-1グレース101号

YouTubeトレンドマーケティングYTM∞(MUGEN)レビュー


これまで、このブログでも幾つかYouTube系の情報商材を取り上げてきていますが、このジャンルの情報商材は大きく分けて以下の3つに分類されます。

・YouTubeアドセンスで稼ぐ
・YouTubeを集客のメディアとして利用して稼ぐ
・YouTubeの動画を利用して別のメディアで稼ぐ


この中で言えば、この「YTM∞(MUGEN)」は、1つ目に挙げたYouTubeアドセンスで稼ぐ教材にあたりますが、このジャンルの教材はとにかく再生数を稼ぐ事に尽きると言っても過言ではありません。

YouTubeアドセンスの収入は投稿動画の再生数にそのまま比例するものだからです。

その上で、このジャンルのYouTube系の情報商材は、これまでも幾つかの教材が出てきている中で、一応、このブログでは、以下の2つの教材を推奨していました。

>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム

>エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)

今もこの2つの教材は引き続き、このジャンルのYouTubeの教材として推奨しているのですが、前者がスマートフォンなどで身近に撮影できる動画で再生される動画を投稿していくノウハウを主軸とするもの。

後者は既存の動画を素材に著作権ギリギリの動画を作成して、わりとグレーなゾーンを狙っていく邪道なノウハウを主軸とするもの。

どちらも真逆なノウハウを提唱する教材になっているのですが、今回の「YTM∞(MUGEN)」は、ある意味ではこの両方の教材のポイントを良いトコ取りしているような教材という感じです。

実際に投稿していく動画は、文字通り「トレンド」を狙った動画なのですが、動画の作成そのものはネット上で揃えられる素材を使って作るノウハウが提唱されているので、

「トレンド動画を既存の素材で作って稼ぐノウハウ」

これを提唱しているいるのが、この「YTM∞(MUGEN)」という教材なわけです

ですので、私が現在、推奨している「エビルユーチューバー」ほど、グレーな動画を狙っていくものではないものの、そのエッセンスはかなり共通している部分も多いと思いました。

対して「動画撮影」というプロセスは含まれないものの、もう1つ私が推奨している「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」で提唱されてるYouTubeで稼ぐ為のポイントも押さえられているので、

「YouTubeアドセンスで稼ぐ為の基本」

となるポイントやノウハウも、しっかりと1から丁寧に解説されています。

また、ここ最近のYouTube事情を踏まえての注意点や動画作成、動画投稿、チャンネル戦略のポイントも網羅されていますので、YouTubeアドセンスの教材としては申し分のないものだと思ったのが率直なところです。

ただ、教材の販売価格が29800円と「やや高め」なのが難点と言えば難点でしょうか。

ですが、仮に私が推奨している2つの教材を購入した場合も金額的には同じくらいになります。

その上で、私が推奨している2つの教材を手に取るか、この「YTM∞(MUGEN)」を手に取るかで、見方によっては、この「YTM∞(MUGEN)」の方を選択する優位性が無いわけではありません。

「動画撮影などの手間は避けたいけど、著作権ギリギリのグレーな動画を作って投稿していくようなノウハウの実践にも抵抗がある」

こういう人には、まさに今回の「YTM∞(MUGEN)」が最適なんじゃないかと思います。


「YTM∞(MUGEN)」銀次オリジナル特典


今回の「YouTubeトレンドマーケティング∞(MUGEN)」ですが、こちらの教材には私からのオリジナル特典とあるアフィリエイターさんとの「コラボレーション特典」をそれぞれご用意させて頂きました。


銀次オリジナル特典(1)

Youtube×情報商材アフィリエイト~虎の巻~


この教材は「Youtubeアドセンス」で稼ぐ事をメインにしている教材ですが、それだけ動画が再生されるという事は、実際はその動画にちょっとした「仕込み」を仕掛けていくだけで、普通の「アフィリエイト」も行っていく事が出来ます。

とくに「あるジャンルの情報商材」は、面白いようにバンバン売れていくので、この特典にはその「あるジャンルの情報商材」をYoutubeを使って売り込んでいくノウハウをまとめました。

その「あるジャンル」というのが「Youtubeで稼ぐ系の情報商材」です。

Youtubeを見ているような人からしてみれば、やはり「Youtubeを使って稼ぐ」という事が謳われている情報商材は、非常に興味を引き易く、成約も取り易い傾向にあります。

それこそ、この「YTM∞(MUGEN)」や、その引き合いに出してきた「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」「Evil Youtuber Subject」。

また、私が兼ねてから推奨している「Giga Tube」なんかも、この方法で紹介していくと、本当に面白いように売れていきます。

何故なら、それだけの圧倒的な再生回数を稼ぎ続けられるからです。

下手な鉄砲も数を打てば当たるという格言がありますが、これはかなりマッチング性の高い商品を多くのYoutube利用者に見せていける戦略ですので、相応の売上が上がっていく事は容易に想定して頂けると思います。

実際にYoutubeを利用している人のフラットな目線で「YTM∞(MUGEN)」「Evil Youtuber Subject」「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」「Giga Tube」などのセールスレターを読んでみてください。

YTM∞(MUGEN):http://ytm-mugen.info/
Evil Youtuber Subject:http://evilyoutuber.black/
Youtube-Ads Capture Sheet CLUB:http://yutubeinfo.org/info/tokuad.html
Giga Tube:http://evilyoutuber.black/gigatube/

Youtube利用者にこれらを見せつけていけば「売れていって当たり前」だと思いませんか?

その「具体的な戦略」をこの特典でガツンと公開しています。


銀次オリジナル特典(2)

Youtube×リストマーケティングマニュアル


続いてこちらは、もう先ほどの「Youtube×情報商材アフィリエイト~虎の巻~」を踏み込んだノウハウになります。

先立つ「Youtube×情報商材アフィリエイト~虎の巻~」がダイレクトにYoutubeで稼ぐ系の情報商材を売り込むものであるのに対し、こちらは一度「リスト」を取ってからのマーケティングを仕掛けていくノウハウになります。

その仕掛け方をうまくやれば、ダイレクトに売り込んでいくよりも遥かに成約率を高められますし、何より取得していったリストは、後々もマーケティングを仕掛けていける財産になっていきます。

既にブログやメールマガジンなどをやっているようなアフィリエイターさんには、かなり良質な集客ルートを1つ開拓できるようなノウハウだと思ってください。

これも「YTM∞(MUGEN)」における、圧倒的な再生回数があるからこそ、そこから良質なリストを抜き取っていく事が出来ます。

とくにLP(ランディングページ)のようなものを自身で用意しなくても、しっかりとリストを取っていけるノウハウを提供しますので、初心者の方でもこれを境に「リストマーケティング」や「メルマガアフィリエイト」を始めていくのもアリだと思います。

Youtubeアドセンスからの収入をしっかりと稼ぎながら、リストをコツコツと構築していき、相乗して収入源を構築していけるというわけです。


銀次オリジナル特典(3)

銀次の個別メールサポート+Q&Aレポートのシェア
銀次トレンドアフィリエイトサポート倶楽部永久入会権


こちらは私のオリジナル特典の内容も含めた私、銀次によるサポート特典になります。

また、多く頂くような質問等があれば、こちらの特典を手にした方へ向けてのQ&Aレポート等も補足的に配布していきますのでこちらも併せて是非、利用してみてください。

Youtubeアフィリエイト、Youtubeからのリストマーケティング、メルマガアフィリエイト。

私自身、それぞれの分野でそれなりの実績を出してきていますので、それなりのサポートはしっかりとさせて頂きます。


銀次×井上太一コラボレーション特典(1)

“世界”を狙え!英語圏を狙う動画投稿戦略


こちらは私とのコラボ特典として、アフィリエイターの井上太一さんから提供いただいた特典になります。

その内容としては、世界・・・というか英語圏(アメリカとかヨーロッパ方面)からアクセスを集めるための戦略が提唱されています。

Youtubeは世界各国の動画を共有して、世界中のユーザーが見ているサイトですから、実際は世界中のアクセスを集める事も可能なサイトなんです。

その上でYoutubeアドセンスについては、海外からのアクセス(動画再生)でも、広告収入が発生する事になっているので、もし世界的なアクセスが引っ張れると相当な再生回数になるわけです。

例えばこちらの動画などですね。



再生回数、2700万回なので、広告収入にして既に270万円相当を稼ぐ動画です。

しかもこの再生回数が日に日に伸びているという、、、

ゲームセンターにあるガムボールマシンを撮影しているだけなので、日本でも普通に撮影できるような動画です。

というかガムボール計の動画は全般再生回数が凄くて、これは完全に世界のユーザーが再生回数を伸ばしてる典型例です。

こういう世界的な再生回数を稼げそうな動画の作り方というか、その考え方と狙い方がマニュアル化されているとうものです。。

ちなみにこれは「YTM∞(MUGEN)」の方でも解説されているポイントなのですが、もそこにプラスαの情報、視点を加えられていますので、こちらも併せて参考にして頂くとより結果を出し易くなるはずです。


銀次×井上太一コラボレーション特典(2)

動画再生数を格段に上げる6つのキーワード戦略


こちらはYoutube動画におけるキーワード戦略を6つの具体例で明確にしたマニュアルになります。

極論、そのままのキーワードを狙っても構いません。

と言っても、6つのキーワードを明かしているのではなく、あくまでも6つのコンセプトでキーワードを出していく「方法」を提案しているものなので、この特典を手にした人だけであればまず競合はしません。

ただ、これは実質的に一番重要なポイントでもあるので、YouTubeアドセンスで稼げていない人がいるとすれば、おそらくこのキーワード戦略が本編の方では抽象的過ぎたのでそのせいで稼げていない可能性がかなり高いです。

でも、この特典があればそこは間違いなくクリア出来ます。

このような形で「特典」という形で提供するレベルだからこそ、かなり具体的なところまで明かせた内容ですね。


銀次×井上太一コラボレーション特典(3)

そのキーワード戦略に沿った3つの「在宅動画」作成方法


その上で、こちらは先立って解説した「キーワード戦略」に沿った動画の作成方法を提唱するものになります。

Youtubeも、ブログと同じようにキーワードを決めたら、そのキーワードに沿った動画を作らなければいけません。

キーワードに沿った記事を書くのと一緒です。

とくにYoutubeアドセンスで効率的に稼ぐコツは、まず最初に再生回数を稼げそうなキーワードを決めて、そのキーワードに沿った動画を作る事です。

そして、その動画が面白い方に越した事はありません。

これもブログの記事と同じ理屈です。

いかにそのキーワードに沿った面白い動画、もしくはニーズに沿った動画を作れるかがポイントです。

一見、そこが難しそうに感じられるのですが、この特典コンテンツでそこは完全にクリアしています。

基本、自宅で(在宅で)動画を撮影、作成したい人向けに3つの動画作成方法が「具体的」に解説されています。


銀次×井上太一コラボレーション特典(4)

そのキーワード戦略に沿った4つの「外出動画」作成方法


同じく、こちらも具体的な動画の作成方法を解説するコンテンツで、こちらは在宅では無く「外で」動画を作成する方法が解説されています。

こちらの内容は一見は「在宅動画」の方が手軽に感じられるかもしれません

ですが、意外にやってみると「外出動画」の方が、手軽に再生回数を稼げるものを作り易いものなはずです。

何故なら、在宅動画はどちらかというと、自分で何かをする必要があるものなのに対して、この外出動画は「既にあるものを撮影するもの」が大半だからです。

故にいざやってみると「こっちの方が楽かも」と思うものが多いわけです。

勿論、お住まいの地域や環境によっては、実践出来ないものもあると思いますが、旅行先で手軽に出来るものもあるので、方法としては知っておいて損は無いものばかりです。

逆にこれらを全てマスターすると、日常生活が「お金になる事だらけ」に思えてくるんじゃないかと思います。

在宅動画を作成する方法、外出動画を作成する方法、いずれの方法も誰もが日常的に出来る方法なので、どれも全て実践出来ないという事はまずありえません

こちらも間違いなく参考になる動画事例ばかりだと思います。


銀次×井上太一コラボレーション特典(5)

某Youtuber直伝。更に具体的な3つ「稼げる動画」の作り方


こちらは以前に井上太一さんが特典マニュアルを作成した際に協力してもらった知人の某Youtuber(実は結構有名な人)に、

「また何か、特典としてコンテンツに出来る動画ネタとか無いですか?」

と相談して渋々教えてもらった3つの動画事例だそうです。

これ自体がかなり作り易い動画なので、いずれも即戦力になる動画作成ノウハウかと思います。

一応、現時点で追加提供しているノウハウは下記の通りです。

『再生時間は1時間、作成時間はわずか5分。今の時代だからこそ求められている「癒し」をテーマにしたあるキャプチャ画像を重ねていくだけでのPC作成動画』

これは無料でサクサクと集められるあるキャプチャ画像を重ねてちょっと、長めの動画を作る方法です。

実はこの系統の動画には信じられない程の需要があり、長期的な再生回数を稼ぎ続ける事が出来ます。

PC一台で手軽に作れるかなりおいしい動画の作成方法です。

『実は誰でも入り込める「ある場所」でカメラを回せば撮影できる、幅広い層から継続的な再生回数を安定して稼ぎ出せる鉄板動画』

これはネタを聞いて「なるほど!」と思いました。

こういう動画を撮影しようと思わない限りは、まず足を運ぶような事は無いような場所ですが、それだけにまだ競合も少ないおいしいスポットだと思います。

いつでもどこでも撮影できるものではありませんが
ある時期になるとどこの地域でも頻繁に撮影する事が可能になります。

考えようによっては各地域を回ってこの動画をひたらら撮影し、投稿していくだけでも十分な収入源を確保できるかと思います。

『アンチがいればそこにはマニアもいる。男性層から安定した再生数を堅実に稼ぎ出せる、どこの街にもある「あの場所」で撮影できるある動画』

これは正直、「こんな動画、誰が見るの?」という動画なんですが、そんな人がいる動画こそ底知れぬマニア層からの安定した需要があるみたいです。

現にこの系統の動画の再生回数は凄い事になっているので。。

とくにこれは男性層からは絶大な需要がある動画で、街のある場所で比較的頻繁に撮影できるある動画です。

撮影自体はわりと簡単なのでこれもかなり即効性のあるノウハウです。


「Youtube」という選択肢を選ぶなら。


この手のYoutube系の情報商材は「ネットビジネスにおける選択肢」としては十分に取り込んでおく価値はあると思います。

初心者向けという観点でもかなり優位性がありますので、トレンドアフィリエイト、せどり、転売、など、これまで「初心者向け」と言われていたビジネスに対してもこのYoutubeアドセンスという選択肢は引けを取りません。

というかむしろ一番・・・かもしれません。

Youtubeアドセンス自体はそういう見方も十分に出来る本当に取り組みやすく、稼ぎやすいビジネスだと思います。

月収ウン百万円とか、そういうステージを目指す派手なビジネスモデルではありませんが、コツコツと結果を出していく上では、ある意味、かなりの確実性もあるビジネスだと思います。

ですので、興味があれば一度、セールスレターだけでも読んでおいてください。

>YouTubeトレンドマーケティング∞(MUGEN)

タグ

2017年5月30日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

加藤浩太郎のGIFTパートナーズ THE FINALは詐欺なのか。

いきなりですが質問です。

近所を歩いていると見知らぬ「おじいちゃん」が出会い頭、あなたにこう言いました。

「私に10万円を支払ってくれたら、毎月最低10万円を生涯に渡って差し上げますよ。」

あなたはそのおじいちゃんに10万円を支払いますか?

・・・まず、支払いませんよね。

ですが、こんなレベルのオファーが情報商材業界では普通にまかり通ってしまい、まんまと10万円を支払ってしまう人がいるみたいなんです。

今日取り上げるのは、まさにそんな「あんた誰?」という『おじいちゃん』が、そういうアホらしい提案をしているこちらのオファーになります。

加藤浩太郎のGIFTパートナーズ THE FINAL

・URL:http://giftproject2017.net/final/partner

(特定商法表記)
・合同会社SOULEIADO
・加藤浩太郎
・東京都目黒区五本木2-23-12

加藤浩太郎のGIFTパートナーズ THE FINALについて。


私から見ると、この「GIFTパートナーズ THE FINAL」というオファーは普通に、

「私に10万円を支払ってくれたら、毎月最低10万円を生涯に渡って差し上げますよ。」

というレベルの提案にしか聞こえないのですが、実際、これに興味を持ってしまっている人や、既に10万円を支払ってしまっている人が少なからずいるみたいです。

少なくとも、この「GIFTパートナーズ THE FINAL」を提案している「加藤浩太郎」なる人物は全く知りませんし、ネットで検索しても出て来る情報はこの「GIFTパートナーズ THE FINAL」絡みのものだけです。

それこそ、この「GIFTパートナーズ THE FINAL」の案内ページでは、

『既に全国で500~600名の方に最低でも毎月10万円、総額6000万円以上をギフトし続けている』

と豪語しているわりに、その既存の500~600名の情報が何1つ出て来ないわけですね。

少なくとも、全国500~600名もの人を対象に何らかのサービスを提供しているなら、その500~600名を集めた先立つ案内や何らかのオファーがあって然るべきだと思います。

ですが、そういった情報は、この「加藤浩太郎」なる人物でいくら検索を行っても出てきません。

この時点で『既に全国で500~600名の方に最低でも毎月10万円、総額6000万円以上をギフトし続けている』という話は普通に「自称」の域を超えないものだという事です。

強いて「ネットで情報が出て来ないから嘘だ!」と断定するつもりはありませんが、その「裏」を取れないのも事実ですので、その真偽は「分からない」というのが実状なのは間違いありません。

要するに、その「自称」している話を信じるかどうかです。

・・・まあ、普通は信じない、、、ですよね。

同じく「自称」のレベルで言えば、この「加藤浩太郎」なる人物はFX一筋で資産80億円以上を築いているそうです。

ですが、それを証明する情報、裏付けになるようなものは案内ページには何も掲載されていません。

ですので、これも普通にその「自称」している話を信じるかどうかの域を超えないものです。

つまり、この「GIFTパートナーズ THE FINAL」というオファーは、

・自分はFXで80億円の資産を築いた
・全国で500~600名に毎月10万円以上をギフトし続けている
・あなたもその仲間に入れてあげるから10万円払ってね


というものであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

また、仮に10万円を支払った後の流れも、

1:証券口座をマニュアル通りに開設する
2:30万円ほどの資金を証券口座に入金する
3:加藤浩太郎氏のシステムと証券口座を連動させる
4:毎月最低10万円以上のギフトが証券口座に届くのを待つ


このようなものになっていますので、これを見てまずハッキリしている事は、この「GIFTパートナーズ THE FINAL」は資金30万円から始められるFXのシステムトレードだという事です。

要するに「加藤浩太郎」なる人物が運用している(一応、そう自称している)システムトレードでFXをやれば30万円の資金から毎月10万円以上は稼げると言っているだけのオファーなんですね。

そして、その先立つ資金30万円についても、

「入金して頂く30万円をあなたの財布から出して頂くなんて事は一切ありません」

「極秘の【30万円確約パッケージ】を使う事でささっと30万円を入手する事が出来ます。」


と、これまた意味不明な事を言っていますが、この「30万円の稼ぎ方」については、これ以上の言及は何もされていません。

まあ、これはせいぜい「自己アフィリエイトで地道に30万円を作りましょう」とか、そういうレベルの情報が提供されて終わりだと思います。

その30万円を元手に、この「加藤浩太郎」なる人物が提供するシステムトレードに依存してFXをやる。

この「GIFTパートナーズ THE FINAL」の実体はただそれだけの話なのですが、その「システムトレード」の方のトレード実績やロジック、勝率などは、この案内ページには何も書かれていません。

普通、システムトレードのソフトなどを提案するオファーであれば、そのトレード実績やロジック、勝率などを全面的にアピールするはずなんですが、このオファーではあえてそれをしていないわけです。

結局、そこをアピールできるレベルのシロモノではないので、そこには一切触れずに「私があなたに毎月10万円以上をギフトします!」という謳い文句ばかりを強調しているんですね。

ですので、この「GIFTパートナーズ THE FINAL」は、30万円の元手も極秘の【30万円確約パッケージ】なるもので簡単に稼げるような事も書いていますが、そこも含めて情弱層を相手にした安易なオファーでしかありません。

システムトレードで30万円の資金から毎月10万円の利益を生み出すなんて、まず不可能に近い事ですから、そこは一度、投資の業界、FXの世界の現実を知った方がいいと思います。

要するにこの「GIFTパートナーズ THE FINAL」は、

・自分は80億円の資産を築いた
・全国で500~600名に毎月10万円以上を稼がせている


という事を「自称」しているだけのシステムトレードの仕組みに10万円を払えと言っているだけのオファーだという事です。

そのトレード実績も勝率もロジックも分からないシステムトレードに10万円なんて、FXを実際にやっている人なら、まず払わないですからね。

このオファーに興味を抱いてしまう時点で、私的には「やばい」と思いますので、そういう人はもう少し情報を冷静に分析できる目を養うようにした方がいいと思います。

間違っても、こんなレベルのくだらないオファーに大事なお金を投げ込まないでください。

以上、加藤浩太郎のGIFTパートナーズ THE FINALについてでした。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年5月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

リアライズ(末永雄也、阿部大地朗)メルカリ転売

末永雄也という方が、以前に「阿部式せどり塾」で大炎上していた阿部大地朗(阿部ダイジロウ)氏と組んで、転売関連教材(高額塾?)のプロモーションを展開しているみたいです。

リアライズ

・URL:http://clp-a.net/lp/1pljub/

(特定商法表記)
・リアルマーケティングジャパン株式会社
・末永雄也、阿部大地朗
・鹿児島県鹿児島市紫原6-33-9

リアライズ(末永雄也、阿部大地朗)メルカリ転売


一応、阿部大地朗(阿部ダイジロウ)氏はインタビュアーとして登場していますが、正直、この人が絡む転売系の教材という時点で、私は全く良い印象を抱けません。

というか、マイナス印象しか抱けないです、、、。

実際「阿部ダイジロウ」「阿部式せどり塾」等のキーワードで検索をすれば、ほぼマイナスな情報しかヒットしませんので、この名前が絡む事に何のメリットがあるんだろうと思ってしまいます。

そういう点で、私がこの「リアライズ」という企画を運営する末永雄也さんの立場なら、こんなマイナス印象にしかならない人を「絡ませよう」とは絶対に思いません。

にも関わらず、こうして普通に絡んでいるのは何故か。

考えられる理由は1つだと思います。

結局、この「リアライズ」という企画自体が、阿部大地朗(阿部ダイジロウ)氏が中心に打ち立てられているものなんじゃないでしょうか。

要するに、末永雄也という人はその表向きのマスコットのような人物でしかなく、阿部大地朗(阿部ダイジロウ)氏がインタビュアーとして登場しているのは、その演出なんじゃないかという事です。

まあ、その裏側は正直、どうでもいいのですが、こうして阿部大地朗(阿部ダイジロウ)氏がこうして大々的に絡んでいるという時点で、この「リアライズ」という企画自体が「怪しい」という事に変わりはありません。

実際、阿部大地朗(阿部ダイジロウ)氏は大炎上した「阿部式せどり塾」以降も多くの転売系の高額塾や企画に絡んで、そういったものでも悪評を増やしてしてきている実状がありますからね。

それこそ、ほんの少し前まで、この阿部大地朗(阿部ダイジロウ)氏は株式会社ライセンスプラスという会社を介して、

『ただ参加するだけでパソコンもスマホも使わず毎月10~300万円の完全な不労所得を得られる史上最高の60億円現金分配企画』

といったようなものをやっていました。

もう、このキャッチコピーの時点で、それ以上、詳細を知りたいとも思わなかったので、私はとくに触れもしませんでしたが、要するに、こういう謳い文句で人を企画をやるのが好きな人だという事です。

「作業も努力も不要!何もしなくていいので参加してください!!」

みたいな事を言って、とりあえずお金は取る・・・。

過去に「阿部式せどり塾」というウン十万円の塾を大炎上させている前科もある人のこんな企画にお金を出す人の気が知れません。

それこそ今回の「リアライズ」という企画でも、頭のオファーでは

『10万円を確実に保証する!』

という事だけを謳っていて、やはり何をするのか。何をすれば10万円を保証してくれるのかはシークレットというオファー内容になっていました。

ですが、そのプロモーション動画に順を追って付き合っていくと、これは「メルカリ転売の稼ぎ方を教示するオファー」である事は分かるようになっています。

アマゾンで仕入れてメルカリで売るというノウハウみたいですね。

まあ、今回も案の定、阿部大地朗(阿部ダイジロウ)氏がお得意?の転売系の情報(オファー)だったという事ですが、アマゾンとメルカリを利用した転売のノウハウというのはちょっと目新しさにも欠ける気がします。

それが本当に有効なノウハウなら何の文句も無いのですが、阿部大地朗(阿部ダイジロウ)氏が絡む企画は確実にウン十万円という高額な受講料を吹っかけてくるのが通例です。

そして、そこには傍目から見ると手厚いように感じられる保証やら何やらが付いているのですが、そこには大抵、大きな「落とし穴」が待っているわけです。

実際、当初の「阿部式せどり塾」がそうだったわけですから。

ですので、この阿部大地朗(阿部ダイジロウ)氏が絡む事案は、高額な価格設定で派手な謳い文句だけを並べ、再現性の薄い「それらしい転売ノウハウ」を提供しているだけなのがこれまでのパターンです。

今回の末永雄也という方が提唱している「リアライズ」という企画も、そのお決まりパターンである可能性が非常に高いと思いますので、派手な謳い文句や保証に騙されないように注意してください。

もし、阿部ダイジロウ氏の事をこのリアライズの企画で初めてしったような人は、

「阿部ダイジロウ」「阿部式せどり塾」

この辺りのキーワードで情報検索してみる事をお勧めします。

以上、末永雄也という方が提唱している「リアライズ」というメルカリ転売のオファーについてでした。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年4月17日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

てんばい!ザ・ワールド(玉谷王介、株式会社キュリアスコープ )レビュー

インフォトップの方で「輸出転売の情報商材」が売上上位に出ているな~と思ったら、その販売者、販売元は、以前にも似たような情報商材を販売していた人達でした。

その販売者(ノウハウの提供者)も販売会社(販売元)も、どちらもあまり良い印象、良い評判を聞かない人達なので、その時点で微妙な商材なのですが、そこも含めて一応、取り上げておきます。

てんばい!ザ・ワールド

・URL:http://www.tb-t-w.com/t-world/index.html

(特定商法表記)
・株式会社キュリアスコープ
・玉谷王介、岩崎秀秋
・北海道札幌市中央区南6条東3丁目1-2 レノンテラーザ6-3 3F

てんばい!ザ・ワールド(玉谷王介)レビュー


まずノウハウ(教材)を提供したとされる「玉谷王介」という人は、以前、株式会社玉手箱という法人名義でアマゾンを利用した輸出転売の教材を販売していた人です。

・真・アマゾン輸出ノウハウ
・Amazon自動売買システム たますぎ倶楽部


商材名で言うと、このようなものを玉谷王介という人自身が代表を務める会社から販売していました。

どちらも商品名で検索をすると、それなりに情報が出てきますが、あまり良い評判は出てきません。

前者の「真・アマゾン輸出ノウハウ」の方は、私も実際に購入して内容の方にも目を通しましたが、当たり障りのない基本的な事が長々と書かれているだけの輸出マニュアルという印象でした。

まあ、初心者向けだな・・・と思ったのが率直な感想で、値段が確か1万円前後だったので、価格のわりには情報が薄かったわけです。

実質的には、ほぼネットで調べられるような情報が大半だったからですね。

それこそマニュアルのページ数だけを言えば300ページ以上のボリュームはあったのですが、アマゾンのアカウントを取得する手順だけで相当なページ数を割いていたような記憶があります。

こちらの記事の投稿日を見る限り、レビューしたのはもう1年半くらい前なので、私の記憶もそこまで鮮明ではないのですが、とにかくボリュームのわりに内容が薄いマニュアルだった事は間違いないです。

>真・アマゾン輸出ノウハウのレビュー(玉谷王介)

ちなみにこの「真・アマゾン輸出ノウハウ」のセールスレターでも、

「アマゾン輸出初心者でも初月に月収100万円を実現したノウハウ」

という事を大々的に謳っていましたので、結局、公開されている内容、ノウハウは、ほとんど変わっていない可能性があります。

実際、今回の「てんばい!ザ・ワールド」のセールスレターにある「実践者の声」は「真・アマゾン輸出ノウハウ」のセールスレターにアップされていた人のコメントがほぼそのまま使い回されていますからね。

<てんばい!ザ・ワールド実践者?>


<てんばい!ザ・ワールド掲載コメント>
玉助さん
教材販売おめでとうございます!

玉助さんのコンサルを受けた結果、アマゾン輸出開始1ヶ月目から
まさかの売り上げ430万、粗利110万突破しちゃいましたf^_^;

輸出の初月というだけではなく、
コンサル自体がスタートした月だというのに、
いきなり粗利100万以上稼げたのは本当に嬉しかったです!

1ヶ月目でお支払いしたコンサル費の
何倍もの利益を出しちゃってすみません!(笑)

そして今では月商1000万円くらいまで
稼げるようになりました。

本当にありがとうございます!

販売される教材の内容を先に聞かせてもらいましたが、
これ、ハッキリ言ってずるいです。

私が学んでないことまで書いてるじゃないですか(笑)

こんな内容まで学べるなら
私の記録も塗り替えられちゃうかもしれませんねf^_^;

<真・アマゾン輸出ノウハウ実践者?>


<真・アマゾン輸出ノウハウ掲載コメント>
玉助さん
教材販売おめでとうございます!

玉助さんのコンサルを受けた結果、アマゾン輸出開始1ヶ月目から
まさかの売り上げ430万、粗利110万突破しちゃいましたf^_^;

輸出の初月というだけではなく、
コンサル自体がスタートした月だというのに、
いきなり粗利100万以上稼げたのは本当に嬉しかったです!

1ヶ月目でお支払いしたコンサル費の
何倍もの利益を出しちゃってすみません!(笑)
本当にありがとうございます!

販売される教材の内容を先に聞かせてもらいましたが、
これ、本当に簡単に稼げちゃうでしょ(笑)

私の記録も塗り替えられちゃうかもしれませんねf^_^;

<てんばい!ザ・ワールド実践者?>


<てんばい!ザ・ワールド掲載コメント>
玉助さん、「てんばい!ザ・ワールド」の販売おめでとうございます!

Amazon輸出を始めた当初はなかなか結果が出なくて悩んでいました。

ある時、たまたま読んでいたメルマガに”コンサル生募集します!”という記事が・・・。
少し悩みましたが、これでダメだったらAmazon輸出を辞めようという気持ちでコンサルに応募しました。
コンサルをしていただいた結果、

「人生変わりましたー!」

と言うと大袈裟ですが、収入は格段に上がりました!

コンサルを受ける前は平均収入10万円程度でしたが、
コンサルを受けてからは平均収入70万円まで得ることが出来ました!
そう、コンサルをしていただいた方が玉助さんです!

今では月商700万が当たり前に売りあがるようになりました。
本当にありがとうございます!

今回販売される教材を先にいただいたのですが、
セラーアカウントの作成方法や売れ筋かつ利益が取れやすい商品の探し方、

自己発送時の梱包、発送についてなども誰が見ても分かりやすく、
非常に丁寧に書かれています。

また、アカウント状態を良好に保ちつつビジネスを継続していく方法など
「攻め」だけでなく「守り」の部分まで非常に丁寧に書かれています。
いくら売り上げを伸ばしていてもアカウント停止になると収入は「0」になりますからね(^^;)

ここまで作り込まれた教材はなかなか無いと自分は思いますので、
これからAmazon輸出を始めようとする方やなかなか結果のでない方に自信を持っておススメします!
でも、ぶっちゃけあまり世に広めてほしくないのが本音です(笑)

<真・アマゾン輸出ノウハウ実践者?>


<真・アマゾン輸出ノウハウ掲載コメント>
玉助さん、教材の販売おめでとうございます!

Amazon輸出を始めた当初はなかなか結果が出なくて悩んでいました。
ある時、たまたま読んでいたメルマガに”コンサル生募集します!”という記事が・・・。
少し悩みましたが、これでダメだったらAmazon輸出を
辞めようという気持ちでコンサルに応募しました。

コンサルをしていただいた結果、

「人生変わりましたー!」

と言うと大袈裟ですが、収入は格段に上がりました!

コンサルを受ける前は平均収入10万円程度でしたが、
コンサルを受けてからは平均収入70万円まで得ることが出来ました!
そう、コンサルをしていただいた方が玉助さんです!

コンサルを受けた時に今回販売される教材をいただいたのですが、
セラーアカウントの作成方法や売れ筋かつ利益が取れやすい商品の探し方、
自己発送時の梱包、発送についてなども誰が見ても分かりやすく、
非常に丁寧に書かれています。

また、アカウント状態を良好に保ちつつビジネスを継続していく方法など
「攻め」だけでなく「守り」の部分まで非常に丁寧に書かれています。

いくら売り上げを伸ばしていてもアカウント停止になると
収入は「0」になりますからね(^^;

ここまで作り込まれた教材はなかなか無いと自分は思いますので、
これからAmazon輸出を始めようとする方やなかなか結果のでない方に
自信を持っておススメします!

でも、ぶっちゃけあまり世に広めてほしくないのが本音です(笑)

違う教材へのコメントとは思えないくらい、掲載コメントの内容がほとんど同じですよね?

という事は今回の「てんばい!ザ・ワールド」は、前作の「真・アマゾン輸出ノウハウ」のただの焼き回しなのかもしれません。

であえば、値段もそのまま2倍の19800円になっていますから、全くもって評価する余地はないというか、私的にはよりお勧め出来ない教材という感じです。

それこそ今回の「てんばい!ザ・ワールド」は販売元(販売会社)が、更に悪名高い「株式会社キュリアスコープ」という情報販売会社になっていますからね。

そこも危険度を高く感じさせる大きな要因に他なりません。

それこそ、前作の「真・アマゾン輸出ノウハウ」を単純に「キュリアスコープ名義」で改めて販売しているだけの可能性もあるからです。

その株式会社キュリアスコープに持っていかれる取り分があるため、教材の販売単価も2倍になったというだけの可能性も大いにあるわけです。

何にせよ、以前は自身が代表を務める「株式会社玉手箱」の名義で教材を販売していたにも関わらず、何故、ここまで悪評が高い情報商材の販売会社から教材を販売するのか理解に苦しみます。

私からすると、販売者の玉谷王介さんにはマイナスイメージしかないと思うんですが・・・。

まあ、株式会社キュリアスコープは「販売力」はあるというか、転売系の情報商材を売るにはもってこいの「顧客リスト」は大量に持っていますからね。

その辺りの「目先の利益」に吊られてしまったという話なのかもしれません。

そういった裏の事情はよくわかりませんが「実践者の声」という形で掲載されている情報の重複コメントを見る限り、以前の教材内容とほぼ変わらないものが再度、販売されただけの可能性は非常に高いです。

それであれば、新たに評価する価値もありませんし、価格も約2倍になっていますので、私はお勧めしません。

前作の「真・アマゾン輸出ノウハウ」にも同じような事は批評はしていますが

「調べれば分かるノウハウを寄せ集めて詳しく説明しているだけ」

という印象が強い教材でしたので、そのレベルの転売教材に19800円もの価値は、私は無いと思います。

あと、株式会社キュリアスコープが絡んだという時点で、どうしても「イメージが悪すぎる」というのもありますね。

この業者が販売する転売系の情報商材は、本当にろくなものが無かったので。

いずれにしても、この「てんばい!ザ・ワールド」については、以前の「真・アマゾン輸出ノウハウ」のレビューをそのまま参考にして頂いて問題ないんじゃないかと思います。(実践者のコメントがほぼ同じなので)

>真・アマゾン輸出ノウハウのレビュー(玉谷王介)

以上、新たにインフォトップで売れ筋になっていた「てんばい!ザ・ワールド」の批評でした。

是非、参考にしてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年3月26日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

詐欺?重政式新アフィリエイト「6億自動システム」(重政成明)レビュー

インフォトップの方で、一応「アフィリエイトの教材」を銘打っている情報商材が売上ランキングの1位に入っていました。

重政成明という人が販売している『重政式新アフィリエイト6億自動システム』という教材なのですが、ハッキリ言うと、これはかなり「要注意」な情報商材なので、その警告も兼ねて取り上げておきます。

重政式新アフィリエイト「6億自動システム」

・URL:http://flickr-style.jp/asa/

(特定商法表記)
・重政成明
・広島県福山市神辺町上御領426

重政式新アフィリエイト「6億自動システム」(重政成明)レビュー


まず、この『重政式新アフィリエイト6億自動システム』を販売している、重政成明という販売者ですが、過去にもこの手のネットビジネス系の情報商材を幾つか販売しています。

その頃から常に「月商6億」を自分の実績として謳っているのですが、それを裏付ける証拠や情報は、ハッキリいってどこを探しても出てきません。

インフォプレナー(情報商材の販売)であれ、アフィリエイターであれ、月に6億円もの数字を上げていれば、普通に目立った情報が何かしら出て来るはずなんです。

ですが、この重政成明という人にはそれを裏付ける情報が何も出て来ないわけですね。

一応、この『重政式新アフィリエイト6億自動システム』のセールスレターには、このような実績画像にあたるものを掲載してはいますが・・・



正直、このような報酬実績のキャプチャ画像など、幾らでも捏造が出来てしまいますので、何のアテにもなりません。

もし、これが「インフォトップ」の売上実績などであれば、インフォトップの決済を利用する際の審査段階で、その画像が「本物か」の裏を取られるんですけどね。

少なくとも、このキャプチャ画像はインフォトップのものではないので、そういったインフォトップの審査時点でも、この実績画像が本物かどうかはチェックされていないわけです。

というか、このキャプチャ画像に出ている報酬画面自体、私は何のサイトのものかさえ分からないので、根本的に捏造されたものでしかない可能性は非常に高いです。

また、更に言うと、このキャプチャ画像は「商品売上合計」という数字が5億9800万円くらいになっていて「支払い合計?」という意味不明な数字が32万円という数字になっています。

そこに「アフィリエイト売上げ総合計」という項目があって、そこが250万円という数字になっていて、

「商品売上合計」「支払い合計」「アフィリエイト売上げ総合計」

この3つを合計したものが6億円ちょっとになるという、かなり「意味不明な明細画像」なんです。

そもそも、この『重政式新アフィリエイト6億自動システム』なる教材は「アフィリエイト」の教材なわけですから、アフィリエイターとしてアフィリエイトで稼いだ実績を示すべきでは?と思うんですけどね。

その辺りから、この重政成明という人は、このキャプチャ画像で何をアピールしたいのかもよくわからない感じになっています。

こういうところも含めて「もしかすると、ネットビジネスは根本的に素人なのでは?」と思ってしまうのは私だけなんですかね?

加えて、私がそのように思ってしまうのは、この重政成明という人が以前に販売していたこちらの情報商材の「セールスレター」とその「教材内容」の方にも起因する部分があります。

>詐欺?You Tubeアフィリエイト大百科【完全版】(重政成明)レビュー

詳細はこちらの記事を読んでもらえればと思いますが、この『重政式新アフィリエイト6億自動システム』の販売者である、重政成明という人が販売していた『You Tubeアフィリエイト大百科』という教材が、

・セールスレターの内容、レイアウト、デザイン
・情報商材の内容そのもの


これらがいずれも、他のわりと有名なYouTube関連の情報商材をほぼそのままパクった内容だったんです。

要するに、他人の情報商材のセールスレターや内容をほぼそのままパクるような形で、あたかも自分が確立したノウハウかのように販売していたんですね。

よく売れているセールスレターを真似る事や、特定の情報商材の内容を少し取り入れるというような事をやっているインフォプレナー(情報販売者)は、少なからずいるかもしれません。

ですが、ここまであからさまなレベルで、そのセールスレターと情報商材の内容を併せて完全にパクっているものは、少なくとも、私は初めて見ました。

一応、そのセールスレターの「パクり具合」については、先ほど紹介した記事の方でそれぞれを比較できる形で取り上げていますので、よろしければ併せてご覧になってみてください。

いかに、この重政成明という人が「適当な売り方」をして、情報販売をしているかが分かると思いますので。

ここまでのレベルで他人にセールスレターや情報商材をそのまま「パクる」ような行為は、私はビジネスそのものを適当にやっているとしか思えませんので、そんな人が月商6億なんて、まず嘘だろうと思ってます。

そんな姿勢で情報商材やセールスレターを作っているような人がそこまでの実績を上げられるはずがないからですね。

ですので、今回、インフォトップで売れてしまっている『重政式新アフィリエイト6億自動システム』も、私は、その辺の有名アフィリエイト教材を適当にパクっただけの情報内容としか思えません。

以前にそういう情報商材を売っているような人なんですから、今回も同じような事をしている可能性は非常に高いと思います。

あと、これはネット上の重政成明という人の評判で出て来る情報なのですが、この方は、自分の悪評に物凄く敏感な人のようで、自分を批判的に書いているブログなどに対しては、その運営会社の方に削除依頼を出してくるのだとか。

ただ、その中には

「重政成明さんの実績が本当である事を証明できるものを提示してくれれば評価を改めます」

というような事を明確に書いている人もいるようで、そういう人にも一方的な削除依頼を出してくるみたいですね。

まあ、月商6億というだけの大きな実績を掲げるからには、そこを疑われるのは当然だと思いますし、その「証拠」をしっかりと示そうとしないのは、傍目から見ると、やはりその実績が「嘘」としか思われないと気がします。

現に私もそう思ってますからね。

常識外の実績を大々的にアピールするなら、やはりその裏付けや証拠は示すべきですし、そこを言及されて、一方的な削除依頼・・・という姿勢は私はちょっとどうかと思ってしまいます。

まあ、仮にその実績が本当であっても、前回の情報商材の「パクり具合」を見る限り、この人の販売する情報商材には、全く期待を持てない事には変わりませんけどね。

ある意味、人の情報商材をパクるだけで本当に月商6億を稼いでいるなら大したものだと思いますが、それこそ、私は「ありえない」と思ってしまいます。

ですので、今回の『重政式新アフィリエイト6億自動システム』も、私は普通に要注意・・・としか言えません。

要するにお勧めはしないという事です。

今回も人の情報商材をパクっているだけの可能性が高いからですね。

楽だ、簡単だ、を強調しまくっているセールスレターも私は「どうなの?」としか思えませんので、そういうところも含めて、私なら絶対に手を出さない情報商材ですし、出して欲しくない情報商材です。

甘い謳い文句に騙されないようにしてください。

以上、重政成明という方の『重政式新アフィリエイト6億自動システム』という情報商材についてでした。

こちらの記事も併せて参考にして頂ければと思います。

>詐欺?You Tubeアフィリエイト大百科【完全版】(重政成明)レビュー

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年3月15日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

ASA~アタッチシステムアフィリエイト(阿田よしひさ)レビュー

「真面目な王道のサイトアフィリエイト教材」

そんな謳い文句の「サイトアフィリエイト」の教材がインフォトップの売上ランキング上位に入っていました。

レビュー依頼も何件か頂いていますので、今日はこの「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」をレビューしてみたいと思います。

ASA~アタッチシステムアフィリエイト

・URL:http://flickr-style.jp/asa/

(特定商法表記)
・株式会社フリッカースタイル
・中松裕太
・東京都港区芝5-13-11第2二葉ビル8F

ASA~アタッチシステムアフィリエイト(阿田よしひさ)レビュー


まず、率直な感想から。

アフィリエイトの教材としての100点満点があるとすれば、私の主観で言えば30点くらい。

この「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」のターゲットである初心者目線に落として、仮に初心者だった頃の自分がこの教材を手にしていた場合の評点だと20点くらいの教材です。

自分を「初心者目線」に落として内容を見ると、より点数が低くなってしまう教材という事ですね。

要するに、お世辞にも初心者に優しい教材とは言えない・・・という事です。

そう思った一番の要因は、肝心な「サイト作り」についての説明がかなり不十分なところで、このマニュアルで1から初心者が実践に踏み切るのは、かなり厳しいんじゃないかと思いました。

というか、普通に「無理」でしょうね。

少なくとも、この「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」で提唱されている「サイト」と呼ばれるものを、このマニュアルだけを読んで作るのは、私でも「難しい」と思います。

そもそも説明不足なところが多すぎるので、私くらいの経験者から見れば、それが「説明不足」というところに気付けますが、初心者の人はそこにさえ気付けない可能性が高いです。

その「説明不足」にさえ気付けないまま、マニュアルを一通り読み終えて、そのような初心者層の人が思ってしまうであろう事は、

「全く、作っていくサイトのイメージが湧かない・・・(見えて来ない)」

といった感想だと思います。

それこそ「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」のセールスレターには、筆者の阿田よしひささんが

「私は21個のサイトを運営して稼いでいます!」

というような事を豪語しているにも関わらず、マニュアル内には、その21個のサイトの1つさえ事例として紹介されていないんです。

要するに具体例、具体的な事例が全くないまま、かなり「不十分な説明」ばかりが独りよがりに書かれている・・・という感じなんですね。

事例、具体例がないなら、それらしい図解とか、それを補うだけの十分に詳しい説明が不可欠になるわけですが、このマニュアルには、その全てが揃っていないわけです。

ですので、私くらいアフィリエイトの経験があるアフィリエイターがマニュアルを読んで、その「説明不足」と思われる部分を経験則でカバーし、そこまでしてようやく

「こういうサイトを作っていけって事なのかな?」

というのが、ぼんやり見えてくる・・・そんなレベルのマニュアル内容でした。

サイトアフィリエイトの教材として、その作るべき「サイト」が見えて来ない、物凄く「わかりにくいマニュアル」だという事です。

それでも今の私目線で30点、初心者目線でも20点の点数を付けているのは、サイトアフィリエイトで効率的に稼ぐ為の「記事の書き方」にあたる部分には、少なからず独自性が見られたところ。

私が見る限りでも、この「記事の書き方」の部分は有効に思えたところ。

言ってみれば、このワンポイントを少し評価したというくらいです。

ただ、この「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」で提唱されている「記事の書き方」の部分は、こちらの教材で提唱されているものに非常に近い印象を受けました。

>文才ゼロから始めるWeb記事執筆術“才ゼロ

むしろ、この「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」の著者である阿田よしひささん自身が、相当この教材に影響されているのでは?と思えるくらい、その提唱ポイントが類似しています。

ですが、言っても「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」で提唱されている記事の書き方はマニュアル全編の中のほんの一部ですからね。

その「記事の書き方」の部分をフォーカスして比較するなら、明らかに「才ゼロ」の方を手に取った方が多くのものを得られると思います。

ですので、私が唯一評価した「記事の書き方」の部分を参考にしたいというのであれば、この「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」ではなく、先程ご紹介した「才ゼロ」の方を買ってください。

逆に言うと、今回取り上げた「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」は、その「記事の書き方」の部分以外、評価できるポイントは、ほぼ皆無・・・だと思います。

アフィリエイトの教材としては完全に平均以下の内容なので、アフィリエイトで稼ぐ為のノウハウやアフィリエイトで稼ぐ事を目的に買うというのは、お勧めしませんね。

一番の理由は、そもそも作るべきサイトのイメージが湧かない(見えて来ない)事。

その説明も分かり難く、図解も無ければ事例も無いので初心者には、到底、このマニュアルで解説されている通りのサイトを作るのは不可能に近い事。

あと、もう1つ挙げておくと「集客のノウハウ」として提唱されているSEO対策についてのノウハウは「問題外」なレベルだと思いました。

ザックリ言うと「被リンク対策」なのですが、その内容が「相互リンクをひたすら増やすために頑張る」という内容で、今時、こんなSEOノウハウを提唱する人がいるんだな・・・と、ある意味、斬新さを感じましたね。

でも、これも初心者層の人にとっては「そういうノウハウが有効なんだな」と思ってしまってもおかしくないので、そこも含めて、この「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」は、私はお勧めできないです。

今のグーグル(検索エンジン)を対策する術として、相互リンクを地道に増やすようなノウハウを提唱するというのは、私的には全くもって理解に苦しむのですが、この人は本当にアフィリエイトで稼いでいるんですかね?

自分が実際に運営しているサイトの提示も全くありませんし、私的には「この人がアフィリエイトで本当に稼いでいるのか」というところさえ疑わしく思えてしまいました。

まあ「相互リンクを増やすために頑張る事」がマイナスになるわけではないので、相互リンクを増やして稼いだ実績が本当にあるのかもしれません。

でも、今の検索エンジンを対策するために、地道に相互リンクを増やすようなSEO対策をするというのは、私は全く持って「無駄な行為」としか思えませんので、そこに時間を使うくらいなら、他の事をした方がいいと思います。

それこそ1記事でも新しい記事をしっかりと書いていく方がいいんじゃないかと・・・。

その辺りの「集客ノウハウ」についても「今更」という感じの小手先レベルのノウハウが提唱されていたので、そこも大きなマイナスポイントでしたね。

ですので、この「ASA~アタッチシステムアフィリエイト」で評価できるのは「記事の書き方」で少し勉強になる部分があるというくらいでした。

それ以外が「分かり難い」「イメージできない」「今更の相互リンク対策」と、私的には評価できないポイントのオンパレードだった感じです。

「詐欺的な商材」とまでは言いませんが、アフィリエイトの情報商材としてはあまりに不十分過ぎる内容だと思います。

以上の理由で購入はお勧めしません。

あくまでも私の個人的な意見、見解ですが、一応、参考にしてみてください。

銀次


お勧めコンテンツ


>お勧め優良教材一覧

>お勧め無料コンテンツ一覧

>お勧めASP一覧

>ビジネス系コンテンツ一覧


1億円のビジネス講座


何故ホスト上がりの素人が右も左もわからないネットビジネス総額1億円を稼げるまでになったのか。

興味があればこちらもご覧になってみてください。

>ゼロから1億円のビジネス講座

タグ

2017年3月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ

イメージ画像